• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞

Of all the countries in which to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. http://www.nature.com/news/2011/110420/full/472276a.html 第三パラグラフ第一文 上記の文のin whichの部分は関係代名詞だと思うのですが、構造が分かりません。主語、動詞が省略ということでしょうか? in which people are to graduate with a science phd で良いのでしょうか? 又、訳はどうなりますか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数18
  • 閲覧数217
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

ここで回答し始めた,今から7年以上前のもの。 http://okwave.jp/qa/q1311034.html 学生時代に見たことがあって,自分なりに理解していたことをそのまま回答しました。 これを皮切りに10回以上,このパターンは回答してきました。 http://okwave.jp/qa/q2602999.html 関係代名詞を使うということは普通,文的,つまり,SV 構造が続くはずです。 そういう意味で,主語と動詞の省略と考えていいのですが, to graduate という不定詞を残さずとも,graduate を動詞として使い, in which they graduate というふうに考えてください。 what to do = what they/we should do こういう変換と同様に考えてもいいかもしれません。 関係詞なら a house (which) he lives in a house in which he lives 不定詞の形容詞的用法なら a house to live in a house in ? to live こういう変形をすると in to は何かおかしい。 そこで which でワンクッションはさむ。 このような不定詞の形容詞的用法に関係代名詞 which が混用された形です。 だから,普通の文法では説明しきれない,例外的な用法だと考えられます。 とにかく,普通には in which S graduate と置き換え,what to do の場合のように, 多くの場合,should/will/can など,何か助動詞の意味が付加されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞whichについて

    関係代名詞whichの理解 He has given us a user-friendly space in which to feature our science exibits. 関係代名詞は「接続詞+代名詞で節と節をつなぐ働きを持っている」と理解しているのですが、この例文の場合、to不定詞以下はspaceを修飾する形容詞句になっているように見えます。 このような場合のwhichは文法的にどのように説明されるのでしょうか。

  • 関係代名詞

    先ほどの関係代名詞の質問で英文が間違っていたので訂正します。 listening to a performance not a word of which they can understood and of which they seldom know the plot. でした。

  • 前置詞+関係代名詞について

    前置詞+関係代名詞の考え方が解らず困っています。 単純な文であれば解るのですが、熟語(?)のような 文構造になると自信が持てません。 単純な文の例えとしては、  the village in which he was born :彼が生まれた村 程度であれば解ります。この文が  the village (which) he was born in と同義であることまでは理解できます。 文構造が解らないのは、  a mountain of which the top is covered with snow  a mountain the top of which is covered with snow  a town in the middle of which is a tall tower のような形式になると、とたんに自信がなくなります。 何となく日本語の意味はわかったような気にはなりますが、 簡単な例とは、頭の働かせ方が異なるように思えてなりません。 上記の3文のようなケースは、どのように考えるべきかを ご教示願えませんでしょうか。よろしくお願いします。

その他の回答 (17)

  • 回答No.18

とにかく,in which to という構造は http://matome.naver.jp/odai/2133533131826188601 ここで説明されている通り。 ここでも何十回と質問されていることです。 辞書にも載っている。かための英語。 ちなみに, places where to go ... という英語自体はあり得ます。 have no idea where to go のように,名詞と同格に疑問詞を持ってくることがあるので, places (of) where to go ... 的に,「どこに行ったらよいか(という)場所」 だから,countries where to graduate とあれば,「どこで卒業するか(という)国」 的な意味にはなり得ます。 >where to graduate のwhereとは where = the academic sciences or technological services 博士号を取得した学生が働きたい分野で良い給料を貰える所。 こういうのがメチャクチャ。 「どこの国で卒業したらいいか」と考えた場合に, こういう意味だと言いたいわけでしょう? とにかく,この in which をそういう風に where と置き換えてしまうと,まったく別のものです。 in which to というのを理解したいのなら, in which they graduate と考えるだけでいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前置詞+疑問視+to 不定詞、始めて存在を知りました。 有り難うございます。 to graduate inと同じなのですね。

  • 回答No.17
  • naomkb
  • ベストアンサー率74% (56/75)

こんにちは リンクにあったNatureの文章をざっと読みました。 私は自分の分野での英語で書かれた本・論文・通達・ニュース・法令/ルール はたーくさん読んでいますが、文法は不得意なので、 「副詞句」等々といった文法用語で説明する事出来ないため 上手に説明できなかったらごめんなさい。 ご質問の文章 Of all the countries in which to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. の意味は、前後の文脈からみて 「科学系PhDを取って卒業する全ての国の中で  日本は最悪の国の一つであるという事はほぼ議論の余地がない」 と思います。 その上で この文章だけを取り出してじっくり読んでみたところ Of all the countries (in which to graduate with a science PhD,) Japan is arguably one of the worst. と考えたら読みやすくなるのかな、と思いました。 まずは括弧を抜かして読んでみて。 Of all the countries, Japan is arguably one of the worst. ではでは、in which to graduate with a science PhD を片づけてみましょうか。 感覚としては no 11 の 回答 にあった >they graduate の代わりに to graduate になっている,くらいの感覚で十分です。 がしっくり来ると思います。 つまり 括弧内 in which to graduate with a science PhD ↓ in all if the countries where student graduate with a science PhD と読み替えたら分かりやすいと思います。 括弧内をしつこい英語にしてみると Of all the countries (in all of the countries where student graduate with a science PhD) Japan is arguably one of the worst. 日本語にしてみると 「科学系PhDを持って(学生が)卒業していく全ての国の中で  日本は最悪の国の一つであるという事はほぼ議論の余地がない」 となると思います。 余談ですがarguably には2つ意味があるようです。 http://english.stackexchange.com/questions/40610/arguable-susceptible-to-doubt-vs-arguable-susceptible-to-being-supported なかなか面白い記事ですね。 日本の自然科学系PhDホルダーの就職状況は本当に悲惨です。 時間も労力もかけている優秀な人も多いのに。 記事に対するコメントもざっと読んだら面白かったので お時間があれば読んでみてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

記事も最初に全部読んでいます。興味深い記事ですね。 説明ありがとうございます。

  • 回答No.16

疑問詞と関係詞は表裏一体と申し上げました。 歴史的には who/which も先行詞を含んだ用法があり,今でも一部に残っています。 でも普通には who/which は先行詞があって用いる。 ドイツ語なんかでは先行詞がある場合は the に当たる語が関係代名詞。 who は先行詞を含んだ場合に用いる。 ところが英語ではそうしなくなった。 who/which は先行詞がある。 同じものでも what なら「もの」の意味を含む,と分化した。 とにかく,in which には先行詞を含む用法など「決して」なく, 先行詞 countries のことが which であるに,100パーセント決まっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.15

まあ,関係副詞 where には「~するところ」と先行詞を含む用法があります。 where SV,これで名詞的なかたまり。 結局,疑問詞と関係詞は表裏一体で,疑問詞節が名詞のかたまりになるのと同じ。 でも,in which にはそんな用法はない。 a house in which he lives a house where he lives これが置き換わるのは,先行詞 house があってのこと。 先行詞があるから in which が使える。= where where に「~するところ」という意味があっても, これを in which と置き換えられるなんてメチャクチャなんですよ。 文法を理解するとはこういうことです。 適当に英語を引っ張ってきたり,英語で書かれた文法書を持っていても 自分でちゃんと文法を理解しないとデタラメな判断しかできない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

とにかく,何にも英語がわからない人がしゃしゃり出るから話がややこしくなる。 先行詞 countries を説明するのが関係代名詞であり,関係副詞。 この in which が関係代名詞でないというのなら話は別ですが,そうなんですか? 関係詞というのは先行詞とイコールの関係にある。 先行詞が置き換わったもの。 the country in which he lives「彼が住んでいる国」 which は人称代名詞 it/them と同じ。 先行詞を受ける。 ここは countries にかかるわけだから, which は countries のことに決まっています。 「卒業する国」「(その国で,そこで)卒業する国」 こういう「で」の意味がないと英語の理屈に合わない。 そのために in が必要。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
noname#202629

下記の方が分かりやすいかな? Of the right places where to go for a fast lunch, Tachigui-soba-stand is arguably one of the worst. ↓ Of the countires where to go for an excellent Greek restaurant for a dinner, Japan is arguably one of the worst. ↓ Of the countries where to graduate from a doctor course in Sicence for higher paying jobs, Japan is arguably one of the worst. ↓ Of all the countries where to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. ↓ Of all the countries in which to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. graduate from a doctor course in Science for higher paying jobys to 'Science and Technology Agency' (科学技術庁) この科学技術庁がwhere to(何処に)となっただけ。 解ります?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12
noname#202629

Of/Among the countries where to graduate with a science PhD 下記を読めば理解が出来るでしょう。 where to graduate のwhereとは where = the academic sciences or technological services 博士号を取得した学生が働きたい分野で良い給料を貰える所。 ”with a science PhD とは大学の博士コースを卒業することですよね。(ToKyoto=東京でも京都でもどの大学でも良いと言う意味で使います。) graduate (with a science PhD = ) from ToKyoto University to the academic sciences or techological services 下記URLの使い方と同じで graduate from XX University with PhD to higher paying jobs と同じ このhigher paying jobs が where(in which) と置き換わっただけですよ。 Mmegi Online :: Ipelegeng contradicts policy - Report www.mmegi.bw/index.php?sid=1... - キャッシュ - このページを訳す 10 May 2012 ? The research also found that there are no skills transfer and that the beneficiaries therefore do not graduate from the programme to higher paying jobs and permanent jobs. Further, the research found that the 64 percent of ...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

不定詞の to 自体,何か未来的,義務的意味合いが生じることが多いです。 不定詞の形容詞的用法にしても,いわゆる be to にしてもそうです。 ただここで,which they are to と be to で理解することはしない方がいいです。 they graduate の代わりに to graduate になっている,くらいの感覚で十分です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

その理屈でいくと, countries where they graduate という関係副詞の代わりに countries where to graduate にしてもいい,ということになりますが,実際にはこんな英語はありません。 疑問詞+不定詞に感じられ,これで「どこで~したらよいか」という名詞的なかたまりになってしまって, 前の名詞にかかることはできなくなります。 とにかく,where to go のような表現は「名詞のかたまり」 前に名詞が来たとしても, ask the teacher where to go 「先生にどこへ行けばよいか尋ねる」 のような関係で,名詞を修飾するなどということはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

http://matome.naver.jp/odai/2133533131826188601 とにかく,理解としては countries to graduate ... と不定詞の形容詞的用法で修飾したい。 でも in のような前置詞がないと,理屈が合わない。 a house to live in a friend to talk with こういう前置詞 in/wich がいるのと同じ。 でも,ここで,countried to graduate in とすると, 後の with a science PhD が続けにくい。 仕方ないから前に出そう。 countries in to graduate これは無理があるので関係代名詞を借りてきて countries in which to graduate とする。 正確な英語を書こうとして,in が必要,その中でやむを得ず書いた英語が in which to という表現です。 ただ,ここでは「~すべき」にせよ,「~するための」にせよ,不定詞の形容詞的用法とずれるので, coungries in which they graduate の代わり。主語を置きにくいので,不定詞にした,くらいの感覚でいいように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞について

    関係代名詞について They also showed pictures in which angry or scared faces were paired with angry or scared bodies. この文章を、関係代名詞を用いないもともとの文にした場合「~ angry or scared faces were paired with angry or scared bodies in pictures.」であっていますか? 「in」は、もともとどこにあるべきだったのかがわかりません、教えてくださいお願いします。

  • 関係代名詞

    He mentioned a book the title of which I can't remember now.  彼は私が今そのタイトルを思い出せない本について語った。 これは、所有格の関係代名詞なのですが He mentioned a book of which I can't remember the title now. というようにするのは可能ですか? また listening to a performance not a word of which they can understood and of which they seldom the part. はどのように解釈すればよろしいですか? 分かる方いたらよろしくお願いします。

  • 関係代名詞のあとは原型がくるのですか?

    関係代名詞のあとは原型がくるのですか? "The main aim of the educational committee is to establish a network of schools which conform to certain standards." という文がありました。whichが修飾しているのはschoolsではなくa networkだからconformsとなるべきではないでしょうか?関係代名詞のあとって必ず原型でしたっけ? 教えてください。

  • 前置詞+関係代名詞?

    I admire the grace with which you got rid of that awful man. (あなたがあのひどい男をしとやかに追っ払ったのには感心した) 上記英文の"with which"がよく理解できません。前置詞+関係代名詞なのはわかるのですが。 なぜwithなのか? またwithを省いたら意味をなさなくなるのか? などが疑問に思える点です。

  • 関係代名詞について

    大変、基礎的な質問ですが、関係代名詞がいまひとつ理解できてません。 (1)The project whitch begun 7years ago is scheduled for cmpletion at the end of this mouth. (2)Students who work with diligence are more likely to succeed in college. 上の文で、関係代名詞を利用せず (1)The project begun 7years ago ~ではだめなのでしょうか? (2)Students work with diligence~ではだめなのでしょうか? 意図的に関係代名詞を使用する意味があるのでしょうか?

  • 英語:関係代名詞

    I got into the car which was parked in front of my house. I got into the car, which was parked in front of my house. この2つの文の違いを教えて下さい。 関係代名詞(which)の前に点があるのとないのとで、どう変わるのですか?

  • 関係代名詞を使って

    The colege Festival is held in autumn every year. It is an important occasion for students. The member of our club spend a long time preparing for it. の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、 The colege Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students. をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。 in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが 関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。 お願いします。

  • 関係代名詞の後に句?:Which to

     あるEUに関する本に、以下のような文があったのですが、その文法と意味が分かりません: The new theory seems the ideal tool with which to address the growth effects of 1992.  この which は関係代名詞ですよね?だとすると、通常、関係代名詞以下は節になり、その文章は関係代名詞を境に2つに分解出来ると思ったのですが、(which 以下が節でないので)この文章は分解出来ない(関係代名詞ではない?)。  そこで文法書をあたってみたところ、which が疑問詞ならto(不定詞)をとることが可能となることを知りました。しかし、意味が分からない。  どなたか、この文法と意味を教えてください。お願いします。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞と関係副詞

    解説お願いします。 I have been to the place( ) in the park. 選択肢 1 where he spoke of. 2 where he spoke. 3 that he spoke. 4 which he spoke of. 5 of that he spoke. 次のように考えました。 関係副詞の後の文は完全な文で、関係代名詞の後の文は不完全な文ということは 知っています。 この文でのspokeは自動詞ですね。 spoke ofの後は名詞が必要なので1と4は不完全。 1は不完全なので関係副詞は不可。 答えは4番。 そこで教えて欲しいのは、2はofがありません。完全な文です。 4はof which he spoke.でも言えるので前置詞+関係代名詞=関係副詞で 2の答えはof whichをwhereにした文だと思ってしまいます 2は なぜ ダメなんでしょうか? 質問の仕方がまずくてすいません。   2がだめな理由を教えてください。