• 締切済み
  • すぐに回答を!

生活保護が現金支給である国ってどこですか?

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダという国がありますけど、日本と同じで現金支給を行っている国ってどこがあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数208
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#222486

どの国も現金支給でしょう 先進国で現物支給などないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生活保護の現金支給の見直し

    フードスタンプ、商品券など生活保護の現金支給の見直しについて質問すると 必ずと言って良いほど擁護者(受給者?)からヒステリックな反論ならまだしも罵倒まで 受けますけど、どうしてソコまで現金支給に 執着するのか疑問です。 不適切な支出を辞めさせ、金券のような物で現金と同金額の物が買えるのなら 全く問題がないと思うのですが 彼らの反論の常套句は (1)(いくらかかるか示さずに)フードスタンプ導入は非常に経費がかかるから反対! 毎年4兆近くの保護費を使われるのに対して導入経費はそこまでかからないでしょう。 実際、一般では商品券やカードが出まわり生活保護関連では医療機関で現物給付が 行われているのに、経費に対する疑問の声は聞かれないし 電子化したらケースワーカーが何を買ったかチェックする必要も無いし良い事ずくめなのに それには目をつぶる。 (2)そもそも全額現金で持たせないのは弱者へのいじめだ! だから多少用途に制限があるにしてもフードスタンプや、商品券、現物は現金と変わらないでしょう。 そもそも自分で生計を立てられないから生活保護に頼っているのに支給形式に文句をつけるのはお門違い。 仮に彼らが主張する通り現金以外の支給方法がいじめだと感じるのなら生活保護から抜け出そうと頑張る動機にもなって却って良い事では? 上記のような経緯から一生受け取ることを前提にモノを考え、現金以外の保護には 不都合があると感じ、よって「現金」が欲しいとしか思えません。 仮に私が自活出来ず、生活保護に頼るようになったら受給形式がどうこう言う身分では 無いと思います。 いただけるだけ有難いことですし、社会復帰して生活保護状態から抜け出すことが 受給中の仕事だと思っていますので。 社会復帰する意志があるのなら、そこまで現金に執着する動機がよく理解できないのですが 上手に説明できる方おりますか?

  • 一部を現金支給とされ、知らずに取りにいかなかったら

    売上が良かった月に、大入り手当てとして支給されたお金がありますが、明細上は支給されていますが、現金支給とされ、取りに来いという通達がされていたようです。 しかしながら、事務所からは離れたフロアで、1日中その部屋から出ないような部署にいて知らなかった為、取りに行かなかったら、今月、マイナス支給で取り消されました。 そのような仕打ちって有りなのでしょうか。 なんか釈然としません。

  • 生活保護費で、現金支給を廃止して、プリペイド制を導

    生活保護費で、現金支給を廃止して、プリペイド制を導入すべきです。反対する人は全員パチンコなどギャンブルしている人と、不正受給者なので、反対の声は無視します。 外国人の生活保護は憲法違反(憲法25条)です。日本は法治国家ですので、国際条約より憲法と日本の法律を遵守しなければなりません。現在の支給をやめて、母国に強制送還いたします。 本当に困っている人(病気など)には支給すべきで、職業訓練している人、もしくは始める人には、期間限定ですが支給すべきだと思っています。 みなさんはどう思われますか?

  • なんで外国人に生活保護を支給してるの?

    なんで外国人に生活保護を支給してるの? 世界的に見て外国人に経済弱者だと生活保護みたいな生活費を無償で支給してる国ってあるのでしょうか? アメリカは?イギリスは?中国は?

  • 海外で日本のPCソフト使用について

    例えば、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、カナダなどに行き、 その国のパソコンで、日本の同人のPCソフトを使用できるのでしょうか。 すべてわからなくても、一部だけでもわかる方どうかよろしくお願いします。

  • 食事手当ての現金支給と消費税について

    従業員が研修等で外出する場合に食事手当てを現金支給で350円支給しているのですが、消費税の引き上げに伴い増税分を加味しないといけないのでしょうか? 仕訳についてはよくわからないので、それらについてもかみくだいて説明していただけると助かります。 宜しくお願いします。

  • 生活保護費の受け取り方は?

    生活保護費は、まさか現金支給じゃありませんよね? 現金支給だとしたらどのように渡すのですか?

  • 通勤費(現金支給)について。

    この春から 子会社へ出向になり、経理事務をしています。 親会社時代は、3ケ月に一度、給料と一緒に通勤費(定期代 3ケ月分)を支給されており、給与明細にも記載され自分の 銀行口座に振り込まれていました。 出向社員については、通勤費が子会社負担になるため、 給料明細には通勤費が記載されておらず、やはり3ケ月に一度 通勤費を受け取るのですが、これが「現金」です。 自分は給与処理の担当者になり、先輩から引き継いだ方法は 封筒(銀行のキャッシュコーナーにおかれている封筒)に名前を 書いてそれぞれに通勤費を支給する、とのこと。パソコンで作った 簡単な明細は添付するものの、給与封筒(印鑑を押せる封筒)の 受け渡しもなく受取書もない状態です。 確かに子会社には出金伝票が残されていますが、本人に渡した という証明になるものは何もありません。これでは、 子会社と出向社員の間に、通勤費授受の証拠がないと思われる ので自分としてはトラブルを回避したいので振込で処理したいと 言っているのですが、先輩はどうしても受け入れてくれません。 (ずっとこの方法でやってきて、何も起こらなかったから。とのこと) この通勤費の支給方法、会計処理上おかしいでしょうか? ちなみに、出向社員以外(子会社で直接雇用している社員)に ついては、給与明細には通勤費を記載しているが、これまた 通勤費のみ現金支給で、給与明細の支給額(通勤費込の金額) と給与振込の金額が異なっています。

  • 生活保護について

    生活保護について、討論をしているときに、私が、「生活保護財政を考えると、被保護世帯には、公営住宅などを利用してもらい、現金支給額が多くならないような政策が必要だ」と言ったら、「そんなことをしたら、現代の被差別部落制度を作り上げることにつながるので、そんな政策は絶対にありえない。不可能だ」と言われました。 そういうものなのでしょうか?

  • 算定基礎届の「現金支給の額」と「現物支給の額」

    ちょっと気になったので教えてください。 算定基礎届で「現金にて支給した額」「現物にて支給した額」とあると思います。 (社会保険の取得届も同様ですが) あれはなぜ現金と現物で欄が分けられているのでしょうか。 加算する項目さえきちんとしておけば、 現金であろうと現物であろうと関係ないのでは? どちらにしても、合計金額により標準報酬が決まりますよね。 両方まとめてしまって現物支給の1か月分を現金支給に加算して、 現物を0円ということにすると問題があったりするのでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。