• ベストアンサー

関係詞がわかりません

we can get up at any time when we want to. この文章の関係詞は関係副詞whenで先行詞はany timeだと思います。 関係詞の先行詞は、関係詞節内で副詞の働きをするので 関係詞節を一つの文章として見た場合 we want to get up at any time. こうなりませんか? 「私たちはいつでも起きたい」というのは文章的に変ではありませんか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5904)
回答No.2

(1) We can get up at any time. 私たちはいつでも起きられる(起きてよい)。 time が先行詞で、すでに出てきていますから。 (2) We want to get up at the time. 私たちはその時に起きたいと思う。 (1) + (2) We can get up at any time when we want to (get up). 私たちは起きたいと思う時間(時刻)に起きることが出来る(起きてよい)。 が出来たと考えればどうですか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • snorioo
  • ベストアンサー率54% (103/188)
回答No.3

これの主文は We can get up at any time. 私たちはどんな時刻に起床していい。 ですね。 when we want to. という関係詞節(文法的名称は知りませんが)はany timeを修飾、または限定しています。つまり 「私たちが起きたい(と思う)どんな時刻にでも起床することが出来る」、と言うことです。 このことを分かった上での質問ですか? any timeの「いつでも」という副詞的働きは、あくまで主文に対して働くのであって、関係詞節にたいして働くのではないと思います。つまり 「私たちはいつでも起きたい」ではなく 「私たちが起きたいときはいつでも」と関係詞節が先行詞に働くのです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

「私たちは(望む時には)いつでも起きたい」 日本語の中に、want の意味が入っていません。日本語訳が完成していないので不自然になるのでしょう。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 関係副詞that

    関係副詞 thatについてです。複合関係副詞のところで次のような書き換えがありました(『FOREST』より) On holidays, we can get up whenever we want to.(=we can get up at any time (when) we want to.) I visit my uncle whenever I go to Osaka.(=I visit my uncle every time (that) I go to Osaka.) 「関係“代名詞” that」は先行詞にanyがつくときに好まれるというのは聞いたことがあります。 「先行詞に最上級の形容詞や、ただ1つであることを示す語句など“強い修飾語句”が付く場合」の1つとしてです。 でも、この書き換えではanyのときはwhen、everyのときはthatとなっています。 このFORESTの記述には、何か特別は理由はあるのでしょうか。

  • 関係副詞なのに形容詞?

    I don't know the time when we will come. 「私が彼が来る時間[時刻]を知らない。」 when は関係副詞で形容詞節を導いていて 形容詞節は先行詞である名詞 time を修飾しているんですよね? なぜ関係副詞は 副詞 なのに 形容詞節なのでしょうか?

  • 英語の得意な方お願いします。

    各文の関係代名詞の働きについて,選択肢の中から正しいものを選びなさい。 問1:The mother whose son won the first prize looked really happy.      (1)先行詞はmother,関係詞はwhose son won the first prize lookedで,節内では主部になっている。 (2)先行詞はson,関係詞はwhose won the first prizeで,節内では主部になっている。 (3)先行詞はmother,関係詞はwhose son won the first prizeで,節内では所有格としてsonを修飾している。 (4)先行詞はson,関係詞はwhose won the first prize lookedで,節内ではlookedの補部になっている。 問2:He owes what he is today to his uncle.      (1)先行詞を含み,関係詞節はwhat he is today to his uncleで,節内ではtoの補語になっている。 (2)先行詞を含み,関係詞節はwhat he is todayで,節内ではisの補語になっている。 (3)先行詞はhe,関係詞節はwhat he is todayで,節内ではisの補語になっている。 (4)先行詞はhe,関係詞節はwhat he is today to his uncleで,節内ではtoの補語になっている。 問3:各文の関係副詞の働きについて,選択肢の中から正しいものを選びなさい。 The reason why he did it is not very convincing.      (1)先行詞はreason,関係詞節はwhy he didで,節内での働きはdidの目的語になっている (2)先行詞はreason,関係詞節はwhy he did itで,節内での働きはdid itという述部を修飾している。 (3)先行詞を含み,関係詞節はwhy he didで,節内での働きはdidの主部になっている。 (4)先行詞を含み,関係詞節はwhy he did it is not very convincingで,節内での働きはdidの義務的修飾部になっている。 問4:I remember the day when I met Judy for the first time.      (1)先行詞はday,関係詞節はwhen I met Judyで,節内での働きはmetの目的語になっている。 (2)先行詞を含み,関係詞節はwhen I met Judy,節内での働きはdidの主部になっている。 (3)先行詞を含み,関係詞節はwhen I metで,節内での働きはmetの目的語になっている。 (4)先行詞はday,関係詞節はwhen I met Judy for the first timeで,節内での働きはmet Judyという述部を修飾している。 問4:This is the town where he was born.      (1)先行詞はtown,関係詞節はwhere he was bornで,節内での働きはwas bornという述部を修飾している。 (2)先行詞はtown,関係詞節はwhere he was bornで,節内での働きはbornの目的語になっている。 (3)先行詞を含み,関係詞節はwhere he was bornで,節内での働きはwas bornという述部を修飾している。 (4)先行詞を含み,関係詞節はwhere he was bornで,節内での働きはbornの目的語になっている。 問5:I didn’t like how he spoke.      (1)先行詞はlike,関係詞節はhow he spokeで,節内での働きはspokeという述部を修飾している。 (2)先行詞はlike,関係詞節はhow he spokeで,節内での働きはspokeの目的語になっている。 (3)先行詞を含み,関係詞節はhow he spokeで,節内での働きはspokeという述部を修飾している。 (4)先行詞を含み,関係詞節はhow he spokeで,節内での働きはspokeの目的語になっている。 問6:That is the hotel where I stayed many years ago.      (1)先行詞はhotel,関係詞節はwhere I stayed many years agoで,節内での働きはstayedという述部を修飾している。 (2)先行詞はhotel,関係詞節はwhere I stayedで,節内での働きはmany years agoを修飾している。 (3)先行詞を含み,関係詞節はwhere I stayed many years agoで,節内での働きはstayedという述部を修飾している。 (4)先行詞を含み,関係詞節はwhere I stayedで,節内での働きはmany years agoを修飾している。 問7:MB次の『』の語の品詞を選択肢から選びなさい。 Two businessmen were invited to dinner at the home of a college professor. One of the men did not have much education and was worried (1)『that』 he might make a fool of himself, (2)『but』 his friend said, “Don’t worry. Just do (3)『what』 I do, and don’t talk about anything (4)『that』 you don’t really understand.” The first man managed to get through the dinner successfully, but by the end of the evening he had had a lot to drink, and began to get careless. A guest asked him (5)『whether』 he liked Shakespeare, and he answered confidently, “It’s very pleasant, but I prefer scotch.” There was an uncomfortable silence in the room, and soon people began to leave. (6)『When』 the two friends were out of the house, the second man said to his friend, “You certainly made a fool of yourself making (7)『that』 silly remark about scotch.” “(8)『What』 do you mean?” asked the other man. “(9)『What』 was wrong with it?” “Everybody knows (10)『that』 Shakespeare isn’t a drink,” his friend replied. “It’s a kind of cheese.” (1)that      (1)名詞的従属接続詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)指示代名詞 (4)副詞 問8:(2)but      (1)等位接続詞 (2)名詞的従属接続詞 (3)副詞的従属接続詞 (4)前置詞 問9:(3)what      (1)疑問代名詞 (2)疑問副詞 (3)関係代名詞 (4)関係形容詞 問10:(4)that      (1)名詞的従属接続詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)関係代名詞 (4)副詞 問11:(5)whether      (1)名詞的従属接続詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)指示代名詞 (4)副詞 問12:(6)When      (1)名詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)関係副詞 (4)疑問副詞 問13:(7)that      (1)名詞的従属接続詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)指示代名詞 (4)副詞 問14:(8)What      (1)疑問代名詞 (2)疑問副詞 (3)関係代名詞 (4)関係形容詞 問15:(9)What      (1)疑問代名詞 (2)疑問副詞 (3)関係代名詞 (4)関係形容詞 問16:(10)that      (1)名詞的従属接続詞 (2)副詞的従属接続詞 (3)指示代名詞 (4)副詞

  • 複合関係副詞について

    こんにちわ。お世話になってます。 複合関係副詞(Wheneverなど)の節中の解釈について疑問があります。 複合関係副詞が導く副詞節の中で、複合関係副詞(Wheneverなど)は必ず副詞としての解釈なのでしょうか? とりあえず、以下の文で副詞としての解釈してみましたが、目的語として複合関係副詞は副詞節の中で名詞の働きにもなれるんじゃないかなと疑問です。 以下の副詞としての解釈は合っていますでしょうか? (休日にはいつでも好きな時に起きることができる。) On holidays, we can get up whenever <we want to.> ↓               <we want to get up whenever> (そのテーブルを君の好きな場所におきなさい。)   Put the table wherever <you like.> ↓ <you like the table wherever> よろしくお願いいたします。

  • 複合関係副詞の書き換えについて

    複合関係副詞の書き換えについてお尋ねします。 「whenever」を「any time」と「every time」を用いた文に書き換える例として、以下の例文が載っていました。 1. We can get up at any time when we want to. 2. I visit my uncle every time that I go to Osaka. 1はwheneverの代わりにany timeを使い、2はevery timeを使っていることは分るのですが、 「any time」の場合は「when」を使い、「every time」の時は「that」を使って後の分を接続している理由がわかりません。 なぜ、「when」と「that」という違いが出るのでしょうか? 2の文を「every time when I go to Osaka」としては間違いなのでしょうか? お手数ですが、ご教授願います。

  • whenはなぜ関係副詞なんですか?

    I don't know the time when we will come. 関係詞節の文を作るときに、関係詞を使いますが whenはなぜ関係代名詞、関係形容詞ではなく、関係副詞 つまり、副詞なんでしょうか?

  • 関係副詞whenの先行詞

    関係副詞whenの先行詞が何であるかに関する質問です。 次の文章は、『POLESTAR ENGLISH COURSE II』(数研出版)からの引用です。画家ヴァン・ゴッホの生涯に関する文章の一部分です。 In October 1888, Gauguin arrived in Arles. The two artists worked together, painting and discussing art. These were Vincent's happiest days. However, tensions grew between these two strong personalities, and after nine weeks together they fought. *This was the time of the famous incident when Vincent cut off part of his left ear. このうち、*を施した文についての質問があります。 *の文の中で、関係副詞whenが使われています。このwhenの先行詞は、次のうち、どちらであると考えられますか。  ・the time  ・the famous incident 先行詞は、上記の2つのうち、どちらとも解釈できる余地があるように私は思います。関係副詞whenは、ときをあらわす先行詞をとりますから、先行詞は、the timeであってもよいし、the famous incidentであってもよいと思うのです。 ただ、もしかしたら、何らかの制限によって、先行詞が、上記2つのうち、1つしか考えられない、ということもあるのかもしれない、と思っています。 そこで、whenの先行詞は、上記の2つのうち、どちらがふさわしいのか、あるいは両方とも先行詞として認められるのか、皆様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 疑問副詞と関係副詞

    1,I don't know the time when we will come. 2,I don't know when he will come. この2つの文のwhen はそれぞれ1は関係副詞で、2は疑問副詞 同じwhen なのになぜ関係副詞と疑問副詞と違うのでしょうか? 1はthe timeという先行詞(名詞?)があってそれをwhenが受けているからですか? 2は関係副詞ではないから、疑問副詞なのか??

  • 関係副詞?

    あるライティング用の本のある課の「基本文」にあった英文についてお尋ねいたします。 この秋紅葉する頃に日光に行きましょうか。 を Let’s visit Nikko this fall when the leaves will be turning colors. として紹介しています。 このwhen節は、節内にwillがあるので時を示す副詞節とは考えにくいので、this fallを先行詞とする関係副詞と考えてよいのでしょうか?

  • 関係詞と先行詞が離れるのはどういう場合?

    The time has come when I must decide my future course.のように先行詞"the time"と関係詞節がはなれる場合というのはどういうときなのでしょうか。他の関係詞、whereやwho, which, that, whoseでも可能な場合があるのでしょうか。