• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

不老不死とお金持ち

あるブログでなかなか面白そうな記事を見ました。 お金持ちと不老不死には、共通点があるのではということみたいです。 読んでなるほどと思いました。 両刀論法として面白いなと思いましたが、そこに自意識が存在するのか?とも思いました。 こういう考えは哲学だと思うのですが ただ存在意義に関しても書き込まれていました 存在意義は、どうなんでしょう? 存在意義はあるとは思うのですが・・・ 読んでいて わけがわからなくなったので まとめて欲しいなと思い質問しました。 この場合、ブログのURLは紹介しちゃダメですよね? 暇なときにでも回答ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数208
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#191845

 こんにちは。  全くの推測ですが、  ブログ主様がお考えになっている共通点とは、孤独の恐怖ではないでしょうか。  存在意義とは、「自分は何のために存在しているのか」ということだと思いますが、それは生きる意味を問うこととも関連してきますね。  この考え方は、他人の存在を意識した考え方だと思います。他人と繋がることに重きを置いて、生きる意味を見いだそうとする、言ってみればごく普通の考え方でもあると思います。  お金持ちは、一般の人とは違う人生を歩んでいるでしょうから、他人と価値観が合わなかったりしてある意味孤独な存在であり、一方の不老不死も、他人を看取るという孤独感がある。  そのように考えたのではないかと思います。本当に推測ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 なるほど 「孤独」の恐怖・・・納得です。 あとお金持ちは孤独に耐えれるというか孤独であることさえ気づかない ああ すごく納得できる回答です。 ありがとうございました。 もう少し意見を聞きたいのでもう少しだけ締め切らずにいます。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 不老不死の薬について

    初の質問失礼します。 竹取物語内で、「不老不死の薬」がでてきますよね?その薬について、少々疑問が生じてきました。下記にリストアップしたので、ご回答の程、よろしくお願いします。 1、「不老不死の薬」の正体は何なのか 2、「不老不死の薬」は、存在としてはありえるのか 3、現代医学などを駆使して、この薬を作成することは可能なのか、または将来、不老不死の薬若しくはそれに準ずるものを作ることは可能なのか みなさんのご回答、お待ちしています。

  • 正しい「不老不死」はどれですか?

    1 歳を取らず、寿命が存在しないだけ   従って殺されたりした場合はアウト 2 歳を取らず、寿命もない   殺されたとしても生き返る 3 歳を取らず、寿命もない   この人を殺す事自体がそもそも誰もできない 4 不老なので若者限定で年寄りがこれを得られない+1~3のどれか 5 不老なので老人が得た場合は若返る、+1~3のどれか 不老不死の意味として どれが一番近いですか?   

  • 不老不死の人を捜す方法

    「不老不死の人」を捜す方法といったら、 何が有効でしょうか? 目的があるわけでもなく、困っているわけでもありませんので、 お閑な方、ご考察をお願いします。 「存在する」か、「存在しない」かの証明のためではないので、 別段、「不老不死」でなくとも「宇宙人」でも「妖怪」でも 「完全犯罪者」でも「スパイ」でも、 「人間の社会にとけ込んで生活している特異な対象」であれば、 なんでも良いのですが、 ここではあえて「不老不死の人」と限定します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • k_jinen
  • ベストアンサー率30% (80/261)

No.4です。 元記事紹介ありがとうございます。 内容を読み取るに、基本的にNo.6での回答でいいのではないでしょうか? 「孤独の恐怖」の背景には、存在意義としての「人は、何のために存在しているのか、生きているのか?」という問いがあり、それについての答えは、端的に言えばNo.6でも記述しておられる「他人と繋がることに重きを置いて、生きる意味を見いだそうとする、言ってみればごく普通の考え方でもあると思います。」 になります。 元記事では「考えたくないこと」については避けておられますから、逆に「気になる」のかもしれないですね。 以下、蛇足になりますが、少し付け加えておきます。 「他者との繋がりに根源を置くところの存在意義」に、あえて付け加えるとするなら、それは目には見えないし、お金でも買えないということです。そうして、繋がり・関連性が強くなると、逆にそこから抜け出せなくなり、自分自身を縛りつけてしまうということです。 「他者との繋がりに根源を置くところの存在意義」は(たとえ一人でも)不老不死になったとたんに崩壊してしまうでしょう。 小学生のお子様との会話から触発されて「考えたくも無いこと」を考えてしまう。。。ニュースなどに責任を押し付けるように切り上げていますが、「子供と繋がりあっていて、そこからは決して脱却できない」ということがあるからこそ、考えてしまう自分がいるということでしょう。 元記事では、(著者が求める「繋がり」の一つであろう)大自然との繋がりを最後にさりげなく入れることで、責務としての「人(特にわが子)との繋がり」から、一時でいいから逃れたいという願望を現しておられます(無意識かもしれませんが、笑)。 。。。やはり蛇足でしたね。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 私もAno6さんの回答で 納得 はしたのですが もうちょっとほかの意見も聞きたかったので^^ これで締めれます。 ちなみに私は、逆に子供とのつながりを大事にされてる方かなと 社会に目を向けさしたいが、現実はつらいとか? 見せたくないのかなと その人のブログの子供の写真が見ていて すごく温かみがあるのでちょこちょこ見ていますので^^ そのへんはでも 正直わかりませんけど 写真には、たぶんコスモス畑で走り回る子供がいての写真かなと なんとなく思いました。 ありがとうございました。

  • 回答No.5

無限大に対する憧れでしょうか。 尽きることのない財力、尽きることのない若さと健康。 これが他人を動かす力にまで発展したら迷惑ですよ。無限大の権力、無限大の軍事力。 そして無限大ほどつまらないものはないと、死ねなくなってから思うものでしょう。食べたくないのに次々と出てくるご馳走のように。 死ぬかもしれない、怪我をするかもしれない、受験に滑るかもしれないの、ハラハラドキドキはそこにはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 逆に浮き世離れしていくのかなとも思いました。 (権力もいらないような・・・) ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • k_jinen
  • ベストアンサー率30% (80/261)

>>> この場合、ブログのURLは紹介しちゃダメですよね? <<< 質問として必要な部分について引用し、引用元URLを明記するのであれば、何ら問題はないでしょう。でなければ、質問が不完全になってしまいます。 不老不死となるには3通りの手段があり得ます。 1.細胞は一定回数分裂すると自滅するようにプログラムされているので、そのプログラムが作動しないように遺伝子発現を制御する。 2.細胞ないし臓器、あるいは、その個人の時間経過を他者よりも遅くする。 3.自身の脳(ないし魂に相当するもの)を、移植する。 1の方法は、避けることのできない自然放射線の影響での遺伝子変化=発ガンリスクが増えます。 2の方法は、一部細胞や一部臓器のみに適応しても無意味なので、個人の体全体の時間進行を遅らせることになり、思考速度も遅くなるでしょうから、他者からみれば、ナマケモノを絵に描いたようにみえるかもしれません。 3の方法については、稚拙ブログを参照願います。一部引用しておきます。 脳を知りたいという欲望と不老不死の欲望と。。。 http://jinen.exblog.jp/6226762 >>> 人はなぜ、「わたし」の根源を知りたがるのだろう。。。 多くの人々は、「脳」を知れば、そうして、「脳構造・脳機能」を人工的に作り出せれば、さらに、記憶を移植できれば、「このわたし」は永遠に生き続けることができると思っているかもしれない。。。 いや、そんなことを思っていないとしても、「何か」を求め続けるということは、その「何か」が得られない限り、永遠にいき続けたいという欲望が背後にあることを意味している。「脳を知りたい」という欲望は、不老不死の欲望と表裏一体のものであろう。。。 一方、「もはや生きていてもどうしようもない」と、「このわたし」に終止符を打てると思っている人もいるだろう。。。 この両者は、実のところ、同じ概念に依拠しているといわざるを得ないのではないだろうか? 。。。 ロボットの体に移植すれば、「このわたし」が永遠に生き続けることができる。 とか 自身の意思によって、「このわたし」に終止符を打つことができる。 とか 一見、何の関係もなさそうな二つの事柄だが、そのどちらもが、「このわたし」というものを、取り出して眺めているかの如く扱っている。。。 果たして、「このわたし」を、本当に「取り出すこと」ができるのだろうか? (中略) もし、仮に、「このわたし」を移植し続けることで、永遠に存続させることができるとする。「このわたし」の体は、脳を含めてすべて失われ、まったく別の体・脳に移植されたとする。そのときに、「このわたし」は、それまでの「このわたし」と同じなのだろうか? もし、仮に、「このわたし」に終止符を打つことができたとする。「このわたし」は、体・脳を残して、永遠によみがえることができなくなったとする。そのときに、「このわたし」を存続させてきた体・脳は、「このわたし」には、もはや何のかかわりもなくなったものなのだろうか? 両者ともに、同じことを述べ立てている。 脳や体は、「このわたし」を成り立たせるための手段にしか過ぎず、使い捨てが可能であり、取替え可能な物質に過ぎない。「このわたし」が最終的に絶対優位なのであって、脳や体は、「このわたし」の欲望のためには、どのように扱われても、文句は言わないし、言えないのだ。 と。。。 それが、如何に「非道徳的」で「非倫理的」かという議論以前に、考えるべきことがある。 本当に、「このわたし」は、他から切り離すことが可能なのだろうか? と。。。 <<< ようするに、「わたし」というものは移植不可能(交換不可能)な存在だということを述べています。 関連するショート・ショートを3編ばかり作りましたので、よろしければ参考にしてください。 不老不死。。。ショート・ショート。。。 http://jinen.exblog.jp/18698461/ 不老不死。。。ショート・ショート。。。2。。。 http://jinen.exblog.jp/18821213/ 不老不死。。。ショート・ショート。。。アバター編。。。 http://jinen.exblog.jp/18835499/ 上記ショート・ショートは、別のカテゴリー(物理)での下記Q&Aにて回答時に作ったものです。 人間はロボットですか? http://okwave.jp/qa/q7596815.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 URLは、個人ブログみたいなので コメントで確認とってみます。 文脈からみると そこまで医学的見地からでなく抽象的なイメージでの 引用なきがしました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

コメントで聞いたところ メインは写真であって 雑記なのでごめんなさいとのことでした。 URLはNGなのでそっくりコピペします。 コピペならいいそうです。 ‐---ここから‐--- なんとなく思ったことの雑記です。 子供にお金のことを聞かれると 私は、「なくては困るもの でもありすぎるのも困るもの」って言います。 なくては困るのは説明しやすいです。 なければご飯が食べれないって言えます。 ありすぎて困るってなると 私は、「楽しいことが減る気がするよ」って言います。 でもそれ以上のことは、個人の考え方ですので何とも言えません。 私の考えを押し付けるのも嫌なので 多分、世の中ではお金がある方が幸せでいいことだと思うと思います。 でも私はあまりそう思いません 生活に支障がなければちょっと贅沢(たまに外食に行くとか毎日晩酌でビールが飲めるぐらい)が ほどよくが、幸福なのかなと思います。 お金があればなんでもできるおしいいものも食べられる・・・ しかし、お金持ちになるには何かを犠牲にしていると思います。 漫画家さんが年収30億・・・ おお お金持ちだ 幸せだって思うかも でも 個人で使いきれるかというと・・・?ですよね (まぁ 普通に生活してでの話ですが^^;) 私なら仕事なんかしないで・・・って思ったのですが そうなると存在意義、疎外感に耐えられるのかなと・・・ 転職時、仕事をしない空白の2週間程度があったのですが その時に旅に出たのですが、昼間に働く人を見ると 取り残された感じになりました。 人は、なにかやらなくてはならないという観念があるのかなと 個人的ですが思いました。 定年退職後でも何か趣味を持つとか生きがいを見出すのは そういうことなのかもしれません したがって暮らすには十分すぎるお金があっても やっぱり働くのかなと 起業家、投資家が「お金を儲けるのは悪いことですか?」 その人たちも何かしなくてはという概念があるので 十分すぎるお金があっても働くしかないのかなと・・・ そうなるとそれは幸福なのか? なんて考えたりします。 また、稼ぐ人には、その下の人達がいます。 社長なら社員や関連会社 漫画家なら編集者とか出版社に読者・・・ 大きければ売れればそれだけの責任が見えない糸で縛られる気がします。 (私は、家族さえ守れればいいので その責任感はありますけど^^;) ふと 不老不死と通じるような・・・ 不老不死も人類の究極の希望などという人がいますが、 仮に自分がなったとしましょう 家族がいなくなっても友人がいなくなっても看取りそして生きる・・・ 特に我が子が年老いその最期を看取るようになるならば 私には耐え切れません でも不老不死なので死ぬこともできない ジレンマというか気が狂う気がします。 いやきっと狂うでしょう また死も同様に 自分で考え行動できなくなっても 人工的(延命処置)でただ生きてるだけでは、死んだも同様 いや 死より辛いことだと思います。 まぁ 小学生の息子にいろいろ聞かれ なんと答えれば良いかなど考えていると こんな考えが浮かぶ私は 変な人なのかなと 自虐的に苦笑してしまうことしかできなかったりします。 ほんと世の中は難しい 自殺や親殺し子殺しのニュースを見ては そんなことは聞かないでよと 内心ビクビクしています でも アニメばかり見るのも どうかなと・・・ テレビもゆっくり見れない今日この頃です。 ああ 魚眼レンズが欲しいけど 写真撮っていないナ・・・ 広大なコスモス畑で夕日にうろこ雲・・・ 撮りたいなと 徒然日記みたいになってしまいました(笑) ‐---まで‐---

  • 回答No.3
noname#194996

単純に考えて双方とも人間の夢というか理想なのだけれど、実際にそういうことが実現すれば当人には何も良いことがないだろうということなのでしょうか。 一面では真でしょうが、多少偏った意地悪な見方といえないこともないでしょう。 金持ちというのはそこそこ、今の世には考え方によってはほぼ大衆レベルに近くまで実現しているという見方もあるでしょうが、不老不死はまだ実現不可能です。でも昔に比べれば平均年齢は驚異的に伸びて、ある意味不老不死に近づいているといえないこともありません。 資本主義的自由主義世界では皆金持ちを目指してがんばります。その結果というか最近まではそこそこ成功したような印象です。今後は険しくなりますが、それは地球というものが有限だったからで、主義思想そのものが間違っていたということでもないと思います。 不老不死という希望も元気なままの”結果長寿”を目指してきたからこそ医学はここまで伸びてきたといえないこともありません。この方向が間違っていたということでもないでしょう。 それぞれ目標としての存在意義はいまもあるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >それぞれ目標としての存在意義はいまもあるのではないでしょうか。 確かにあるかもしれませんね ありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#194289

しかし金を使えば他人の時間を奪える(他人の命を自分のものにできる)が、自分の時間を増すことはできないと思います…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 逆に言えば自分の時間を費やし 他人の為に鐘を稼ぐ・・・ 漫画家(年収30億)の人の話が わかりやすかったです。

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

お金持ちも不老不死も、「自分さえ良ければ他人はどうなってもいい」 という自己チューな考えである(短絡的な快楽主義)という点で共通。 実際、一人だけ不老不死なら人生を通算した充足量の増大に寄与 するけど、皆んなが不老不死になったら、人口爆発で食料難、領土 争奪戦争で、長くても悲惨な人生になる。 一人だけ金持ちならリッチな生活ができるが、皆んなが金持ちになっ たのでは生産量は限られており、物価が上がって生活レベルは変わ らないし、それどころか過剰に流通する貨幣はマネーゲームに流れ、 バブル>バブル崩壊で不況と貧富の格差を拡大する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのブログの主は、 永遠に生きるのは、家族、友人の死を看取る辛さ お金持ちは、使えきれないお金を持ちながらも存在を見出すため 仕事を続ける そんな趣旨で書いていました。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

お金持ちも不老不死も、「自分さえ良ければ他人はどうなってもいい」 という自己チューな考えである(短絡的な快楽主義)という点で共通 すごくと納得しました。 慈善家でお金持ちもいるかもしれませんが、初代はそうはいかなかったでしょうね ロックフェラーもロスチャイルドも・・・ 回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 不老不死を得た国家元首について質問です。

    秦の始皇帝が求めた不老不死と不老不死を得た国家元首について質問です。 古代中国に存在した王朝、『秦』の始皇帝は、不老不死を求め、周辺各地に探検隊を派遣したり、 時には学者に、不老不死の薬を作らせたり、挙句の果てには、不老不死の効能があるとして水銀を摂取し続けた。 しかし、水銀の摂取が原因で、死亡したそうですが、ここで以下の質問です。 1.仮定の話になりますが、とある一国の国家元首が不老不死の命を得たとします。 永遠に死ぬこともできない体で、権力の座に就いた場合、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか? 2.不老不死の命を持った国家元首が、国を統治する場合、専制君主制、民主共和制、一党独裁制、軍部独裁制の内、どれが一番適しているのでしょうか?

  • 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか?

      「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だと思います。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのでしょうか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのでしょうか? 将来の話で、難しいと思いますが、予想で結構です。 意見を聞かせて下さい   因みに、哲学カテでも、類似の質問を出しています。 哲学から見た「不老不死」をどう考えるかです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html   そちらも、参照、又、書き込みしていただければ、助かります。 宜しくお願いします。  

  • 漢方・中国・不老不死

    以前この場を借りて質問をしたのですが、 どうやらレポートの回答を求めていると勘違いされてしまい、消されてしまったようなので、再度質問します。(答えてくださった方、申し訳ありません) さてさて。 不老不死といえば中国ですし、有名なのが「漢方」などの薬(?)ですよね。しかし、その漢方は実際のところ、病気を治すものなのか、健康状態を維持するものなのか、それとも寿命を延ばす(2つ目と似ていますが)ものなのか、その根源について知りたいです。 (出来れば代表的な漢方の効能まで) 二つ目に、(こんな事を聞いたら軽蔑されるかもしれませんが)不老不死、は実際に存在するのでしょうか。 三国志のなかでも曹操と不死の修行をしようという者もいますが(もちろん「三国志演義」内のものかと思われますが。。)実際に存在するのでしょうか。。 最後に、これまでの人類の中で最も長生きした人物と、その年齢を教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします

  • 【哲学】あなたは龍を殺す事ができますか?

    哲学的な問答をさせていただきますが、あなたは龍を殺す事ができますか?思うところお教えください。古代の書物にはよく龍の生き血をすすると不老不死になれるだのあれだこれだ書かれています。実際に龍を殺して生き血をすすると不老不死になれると仮定して、あなたはその龍を前に龍を殺す事ができますか?ドラえもんの作者は主人公ドラえもんの居候になっている家ののび太君にその選択をさせて、彼は龍を殺すのは人間の勝手だ、かわいそうだと言って龍を殺す事ができませんでした、その様にのび太君をやさしい人間として描いていました。しかし私の場合はどうだろうか?龍を上手い事殺して不老不死になれるのならば、私の場合喜んで龍を殺してしまいそうな気がする。龍を殺す以前から牛や豚などを好んで殺させて食って来た人間ですので、わたしはそのあたり抵抗感がありません。これは残酷な事でしょうが、私の現実です。それで皆様は不老不死を得る為龍を殺す事ができますか?思うところ教えていただけると幸いです。私もだいぶ大人になってきて、残酷な現実も見過ぎてしまったのかなぁ??

  • 錬金術って

    ・・・例の漫画とは関係ないです。 世界史とかで、ルネサンス期に流行したっていわれるAlchemists(錬金術士)なんですが、 調べてみると、「不老不死の効果と卑金属を金に変える力を持つとされる賢者の石(哲学者の石) を求めて実験を繰り返した者のこと。」とありました。 「不老不死」と「卑金属を金にかえる」って全く関係のないことのような気がするのですが、 いったい賢者の石って何なのでしょうか。。。 ちょろっと気になりましたので、もし背景とかご存知の方おりましたらご教示願います。

  • 不老不死になりたいです。

    ぼくは1000000000%の本気で不老不死になりたいです。そこで先端や不老不死の薬の製造方法や材料を調べたところ硫黄と水銀が必要であることがわかりました。これは本当なのでしょうか。もし違うのでしたら本当の材料を教えてください。先ほども書きましたがぼくは1000000000%の本気で不老不死になりたいです。ですから嘘や冗談や遊び半分での回答はやめてください。

  • 「不老不死」を考える

      先に、「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 の質問スレッドを立ち上げましたが、トラブルがあり、締め切られた様です。 そこで、新たに、質問スレッドを立ち上げます。 ------------------------------------------------------------ 「不老不死」 何度か、聞いた事のある言葉だが、実際に考えると不思議な言葉だ。 「不老」とは何だろうか? 「老いない」とはどういう事なのだろうか? 考えると、イメージが湧かない。 ゆっくり老いる事か?それとも、ある年齢(例えば18才)でとどまることか? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は手に入れる事が出来るのか? 「不老不死」を獲得する代わりに、生殖機能を失う事にならないのか? 獲得できると仮定して、この技術を用いるべきなのか? 人が好きな年齢を選んで、その年齢にとどまるならば、そのような社会は成立するのか? 倫理上、人間のクーロンを作ってはいけない様に、この技術も用いてはいけない事になるのか? 疑問ばかりで、申し訳ないが、自由に意見を書いて下さい。 前回質問スレッド「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html から、続いている内容です。 また、生物カテでの質問も必要と思い、類似質問スレッドを立てています。 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612722.html こちらも、参照下さい。  

  • 不老不死

    老衰を含め不治の病がなくなり、二十歳くらいの外見・身体能力を ずっと維持できるようになり、死亡原因の大半は生きることに飽き た人による自殺という時代が訪れるとします。 (死者の蘇生はまだ不可能で、全身を燃やしたり首を切り落としたり した場合は死ぬこととします) 人口増加による居住地・食料の問題については、宇宙空間の利用 等から特別大きな問題にはなっていないとします。 このような社会と今の社会を比べた場合、プラス面・マイナス面等 について感じることを教えて下さい。

  • 不老不死

    学校の先生がテロメラーゼで不老不死も夢ではない!とか言っていたのですが なんのことかよくわかりません。一応テロメラーゼは酵素で、この酵素を使っ て細胞の寿命を延ばすことの研究がされているところまでは調べられたのです が、脳細胞の寿命も延ばすことが可能なのでしょうか? テロメラーゼや幹細胞、脳細胞など、不老不死に関することなら何でも好きな ようにご回答してください。こういう方法を使ったら不老不死が可能なのでは ないか?不老不死は人類にとって良いことなのか?悪いことなのか?など、自 分の不老不死に対する考えや思いなども自由にご回答してください。

  • 不老不死は、出来るか?

    現代科学で、不老不死は、可能でしょうか? それとも、人類保存計画?