• 締切済み
  • すぐに回答を!

どのプラン?どれくらいの値段?

私は28才男で、妻が一人います。 現在、3大疾病の特約には入っておりません。 結婚したことと30代になる前に、 3大疾病の特約に加入しようか迷っています。 特に、ガン保険に加入したいと思っています。 現在、月に9380円を支払っております。 (私一人で妻は別の保険に加入しています。) 入院5000円、通院3000円です。 Q1 この値段が妥当なのでしょうか? Q2 3大疾病をつけるに際して、どのようなことに重点をおけばよいのでしょうか?(更新の年齢とか、この特約はつけないと駄目とか、こんなものは不必要とか) Q3 妻も私の保険に加入させたほうがよいのでしょうか? メリットとデメリットは? Q4 いくらくらいのものが妥当なのでしょうか? (一人のとき、妻も私の保険に入った時の両方) 仮のプランをたててもらったのですが、 どうも、高いプランを保険屋が勧めているようなんです。だから、信頼ができなくて。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#5636
noname#5636

No5の補足 ガン保険は、少し以前のものは皮膚ガンなどの軽度ガンは給付金の支払い事由からのぞかれています。 また以前の保険の成人病特約などでも上記の様なガンは支払い事由から除かれている場合があります。 このほかにも、特定疾病定期などもこれに該当する事があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

再び#4です。お話の詳細をお聞きして、おおまかには保障額的には問題ないのではないでしょうか、気にされている まじかの更新は妥当と思います。いつ加入されたかはわかりませんが、懐疑的に判断すると保険屋さんが転換をすすめる理由は現在の予定利率の低いものにしているとも解釈できます。(保険屋さんはより時代にフィットした保険 とアピールするでしょうが) 信頼のできない保険を補完する形でには別に医療保険またはガン保険を加入してはいかがでしょうか。 また医療保険を非常に気にされているようですが、病気の治療費用に貯蓄をするという考えもありますよ。入院、手術の際には高額医療の還付と健康保険で賄い、差額ベット代があれば十分との事ですから。貯蓄=キャッシュは他の リスクが発生したときにもリスクヘッジとして利用できますが、医療保険はあくまでも入院するような病気だけに対するリスクヘッジです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#5636
noname#5636

こんにちは。 Q1につて  保険は、月の保険料で考えてはいけません。  必要な保障と期間を決めて、その上で家計上の問題で支 払えるかどうかです。  妥当かどうかは、保険の内容によります。 Q2について  3大疾病がどうしても気になるなら、お付けになっても 良いのではないでしょうか。  一般的に3大疾病保険は、保障範囲が広いので保険料は 高いです。  保障内容は、保険会社にもよりますが、ガン以外の時は かなり重度の場合に支払われます。  一例)ガンは生検で確定ご支払われますが、心筋梗塞と    脳卒中については、発症後60日以上の症状によ    り支払いがなされます。  ですので、本当に心配な時にのみ付けた方が良いと思い ます。  あと、ガン保険に関しては、保険料も安いいですし、若 いうちの加入の方が保険料がゆうりです。  (終身にしていれば、加入時の保険料率で一生継続しま  す。) Q3について  ご家庭の状況によります。共働きの場合は、奥様の収入 が家計へどのくらい貢献しているのかにもよりかわりま すし、持ち家の場合でローンを組んでいる場合の団体信 用保険の加入状況によってもかわります。  専業主婦の場合は、お子様が小さい内はそれなりの保障(1000万円程度)用意するのも良いのではないかと思 います。  奥様の方は、死亡保障よりも医療保障を重視しても良い かもしれません。 Q4について  Q1でも書いたのですが、保険は月々の保険料で決める ものではなく、必要保障額と期間によってきめます。  その後に、ご家庭の家計により調整します。 補足について  終身保険については、ご自身の考え次第だと思います。  お子様の独立後は保障がいらなければ、終身保険は必要 ありませんし、良く言われるのがお葬式代だけでも残し たいと言うのであれば、300~500万円程度の終身 保険に入られるのも良いでしょう。  その際のお勧めは、変額保険(終身型)です。  但し、これは貯蓄と考えないで下さい。あくまで保障を 買うと思って下さい。  参考までに、保険と簡単に考えがちですが、実はかなり複雑で色々な事を考えなければなりません。 住宅の取得計画、子供の計画、子供の教育プラン、ご夫婦の老後のプラン、相続などさまざまです。 ですので、保険料で決めるのは最も避けるべき事です。 付け加えるなら、現在の保険料が安くとも総支払いではかなり高額になる場合もありますし、現在の保険料が高くとも総支払いはやすくなる事もあります。ですので、総支払い額で考えて下さい。 一生涯で、家に次ぐ高い買い物です。 よく考えてご加入する事をお勧めします。見直しは、早ければ早いほうが良いですし、一旦決まった内容も、必ず毎年見直しされたほうが良いと思います。 独立系FPに相談されるのも良いと思います。 長くなりましたが、お役に立てば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ガン保険はつけようと思っているのですが、ガン保険でも種類があって、ガンであっても保険が下りないものもあるっと聞きました(初期?)。 そういった話を聞くと、保険の仕組みも難しさを感じます。 妻は体が丈夫ではないので、私の収入がなくなった場合、また、病気で入院、通院などをするようになった場合を十分に考えて保険を選びたいと思います。 収入保証の保険もあることを知りましたし、現在の保険料だけでは判断できないことを知り、勉強になりました。

  • 回答No.4

お若いのに保険の精査検討されてご立派ですね。ご結婚されたのですから、高い買い物の検討はご主人の重大な責任ですよね。私は中年になってから、勉強不足であとで後悔しました。 ご専門家の方が詳しく回答されていましたが、回答に対する補足を読み、回答させていただきました。 Q1 ご質問は医療保険の記載しかされていませんが、生命保険の保障はおいくらかわからないと回答しにくいです。 私は結婚して5000万円保証(定期15年4700万円+終身300万円) 保険外交員の若干いいなりになった感もあります。 Q2 医療は終身が必須と思います。 更なる特約はきりがないので見きってもよいと思います。 それよりも生命保険と医療保険の隙間のリスクである収入保証の保険に入られたらいかがですか。 Q3 すでに回答されていますが、別々でないとご主人が亡くなったときに奥さんの医療含む特約が消滅すると聞きます。ただ奥さんが今後、働かれていくのでしたら、生命保険保障は必要ですが、そうでなければ、極論すれば医療だけでもよいと思います。 Q4.いくらぐらいのものが必要か厳密に検討をお望みでしたら高い買い物の安い授業料と思い、最近、本屋ででている 保険見なおしムック(ノート)を買って、自分のライフプランをたてて、貴方が亡くなったときの収入、遺族年金、死亡退職金、現貯蓄等々をシミュレーションしてみてはいかがですか? 私が役にたったのはGAKKEN MOOKの年金、保険一発解決ノートです。 10年以上先のことは予測は外れるでしょうが、何も考えずに保険を買われるよりは間違いなくよいでしょう。 補足としては誰でも病気になりますので、結婚時にやや 高め、ライフステージに応じてだんだん減額していくのが よいと思います。簡単に説明したものとしては下記保険会社の説明が分かり易かったです。

参考URL:
http://www.orix.co.jp/ins/direct/hokenerabi/lifestage/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

現在は、死亡時3000万。入院は5000円、通院3000円です。 28、39才で更新、59才で終了の終身保険っというのが現在の保険内容です。 先日、保険屋から、勧められたプランは、現在のものに、ガンなど3大病をつけたもので、 28、48才で更新、63才で終了の終身保険です。月額は14630円です。 これは、私一人で妻の加入はなしの場合です。 !まもなく更新で、期日も迫っているのです。 正直、期日には間に合わないとあきらめています。 現在、妻の収入は、私の扶養の範囲での程度です。今後も変わる予定はありません。 収入保証の保険というのがあることすら、知りませんでした。保険屋に聞いてみたいと考えています。

  • 回答No.3
  • SUNBELT
  • ベストアンサー率52% (46/88)

保険は何のために入りますか? おそらく、万が一のとき家族が生活に困らないためではありませんか。じゃ万が一のときでも家族が困らないように入ればいいわけですよ。(当たり前のことですがあまり気づいていないのです) ◎現在・健康なとき 『収入=支出+貯蓄』 このバランスが保たれているはずです。 例)収入30万円=支出25万円+貯蓄5万円 ◎万が一のときは 『収入<支出+貯蓄』 になるのです。 例)収入0円<支出25万円+貯蓄5万円 しかしながら、奥様の収入もあったり、国から遺族年金といわれる給付があったり、少なからず収入もあるのです。 例)奥様の収入5万円+遺族年金8万円<最低支出25万円 ということは、万が一のときは、あと月に12万円あれば維持できるわけですよね。 ◎家族収入保険 保険金月12万円 60歳まで 28歳男性の場合 個別扱月払 4536円 です。 これはご主人に万が一があった場合、(ご主人の年齢で60歳までの間)奥様の口座に毎月12万円ずつ振り込まれる保険です。※一括で受け取ることも可能 これで死亡保障はとりあえず確保です。あとは入院の保障です。 ◎総合医療保険※低解約返戻金特則付 保障は一生涯 入院日額10000円 60歳払込 28歳男性の場合 個別扱月払 6180円 です。 きちんと考えれば、まだ若いので月の保険料一万円位で一生涯の保障は用意できます。あくまで最低限ですけどね。ちなみに保険料はこの先ずっと変わりません。 奥様の保障も同じ考え方です。ただし遺族年金はほとんどありませんが、奥様の万が一に貴方が困るかどうかです。影響ないのなら入院保障のみでもいいかもしれません。 こうやって別で入ることをお勧めしますけど。 どこの保険会社とは具体的に言えませんが、必要以上に高い保障額を売りつけ、10年後に保険料が上がるものであったり…。 『分かりにくいし面倒くさい。月これくらいなら払えるわ』などと遠ざけてはいけません。本当は簡単なことですので、じっくり納得されてから加入しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 月々の支払額ばかり考えていて、必要な金額については考えていませんでした。 将来のことでなかなか考えにくいため、細かく考えたことがなかったので、これを気に考えてみたいと思っています。

  • 回答No.2
  • SUNBELT
  • ベストアンサー率52% (46/88)

Q1この値段が妥当なのでしょうか? 保険会社により多少の商品内容の差はありますが、どこも保険料は変わらないのです。 Q2三大疾病をつけるに際して… 三大疾病が本当に心配か否か、ということのみ。 Q3妻も私の保険に加入させたほうがよいのでしょうか? メリット…割安になるでしょう、多分。 デメリット…会社によっては、貴方の万一時には奥様の保険が同時に消滅します。また、奥様が60歳まで、といった短期保障しかないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

Q1 この値段が妥当なのでしょうか?→妥当かどうかは内容が不明(何歳までの保障がいくらあるのかなど)なので分かりませんし、保障内容もその人の人生に合っていないと保険の意味がありません。 Q2 3大疾病をつけるに際して、どのようなことに重点をおけばよいのでしょうか?→必ず役に立ってほしいのであれば終身型をお勧めします。 Q3 妻も私の保険に加入させたほうがよいのでしょうか? →あなたが先に亡くなった場合、特殊な保険でなければ奥さんの保障も一緒に無くなるのでお勧めしません。 Q4 いくらくらいのものが妥当なのでしょうか? →最初にも述べたように、内容が分からないのに妥当な金額はありません、あくまでも保障内容によって金額が異なりますので、コンサルティングのしっかりした保険会社数社に相談することをお勧めします。  いい保険に入れるといいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

補足いたします。 保険の内容にたいしてとのことですが、 一般的にですが、どの程度にはいっていることが普通なのでしょうか? 年収もそれぞれ違うと思いますし、どの程度、保険にお金をかけたらよいのか?っということについても、わからないため、このような内容になってしまいました。 私の年齢で400万程度の収入の場合、いくらを保険にかけるのが一般的でしょうか? また、終身保険に入ることがお勧めでしょうか?

関連するQ&A

  • 医療保険とガン保険について

    医療保険とガン保険どちらもNKSJひまわり生命に加入しました。 30歳女性 医療保険は健康のお守り 終身 入院日額 7000円 女性疾病入院特約 3000円 先進医療特約 特定疾病診断保険料免除特約 以上で月保険料 3408円 ガン保険勇気のお守り 終身 ガン入院給付金日額 10000円 女性特定ガン入院特約日額5000円 ガン診断給付金100倍 ガン外来治療給付金割合100% 以上で3115円です。 なのですが、現在専業主婦のため月々の支払いはできるだけ安くしたいと思っています。 預金も少ないため、実際に入院などとなった場合には保険にお世話になるのは確実なので、今更ながら焦って加入しました。 しかし契約後にこちらのサイトで皆様の意見を拝見して、女性疾病特約や特定疾病の保険料免除の特約などは不要だったかなと思ったりしました。 できれば保険料は5000円以内におさめたいと思うのですが、医療保険とガン保険の2つでそのくらいの保険だとどこかおすすめはありますか? もしくは少し予算オーバーですが、このままひまわり生命に加入していたほうがいいのでしょうか? 教えてください。

  • 医療保険・がん特約・三大疾病特約について

    医療保険・がん特約・三大疾病特約について キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。 キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ 健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない 特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし… 医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし… 御意見宜しくお願いします

  • はじめまして

    はじめまして 私は現在アフラックの医療保険〈EVER〉に加入しています。契約内容は〈入院・怪我〉で1日一万円の保証+死亡特約+女性疾病特約で月に計4698円支払っています。 それに加えてこの先の事を考え、アフラックのガン保険〈コサージュ〉+女性疾病特約に入ろうかと検討しています。 もし、この先(ガンに関わらず)女性特有の病気になった時、保険金は医療保険とガン保険の主契約金+2つの女性疾病特約が上乗せになり複重払いで支払れるのでしょうか? 無知で申し訳ありませんが、どなたかご回答お願いします。

  • 我が家の生命保険これでいいの?

    現在夫婦と2歳の子ども一人、秋にもう一人産まれる 予定の家族です。生命保険ですがお互い独身のときに 加入したものを引き続けてただけだったのですが、 さすがに見直しを考え始めました。 でも資料を集めても頭が混乱するばかり。。 どうぞよきアドバイスをお願いします。 現在 夫35歳 サラリーマン役職なし    妻37歳 無職(3~5年後に仕事再開予定)    現在賃貸住宅、5年内に住宅購入の予定あり。 現在加入の生命保険  夫 終身保険 重点保障プラン  月額 10527円    主契約 100万円 (終身)    定期保険特約 1300万円(以下は2015年まで)    3大疾病保障定期保険特約 300万円    疾病障害保障定期保険特約 300万円    介護生活保障特約年金  120万円    災害割増特約  1500万円    新障害特約  500万円    特定損傷特約給付 5万円    新災害入院特約  5日目から5千円    新入院医療特約  5日目から5千円    新成人病入院医療特約 5日目から5千円    通院特約  3千円  妻 スーパーがん保険+特約MAX 月額3345円    保険期間 終身    保障内容 入院給付金 1万5千         在宅療養  最高20万         がん診断給付金 100万(65より半額         入院給付金 1日5千         死亡保険金 150万(がん)               15万 (がん以外)    疾病特約 入院給付金 5千         入院初期給付金額 2万円         基準手術給付金 5万円    災害特約 入院給付金 5千         入院初期給付金 2万円 以上です。ただ保険払月額は今と同じ15000円以内に 抑えたいのですが。どうぞよろしくお願いします。 

  • 医療保険のプランについて

     28歳の独身女性です。(両親と同居中)医療保険の加入を検討中です。条件は、「終身の医療保険」「月額保険料1万円以下」です。(出来るだけ安い方が良いです。)  複数保険を扱う代理店から、ソニー生命の保険を紹介されました。 総合医療保険(120日型) 特則・特約   低解約返戻金特則 入院初期給付特約 保険期間    終身 払込期間    60歳終了(32年間) 保険料(月額) 6570円 総払込額    2,522,880円 入院(5日以上継続)        1万円 短期入院(2日以上4日目まで)   1万円 死亡時             100万円  上記の保険にアフラックのガン保険を組み合わせてはどうかという提案でした。 21世紀ガン保険(スペシャルプラン 1倍) 保険期間・保険料払込期間 終身 保険料(月額)      2118円 特則・特約 上皮内新生物特約・新手術特約I型・特定治療通院特約・高度先進医療特約・緩和ケア特約 入院給付金 10000円 通院給付金  5000円 診断給付金  100万円  以上のプランというのは、現在の私にとって十分な金額なのでしょうか?  よろしくお願いします。

  • 保険の見直しを検討中です。

    長文となりますことお許し下さい。 現在二人目出産間近で、子供の学資保険加入を検討する上で、家族の保険の見直しを考えています。目的は保険料を少しでも安くしたいという理由です。 ★現在加入している保険 ●主人 N生命終身保険(重点保障プラン) 契約者:主人 31歳(契約年齢29歳・15年更新) 終身保険:100万 生活保障特約:年220万×10年 定期保険特約:400万  3大疾病保障:500万 疾病障害保障:200万 介護保障:100万 新障害特約:500万 特定損傷特約:5万(最高10回) 新成人病入院医療特約:日額5000円(5日目から) 通院特約:日額3000円 短期入院特約:日額7000円(1泊2日から) 新災害入院・新入院医療特約:日額7000円(5日目から) がん入院特約:日額7000円 こども定期保険特約:200万 月額15409円 ●妻(私) N生命 生存保障重点型年金(65歳払い) 契約者:妻 31歳(契約年齢30歳) 年金 年額60万 (65歳より10年確定年金)+ケガ入院特約 日額5000円(5日目より) 月額11803円 Aファミリー保険 21世紀ガン保険(終身) ガン保険+女性疾病特約つき 月額2975円 他にN生命子供保険(18歳満期・満額120万)月額6589円 月額合計36776円支払っております。 (私の入院保険は6年ほど前に入院した為、N生命では新規加入は無理でした) 先日、来店型の保険代理店にて相談を受けましたら以下のような保険を紹介されました。 ★主人 (1)A損保 終身死亡保障 300万(65歳払い)月額5049円 (2)Aリコ 収入保障 18万(60歳払い)月額4755円 (3)Aクサ 医療保険(セルフガード) 日額1万(65歳払い)月額5510円 月額15314円 ★妻(私)個人年金を解約 (1)子供保険として  A損保 終身死亡保障 200万(48歳払い(子供が18歳時解約・120万)月額5358円 (2)O生命 医療保険(キュア)日額1万(60歳払い)月額4920円 月額10278円 現在加入しているがん保険&こども保険はそのまま残す。 月額合計35156円 となります。 N生命の現&元担当者にも相談しましたが、主人の保険は現行どおり。 私の個人年金の減額(年額36万・月額7211円)を薦められ、 第2子の子供保険加入(18歳満期・満額123万・月額6231円)を薦められました。月額合計37835円となります。 知識が乏しいため主人&私の保険は現行どおりがいいのか代理店プランがいいのか、判断に苦しみます。 主人の契約年齢の都合上、今月中位までが期限です。 何卒よろしくお願いします。  

  • ニッセイ 転換すべきか悩んでます(長文)

    平成12年契約の【終身保険 重点保障プラン】から【生きるチカラ がん保障タイプ】に転換すべきか悩んでいます。 夫34歳 妻31歳 長女7歳 長男4歳 持ち家 年収700万 現保険料 約13000円 → 転換したら 約14000円 44歳更新   *終身(主契約)150万  →転換後/10万 *生活保障特約 200万  →   230万 (10年確定年金) *定期保険特約 850万  →   0円 *3大疾病特約 300万  →   200万 *疾病障害特約 200万  →   200万 *災害入院特約 7000円 →  7000円 *入院医療特約 7000円 →  7000円 *成人病特約  5000円 →  5000円 *配偶者特約  300万  →  300万 この他に、生きるチカラにすると *がん入院特約 5000円 *新傷害特約  500万 *介護保険特約 200万 などがつくようです。 短期入院での保障が欲しかったので、相談しましたら このように転換するプランを提案されたのですが… 終身と定期保険部分がないに等しくなってしまうのです。 なるべく保険料を上げずにお願いしたのでこのプランだと思われるのですが、これでいいものかと不安に思っております。 良きアドバイスを頂けたら嬉しく思います。よろしくお願いします。

  • 医療保険のガン特約とガン保険の医療特約

    こんばんは。 今年30歳になる会社員です。 妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。 医療保険の加入を考えて半年近く経過します。 医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、 件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。 どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。 現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。 自分の特約に対する認識を少し書きますので、 こんな利点、欠点があるとか、こんな基準を持って 望まなくては決められないなど、 どなたか補足してくださる方、お教えください。 ●特約の利点 ・安い ・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り  保障を大きくできる。 ●特約の欠点 ・特約の中でのバリエーションが少ない。  ガン特約ならこの金額の保障と決められていることが多いように思う。  →主契約は自由度が高いので、必要性によって主契約を   医療にするか、ガンにするかを決めればよい?! ・定期の特約の場合、更新されると保険料が跳ね上がる。  (要確認) ・保険会社が破綻した場合、主契約ですら満額引き継がれる  とは限らないのに、特約は引き継がれる保障もない。 ●医療保険+ガン特約 医療保険自身はガン保険を主契約にするより高めだが、 ガン特約が安いので合計するとそれほど変わらない? 終身保障でも終身払い、払い済みが選べるものが多そう。 ●ガン保険+医療特約 終身保障のものは、終身払いのものが多そう。 月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を 当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。 すみませんが、よろしくお願いします。

  • 夫婦の生命保険・医療保険新規加入について

    夫 会社員 32歳 妻 会社役員 33歳 子供1人(5歳)です。 以下の保険をFPさんに提案いただきました。 妻のほうのプランを書きましたが、夫も同じプランにする予定です。 ◆アフラック  21世紀ガン保険メディカルチェックプラス1倍 解約払戻金0コース   ご本人コース+お子様家族給付割合60%                    特約MAX 日帰り入院保障 解約払戻金0コース 120日型         女性疾病特約  女性疾病入院給付金日額5000円              特約もっとワイド              【払込保険料 8544円】 ◆東京海上日動あんしん生命 長割り終身保険1000万コース 【払込保険料 18100円】 ◆東京海上日動あんしん生命 超保険  【月払い保険料  2791円】 現在夫婦ともに体に異常などはありませんし、飲酒、喫煙等もございませんが 妻のほうはガンを患った親族が多く、しかも父親が脳梗塞、母親がくも膜下出血をやっており、母は30代で死亡しております。 夫のほうは親族にガンをわずらった人は1人しかおりません。 上記のことを踏まえて、このプランはどう思われますか? 死亡保障は夫婦どちらかが入り、後に他の保険で補填するつもりです。 また、ガン保険は家族型にしたほうがよいでしょうか、 それとも夫婦別で入ったほうがいいでしょうか。 初めて保険に加入するので、こちらで勉強させていただいておりますが まだまだわからないことだらけでとても不安です。 お気づきの点などございましたらご指摘いただけると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい

    夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい 現在住友生命のライズワンニューベストタイプ(本人妻型)に加入しているのですが、我が家にとってこの保険が妥当なのかどうか悩んでいます。 夫37才、妻30才 子供3人(3,6,8才)、会社員で年収400万くらいです。 現在の保険料は、11,701円(39才更新)で内容は以下の通りです。 住友生命・3年ごとの利率変動型積立終身保険(特別保障更新型・有期払) 「LIVE ONE(ライブワン)」 保険料合計11,701円 (うち主契約保険料1,000円) (うち特約保険料10,701円) 契約内容 2.定期保険特約(死亡保険金)→1,900万円 3.特定疾病保障定期保険特約(死亡保険金)→300万円 4.重度慢性疾患保障保険特約(死亡保険金)→300万円 5.災害割増特約(災害死亡保険金)→300万円 6.障害特約(本人妻型)(災害保険金額)→200万円 7.障害損傷特約(一般職種・I型)(運動器損傷給付金額)→50,000円 8.入院治療重点保障特約(本人妻型)(基本給付金額)→5,000円 9.災害入院特約(01)(本人妻型)(災害入院給付日額)→5,000円 10.疾病医療特約(01)(本人妻型)(疾病入院給付日額)→5,000円 11.成人病医療特約(01)II型(成人病入院給付日額)→5,000円 ※(本人妻型)→妻の給付は、本人給付の6割です。 【死亡・高度障害】 死亡・高度障害(一時金)→2500万   【医療】 3大成人病(一時金)→300万円 5つの重度慢性疾患(重度の高血圧症や糖尿病)→300万円 先進医療による治療→なし (入院) 1~4日目→一時金20,000円 5~184日目→ケガや病気→5,000円 5~184日目→所定の成人病(ガン以外)→10,000円 5~184日目→ガン→15,000円 270日目~→所定の成人病→90日ごとに30万円×6回 270日目~→ガン→90日ごとに60万円×6回 (手術) ケガや病気→5万・10万・20万円 所定の成人病(ガン以外)→10万・20万・40万円 上記以外の入院を伴う手術→25,000円 骨折→1回につき5万円 顔のケガ→1回につき50万円 保険料免除→所定の要介護状態Aが180日継続   64歳払込満了となっています。 更新後の保険料は16947円です。 今現在、主人の健康状態が良好なので、見直しするならどのような商品がお奨めなのか、 この保険は我が家にあっているのかどうか、ご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。