• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

B型肝炎から肝臓がんへ・・・

62才の父の事でお尋ねします。2年前B型肝炎から肝臓がんになりました。癌は自覚症状もなく、偶然見つかりました。B型肝炎のほうは調子もよく特別に治療もしていなかったので、癌が見つかった時の父の落ち込みはひどかったです。3分の2肝臓を切除して、その後仕事にも復帰していたのですが、今日定期健診で、転移している事が解りました。又、肝臓に癌ができていたようです。今回は放射線治療をするそうです。父が心配をかけまいと、それ以上のことを教えてくれません。どなたか、放射線治療とは何なのか、なぜ今度は切除しないのか、もしかして末期なの? 教えてください!宜しくお願い致します。もし、長崎でいい病院をご存知の方がいらっしゃいましたら、そちらもお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数424
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 おそらく転移ではなくて再発でしょうね。 ウィルス性肝炎からの肝癌は、再発をくり返すのが特徴です。 手術というのは、体力の消耗が著しく、何度もくり返せるものではいので、今回は見送ったという事でしょう。 もしかしたら、前回はある程度大きかったので切ってしまった方がいいと判断されたのかもしれません。 今日では、ウィルス性で再発をくり返す肝癌には放射線、化学療法、変わったところでは癌病巣に薬を注射してそこだけ殺す方法など、出来るだけ切らないで済ます方法が検討されています。 なので、末期であるとは一概には言えないです。 むしろ、手術するまでもないサイズであるからという可能性もかなり高いでしょう。 できれば主治医に直接相談されるのがいいですね。 今回はその中で放射線が撰択されたという事でしょう。 癌細胞は他の細胞に比べるとさかんに分裂して体積が増え、まわりの組織を圧迫して悪事をなします。 でも分裂がさかんな細胞程、染色体が放射線で破壊されやすいので、それを利用して癌をやっつけようという治療法です。 放射線には、X線、ガンマ線、ベータ線、アルファ線、重粒子線・・・といったいろんな物が場所、大きさ、癌の種類に応じて用いられます。 病院の方は、そちらの地域に詳しくないのでm(__)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。知らないことがたくさんあり、とても勉強になりました!励みになるお言葉もあり、感謝しております!

関連するQ&A

  • 原発性肝臓癌の放射線治療について教えてください。

    B型肝炎→肝硬変→肝臓癌となり、 食道静脈瘤の硬化剤治療を数回おこなっている家族の話です。 肝臓癌が7cm程あり、先日、癌を焼く?治療をしましたが、 場所が悪かった事もあり、3分の1程残ってしまいました。 その部分を放射線治療で治していくとの事です。 放射線治療をすれば、残りの癌も全て消滅するのでしょうか? また、放射線治療自体は、痛みがないと聞きますが、 治療後に痛みや発熱などは伴うんでしょうか。 治療費がすごく高いということは無いでしょうか。 他の臓器等への転移は、今の所みとめられないと言われています。 今度の治療で、現在ある癌が消滅したとして、 肝臓癌は、肝臓内へ再発が多いと聞きます。 その都度、放射線治療をすれば、かなり長く生きられたりしますか?

  • 肝臓がんの手術後のお勧めの食べ物を教えてください

    知人が肝臓がんの部分切除をうけました。(今年2月) その後特に抗がん剤とか放射線治療とかは受けなくていいそうです。 お世話になっている方なので、何かしてあげたいのですが・・・ そこで、肝臓がんの手術後に肝臓に良い物を送りたくて・・・ しじみがいいのかなと思っています。 本物のしじみを送ると味噌汁にするのに手間がかかるかなと思いまして、ネットで見つけた しじみのスープ(粉末でお湯でとかすタイプのもの)を送ろうかと検討しています。 みなさんだったらもらって嬉しいですか?飲んでみようと思われますか? いろいろ考えすぎる性格なので、みなさんのアドバイスいただきたいです。

  • 大腸ガンステージIVは治療不可能???【長文です】

     76歳の父が腸閉塞の疑いで緊急手術を受け、ストーマ形成術を受けました、  その後の病理検査や様々な検査の結果、大腸癌から肝臓と肺に転移しておりステージIVの診断をされました。  先生いわく両方の肺に細かく転移してるので、手術では取りきれないので根治は不可能であり 余命15ヶ月である、治療としては抗ガン剤の投与のみとの事でした。  父は緊急手術でストーマを形成しましたが大腸癌の病巣はそのままで、まだ肛門からも少量ずつですが便が出てくる状態です。  先生はもう手術をする予定は無いと言います。 色々と疑問があります。 1.肺転移は細かく箇所も多いので無理だと言うのはわかりますが、 大腸癌と肝臓の転移に関しては放射線治療の併用も可能ではないのですか? この主治医の先生の説明からは放射線治療がまったく出てきませんでした。この病院には放射線治療の設備がありません、そういう場合は放射線治療が有効でも治療計画の選択肢には含まれないのですか?? 2.肺転移が両方の肺なので切除不可能なのは理解できます。 なぜ原発巣の大腸癌と肝臓の転移を根治させる治療計画を建てないのでしょうか? 先生自身が「肺転移が無ければ大腸癌と肝臓の外科手術の選択肢がありました」と仰ったのですが? 大腸癌と肝臓の転移は抗ガン剤と放射線治療で縮小がみられたら切除という方法もあるのでは?? なぜ肺転移があるから他の部分も積極的な治療をしない結論になるのでしょうか??   素人考えだからなのかもしれませんが・・・ この主治医の先生は、あくまで自分の病院の設備でできる治療方法(放射線治療の 設備は無いので選択肢の外?)しか視野にいれてない様な気がしてしまいます。  セカンドオピニオンをしても構わないとはおっしゃってますが、自分の治療計画にも 自身があるとおっしゃっています・・ヘタにセカンドオピニオンを受けて、先生との関係が ギクシャクするのも嫌ですし・・・・ この先生の治療方針は妥当なのでしょうか???

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#211914
noname#211914

ご家族の心中お察しします。 >転移している事が解りました 入院治療されるのでしょうから、家族にも主治医から説明はこれからあるのでしょうか・・・? その際どこに転移しているのか尋ねてはいかがでしょうか? 「肝臓がん」に関しては、以下の参考URLは参考になりますでしょうか? リンク集ですが、この中で「治療」等を参考にしてください。 病院に関しては、長崎も広い(?)のでどちらにお住まい分かりませんが・・・? ◎http://www.hosp.go.jp/~nagasaki/ (国立病院長崎医療センター) ・長崎大学? 国立病院は以前「肝炎」治療では全国的に有名なDr.がいましたが、HPを見ると、「高度専門医療」に「肝臓癌」の記載もあるようです・・・? 後は、少し遠いでしょうが、 ・久留米大学 ・九大 (・九州ガンセンター) (・佐賀県立病院好生館) さらに、以下の本はいかがでしょうか? ---------------------------------------- 日本全国病院ランキング この病気にはこの病院! 降旗正子∥〔ほか〕編 別冊宝島/1996 いい医者いい病院がよくわかる本/米山公啓/三笠書房/2001.9  良い病院・悪い病院の正しい選択/松下一成/全日法規/2001.6  良い病院、悪い病院の見分け方/メディカル・ブレイン…/三笠書房/2001.3 ======================================== お近くの図書館で探されては如何でしょうか? ご参考まで。

参考URL:
http://humanbalance.net/gan3/data28/data28.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。早速、参考URLを見てみたいと思います!本もさがしてみます。

関連するQ&A

  • 原因不明の肝臓がん

    57歳の妻が肝臓がんと診断され、肝臓の右半分を切除することになりました。検査の結果、他の臓器への転移はなく、肝臓の左半分は正常のようです。今のところ肝炎ウィルスに感染している証はなく原因不明と診断されました。 次の件について教えてください。 1.肝臓がんの原因は80%程度、肝炎ウィルスの感染によるC型肝炎、B型肝炎が進行したもので5年在命率は50~60%とネットで調べました。残った肝臓も肝炎で傷んでいることが原因らしいです。妻の場合、肝炎ウィルスに感染しておらず残る左半分の肝臓は正常ですが、5年在命率はもっと高くなるでしょうか? また、どの程度ですか? 2.肝炎ウィルスに感染していない肝臓がん患者の5年在命率などの情報が得られるHPを教えてください。

  • 転移性肝臓がん

    私の叔父が転移性肝臓がんになりました。 しかしどこから転移したのかがいくら調べてもわかりません。主治医には治療できないと言われました。 原発がわからなければ、治療することは難しいでしょうか? 末期の状態で余命半年といわれましたが、本人は今のところ元気です。

  • パートナーが肝臓がんになりました。

    パートナーが肝臓がんになりました。 ステージIVで、余命2ヶ月と宣告されました。 手術も放射線治療も出来ないようです。 来週から、インターフェロンという治療を行うことになりました。 自分なりに色々調べたのですが、肝臓がんの治療としてインターフェロンというものがあまりでてこないのですが、肝臓がんの治療としてインターフェロンは効果はあるのでしょうか? また、無知でお恥ずかしいのですが、インターフェロンとは、抗がん剤とは違うものなのですか? このインターフェロンが効かなければ、もう何もしないと言われたそうです。 セカンドオピニオン等、薦めたほうがいいのでしょうか? とても不安で質問させていただきました。 パートナーは、50代男性です。 よろしくお願いします。

  • 肝臓がん

    今日、父の肝臓がんが発覚しました。程度は、微妙です。医師は、末期とはいいませんでしたが、危険な腫瘍もある。との事でした。抗ガン剤で治療を進めるとのことですが、家族は何が出来ますか?教えて下さい。

  • 抗がん剤・手術・放射線 その後 

    2年前、首すじに腫れが見つかり悪性腫瘍との診断でした。しかし、それは転移癌であり原発が他にあるということで検査・検査・・・しかし、原発は見つからず。その後、抗がん剤・手術・放射線治療と行いました。・・・その後、腋下リンパに転移、手術(鎖骨あたりまで転移)・放射線治療。その後、肺に転移してしまいました。しかし、場所が難しいとのことで放射線治療をしました。治療の甲斐あって小さくなり問題ナシとのこと。現在、丸山ワクチン治療をおこなっています。しかし、放射線・リンパ切除と重なり腕・肩・背中がとってもはるらしく苦しいようです。再発も心配ですが、何かよいアドバイスがあれば・・・。よろしくお願いします。

  • 肝臓がんが転移すると治療はできないか?

    57歳の妻が感染性ではない(原因不明)の肝臓がんになり右半分を切除しました。 術後の状態はいいのですが、主治医の内科医に、次のように言われたそうです。 1.再発の可能性は高い。 2.他の臓器に転移すると治療ができない。 肝臓がんが他の臓器に転移すると治療はできないのでしょうか?

  • 直腸癌3bの術後の転移防止治療について

    父が直腸癌で12/18に手術を行いました。 CT等による術前予測はステージ3a、病理検査結果により3bとの診断に変更。 リンパ節転移は18/22 静脈浸襲やリンパ管浸襲も高度に見られ、主病巣から離れた部分(主病巣から大きめに切除した肛門側から2 0mmの部分まで)にもリンパ管浸襲像が散見されるとの事。 1/21から経口抗がん剤のゼローダを服用開始しました。 肝臓などへの転移を防ぐ為に、放射線治療も考えているのですが、現状では経口型の 抗癌剤のみの処置が一般的なのでしょうか。 主病巣の周りに残っているかもしれない細胞レベルの癌を消す為に、放射線治療を受けたいと考えています。これは、一般的ではないのでしょうか。

  • 肺癌、転移。余命半年。

    肺癌、転移。余命半年。 私の父は、肺癌を患っています。発見した時には、すでにステージ3B期。医師からは治療しても完璧に治ることはなく余命2年だと告げられました。しかし、それからの放射線治療と抗がん剤治療によりその時は、殆どの癌は消滅し職場に復帰することもでたのです。 だけど、それから一年ほどして再発。肺だけでなく頭にまで転移していました。転移が分かってからまず、頭に放射線による治療をほどこし、肺は抗がん剤による治療をしました。しかし、脳の方の治療は、完璧に治したわけではなく、また腫瘍が大きくなれば潰していくというような、もぐら叩きのような治療をしていかなければならないそうです。しかも肺の方は、今回三度抗がん剤を投与したのですが全く薬が効いておらず…。それどころか、肺の癌は大きくなり、肝臓や背骨、ろっこつなどその他の場所にも癌が転移していました。そこで、父は余命半年もないだろうと告げられました。 医師には奇跡を信じて頑張りましょうと言われました。しかし、それはある意味もう無理だと遠回しに言われたような気がしています。この様な状況の父は、これから先、本当に半年も生きられないのでしょうか?

  • 教えてください。

    父は我慢強いのか痛くなるまで何も言わず、 お腹が痛いと病院に行ったら、末期の肝臓がんと言われ手術もできないという事なので、とても信じられません。いきなり進行するのでしょうか? 肝臓に何箇所か転移しているのですが、医師はどこからの原因かわからないとのこと、その原因のところから転移したと言っています。食事も難しい状態で、肝臓は痛くなるのが遅いと聞きましたがとても信じられません。 胸とお腹に水が溜まって食事がつらいとのこと、 なにか治せる治療はありませんか? 教えてください。

  • 放射線治療の乳児への影響について

    癌(末期)の放射線治療の場合、同居している乳児(生後1ヶ月)に放射線の影響があるのでしょうか?