• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

体脂肪を1kg減らすために消費すべきカロリーは?

さまざまなサイトおよび本には「体脂肪を1.0 kg減らすために必要な消費カロリーは7,200 kcal」と書いてあるのですが解せません。 効率の良い有酸素運動を行っても、糖質と脂質の燃焼割合は1:1程度だと認識しています。 それでは体脂肪を1.0kg減らすためには、糖質からも同等のカロリーを消費していなければならないのではないでしょうか? つまり、体脂肪を1.0kg減らすために消費すべき実際のカロリーは、 体脂肪(1.0 kg) 7,200 kcal + 糖質(1.8 kg) 7,200 kcal = 14,400 kcal となるのではないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

おっしゃる通り、痩せる時に失うのは体脂肪だけではないので、「体脂肪を1.0 kg減らすために必要な消費カロリーは7,200Kcal」ってのは馬鹿げていますよね。 ただ、質問者さんの挙げた計算方法が正解に近いかと言えば、そうでもないです。 糖質より脂質の代謝される割合が多いとされるレベルの有酸素運動は、実は最終的に内臓脂肪や皮下脂肪、つまり贅肉を落とせるかどうかとは無関係です。 どんなに運動したところで、1日にできる運動などせいぜい1~2時間。カロリーにして100~400Kcal程度が限界でしょう。カロリー消費の大部分は、それ以外の安静時や睡眠時を含む22~23時間で行われます。ですから、運動中だけでなく、この間に如何に上手に脂肪を燃やせるか否かで、最終的な皮下脂肪の減り具合に差がでるわけです。 そして、この安静時に最も脂肪を多く減らすコツは無酸素運動することです。 軽くて長時間の運動、所謂ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を優位に消費していきますが、そのおかげで失った脂肪を回復させようとしてインスリンという脂肪を溜め込むホルモンが分泌されます。また、長時間の運動はコルチゾールというストレスホルモンも分泌しますが、これも脂肪を溜め込み、筋肉を分解していく作用があります。 結果的に筋肉は減って脂肪はそれほど減らすことはできず、ぷよぷよした体脂肪率の高いまま体重が落ちていきます。 逆に糖質を優位に減らすような激しい運動をすると、運動後何時間にもわたって、テストステロンや成長ホルモンの分泌量が上がります。成長ホルモンはインスリンの効果を打ち消して脂肪を強力に分解する作用があるので、脂肪が通常より多く代謝されていく状態が続きます。またテストステロンも、筋肉を守り、脂肪を付きにくくする作用があります。 結果的に、カロリー制限が緩やかでも、それほど多く体重を減らしていなくても、内臓脂肪や皮下脂肪は削げ落ちます。 ですから、しっかり適切な負荷で筋トレを続けているとか、短距離走などの無酸素トレーニングをやるという前提なら、7200Kcal分しっかり脂肪ばかり落とすこともできます。 余ってる脂肪の量やトレーニングの熟練度なども関係するので、一概に何Kcalで脂肪いくら落とせるかと答えを出すのは難しいでしょうけどね。 >効率の良い有酸素運動を行っても、 有酸素運動自体、カロリーは消費できますが脂肪を中心に落とすことを考えると特に効率が良いわけではないのです。糖質:脂質の代謝割合で言えば、脂質が最も効率よく代謝されるのは睡眠中、次いで安静時です。 つまり脂肪優位に代謝したいなら運動しないで食事だけ減らして寝てろという事になる。 しかしそういう生活をしている人はいくら痩せていても体脂肪率は高いです。むしろ糖質の消費割合が上がっても、適度に運動する人のほうが体脂肪率が下がる。しかも運動強度が高い種目の人ほど、平均して体脂肪率は低くなります。 マラソン選手(男性)の平均体脂肪率は15%ぐらいで、短距離選手の体脂肪率は10%弱ですしね。 話が大きくそれましたが、参考に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変興味深く、勉強になりました。 消費・吸収等のcal値に関しては、すべて推定値でしかないので適当です。 体脂肪の1.0kgの燃焼には7,200kcalでは明らかに足りないのではないか、と考えた次第です。 しかし、有酸素運動や基礎代謝の皮算用では体脂肪の燃焼量は勘定できないのですね。残念です。 生理学的な話は大変勉強になりました。 有酸素運動だけでは結果的に筋肉を減らし、体脂肪の消費としても長い目で見ればベストではないのですね。太りやすい状態をつくってしまう点は衝撃的でした。 > 安静時に最も脂肪を多く減らすコツは無酸素運動 「筋トレをして筋肉を増やしても、基礎代謝増加はそれほど多くないので減量には効率的でない。」という批判記事を目にすることがありますが、「無酸素運動で成長ホルモンの分泌を刺激する」ことが体脂肪の燃焼には効果的なのですね。無酸素運動系のアスリートの体脂肪率を考えると、実に納得がいきました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4203)

 体の中には消費してもよい糖質が1.8kgも蓄えられていません。体内に大量のカロリーを蓄えられるのは体脂肪です。 > 体脂肪を1.0 kg減らすために必要な消費カロリーは7,200 kcal  違います。体脂肪1.0kgをエネルギーに換算すると7,200kcalに相当するというだけの話で、7,200kcalを消費するとそれが全部体脂肪燃焼につながるわけではありません。糖質も消費します。 > 糖質と脂質の燃焼割合は1:1程度だと認識しています  違います。供給可能な糖質は量が限られていますので、運動の最初のうちは糖質も消費されますが、だんだん減り、脂質の割合が増えてきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早い回答ありがとうございます。 私の表現が適切でなかったため誤解をあたえてしまったかもしれません。 「糖質1.8kg分のエネルギー」とは体脂肪を1kg減らすまでの期間に、消費されると考えられる「体内+栄養によって補給された糖質」という意図でした。そうすると食事による脂肪の吸収分も考えないといけなくなるのですが、減量期は脂肪食は避けるという考えのもと省略しています。 > 体脂肪1.0kgをエネルギーに換算すると7,200kcalに相当するというだけの話で、7,200kcalを消費するとそれが全部体脂肪燃焼につながるわけではありません。糖質も消費します。 私も同様の考えです。 「7,200kcal分のマイナスをつくれば体脂肪が1kg減らせる」という考えが蔓延っているのはおかしいですよね。 > 供給可能な糖質は量が限られていますので、運動の最初のうちは糖質も消費されますが、だんだん減り、脂質の割合が増えてきます。 おっしゃる通り、スタート時点からずっと脂肪燃焼効率の良い「運動」なんてありませんよね。 ジョギングを例にとると、「適切な強度(心拍数)で20分以上継続する。」といった内容が効率的な有酸素運動になると理解しています。

  • 回答No.1

体脂肪1kg=体重1kgではない。 運動をすれば(カロリーに関係なく)体脂肪は減っても筋肉が増えるので、体重は変わらないか少し減量する程度の場合があります。 (逆に何も運動しないのに体重1kg増のときはほとんど脂肪1kg増) >体脂肪を1.0 kg減らすために必要な消費カロリーは7,200 kcal 減量のため運動すれば、筋肉も関係あるはず。

参考URL:
http://nplll.com/archives/2010/08/1kg7200kcal.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早い回答ありがとうございます。 意味もなく糖質の重さ(kg)を書いてしまったので誤解を与えてしまったかもしれません。 参考URLを拝見させていただきましたが、こちらの考え方だと1gあたりの脂肪が9kcalのエネルギーをもつという考えに矛盾してしまうと思うのですが。 また、運動しても、その内容や栄養状態で筋肉が落ちる場合も大いにあると考えています。

関連するQ&A

  • 脂質消費率について

    脂質消費率について 46歳の男性です。 現在、体重79kg、体脂肪率23~24%です。 有酸素運動において、脂質の消費効率が最も良いのは 運動強度が60%ぐらいのときということは理解できております。 最近、メタボ対策のためハートレートを使い自転車で 毎日50~60km(内通勤36km)を走っております。 しかし、体重で1~2kg変動するのですが体脂肪量が思ったよりも減りません。 経験していくうちに3時間連続しての運動で50~60gしか減らないんだということが 判りました。(「この考え方が合っているのか」も質問の一部です。) 【ハートレートはシマノのサイクリンク、体重・体脂肪の管理はTANITA-BC-509】 http://www.cb-asahi.co.jp/image/shimano/2009/cyclink.html http://www.tanita.co.jp/products/models/bc509.html 多くの質問の回答に以下の表が載っていますが意味が判る方が おられればアドバイスをお願い致します。 【脂質消費率】 運動強度最大 糖質  脂質  脂質 酸素摂取量  (%) (%) 消費率  20%   50  50    1  40%   52   48   1.9  60%   61  39   2.4  70%   70  30   2.1  80%   82  18   1.4 http://www.h2.dion.ne.jp/~kakutou/syokuji.htm 疑問点 (1)脂質消費の算出根拠  糖質50%、脂質50%から脂質消費率1  糖質52%、脂質48%から脂質消費率1.9  糖質61%、脂質39%から脂質消費率2.4  糖質70%、脂質30%から脂質消費率2.1  糖質82%、脂質18%から脂質消費率1.4  「脂肪燃焼率」がどのような式で算出されているか  がよくわかりません。  (測定機などで計測しているのでしょうか?) (2)脂質消費の具体的な割合  運動強度60%で、1,000kcal消費したときの割合  糖質○○kcal:脂質△△kcal 表では、610kcal:390kcalと推定しておりますが、  果たして合っているか? (3)表をよく見ると「脂質(%)」が  運動強度20%→脂質50%(脂質消費率:1)、  運動強度60%→脂質39%(脂質消費率:2.4)、  と脂質消費率が高くなっているのに  脂質(%)が下がっている点について (4)極端ですが、運動強度80%で1000kcal  の運動をしたとき、180kcal(体脂肪25.7g)  が消費されているという事でしょうか? (5)少しきつい目のペースで約70%の強度で1500kcalの  運動をするのに3時間かかります。  脂肪燃焼を開始するまでの20分を差し引いて  脂肪燃焼開始後、1333kcal消費したとして脂肪  約400kcal(57g)消費したということでしょうか?  (体脂肪は水分20%を考慮して1g当り7kcalで計算) (6)たとえば約60%の強度で3時間運動して  1200kcal消費したとします。  脂肪燃焼を開始するまでの20分を差し引いて  脂肪燃焼開始後、1067kcal消費したとして  脂肪約416kcal(59g)消費し、  運動強度が弱いのにも関わらず脂肪の少量が  (5)の400kcalよりも多くなるのでしょうか? (7)極端ですが、身体に蓄えているグリコーゲンや  糖質(1800~2000kcal)を使い果たした後、  更に運動を継続した場合、エネルギー源は  何が使われるのでしょうか?

  • 脂肪の燃焼とカロリー消費について

    摂取エネルギー 2,500kcal、消費エネルギー 2,000kcal(基礎代謝+時速10キロメートルで30分間 走って消費+徒歩や仕事などで消費)の場合、1日あたり何kcalほど燃焼できるでしょうか。 また、消費カロリーのうち、体脂肪の燃焼は何kcalほどでしょうか。 体重70キログラム、体脂肪率20パーセントの男性です。 単純に摂取・消費カロリーを比べると、摂取カロリーの方が多いので、仕事のあとに少し運動した ところで、脂肪は燃焼していない、逆に蓄積されていると考えよろしいでしょうか。 食事制限はしているつもりなのですが・・・

  • 脂肪燃焼は無酸素運動が実は効率的?

    無酸素運動は糖質をエネルギー源とするので脂質は消費されず、足りない糖質は筋肉を分解して作られる。 だから脂質をエネルギー源とする有酸素運動を行うのが脂肪を減らすには効果的。 これが世のダイエッターたちの常識でしたよね。 でも最近、このサイトでも脂肪燃焼=有酸素運動は嘘という話も見かけるようになってきました。 私としては脂肪を減らすにはやっぱり消費カロリーを増やすことで、糖質や脂質を分けるのは意味が無いんじゃないかなと思うんですよね。 単純にカロリーとして考えた場合、無酸素運動も運動である以上、カロリーを消費するはずだし、だとすると筋肉を維持できるダンベルやマシンを使った無酸素運動を中心にする方が、実は一番効率よく痩せるんじゃないでしょうか?

  • 脂肪のカロリーは1g9カロリーと聞きました

    脂肪のカロリーは1g9カロリーと聞きました ということは脂質20gの物を食べたのならば、その分の脂肪を燃焼するには180kcal分の運動をすれば、その分はチャラになるということでしょうか? また、ジョギング1時間で540kcal消費したとすれば、60g分の脂肪を燃焼したと考えて良いのでしょうか?

  • 有酸素運動での脂肪燃焼と消費カロリーは関係ない?

    有酸素運動での脂肪燃焼と消費カロリーは関係ない? 有酸素運動で100カロリー消費したとして、その消費したのは脂肪なんですよね? この100カロリーは消費カロリー? ちょっと意味分からないと思うんですけど… 有酸素運動で脂肪燃焼するんですよね? それだったらカロリー関係なくないですか? 摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば痩せるんですよね。 でも消費カロリーの方が少ないのに脂肪燃焼してるじゃないですか? 有酸素運動をすればカロリー関係なく脂肪燃焼できるんでしょうか。 有酸素運動をしても摂取カロリーが消費カロリーより多かったらまた脂肪になって意味がないってことですか?

  • スロージョギングの消費カロリーと脂肪燃焼について

    最近スロージョギングを1時間ほど行っているのですが疑問があります。 調べたところによるとスロージョギングの消費カロリーは30分で約166キロカロリー。 1時間で350程度でしょうか。 確か有酸素運動を行ってから20分以降は脂肪燃焼率が飛躍的に上がると聞いたことがあります。 これって、1時間スロージョギングを行った場合『約350カロリー消費』+『脂肪燃焼(皮下脂肪減少)』 のダブル効果を得られてるんでしょうか? あくまで消費カロリーは運動をした事により消費されるもの。脂肪燃焼とは別と思っているのですが 真相はどうなのでしょうか? よろしくお願いいたいます。

  • カロリーと体脂肪

    カロリーについて調べていたら、 ・7000kcal摂取してもすべてが体脂肪に変わるわけではないので1kg太るのは違う。 ・1kg痩せるために7000kcal以上消費しなければいけないということが誤解されて伝えられている。 という多々の情報に辿り着きました。 では、厳密に1kgの脂肪をつけるにはどのくらいのカロリーが必要ということは証明されていないのでしょうか?

  • 脂肪燃焼に関する疑問点(1)

    タイトルの件、いくつか疑問が生じています。 ◎前提 A.ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動 の流れで、ウエイトトレで血中遊離脂肪酸濃度を高め、効率の良い有酸素運動での消費を考えています。 B.筋肉を動かすときの運動エネルギー源は、アミノ酸、グルコース、そして、脂肪酸。このうち、アミノ酸が運動エネルギーとして使われる割合は常に15%程度。 残りの85%は脂肪酸とグルコース(糖)が競合して用いられ、  (1)トレーニング状態  (2)運動の強度や時間  (3)運動前・運動中に摂取する飲食物 等の影響を受けて、それぞれの割合が大きく変動する (疑問1)運動前・運動中に摂取する飲食物 運動の前後に糖質を摂ると脂肪燃焼が止まってしまう。ただし、例外として、果糖(フルクトース)は、脂肪燃焼を止める作用が著しく小さい。だから、ウエイトトレから有酸素へのインターバルでは果糖(フルクトース)を摂取しなければ、却って有酸素運動の脂肪燃焼効率が下がる結果になりかねない。果糖(フルクトース)はネットで1200円/kg程度で販売しているようだ。 ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動という流れの中で、筋肉を維持し、効率よく脂肪燃焼を行うためには、それぞれの運動中になすべき水分と栄養の補給は? また、やってはならない補給は? 例えば、ジョグ中のアミノバイタルなどを飲むことは脂肪燃焼を妨げるか? (疑問2) 安静時に消費されるエネルギーは、凡そ糖質:脂質=1:1か? 最大心拍数の60~75%程度の有酸素運動が最も効率よく脂肪燃焼をする。それを超えると糖質に依存する割合が増える。 ウエイトトレではほぼ100%糖質。 最も効率よく脂肪燃焼をした場合、エネルギーの何%くらいまで期待可能か?そういった研究データはありますか? 言い換えれば、ランとジョグの消費エネルギーが拮抗するのは、凡そ7.5km/hというデータがあるようですが、ここからファットバーンゾーンの最大心拍数×60~75%までの、脂質と糖質の消費割合を示すような数式またはグラフなどはありますか? 質問項目が多いので、とりあえず2つ。 仕事の合間で文章を推敲せず、ぶっきらぼうでごめんなさい。m(__)m

  • 有酸素運動より食事制限のほうが脂肪を減らすのには有効でしょうか

    有酸素運動と食事制限について少し気になったことがあるので質問します。 筋トレとかを始めたばかりの高校生で ゴールデンタイムを利用して 筋肉をつけつつ脂肪を落とそうとしているのすが いまは 筋トレ⇒プロテイン⇒有酸素運動といった順番でやっています。 それで有酸素運動は40分程度やるのですが 脂肪が燃焼しだすのは運動しだして20分~ということで 実際20分間しか脂肪を燃やしていないということになります。 有酸素運動はジョギングをしています(時速8km) 消費カロリー(kcal)= 体重(kg) * 距離(km) ですので 68kg×5.2km=362kcal ですが脂肪燃焼は20分しかしてないので半分の181kcalです。 7000kcalでようやく脂肪1kg分の運動となるので このペースだと38日後にようやく脂肪が1kg減るという計算になります。 40分のジョギングだって結構きつくて30分過ぎたくらいからいやになります。 そこで思ったのですが 私はそんなにご飯が好きではないので食べない日が多いですが 食べるときは子供・女性用の茶わんで食べます 女性用茶碗で一杯で185kcalということです。 40分走ったときの脂肪の燃焼したkcalと大して変わりません。 ですので 有酸素運動より食事制限のほうが私にとって楽ですし 少しずつだけ食べ栄養バランスのとれた食事をしたら 有酸素運動より食事制限のほうが脂肪を落とすのに有効ではないでしょうか? たとえばinbodyで図った結果の 基礎代謝は1403で適度に運動や学校に行くので消費しているので ×1.7で約2300kcalです。 たとえばそれで食事制限をして2000kcalだけにしたとしたら 300kcal消費になりますよね? それは有酸素運動で300kcal落とすのと同じでしょうか? それだったらこれからはジョギングは40分やりますが 食事制限を多くしていきたいと考えています。 減量期から始めているのですが もともと筋肉がたいしてないので減る心配もないので。(むしろ食事制限をある程度はしていますが増えている気がします。) 何か書きすぎて何が言いたいかわかりませんが 一番聞きたいのは 有酸素運動で消費するkcalと基礎代謝やそのた消費するkcalは同じなのでしょうか? ということです。 基礎代謝とかで消費するカロリーは脂肪を燃焼するのに使われますよね?

  • 脂肪を1kg減らすために必要な消費カロリーについて。

    脂肪を1kg減らすために消費しなければならないカロリーは 一般に約7000キロカロリーか約9000キロカロリーと聞きます。 言う人によって前者と後者に分かれてしまうのですが 実際7000キロカロリーと9000キロカロリーの どちらが正しいのでしょうか?