• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

 “落下傘候補?”“不在世襲議員?”が居ると言う…

  • 質問No.7836518
  • 閲覧数127
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1015/1015)

  地元に住んでいない議員は、後援会幹部の便宜を図るだけだと思うのです。
選挙戦の時だけ、地元に顔を出し、普段は秘書が祝電を打ちまくっているだけの議員が少なくないと思います。

暑中見舞いや年賀状も、秘書がアルバイトを雇って手書き風に作っているとか?

世襲議員では、後援会幹部も世襲制であり、部外者の考えは無視される。

町議では千数百万円。県議では数千万円~億。国会議員ではそれ以上の費用が、後援会関係者に流れると聞きました。
 新人は金をかけても、選挙プロにボッタクラれて、落選するするそうです。

突然どこからかやってくる“落下傘候補?”も政党の後援会幹部以外の利益“生活を良くする”は考えないようです。

皆さんは、このような“落下傘候補?”や“不在世襲議員?”が存在すると思いますか?
また、国民の利益になると思いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 16% (207/1282)

こんにちは。

地元さえよければと国益を蔑ろにする連中よりいいと思います。
お礼コメント
ify620

お礼率 100% (1015/1015)

早速のご回答ありがとうございます。

>地元さえよければ…

 地元の政党事務所がOKしてるのでしょうね。
 有権者には候補者が分かりません。
 棄権を選択肢にはできないですね。
投稿日時:2012/12/10 00:35
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ