• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

個人年金保険について

夫婦共25歳で、旦那は会社員で厚生年金に加入しています。 私は専業主婦です。 将来年金もあてにできないので、個人年金の加入を考えています。老後のための貯蓄目的です。 今は日本生命の掛け捨ての死亡保障の保険に加入しています。 私は個人年金について何も知りません。それでこれから長い間老後用に貯蓄をコツコツするより個人年金をかけた方がいいのかな?と考えたのですがどうでしょうか? どこの会社のどのプランなどオススメも教えていただきたいです。

noname#6176
noname#6176

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「老後のために」 という目的が明確であるなら、「コツコツ」するのが妥当な選択だと思います。 商品の選別ですが、定額のプランはすでに紹介されているので、リスクのある商品を。 「外貨建年金」と「変額年金」になるのですが、いずれも、円で運用するよりは、高い利回りです。 デメリットは為替リスク、株価リスク以外に、 「まとまったお金が必要」 です。50万~100万円が必要で、このまとまった 「一時金のみを運用するケース」と、 「一時金+毎月積み立てるケース」があります。 このあたりは、各保険会社の商品性によります。 あと、気をつけていただきたいのは、支払う掛け金の税金面。これらの年金商品は 「個人年金控除」ではなく「生命保険控除」が適応されます。 年金対策は 「今からすべてに備える」というより、 「時間をかけて計画的に」という方法が賢明と思います。 ですので、例えば、リスク性のある商品を少しずつはじめ、40代、50代になったときに、元本保証が確実な商品を追加していくというのが妥当ではないでしょうか? もちろん、保険会社の年金商品以外の、金融商品、「ドル預金」や「るいとう」からはじめるのも一つの方法です。 いずれの場合にも、「利回り」以外にも、「税金」や「手数料」の問題がありますので、そのあたは注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • teinen
  • ベストアンサー率38% (824/2140)

 私は質問者の方より長く生きていますので,高度経済成長もオイルショックもインフレもバブルもデフレも経験してきていますので,物価変動に対応できる年金制度が維持されることを強く願っているのですが,やはり若干の不安がありますね。  自分で対策を,と考えると,積立貯金とか個人年金保険を思い浮かぶのですが,残念ながら物価スライド制ではないため,途中でインフレが起こった場合,老後の生活資金に足りないんじゃないかと,これまた不安になります。  現時点で米10キロ買えるお金で何かを買って,老後にそれを売ったら米10キロが買える「何か」を買うのが一番いいかなと思うのですが,その「何か」が解らないので困っている次第です。  バブルの頃は「金は世界の通貨,決して価値が下がりません。」と言われていたのですが,現在はバブルの頃の6割ぐらいの価値しかありませんし。土地伝説は崩壊しましたし。株式もバブルの頃は日経平均3万円もあったんですが,現在は1万円前後ですし。  何が良いかはご自分の責任で選ばれるしかないと思います。個人年金保険については,各生命保険会社のホームページなどで紹介されていますから,ご参照されてはいかがでしょうか。

参考URL:
http://channel.goo.ne.jp/money/life/insurance/life/kind11.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 老後の貯蓄

    25歳の主婦です。 みなさん老後の貯蓄はどのような方法でされていますか? 毎月コツコツですか? それとも生命保険会社か何かで個人年金をかけていますか? 後者の方の方はどの会社のどのプランか教えてください。 私は生命保険に関して無知なため、保険会社の年金貯蓄?というのが全くわかりません。現在は生命保険は日本生命の掛け捨てのに加入しています。 主人は会社員で厚生年金加入しておりますが、年金はあてにできないので今から準備したいと考えています。 こども保険・財形貯蓄・住宅貯蓄は他で貯蓄していますが、老後の資金の貯蓄の方法がわからないのです。 毎月コツコツといっても先が長いので老後用という目的で使わないでおけるか、この先どうも不安だし、個人年金でかけるという方法があるならその方がよさそうですが、わからないので教えてください。

  • 個人年金で悩んでます

    会社員29歳、今年6月に入籍します。社会保険、厚生年金には加入しています。妻は仕事をやめて専業主婦の予定です。 保険は私が明治安田生命の終身、郵便局の貯蓄型400万(30年満期)にはいっています。 郵便局の貯蓄型を解約して個人年金をかけようかと思っています。年末調整の控除もあるみたいですし。 実際、どちらが得なんでしょうか? 良いアドバイスお願いします。

  • 個人年金についてですが・・・。

    個人年金についてですが・・・。 主人が転職しようと考えています。 現在の職場は、厚生年金などの社会保障があるのですが、今度の希望する職場は 個人経営の会社で、社会保険がありません。 現在、家族構成は32歳の主人と専業主婦の30歳の私、子供が0歳児で一人です。 老後、厚生年金に入っている方と同じくらいの年金を受け取るには、どんな保険に加入したら いいでしょうか??将来的にはあと一人子供が欲しいと考えており、ある程度大きくなったら 私も働くつもりでいます。 保険や年金に詳しい方、すでにご自身で国民年金を払いながら個人年金もかけていらっしゃる方が おられましたら、アドバイスをお願いします!

  • 保険の見直し・・・迷っています。NO.1/2

    長くなりますので、2回に分けて質問させていただきます。 現在、主人38歳(会社員:年収=約900万)、私34歳(専業主婦=無収入)、娘(1歳)の3人家族でです。最近になって主人が医療保険に加入していなかったことが分かり、漢字系生保N生命の方から医療保険の加入を勧められ、話を聞いてそのまま入ってしまいました。 私もこれを機に本を買ってかじってみたのですが。どうも主人に薦められた内容があまり思わしくないように感じ、カタカナ系生保S生命あたりに相談させて頂いた所、N生命とは随分異なるプランを出して頂きました。 客観的に見て現在加入している保険&この2者のプランについてご意見を頂けませんでしょうか。宜しくお願いいたします。一応、現在の考えとして。。。 1)医療保障は定年退職後の収入に不安があるため、医療保障は定年前後で払込み済みにて終身医療を確保 2)死亡保障は、娘が大学を卒業するまでの万が一の保障額の確保 3)公的な年金が当てにならない時代なので、老後を考えある程度の貯蓄性を持たせたい と考えております。NO.2へ続きます。

  • 不眠症だと生命保険に入れないのですか?

    不眠症だと生命保険に入れないのですか? 掛け捨ての死亡保障だけの保険に入ろうと思いました。 貯蓄性の高い保障や個人年金にはずっと前から加入しています。 ただ、もし若くして亡くなった場合、親の老後のことも考えて、 合計3,000万~4,000万の範囲になるように、追加として掛け捨てに加入することを考えました。 安いと言われる通販型保険の見積もりを取り寄せましたら、 告知書にYESだと契約を引き受けられないという病名が幾つもあり、 その中に、うつ病とか不眠症もありました。 うつ病と診断されたことはありませんが、うつ状態と診断書を書いてもらい、 休職したことはあります。 また、慢性的な不眠症です。 「うつ病」ではなくても過去に「うつ状態」と診断されていたり、現在不眠症である場合、 死亡保障の保険には、どこの保険会社の商品でも加入できませんか?

  • 個人年金、こんな上手い話があるのでしょうか?

    個人年金、こんな上手い話があるのでしょうか? まず、私が個人年金に全く無知な中、質問してる事を了承ください。 先日、生保レディーをやってる知人より、個人年金を進められました。 内容は、以下の通りです。 ・65歳迄、積立して、65歳から10年間、 積立分より、かなり増えてもらえる。例えば、40歳なら月1万の積立で50万程増えてもらえる ・掛け捨て等の損はない ・税制控除。 との事でした。 うーん。全く無知な私は断りました。 まず、私自身、月五万程、貯蓄している事。 掛け捨てではない生命保険に入っている事。六十代になったら、ある程度の金額が入ってきます。 旦那は会社経営ですが、厚生年金はあります。 私は専業主婦です。 で、質問ですが、まず、この知人が進める個人年金は、怪しくないのでしょうか?知人の会社は、誰もが知ってる生保会社です。 そもそも、個人年金とは、このような条件が普通なのでしょうか?でも、この生保会社が潰れてしまったら、個人年金は貰えないのですよね? 50万も余分にくれて、生保会社は、やっていけるのですか?←世間知らず的な発言ですか?許してください。 私は、このお得に見える個人年金を契約するべきなのでしょうか? 知人に直接聞くべきかもしれませんが、聞くと興味があると思われてしまうだろうし、断りづらくなりそうです。疎遠にも出来ない間柄なので、最初にはっきり金がないと、断りましたが、実際はどうなんだろうと、疑問に思っています。 誰かこの年金、保険に無知な世間知らずのバカ主婦に教えてください。

  • 今、個人年金に入るのは?

    もうすぐ38歳になる主婦です。 これから、子供の教育費も要るのでがんばって働いていますが、 老後の事も心配しています。年金はあてになりませんし。 それで、個人年金はどうなのかな、と思いまして アフラックに設計書を作成してもらいました。 けれど、よく考えてみたら、以下の事が心配になりました。 ・22年間払い続ける事ができるか。(約1万円/月) ・途中解約すると、元本割れしてしまう。 ・満期時の戻り率は、決して良いとはいえないのでは? ・なんといっても、保険会社にもしもの事があったら・・・ ということで、老後の為の貯蓄は、個人年金の他に もっといい物があるがあるのでは?と思い始めました。 (こちらでも検索して、いろんな意見を拝見しました) 生命保険とは別に保険料控除の対象になるのは いいなあとは思いましたが。 ちなみに株や投資などのリスクのあるものは苦手なので 考えておりません。 老後の備えとして、これからの貯蓄は、 どのようにしていくといいんでしょうか? アドバイスを下さい。よろしくお願いします。

  • 新規の生命保険及び個人年金の契約

    36歳♀です。 この度、生命保険を解約しまして新規に生命保険及び個人年金を契約するに当たっての質問です。 現在、独身で私が死んでお金に困る人はいませんので、死亡保障より入院や病気に対応できる保険を考えています。 がん保険は別で入っています。 掛け捨てで良いのですが保障の充実したお薦めがあったら教えていただきたいです。 もう一つは「個人年金」と会社の「財形年金」どちらにしたら良いか分らないのです。 個人年金は税金控除の利点、財形年金は550万まで非課税・・・と言う事までは分ったのですが漠然としていて利点がよく理解出来ません。 23年間2万円財形年金をした場合と個人年金をした場合どちらが良いでしょうか? 生命保険と個人年金に出せる金額は月額あわせて4万円くらいです。 2つ質問しましたが、教えていただけるならどちらでも構いませんのでよろしくお願いします。

  • 個人年金

    現在30歳(女性)で、老後のことを考え医療保障の充実している年金保険への加入を検討しています。やはり長期に渡り投資するものですから、ソルベンシーマージン比率や信用格付けが高い会社で探していますが、医療保障が充実している年金保険がなかなか見当たりません。 医療保険は掛け捨てで一つ加入し、年金保険(医療保障はほとんどない)にも一つ加入する方がいいのかな、とも考えています。 何か、参考になる意見をよろしくお願いします。

  • ねんきん共済(全労済の個人年金保険) について

    個人年金について質問いたします。 私は現在28歳・独身・女性です。現在のところ結婚の予定はありません。 勤務している会社には厚生年金基金・財形貯蓄制度がありません。 公的年金にプラスして、少し余裕のある老後を送るために、 個人年金保険への加入を考えております。 特に年金受取開始年齢が65歳からなので、60歳から65歳までが不安です。明治安田・あんしん生命・全労済の個人年金を検討して、 この中で全労済の個人年金保険(ねんきん共済)が一番よいのでは、 と考えております。 ねんきん共済に加入するのであれば ・払込期間60歳まで、受取開始60歳から ・年金額36万円の逓増型(年金額が2年目から5%ずつ上がる) ・家重型 ・掛金は年払いで119940円 できれば年金額48万円の定額型がよいと思ったのですが、 掛金が年払いでも16万近くするので、 少し負担が重いかなと迷っています。 終身年金は魅力ですが、負担が大きすぎですね・・・ ねんきん共済の良い点としては ・解約返戻金が払込掛金を上回るのが5年と他社に比べて早い。 (掛金払い込み中にどうしてもお金が必要になったら、5年過ぎれば損しない。) ・掛金払込期間中に自分が死亡したら、契約年金の2倍の額が10年間遺族に支払われる。 ・掛金払込期間中に自分に重度障害が出たら、契約年金と同額を60歳まで受け取れ、 60歳過ぎまで生存していたら、その後の契約年金も支払われる。 (個人年金とは別に現在がん保険と医療保険を契約しようと思っています。契約するつもりのこれらの保険には、重度障害や死亡保障はついていません。) 加入するに当たって、心配な点・疑問点は次のとおりです。 1.今後転職しないとも限りません。もし転職した会社に厚生年金基金や財形貯蓄制度があったら、 そちらに加入したほうが得ではないでしょうか? 2.年金受取開始から7年目位までは年金の月額は4万円を下回ります。現在の1万円=30年後の1万円と限りません。 この額で十分と言えるのでしょうか? 3.金利のことには詳しくありませんが、現在は低金利と聞きます。 今加入するのは損でしょうか?数年待ったほうがよいのでしょうか? 4.一番気になる点は個人年金を受け取ると税金がかかることです。自分で調べて源泉徴収の基準額の算出の仕方は分かりました。この「源泉徴収の基準額」というのがそのまま税金になるのでしょうか? それともこれに何%かかけるのでしょうか? 年金受け取るのに税金が高額だと・・・という気持ちもあります。(あんしん生命は会社が負担してくれるので、この点はいいなと思います。) 恐れ入りますが、上記1~4の質問にご回答いただけると助かります。 よろしくお願いいたします。