• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

オスプレイ墜落映像の真相は?

先日テレビを流し見していたところ、オスプレイがゆっくりと傾いてゆき墜落する映像が流れました。 その映像についての詳細は番組では触れられてなかったと思います。 この映像は何度か見た記憶があるのですが、あの墜落はどのようにして発生したのでしょうか? あれが、機体の欠陥またはパイロットのミスによって起きた墜落なのでしょうか? そして、そのどちらも改善されていないからこそ問題視されているのでしょうか? 試作機ならば、耐久性や安定性などの限界を見極めるため、あえて壊れるまで機体に荷重をかけたり墜落するまで傾ける操縦することだって考えられるし、当然ながらその映像を記録に残すでしょう。 他の航空機でもやることだし、車でも壊したり転覆や衝突させる実験はします。 あの映像はこういうのとは違うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数447
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

wikipedia より引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/V-22_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#.E8.A9.A6.E4.BD.9C.E6.A9.9F.E6.AE.B5.E9.9A.8E.E3.81.A7.E3.81.AE.E4.BA.8B.E6.95.85 1991年6月11日に試作5号機が初飛行時に左右に揺れながら離陸後、数mの高さから大きく機体を傾けてナセルとローターが接地し、機体は転覆して地上へ落ちた。火災も起きずパイロット2名は脱出して軽傷で済んだが、機体は失われてしまった。 墜落原因は、飛行制御システム (FCS) の3つのロールレイト・ジャイロの配線の内の2つが逆に接続されていたミスと判明し、3ヵ月後に試験飛行は再開された。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1さんが紹介してくださった映像はこの一回目の事故なのでしょうか? 火が出ていますが、この程度なら火災とは見なされないのでしょうか?

関連するQ&A

  • オスプレイのメスプレイ化

    沖縄県の辺野古沖でオスプレイが墜落しましたが、直近の米軍発表によればその原因について「機体に要因するものではない」ということらしいです。 直接的な原因としては空中給油訓練時に給油パイプがプロペラに当たった?とかの理由らしいのです。 が、即ちそれは「操縦ミス」或いは機体固有の「操縦の難しさや低安定性」によるものと推測され、つまりはそれは当初からオスプレイの危険性の要因として指摘されてきたことです。 オスプレイ反対運動が高まることが予想されてますが、やはり当初からの指摘通り、オスプレイは「未亡人生産マシン」だったのでは・・・ 1、 オスプレイからはこれからもメスプレイが沢山生まれますか。(身体に障害のあるご主人を持てば、或いは未亡人になれば) 2、 オスプレイは事故率の高い欠陥マシンですよね? ちなみに相前後して別のオスプレイも基地内だったかで胴体着陸して大破墜落してます。 3、 そっちの機は「原因は機体に要因するものである」のでしょう。 4、 まだまだ隠されたオスプレイ事故がありそうですよね?

  • オスプレイが本当に危険ならなぜ米軍は採用するのか

    宜しくお願いします。 タイトルのとおりなのですが・・・ 固定翼でも回転翼でもないまったく新しい航空機ですから 初期段階ではある程度の事故はやむを得ないと思いますが 沖縄でオスプレイが墜落すれば当然県民の方への被害は 想定されるわけですが、その前にもっとも危険にさらされているのは 搭乗している乗組員(≒米国人)ではないかと。 県民の方への被害云々の前に、自国民であり、さらに 莫大なコストをかけて訓練を積んだ乗組員を危険にさらすようなことを 平気でするほど米国は気前はよくないはずです。 今の騒ぎはマスコミが多分にあおっているのでは、ないでしょうか? 墜落映像をネットで簡単にひろって流したら数字とれたぜ、みたいな。

  • メーデー!航空機事故の真実と真相。

    メーデー!航空機事故の真実と真相。 ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送されている標記の番組をよく視聴しています。 様々な航空機事故の原因を再現VTRと当事者(事故調査官、管制官、生還したパイロットや乗客、乗務員、目撃者など)の証言と事実に基づいて検証する番組です。 パイロットや乗員、乗客が全員亡くなってしまうことも多い中、事故調査官の人々は何ヶ月も場合によっては何年もかけて事故原因を究明し、航空機自体の欠陥やヒューマンエラー、空港をも含めたシステム自体、運用方法に関して改善勧告を行います。そのおかげでハード面、ソフト面に関してどんどん安全性が高まっています。事故調査官の方々の知識経験、努力には本当に頭が下がる思いです。 さて、事故原因を探る上で重要なウエイトを占めるものにブラックボックスがあります。コックピットボイスレコーダーやフライトデータレコーダーのことです。飛行データやパイロット同士の会話、管制官とのやりとりなど確かに重要な検証物になっています。 この番組を視聴していて、毎回思うのですが「なぜ、カメラをつけないのか?」ということです。動画でコックピットの様子や客室、主翼や尾翼、貨物室などを何故撮影しないのか?事故原因調査時にこの動画さえあれば一瞬にして原因が想定できる場合もあると思うからです。番組をみていると尾翼が吹っ飛んだり、翼が凍結して動かなくなったり、貨物室の中で爆発事故があったり様々なトラブルが発生していますが、パイロットはそれがどんな原因で操縦不能になっているのかもわからないまま必死で操縦を継続しています。 ジャンボ機なんかは1機200~300億円するそうですし、仮にカメラを10台設置したからといってどれだけコストに影響するのでしょう?そのコストよりも安全の方が大事なのではないでしょうか?確かに墜落時にはカメラ自体は間違いなく破損するでしょう。でも記録はブラックボックスの中です。 自分なりにカメラを付けることを阻害している原因を考えてみると ・温度差があまりにありすぎて(あるいは凍結とか)装着したところでまともに動作しない。 ・ブラックボックスの外部仕様は決まっているから、おいそれとは変更できない。 私が知らないだけで実は最新型の航空機には装備されている、あるいは近々のブラックボックスの外部仕様に盛り込まれている…など、どなたかご存じの方、ご教示ください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

航空機製造のプロが計画・設計・製造したものとは思えません。 まず、シングルローターヘリコプターの場合はローターの回転中心に機体の荷重が集中します。(多少、前後左右のアンバランスはありますが) 更に、ローターは羽根の径が大きく且つローターに重量があるため、ローターはジャイロ(地球ごま)としての動作となります。そのためヘリコプターの場合は機体が傾いてもローターの姿勢は変わらず、この変わらないローター回転面を基準にして機体の制御を行います。 ローターの姿勢を変えるのはローターの位置に応じて羽根角度を変化させ、この時の羽根に発生する揚力でローターの姿勢変更(回転面の傾斜変更)をおこないます。つまり、ローターの回転面制御はエンジン力ではなく羽根に発生する揚力で行っています。(ローターの羽根角度の制御に使用されるのがスオッシュプレートと呼ばれるスリップ円盤です) ダブルローター(機体の前後にローターを有し、一般にはタンデムローターと呼ばれている)ヘリコプターもそれぞれのローターはシングルローターと同様な動作となります。 次に、ハリアーの様なジェット推進方式の航空機の場合は下向きのジェット噴射位置は機体の中央に近い所(重心位置)に有り、且つ3箇所の噴出口が有るため水平バランスをとることが可能となります。(制御操作は非常に難しいが) 一般に、翼を有する航空機は左右の前翼+尾翼の3点支持で機体のバランスがとれる構造になっています。 (先尾翼の機体でもデルタ翼の機体でも3点支持の機構は同じです) 上記の内容をもっと単純に説明すると機体の荷重点(又は荷重線)はプロペラ・ローター・翼が発生する揚力に点又は線上で合致していることになるので安定して飛行が出来ることとなります。 これに対して、オスプレイは左右の翼端に有るローター(と言われている?)が発生する揚力線と機体の荷重線(胴体の中心線)が直交しており、機体が空中に静止しているときは機体のピッチング変動に対してローターは制御することが出来ません。あくまでもローリング変動のみの制御となります。 更に、ローターは直径が小さくプロペラのような軽荷重なのでローター自体のジャイロ効果は期待出来ません。 つまり、翼端のローターは機体の姿勢変動と一緒に変化してしまうのでヘリコプターのようにローターを姿勢制御の基準面(基準回転面)として使用出来ないため、事故の映像のような状態になってしまうのです。 原理的にもともと無理な(無茶な)発想で作られたものです。 ここまで述べた技術内容は中学生でも理解できるはずです。 防衛大臣は中学生以下?  製造者の技術レベルも中学生以下? 防衛大臣の言う「オートローテーション」はオスプレイには無いのです。オスプレイのローターには回転の慣性力は無いのです。 防衛大臣は「オートローテーション」が何たるものなのか、判っているのか疑問です。 もう一度言います。 この機体は航空機の技術者が計画するべきものではありません。ましてや、民間機として使用するなどは問題外の外の外です。 政治的に配備がどうのこうのではなく、それ以前の失敗作です。 配備には技術的に????であることより大反対です。 どうしても実践したいのならば、機体の重心を重心直交点より少し後ろになるように設定し、尾翼部分にもう一つローター(プロペラ)をつけ、この3箇所のローターをジャイロ制御するしか解決策は有りません。 (カッコわるいだろうな)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

F-117は航空力学的に無理がある構造だがフライバイワイヤの導入でどうにか飛ばしているそうです。 同じように、オスプレイも回答者様が挙げた問題をコンピュータ制御なりなんなりで克服したからこそ計画が進められたのだと思っていたのですが、そうでもなさそうですね。 沖縄のデモ行進の様子を見ると、かなりヒステリックな印象を感じました。 使用されてる垂れ幕の中には「戦闘輸送機」なる珍妙な単語までありました。 軍事や航空機に無知な人を煽って米軍を追い出すための口実にするためオスプレイを悪者に仕立て上げてるのではと懸念していたのですが、そうでもないようですね。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

ネットをさまよっているとこのような記事を見つけました。 オスプレイのモロッコとフロリダの事故 obiekt.seesaa.net/article/280173146.html オスプレイの風圧と排気 obiekt.seesaa.net/article/280176542.html FAAとオートローテーション obiekt.seesaa.net/article/280181863.html 未亡人製造機と呼ばれていないオスプレイ obiekt.seesaa.net/article/280184121.html オスプレイ事故映像の真相 obiekt.seesaa.net/article/280226111.html イカロスMOOK世界の名機シリーズ「V-22オスプレイ」7月13日発売 obiekt.seesaa.net/article/280673570.html マスコミで語られてるものとかなり食い違ってきます。 改めて、冷静に考える必要が出てきました。

  • 回答No.3

#2です。 > 1さんが紹介してくださった映像はこの一回目の事故なのでしょうか? #1さんご紹介の動画に「1991年、試作機段階での事故」とあります。 動画と#2の回答は同じ事故です。 > 火が出ていますが、この程度なら火災とは見なされないのでしょうか? これはさすがにわかりません。 #1さんの動画とは別のサイトで同じ動画を見たことがあるので回答しました。 こまめに検索すると同じ画像がいろんなサイトで紹介されていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足の回答、ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#159916

>あの映像は どの映像だか不明なので誰も何とも言えないのでは。 オスプレイ墜落[レックス・リボロ博士解説付き]V-22 Osprey crash http://www.youtube.com/watch?v=VBsiHoNvrV8 なら 「試作機段階」と書かれてますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく見る映像だったんで、わかる人ならわかると思いこのような質問を立てた次第です。 この映像…だったかな? 違ったような気もするし…。 いずれにせよ、試作段階で起きた事故の原因が改善されてるかどうかを考えず、ただ事故が起きたという事実のみに目を向け騒ぐのはよくないですね。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • MD-90について(飛行機です)

    ボーイングMD-90双発ジェット旅客機は、シビアで操縦が難しいという話を 先日聞きました。 それは、初めてフライトしたパイロットが驚く程であるとのこと。 (しかし、シュミレーターで訓練しているはずですが) この話が本当ならば、この特性はMD-90になって現れたものなのでしょうか。 MD-90の前身といえる、DC-9はエンジンが尾部にあり重心から遠いため 安定性が悪くなるという話は聞いていましたが、DC-9、MD-80シリーズ、 MD-90と進化する課程で、モデルチェンジされた部分の影響によるものなのか もともとそのような特性を持っていた航空機なのか興味があります。 DC-10からMD-11への変更の場合は、性能アップのための設計変更により 機体の特性が変わったということは知っていましたが、MD-90も同様になにか 大きな変更点があったのでしょうか。 注意:興味のない方へ   「シビアで操縦が難しい」といってもあくまで飛行機の「クセ」の問題で    あり、安全上の問題があるわけではありませんよ。(念のため) 詳しい方、教えてください。

  • 航空機の操縦系統が秘める危険性に関する質問です

     今日では多くの旅客機の操縦系統がコンピュータで管理され(操縦かん及びペダル操作が一度コンピュータに入力され、その都度コンピュータが機体を動かす機種もある)、自動操縦も進化し続けているようです(これは旅客機のみならず、多くの航空機に言えることであるが)。  けれどもそれは外部から操縦系統にサイバー攻撃され、乗っ取られる危険性も秘めていると私は感じています(極端な話、旅客機の操作系統が外部から乗っ取られてパイロットの操作が効かなくなり、ビルなどに突っ込まれる可能性もある)が、実際にこのようなことはおこりうるのでしょうか? (話はそれるが、プリウス等のコンピュータに侵入して暴走させることに成功した事例もあるらしい)

  • 【科学・一般旅客用航空機の機内は1Gに内部調整出来

    【科学・一般旅客用航空機の機内は1Gに内部調整出来ていますが実際の機体には何GのGが掛かっているのでしょうか?】 あと一般旅客用航空機の機内は陸地と同じ1Gに調整出来る機能の機械を発明しているのに最新鋭戦闘機はなぜ未だに操縦士に凄い負荷を直接掛けているのですか? Gがキツ過ぎて失神して墜落していく事故がまだ起こっていますよね。 あとスペースシャトル。あれも開発費は税金なんで幾らでも掛けれるので一般科学者を乗せて強烈なGを掛けるより飛行機みたいに1Gに調整する装置を付けたら良いのになぜそうしないんですか? 不思議です。

  • オスプレイ墜落

    海外では事故が起きているようですけど 日本を低空飛行で飛ぶよう ですけど大丈夫なんですか 軍用機の輸送機が勝手に自宅の上空で うろつかれていては不安ですよね 離着陸での風圧がとてつもなく強く 緊急着陸などはどこでもというわけにはいかないと思うのですが 民家に墜落しても文句はいえないんですかね 捜査権はないように 思うんですけど そもそも配備される予定の地域は民家が周囲に ありとても危険といわれていた地域ではありませんでしたか 日本の空には日本には主権はないのでょうか 宜しくお願いします。 

  • ヘリコプター空撮

    最近テレビで紹介されておりCPプラス2015でDJI社の現物(Phantom2,INSPIRE1) とデモフライトを見てきました。 キャンピングカーのお供にしようと思い立ちましたが焦って買うと失敗します。 そこで先輩諸氏の体験談をお伺いしたいと思いますのでよろしくお願いします。 (1)ご使用モデル、利用目的、頻度、満足度。 (2)操縦の難易性(当方70歳)推薦モデル。 (3)故障や不都合の具体例。修理方法、費用。 (4)耐久性(バッテリーの交換頻度、消耗品)。 (5)購入先(直接か販売店経由どちらが良いか)。 (6)墜落や衝突などへの対応(自損、第三者保険)。 (7)航空制限(法的規制はないようですが制限場所) (8)騒音(デモでは結構うるさいと感じましたが室内でしたので)。 (9)その他注意点

  • あたごは欠陥船?

     現在報道されているところでは、イージス艦「あたご」は自動操縦中で、見張りの判断ミス(?)で、漁船群を回避できず衝突したようです。  でも、航空機の自動操縦装置は単純に目的地まで真っ直ぐ飛んでいくだけでなく、衝突の可能性ある物の接近をアラームで乗員に知らせたり、自動的に回避したりするレベルではないのでしょうか。特に戦闘機は超音速で飛行するために人間が操作できないレベルの対応を取ってくれるレベルだと。  だとすると、軍艦のようなハイテク船の自動操縦装置は戦闘機レベルの性能があって然るべきもののように思います。  特に、イージス鑑は、艦隊の中で、情報収集・情報処理を担当し、空や水上・水中の状況を他船より大量・高速に判断し、艦隊全部に対して、回避・攻撃などの判断をさせる役割を担っているのでは?  そんなハイテクのイージス艦の自動操縦装置が、ただ目的地まで直進する機能のみで、衝突可能性のある物の接近を乗員全員に知らせたり、自動的に回避行動をとったりする機能がないというのは、よく理解できません。  普通の漁船なら、自動操縦装置といっても単に直進する機能程度で充分だと思いますし、費用対効果から考えてそんな高度な機能まで持てないとは思いますが、何せ1700億円もする(金に糸目をつけない)戦艦ですから、事情は全くちがうでしょう。  今回、あたごの乗員が油断していたように見えたのも、そもそも仕様では衝突可能性のある物の接近に対して、自動操縦装置が対応してくれるシステムになっていたからではないかと邪推してしまいます。  もし、イージスシステムは非常時のみにしか用いないことになっていたのだとすると、「非常時」の判断が人間の目・耳に委ねられることになり、対応が間に合わなくなる危険性大で、いくらなんでもそんな仕様ではなかろうと思います。  だとすると、あたごは仕様通りに動かない欠陥を有していたか、それとも設計仕様で、乗員に無理を押しつけたものになっているという可能性があるような気がするのですが。  これは、ハイテク戦艦にたいする買いかぶりでしょうか。何しろ、素人ですので、このような分野に詳しい方教えて下さい。

  • ---映画の題名について教えて!---

    謹賀新年!! (本年もよろしくお願いいたします・・!!) 映画の事に関して質問させて頂きます。 お分かりであればご教示頂きたいのですが・・!? 多分、米国の娯楽映画になると思われますが・・!? 1980年代頃(・・かな??)の作品だと思われます。出演俳優の名前等分からないので、自分で調べる縁もなくストーリーもうろ覚えで断片的にしか記憶しておりません。 航空機のパニック映画だったように記憶しています。(エアポート○△・・!?の様な比較的有名な作品ではなく、所謂1話完結の「娯楽ドラマ」)の様な内容だったように思います・・! 断片的に覚えているストーリーは・・・、 確か大学生(・・!?)だった男性主人公が帰省か何だかのため、目的地に向かう飛行機(確かボーイング707クラスのジェット旅客機だったような気が・・!?)に乗客として搭乗し、機内の様子などを伝えていく感じでストーリーが進みます・・! 途中、機内食が提供され、コクピットにいた機長、副操縦士以下大半の乗客たちがこの機内食を食べることになります・・! ・・が、大学生の主人公は、出された機内食は食べずにいました。 ・・ところが、その機内食が原因で食中毒が発生してしまい、不運にも機長以下コクピット内の乗務員も倒れてしまい、旅客機の操縦が不能になってしまうという形で進んでいきます・・! 偶々機内食を食べずに食中毒を免れた大学生主人公が、専攻学問が確か機械工学科だか何だかの理由でコクピット内に呼ばれてしまいます・・! 初めのうちは、辛うじて機長から指示を仰ぎながら機体の操縦が出来ていたのですが、容態が悪化して途中から操縦指示が出せなくなってしまいます・・! そして、操縦指示の出来なくなった旅客機の危機を打開しようと、急遽、引退した元ベテランパイロットが管制塔に呼ばれて、この旅客機と管制室との交信が始まります・・! ストーリー展開としては、この大学生主人公と管制室から指示を出す引退した元ベテランパイロット(この俳優さんも主役扱いか!?)との交信のやり取りの時間に充てられ、この大学生主人公によって無事に旅客機を空港に着陸させるまでを描いた作品です。 映画の終わりの方で、この大学生主人公と管制室から操縦指示を出した元ベテランパイロットとが見えて握手する場面があったような・・!?? もしお分かりのようでしたら、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 振動体の支持について

     _____________ |       |          | | 発電機  |  エンジン   | |_____|_______|   | |    | |   | |   |?|   |?|   |?| 防振ゴム  防振ゴム  防振ゴム  発電装置のエンジンマウントです。発電機とエンジンはフレーム・シャフトともフランジ結合されています。従来の実績は?(手前・奥)?(手前・奥)の4カ所に脚部を設け防振ゴムに載せています。今回結合部近く?の場所に脚部を設けることを検討することになりました。  依頼者(元請け)の意向としては「結合部近くに支持を設けることでより安定性を上げ振動を落とす、耐久性を上げる」とのことですが、従来性能でOKなものをわざわざリスクを背負って変更することはないと思っています。また4カ所支持にくらべ6カ所支持は荷重の受け方としてむしろ不安定ではと考えています。  制振の考え方として4カ所支持と6カ所支持ではどちらが正しいのでしょうか?また、6カ所支持に変更することによる不安材料としてどういうことが考えられるのでしょうか?学術的な話でなくアバウトな話しでかまいません。皆様の考えをお聞かせ下さい。

  • オスプレイ 衝撃映像

    http://www.youtube.com/watch?v=18nb2bEU1xI この映像 ニュースで しきりに流され オスプレイは危険 と言ってるけど 普通のヘリでも起こる? パイロットが下手なだけ? オスプレイ無関係?

  • JALニアミスについて

    どなたか航空管制について詳しい方がおられましたら 教えてください。今回の事故を見て感じたんですが、 なぜ飛行コースをもっと論理的に見て安全に交通整理が 出来ないのか不思議に感じました。 例えば東京を起点に南北のルートを考えた場合: A:南行きと、北行きで高度差をつけたルートを作る。 B:ルートが交差する場合は陸上の立体交差のように決して 衝突しないルートをつける。 C:同じ方向に飛行する場合に備えて高速道路のように 複数車線(ルート)を作る。 D:衝突防止装置が働けば、自動で機体を動かし 衝突を防止する。生半可に機長が自分の判断で 防止装置と逆の操作をしたから今回の事故の 1要因になったと思われます。時速800-900Km がお互いすれ違った場合、はたして人間の処理速度 (判断)がついてゆきますでしょうか? E:飛行官制も案外地味な方法なんですね。無線で 交信しながら超高速の物体を官制してるのもなんか 釈然としません。 もちろん飛行ルート決定には 実際にはもっと複雑な要因があると思いますが 今回少なくとも両機は同一の高度を飛んでいたわけです。 こんなに広い空間があるのに同一の高度を時速800-900Km で単線ルートをお互いに近ずいていた現実に納得が出来ません。 皆様どう思われますでしょうか。 (余談です)以前アメリカでアメリカン航空のパイロットが 言ってましたが、日本の航空機がアメリカの管制塔と交信するのを モニターしていたら英語になまりがあり聞きずらいばあいがあると。 実際緊急の場合こんなに無線のやり取りが重要になるのであれば 英語のやり取りも重要になってきますね。