• 締切済み
  • 暇なときにでも

関係副詞that

関係副詞 thatについてです。複合関係副詞のところで次のような書き換えがありました(『FOREST』より) On holidays, we can get up whenever we want to.(=we can get up at any time (when) we want to.) I visit my uncle whenever I go to Osaka.(=I visit my uncle every time (that) I go to Osaka.) 「関係“代名詞” that」は先行詞にanyがつくときに好まれるというのは聞いたことがあります。 「先行詞に最上級の形容詞や、ただ1つであることを示す語句など“強い修飾語句”が付く場合」の1つとしてです。 でも、この書き換えではanyのときはwhen、everyのときはthatとなっています。 このFORESTの記述には、何か特別は理由はあるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数149
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

 手元にForestがないので想像ですが、単なるバラエティーのひとつとして特に理由なくthatを使っているのではないでしょうか。  thatはどの関係副詞ともに置き換え可能です。既に「時」に関する例文で一度whenを使ったから、次は同じ「時」に関してthatを使って見せた…ということかな、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 複合関係副詞の書き換えについて

    複合関係副詞の書き換えについてお尋ねします。 「whenever」を「any time」と「every time」を用いた文に書き換える例として、以下の例文が載っていました。 1. We can get up at any time when we want to. 2. I visit my uncle every time that I go to Osaka. 1はwheneverの代わりにany timeを使い、2はevery timeを使っていることは分るのですが、 「any time」の場合は「when」を使い、「every time」の時は「that」を使って後の分を接続している理由がわかりません。 なぜ、「when」と「that」という違いが出るのでしょうか? 2の文を「every time when I go to Osaka」としては間違いなのでしょうか? お手数ですが、ご教授願います。

  • 関係副詞thatの用法

    関係副詞where,when,how,whyの代替として、thatが使えると聞きました。 そのthatは先行詞が限定されるらしいのですが、どのような単語の時に先行詞に使って良いのか、または悪いのか、教えてください。

  • 関係詞がわかりません

    we can get up at any time when we want to. この文章の関係詞は関係副詞whenで先行詞はany timeだと思います。 関係詞の先行詞は、関係詞節内で副詞の働きをするので 関係詞節を一つの文章として見た場合 we want to get up at any time. こうなりませんか? 「私たちはいつでも起きたい」というのは文章的に変ではありませんか?

  • 関係代名詞that

    いつもお世話になっています。 関係代名詞のthatについて質問があるのですが、 先行詞が、 ・the+最上級 ・all〔no, every, any〕~ ・the first〔only, same〕~ ・疑問詞who, which などの時にthatを好んで用いるのはなぜでしょうか。どのようなイメージや感覚で、thatの方が好まれるのでしょうか。また、これらの語が先行詞のときに、whoやwhichを使うと間違いになりますか。どなたか教えてください。

  • 複合関係副詞について

    こんにちわ。お世話になってます。 複合関係副詞(Wheneverなど)の節中の解釈について疑問があります。 複合関係副詞が導く副詞節の中で、複合関係副詞(Wheneverなど)は必ず副詞としての解釈なのでしょうか? とりあえず、以下の文で副詞としての解釈してみましたが、目的語として複合関係副詞は副詞節の中で名詞の働きにもなれるんじゃないかなと疑問です。 以下の副詞としての解釈は合っていますでしょうか? (休日にはいつでも好きな時に起きることができる。) On holidays, we can get up whenever <we want to.> ↓               <we want to get up whenever> (そのテーブルを君の好きな場所におきなさい。)   Put the table wherever <you like.> ↓ <you like the table wherever> よろしくお願いいたします。

  • that節の副詞的用法?

    I was amazed to~などの感情を表す表現では、SVCの後に不定詞toやthat節を用いてそうなった理由を表すことができ、 I was amazed to see that our utility bills came to so much. I was amazed that I saw that our utility bills came to so much. のように書き換えが可能なようですが、このようにthat節が副詞的に用いらている例としてはほかにどのようなものがありますか?

  • 関係副詞thatについて質問です

    The very moment [that] I piccked it up, though , poisoned arrows began to fly through air. 私がそれを持ち上げたまさにその瞬間、毒矢が飛んできた。 という文で、[that]が関係副詞でwhenと置き換えもできると書いてありました。ここで質問ですが、 関係副詞のthatは「 the way that 」のときだけ登場する印象があるのですが、どうなのでしょうか? また上記の文の場合、私はこのthatが関係副詞だと言われなければ気づきませんでした。改めて見てみれば、後ろが完全文だから同格かも・・・しかし後ろに先行詞がない・・・関係副詞? という感じです。この文のthatはmomentが副詞で、upの後ろにmomentが隠れているのでしょうか。もっとスマートに判別するにはどうすればよいでしょうか? もう一つ別の質問なのですが、前置詞+(代)名詞は形容詞句として働くことも出来ると文法の本にありました。 形容詞句ということは、SVCやSVOCの文型のとき、Cになれるということでしょうか? 私は前置詞+名詞は必ず修飾語になるからカッコにいれて読む、と意識しているのですが、前置詞+名詞も文型の構成要素になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 疑問副詞と関係副詞

    1,I don't know the time when we will come. 2,I don't know when he will come. この2つの文のwhen はそれぞれ1は関係副詞で、2は疑問副詞 同じwhen なのになぜ関係副詞と疑問副詞と違うのでしょうか? 1はthe timeという先行詞(名詞?)があってそれをwhenが受けているからですか? 2は関係副詞ではないから、疑問副詞なのか??

  • 関係副詞がわからなくなってきました。

    先行詞である名詞を修飾するのが関係詞だと思うのですが、 One reason may be that people drive faster where there are fewer cars. この場合のwhereが関係副詞だとしたら先行詞が省略されているということですが、先行詞が名詞だとしたら、省略しないで書いた場合どのようになりますか。

  • 関係副詞のtheについて

    the+比較級~、the+比較級~・・・という構文ですが、前のtheは関係副詞ということなのですが、関係副詞の場合従属節で副詞となり関係副詞だそうですが、この場合の先行詞はどうなるのでしょうか? 省略されているのでしょうか? また、theが関係副詞ならそれの正確な位置は、例えば The higher we go up,the cooler the air becomes. では、 higher the we go up,the cooler the air becomes. ではないでしょうか? ちょっとわかりづらいです。