• 締切済み
  • 困ってます

肝硬変末期について

今年1月 肝細胞癌(3cm)の摘出手術を受けた後 合併症【胆汁漏】を起こし  現在も脇腹のパイプが取れず 逆行性胆肝炎による入退院を何度も繰り返しております。 主治医からは 【次に腫瘍が見つかっても 手術はもう できません】と言われております。 そんな中 先日 初めて 肝性脳症になり 現在も入院中です。 その時に 主治医より 【ICGという検査で 通常の人は10%残の所 母様は 50%残なので 肝臓の機能がだいぶ低下しています】と言われました。また 肝性脳症により飲み出した【アミノレバン】という薬も今後飲み続けなければならないとも言われました。 今まで 肝硬変とは分かっていましたが 今回の入院で母の肝硬変がここまで進行しているとは思わず 戸惑っているばかりです・・・ 家が大好きな母なので もし 現在の母の肝臓の状態がよくない状態(主治医からは余命宣告はうけておりません)のならば 動けるうちに 好きなことをやらしてあげたいと思い 経験者・知識のある方の ご意見をいただけたらと思います。 現在の母の状況は・・・  * ICG⇒50%  * 肝性脳症⇒あり(血中アンモニア・・・180)  * 腹水⇒あり(利尿剤 フロセミド40mg+20mg・スピロノラクトン 2錠服用)  * 薬・・・リーバクト顆粒(毎食後)・アミノレバン(1日1回)・ピエールシロップ(1日3回)        ウルデストン(毎食後) よろしくお願いいたします。       

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2045
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

問題は数値ではなく、 問題は、腹水と肝性脳症と逆行性胆管炎 (胆「肝」炎ではなく、胆管炎) の状態です。 この3つが改善されないと退院は無理です。 ICGは肝硬変かどうかを判断する材料であって、 今後、数値が下がることはないと思ってください。 肝性脳症は、改善可能です。 腹水は、今後、どうなるのかわかりません。 薬で減少するならば、コントロール可能ですが、 注射器で抜かなければならない状態となると、 退院は厳しいでしょう。 逆行性胆管炎は、いわゆる感染症なので、 治る可能性はあります。 今後、悪くなるのか、良くなるのか、 診察している医師でなければわかりません。 その医師でさえも、簡単にわかるものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

腹水は今の所 注射器で抜くほどではないと主治医からは言われています。 利尿剤でコントロールできているのでしょう。 ご返答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 肝硬変の腹水について

    義母が 先日から 術後(1/4 肝細胞癌:3cm 摘出手術)の合併症(胆汁漏)で入院しております。 腹水は以前から 利尿剤(2個)を飲んでいましたが 術後 3個になり 現在入院中ですが 利尿剤3個と昼から点滴による利尿剤投薬となりました。 医師に肝硬変はどんなレベルですか?と聞いたところ「良い状態ではありません」としか 言ってくれません。 本人は食欲もあり元気ですが 腹水のたまり具合から言うと肝硬変がだいぶ進んでいるのでしょうか? それとも術後の肝臓の状態が良くないので 腹水が増えているのでしょうか? 経験のある方 知識のある方 教えてください。

  • アルコール性の肝硬変

    母がアルコール性の肝硬変と診断されました。重度です。 今肝臓の薬と利尿剤を飲んでいます。これらの薬は一生飲み続ける必要があるのでしょうか。肝硬変はアルコール飲まなくても肝臓に悪いことしなくても徐々に進行する病気なんですか。よろしくお願いします。

  • 父が肝硬変から肝性脳症になりました。

    私の父はアルコールによる肝硬変と診断されました。 ここ1ヶ月くらいなのですが言動がおかしい日がたまにあり、病院にいって血液検査を受けたところ肝性脳症と医師に言われました。 検査した当日は言動は普通で、医師の話などにも反応していたからか 処方されたのはアミノレバンという栄養?のような物だけでした。 病院に行ってからその後1週間くらいたちますが4日間ほど、トイレの場所がわからなくなったり話しかけても反応せず肩をたたいて話しかけると無言ですが怒ったり、ほとんど食事も取らないという日々が続いております。 週に1度くらいは点滴にきなさいと言われたのですが、肝性脳症は食事に気をつけながら自宅から通院という形しかできないのでしょうか?医師からは入院しなさいとは言われていません。 ここ数日肝性脳症の症状が前よりもひどくなったように見えるので相談させていただきました。アドバイスなどなんでも良いのでよろしくお願いいたします。

  • 肝硬変と検査について

    先日62歳の夫が急死して、解剖の結果死因は脂肪肝性の肝硬変末期ということでした。 体調不良なのに好きなだけ酒を飲んできたので仕方のないことです。 しかし、夫は今まで痛風の薬をもらうために医者に通って血液検査を受けていましたが、肝臓の異常を指摘されたことはありませんでした。 1年前に体調不良で医者に行った時、医者は肝性脳症を疑って血液検査とエコー検査をしてくれましたが、特に病気は指摘されませんでした。 このまま飲み続ければ肝硬変になるかもしれませんよ、と節酒or禁酒をすすめられましたが、つい甘く見てしまいました。 そこで質問なのですが、夫の肝硬変は検査では分からなかったのでしょうか。それとも、この1年の飲酒の結果急に肝硬変になったものなのでしょうか。 今となってはどうしようもないことですが、知識のある方に聞きたいです。

  • 肝硬変→肝臓癌

    肝硬変→肝臓癌 父(74歳)が肝性脳症になり、肝硬変とわかりました。その後、肝臓癌になりラジオ波で治療。治療対象ではない癌が2つ程残っています。お酒も止め、薬も飲んでいますが、最近、家でトイレの場所を聞いてきました。その後はその様な事はないのですが、これは症状が進んで、薬が効かなくなって体内のアンモニア濃度が高まっているのでしょうか?また、母に怒鳴りつけたりと、イライラ感があったりもします。夜寝るのがすごく早い為(19時位)、夜中に目が覚めてしまい、眠れないと言いつつ、朝、昼と、うとうとしている時間もあると言います。食欲もかなりあり、それらが病気から来る物なのか、精神的(うつ病など)な事から来るのか、詳しい方がいらっしゃいましたら、お教え願います。

  • 肝硬変

    実家の兄がアルコール性肝硬変で2009年1月はじめに田舎の病院(総合病院ではなく地域総合医療センター)に入院しました。症状は腹水がたまり脚がむくみ黄疸もでていたようで、肝臓の数値も相当悪かったようです。ただしアルコール性なのでアルコールを抜き、安静にすればある程度回復すると医者はみていたようです。ただし2月中旬になっても腹水は抜けず、肝性脳症も出て、医者からは相当悪く場合によっては命にかかわるので生体肝移植も考えたほうがいいとすすめられています。4月になり黄疸の数値もより悪くなり、食事もすすまなくなり、最近ではこのままでは3か月しか命はもたないと医者からは言われています。入院当初はそれほどでもなかったのにどんどん悪くなっていくので転院も考えています。 ご意見いただければ幸いです。その病院には肝臓の専門の先生はいないですが近くの国立の医大の肝臓の専門家が週1で来てはいるようです。必要であれば肝機能データ(1月中旬vs4月中旬)もあります。

  • 肝硬変末期、食道静脈瘤の手術について

    叔父、65歳の話です。 以前から肝硬変と言われており、半年ほど前に腹水が溜まったため、 飲み薬を飲んだところ、収まりました。 今回、特に本人の自覚症状は無かったのですが、 医者からの勧めで胃カメラ検査をし、 食道静脈瘤が沢山出来ているので手術が必要だと言われ、 入院し、静脈瘤が出血しないように固める?手術を 2週おきに3回程行いました。 あと数回は必要だと言うことです。 また肝硬変については、『末期です』と言われています。 医者からは、腹水が薬で収まらなくなったら、 最期かもしれませんと言われております。 現在は、手術の影響で、一時的に肝機能が落ち、 腹水がかなり溜まっています。 これからは、静脈瘤が出来たら固めて出来たら固めて…で 入退院の繰り返しになるだろうと言われています。 こういう状況では、どのくらい生きられるでしょうか? 何度も固めて固めて…でも食道の機能に影響は無いのでしょうか? 今はただひたすら、出血がおきない様に、固める他は 方法が無いのでしょうか?

  • 肝硬変の治療と今後

    (1)いつも的確なアドバイスありがとうございます。現在親が、肝硬変で入院しております。入院時には大きなお腹、黄疸などがありましたが、治療により、黄疸もひけてきました。(数値も3.0くらいだそうです)腹水も一時よりは引けてきましたが、まだ残っている状態です。現在、サムスカ、ウルソ1日3回、カナマイシンカプセルなどを飲んでおり、アミのレバノン?なども飲み始めました。点滴はソルデムとカリウムを入れています。そのほかには点滴で利尿剤を入れています。入院前はおにぎり1個もたべられなかったのが、入院後は病院食を完食しています。腹水も減ってきてるのですが、臍がでており、メジャーでは臍を基準にはかっており、いまいち数値が変化がありません。本人は、下腹が減ってきている。上の周りがまだ残っているかな?といっていますが、腹水が減らないので、先生は利尿剤を増やすようです。利尿剤はすぐに効果が出るものなのでしょうか?それともだんだん減ってきてるのでよくなってきてるのでしょうか? (2)また、胃カメラをやったところ、食道と胃に静脈瘤が見つかりました。うちでは対応出来ないと胃カメラの先生がいったのですが、この場合手術出来る病院を探さなくてはいけないのでしょうか?先生はやる気があって、肝臓の先生をサポートにつけて直していきます!といき込んでいたのですが・・・・。埼玉で肝臓に明るい先生など教えていただけたら幸いです。 (3)また静脈瘤、腹水、肝臓の治療となったときに、まずどこから治療していくのがセオリーでしょうか?胃カメラの先生は腹水をどうにか・・・といっていましたが、主治医はやる気があるので、果たして転院させてくれるものか・・・。主治医次第だと思うのですが、どうも今回の胃カメラも私が催促してやったところがあるし、入院当時から1ヶ月間、利尿剤とソルデムとカナマイシンくらいしか薬を出してない先生だったので、今更肝臓の先生をサポートにつけても。。。と不安に思っています。現在はアミノレバンやカロリー1400でおかゆも320グラムになりました。昔は1200カロリーでおかゆも220gで物足りなかったようです。 また現在肝硬変になった理由が先生が分らないようです。うちでは肝せいけんが出来ない。b型、c型ではない。もしかすると自己免疫性カイエンかも?といっていますが、HP見るとステロイドがいいとききますが、こんな状態で大丈夫なのでしょうか?肝せいけんをしないと、病名を確定できない?のでステロイドも使えないのでしょうかね・・・・。 何だか心配で心配でしかたありません。先生に会うには難しく、アポとり都合が合えば1週間後とかですし、今日は先生が休みだからーといって意見もきけないし・・・・親が言うには、転院にしても邪険にして気を悪くしたら、いざってときに、この病院にこれないから・・・といっております。

  • 肝硬変末期の父について

    父は現在59歳。元来酒好きで、10代から飲酒をし始め、30代からは毎日ほぼウィスキーをボトル一本飲む状態でした。 昨年10月位から父の様子がおかしく、おなかが異様に膨らみ、毎日していた犬の散歩もしなくなりました。 父にどんなに家族で病院に行くことを勧めても行かず、半ば無理やり12月下旬に病院へ連れて行きました。 その際の診断は、肝硬変の末期で肝がんが3個。腹水も溜まっており、このまま飲酒を続ければ、余命は1,2ヶ月とのこと。 その後肝がんに関しては、抗がん剤を直接肝臓に注入する方法と、ラジオ波にて綺麗に取る事が出来ましたが、父は飲酒を止めてはくれません。 家族の言う事もまるで聞かず、アルコール依存症の治療をかねて、専門病院への入院治療を勧められましたが、そこへも結局入院せず。 今年7月に仕事中意識がなくなり、嘔吐し救急車で運ばれ、20日間の入院。 退院後はまた飲み始め、常にイライラした状態で、記憶があいまいで、家族を近づけようともしませんでした。 9月末に余りにも具合が悪かったのか腹水が以前よりも溜まり「体重が増え、おしっこが利尿剤を飲んでも出ない。おしっこが出ないと下痢が止まらない。」と言い出しました。 そこで、主治医を受診すると、腹水で体重が7キロも増えていました。 主治医は、アルコール依存症を治さなければ治療は出来ない。 と言いましたが、なんとか頼み込み、入院させてもらい、現在は利尿と、下痢の治療をしているとのこと。 今日で入院10日になりますが、入院当初尿が出るようになったのが、昨日は朝1回しかおしっこが出ず、下痢が止まらない。 と言っていました。入院していてこの状態で、父はあとどの位生きられるのでしょう?医師からは、毎回聞くたびに「あと1,2ヶ月」と言われていますが、最初の1,2ヶ月と言われてからすでに10ヶ月頑張っています。 食欲はあるのですが、お腹が張った感じがして、今日は食事もいつもより少なめでした。 この先考えられる症状、父はどうなって行くのか、明日突然父になにかあるのでは?と毎日毎日不安で仕方ありません。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 肝硬変・肝癌の肉由来たんぱく質摂取について

    私の親ですが、C型肝炎から肝硬変、肝細胞癌になっています。 癌の発生は穏やかな方ですが、肝硬変はかなり進んでいて、腹水が溜まってきています。 肝硬変のためにアミノレバンをずっと服用してきましたが、味に飽きてしまって、最近は見るだけでも吐き気がするということで、担当医に相談して中止してもらいました。その代わりにリーバクトを多めに処方してもらいました。 肝硬変のためにアミノ酸を摂取することが必要なので、栄養補助食品を利用しようと思い、日水製薬のコンクレバンを飲ませたいのです。担当医には「自己責任ならいいですよ」と許可はもらっております。 そこで相談なのですが、コンクレバンは豚レバーと、牛の心臓を主原料としています。 肝癌の場合、牛や豚は摂らない方がいいという説がありますが、如何なものでしょうか。 肝臓病における肉由来たんぱく質の分解の問題について、詳しく教えていただけないでしょうか。 たんぱく質だと毒素(?アンモニアとか)が出るけれど、アミノ酸ならば大丈夫とか、そういうことでしょうか。 肝硬変だとよいけれど、癌だと特に肉由来のアミノ酸は摂ってはいけないということでしょうか。 実際、親は入院した時の食事では「牛肉禁止」となっています。(豚はよいらしくて、病院食でもよく出ます) 医師でないとはっきりしたことは言えないとは思いますが、どんな情報でも構いません。 担当医は「自己責任で」としか言ってくれないので、自分で情報をかき集めて判断するしかありません。 どうかよい情報をお願いいたします。