• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

割増賃金について

私の会社は月曜から金曜まで各日の労働時間が8時間で週40時間労働です。 この場合、法定休日を日曜とした場合、土曜出勤した場合は週40時間を超えるので時間外労働として2割5分以上の割増賃金が発生するかと思います。 そこで疑問が出てきました。 仮に月曜を欠勤した場合、火曜から金曜までの労働時間は8時間×4日で32時間となりますが、同じ週の土曜に出勤しても月曜休んだわけですから週40時間以内の法定労働時間に収まります。 この場合土曜は割増賃金は発生しないのでしょうか? もし発生しないのでしたら、給与を計算する上で従業員によっては同じ土曜に出勤しても割増賃金の発生する人としない人とか出て計算が複雑になってしまうと思うのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数714
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1890/5072)

土曜日が公休日と定めてあれば、当然土曜日も公休出勤となり、25%以上の割合で就業規則に定める率の賃金を支給する必要があります。 公休日で無い場合はその人により40時間規定や出勤状況により割増賃金の有無が変わりますし、変型労働時間制度(年間だと週45時間迄、月間だと週60時間迄は割増賃金対象にならない等)であらかじめ割増を避けるやり方もあります。例えば3ヶ月単位の変型労働時間制度で「3ヶ月の稼働日数は合計63日とし、週の上限稼働時間は48時間とし、最低限1月に4日以上休日を与え、内期間中1回は3連休とする」(小売店に多いやり方ですが、日曜営業に使われます)とすれば64日以上の稼働に達する迄は割増無しと出来ます(この規定では週6日稼働でも日給月給の基本給だけ払えば良い事になります)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

度々すみませんNo.1です。 法定休日と法定外休日を混同していました。 大変失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

No.1です。 No.2さんの回答が気になりましたので、追加回答します。 質問の前提は、決められた休日に勤務した場合の話ですよね? 当たり前の話ですが、休日は土日でなくても構いませんし、全員バラバラの休日でも構いません。 質問の趣旨が、「給料計算が煩雑になるか?」ということなら、シフト勤務を採っている企業なら、想定の範囲内なので、No.2さんの仰るとおり特に複雑になるということは無いでしょう。 しかし、質問の趣旨が「割増賃金を支給しなければならないか?」ということなら、No.2さんの回答は不十分です。 決められた休日に勤務することを「休日勤務」というのであって、原則として割増賃金を支給しなければなりません。 それを回避する方法として、「休日の振替え」が認められていますが、無制限に許されている訳ではありません。 月曜の欠勤分が有給か無給かは、別の問題です。 労働基準法は道路交通法に次いで守られない法律だと言われていますが、守らなくていい法律ではありませんのでご注意下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2987/7547)

>法定休日を日曜とした場合、土曜出勤した場合は週40時間を超えるので時間外労働として2割5分以上の割増賃金が発生するかと思います。 その通りです。 労働基準法は下限を規定しているので 法定休日に勤務した場合を除き週40時間を超えた 労働に2割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。 >この場合土曜は割増賃金は発生しないのでしょうか? 祭日に出勤した場合の扱いも同様でしょう。 週40時間を越えなければ支払う必要はありません。 就業規則で 土曜日及び祭日に出勤した場合に割増賃金を支払うと 規定していれば割増賃金を支払ってももちろん問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#222486
noname#222486

ご質問お内容であれば割増賃金は発生しません 〉従業員によっては同じ土曜に出勤しても割増賃金の発生する人としない人とか出て計算が複雑になってしまうと思うのですが 企業の4割は休日は交代制で当然休日出勤日も個人によって違ってきます、我社もそうですが問題ありません 個人個人で休日出勤の届けを出しますのでそれによって計算しますので複雑になることはありません、通常の残業も個人によってって違うと思いますが同じことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

1日8時間、週40時間勤務であれば、週休日は2日なるはずです。 仮に質問のとおり休日に勤務した場合は、休日勤務であり、割り増しは35%になります。 休日勤務と時間外勤務は別物と考えてください。 月曜の欠勤を土曜日に勤務を振替えていれば、割り増しを払う必要はありません。 しかし、単に代休ということであれば、休日勤務の割り増し分を支給しなければなりません。 詳しくは「振替」「代休」で検索してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 欠勤した場合の割増賃金について

    私の会社は月曜から金曜まで各日の労働時間が8時間で週40時間労働です。 この場合、法定休日を日曜とした場合、土曜出勤した場合は週40時間を超えるので時間外労働として2割5分以上の割増賃金が発生するかと思います。 そこで疑問が出てきました。 仮に月曜を欠勤した場合、火曜から金曜までの労働時間は8時間×4日で32時間となりますが、同じ週の土曜に出勤しても月曜休んだわけですから週40時間以内の法定労働時間に収まります。 この場合土曜は割増賃金は発生しないのでしょうか? もし発生しないのでしたら給与を計算する上で従業員によっては同じ土曜に出勤しても割増賃金の発生する人としない人とか出て計算が複雑になってしまうと思うのですが。

  • 残業代の割増賃金

    36協定は結んでおらず、所定労働時間は9:00~17:00(休憩1h)の月~金です。 月~金曜は、22:00まで残業、土曜は10:00~19:00迄毎週働いた1カ月の残業割増賃金についてですが、(22.4.1前の為、月60時間を超えた50%増しは、取り入れないこととします) 法定労働時間は8時間ですから、この場合18:00~22:00の4時間に25%の割増賃金、 17:00~18:00は、割増無しの賃金で計算すると思います。 所定労働時間の土曜の10:00~19:00の計算はどうなるのでしょうか。 週の残業トータルは、金曜には週40時間を超えることになり、 36協定を結んでいませんから、金曜の17:00~18:00は25割増しに、 土曜の10:00~19:00は、休日の35%の割増しを請求することは出来ないでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 割増賃金について

    一日の労働時間は8時間を超えないが、週で40時間を超える場合、割増賃金の対象となりますか?

  • 休日労働の割増賃金について

    わからないことがあり、教えてください。 (1)法定休日に仕事をした場合、割増賃金が発生すると思いますが 法定休日ではなく、公休日に仕事をした場合は割増賃金は発生するのでしょうか? 例 土日が休みの会社で土が公休日、日が法定休日の場合の土曜に仕事をした場合。月~金までですでに40時間を労働した場合は公休日であろうと土の出勤は時間外労働(2割5分)という割増賃金になりますか?それとも休日労働の3割5分のどちらになるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • パートの割増賃金

    パートの給与計算で質問です。 (弊社は週40時間制。法定休日=日曜。法定外休日=土祝日) (パートは土日関係なく出勤となりますが、平日に振替えで休みを取ります。) 月曜 8H 火曜 8H  水曜 休み 木曜 8H 金曜 6H 土曜 8H 日曜 8H と出勤した場合の休日割増賃金は46H-40H=6Hと週を合計して単純に40時間から引いてよいのでしょうか?

  • 時間外割増賃金について

    社労士試験の勉強をしています。 法定時間外の割増賃金について教えて下さい。 所定は1日8時間勤務で月~金出勤です。 この場合、土曜出勤した場合は1.25の割増ですよね? この根拠は、月~金で週40時間働いて、週法定所定時間の40時間を越えたから、 土曜は1.25の割増が付くのですか? そうなると、例えば月が祝日による休みで、火~土が出勤した場合、土曜は割増が付かないのですか? よろしくお願いします。

  • 休日に働いても、変形労働時間制だと35%の割増賃金にならない?

    派遣労働者です。月曜~金曜の週5日間働き、また1日の所定労働時間は8時間です。  このまえ仕事が忙しかったので、土曜日に休日出勤しました。労働基準法では、休日労働には35%以上の割増賃金を支払わなければならないと規定されています。  ところが、私の派遣元の会社側は「うちは変形労働時間制を採用しているので、土曜日を休日労働とは認められないし、休日を特定の曜日(例えば日曜とか土曜)に定めなくてよい」と言ってきました。35%の割増賃金を支払うつもりがないようです。ただし週40時間を超えた部分は、25%の割増賃金を支払うとは言ってくれています。  労働基準法では、一週で1日、一月で4日の休日を与えることになっていますが、変形労働時間制だと土日など休日に出勤しても35%の割増賃金にならないのでしょうか?

  • 法定休日の割増賃金と代休について

    法定休日の割増賃金と代休について質問です。 ネットで調べていたら下記のような記述がありました。 『代休とは、休日に労働させた代償として、恩恵的に、別の労働日を休日とすることを言います。 代休を与えても休日労働したことに変わりはありませんから、労基法上の割増賃金(法定休日労働であれば3割5分、所定休日労働であれば2割5分)を支払わなければなりません。 例えば、1時間あたりの賃金が1,500円の社員に8時間の法定休日労働を命令した場合、割増分を含む賃金=1,500円×1.35×8時間=16,200円、を支払わなければなりません。 この場合において、その後、社員が代休を取得した場合には、賃金控除=1,500円×8時間=12,000円、をすることができます。(ただし、就業規則にその根拠が必要。) したがって、差額の4,200円は、少なくとも支給する必要があるということになります。』 代休で休んだ日は賃金を支払わなくていいということは分かりました。 休日労働させた日と同じ賃金計算期間内に代休を与えた場合でも135%の賃金を支払わないといけないのでしょうか。 それとも割増分の35%だけ支払えばいいのでしょうか。 休日労働させた日の賃金はどう計算すればいいのでしょう。 1,500円×1.35×8時間=16,200円? それとも 1,500円×0.35×8時間=4,200円? 割増分の4,200円だけ支払った場合、通常支払うべき日給1,500円×8時間=12,000円を支払わないのはおかしくないですか? 単に私の解釈の仕方が違うのでしょうか。 それと、日給月給制でも日給制でも法定休日の割増の計算は同じですか?

  • 時間外割増賃金の計算

    本に、「法定労働時間の“休憩時間を除き1日について8時間”の 1日とは、午前0時から午後12時までのことである」と書いてありました。 では、時間外の割増賃金を計算するとき、午後12時を過ぎたら 翌日なので時間外の割増賃金は発生しないのでしょうか? 例:1日目 23:00~翌10:00(休憩1時間、10時間労働)   2日目 11:00~20:00(休憩1時間、8時間労働)   のような場合です。   暦日で言えば1日目は1時間、2日目が19時間(休憩含む)   となります。

  • 割増賃金について

    うちの会社は月曜日から金曜まで実労働時間7時間、第2土曜日が休みでそれ以外の土曜日は5時間15分です。 一日単位で見れば、8時間までは割増賃金を払わなくてもいいと思えますが、週単位でみた場合、40時間を超えているので定時を過ぎた時点で割増をしなくてはいけないという考え方はあっていますか? 年間実労働時間は、おそらく指定有給15日分は入れないと思うのですが、1855時間です。 年間278日労働日(自由有給休暇5日含む)です。 1日平均は6.6時間です。 1年単位の変形労働時間制にすれば割増は1.4時間までは割増がいらないのでしょうか? というよりも週に40時間を超えている時点で違法となり、変形制に移行しなければいけないのでしょうか?