• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。 キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ 健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない 特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし… 医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし… 御意見宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数8651
  • ありがとう数33

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

生命保険専門のFPです。 順番に行きましょう。 (1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、 脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、 平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。 七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや 慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの 大きな骨折があります。 つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf (2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。 つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。 (3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。 三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。 60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は 有名無実になります。 当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。 (4)三大疾病とは…… がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。 急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。 症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、 死にません。 急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。 治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は 少なくて済みます。 脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、 長期入院となる典型的な疾患です。 入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。 がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。 入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が 必要です。 抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が 一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。 http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf がんに備えるならば、がん保険です。 (5)まとめれば…… 急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。 脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。 むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。 がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。 つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの 強い保険です。 (6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。 良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで 内容はまったく違います。 まずは、死亡保障。 次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。 できれば、がん保険も組み込んでください。 余裕があるのならば、介護保険。 さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • bule11
  • ベストアンサー率44% (4/9)

基本的に保険料が高いということは給付金の支払い事由が多く、安いということは免責のため支払い事由がすくないということになります。 三大疾病は日本人の死因の約6割を占めますし、ガンに至っては一生のうちに2人に1人が診断されるそうです。 医療費だけでも莫大な金額がかかる可能性がありますが、その他に自営業の方は、医療費の他にもその間の収入減少の備えも必要です。 さらに最近のガン治療では入院はほとんどせずに、外来での放射線治療がメインになるケースも多いそうです。ちなみに高額医療制度は入院の場合が対象なので、外来の場合は医療費が月に20万以上かかる場合も多いです。 ですから、おすすめとしては入院保障の他にも、一時金での大きな保障が必要だと思います。目安としては300~500万くらいは付けておいた方がいいです。 この中から選ぶとしたら健康のお守りかなとも思いますが、どれも一般的に外資系の保険は、他の保険に入っている人が、追加で補うために入るものなので、それ一つだと保障はかなり小さいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 終身医療保険。キュア?健康のお守り?

    終身医療保険をオリックス生命のキュアに変更しようと思っていたのですが 最近、ひまわり生命からでた健康のお守りもいいかと悩み中です キュアは七大成人病120日 所定の障害状態該当 保険料の払い込み免除が基本プランに付いてますよね。 ひまわり生命は先進医療保障が基本プランに付いていて七大と保険料免除(三大疾病)は特約で、つけたらキュアのほうが安いですよね。 保険に詳しい方、アドバイスお願いします (31歳 男 )です

  • 医療保険について

    医療保険について ひまわりの健康のお守りかオリックスのキュアで迷っています。 どちらも120日型で考えているのですが、ひまわりは保険会社に安心感がある、小額の手術も保障 手術は5.10.20です。 キュアは120型にすると7代疾病は180日になる。手術は一律10万円 小額手術なし です。どちらがいいと思われますか・ また、終身にするか60歳払い済みにするか迷っています。 あと、私の保険ですが、かなり昔に入ったアフラックにスーパーがん保険に特約MAXがついていて保険料 3205円ですが、がんは65歳になると診断金と通院が半額になってしまうし、通院も20日以上 入院しないと出ないし・・・契約者のためのフォルテはプラス1400円になるので正直きついです。 MAXは入院日額が180日なので、やはりこのまま続けたほうがいいでしょうか?

  • 医療保険について

    30代前半男性独身です。医療保険について超迷っています。 全労済総合医療・アフラックエバーハーフ・アリコしっかり新入院・アリコ習慣生活病保険。 月々を5000円程度に抑えて、これらを組み合わせ又は単独で加入しようと思いますがおすすめはどれでしょうか? できれば成人病等の保障も欲しかったので、全労済の総合医療保険の三大疾病特約にしようと思ったんですが5日以上じゃないと給付されないんですよね・・・。 保険に詳しい方アドバイスお願いいたします。

  • 医療保険の見直し…迷ってます

    夫と自分の医療保険の見直しについて迷っているので相談させてください。 現在夫32歳、妻31歳。年収500万円で子供1人(0歳)。 加入中の医療保険は、アリコの夫婦型です。 結婚した際に加入しました。 60日型で入院日額1万円(妻8000円)五大疾病入院時は180日まで保障。 手術は1回10万円(妻8000円)。 夫が死亡時は妻の保険料の支払い免除になります。 この保障で月の保険料は6806円の終身払いです。 保険代理店の方には、この保険は保険料が安いし、夫が亡くなった時に妻が保険料を払わなくて良いのは魅力だから解約しない方が良いと言われました。 ただ、三大疾病時の一時金が出ないことと、先進医療の保障がないので、現在加入中のアリコを半分に減額して、残りの半分を別の医療保険の加入してカバーするのも良いのではと提案を受けました。 提案されている保険は、損保ジャパンひまわりの「健康のお守り」です。 40日型で入院保障日額5千円。但し、七大生活習慣病入院時は120日まで保障(特約)。 三大疾病入院一時金50万円。 先進医療特約つきです。 この保障内容で月の保険料は夫4563円、妻4137円になります(60歳払込)。 ※代理店の方が、通常の入院日数は40日で十分だということで40日型です。 アリコを半分に減額したとして合わせて夫婦の医療保険料が11804円になります。 今と比べて5千円ほど保険料がアップするのですが、保障内容がその分手厚くなって、60歳以降の保険料が3403円と安くなります。 でも、掛け捨ての医療保険に月1万円ちょっと払うのって高いんだろうかとも思って迷っています。 ただこの保障内容なら、安い方でしょうか?

  • 医療保険とガン保険について

    医療保険とガン保険どちらもNKSJひまわり生命に加入しました。 30歳女性 医療保険は健康のお守り 終身 入院日額 7000円 女性疾病入院特約 3000円 先進医療特約 特定疾病診断保険料免除特約 以上で月保険料 3408円 ガン保険勇気のお守り 終身 ガン入院給付金日額 10000円 女性特定ガン入院特約日額5000円 ガン診断給付金100倍 ガン外来治療給付金割合100% 以上で3115円です。 なのですが、現在専業主婦のため月々の支払いはできるだけ安くしたいと思っています。 預金も少ないため、実際に入院などとなった場合には保険にお世話になるのは確実なので、今更ながら焦って加入しました。 しかし契約後にこちらのサイトで皆様の意見を拝見して、女性疾病特約や特定疾病の保険料免除の特約などは不要だったかなと思ったりしました。 できれば保険料は5000円以内におさめたいと思うのですが、医療保険とガン保険の2つでそのくらいの保険だとどこかおすすめはありますか? もしくは少し予算オーバーですが、このままひまわり生命に加入していたほうがいいのでしょうか? 教えてください。

  • 医療保険~ガン特約・相談したいです

    48歳女性です。 離婚し高校生中学生の子供と3人暮らしです。 現在、 A社の終身死亡保険につけた特約:入院日額5000円(入院後5日目から保障・80歳で終了)の医療保険 B社のガン保険:診断給付金100万・ガン入院日額10000円・手術給付あり・通院保障あるが日数制限あり・先進医療特約なし の2社の医療保険があります。 最近、知人が乳がんに罹り、治療の様子をきくと、診断確定~手術~抗癌剤治療~放射線治療~ホルモン療法と診断から1年経っても、通院治療は終わらず、特に放射線治療には毎日のように通院し、窓口会計負担が1万以上あると言っていました。 それを聞き、現在の保険では通院制限があるため対応できるのか不安を感じ、見直しをしたいと考え、プランナーの方に相談しました。 A社B社から、C社の医療保険にガン特約を付けるプランに変更する提案いただきました。 ガン特約についての内容はB社のガン保険とほぼ同じで、不安に感じていた通院保障が無制限になり先進医療もつきます。A社のガン以外の入院保障に対して感じていた不安(終身ではない・1日目からではない)も解消されます。 A社B社→C社に変えるメリット ・ガン保険について、通院保障が無制限になる ・先進医療特約がつく(ガン以外にも保障される) ・ガン以外の医療保障について、終身になる ・ガン以外の入院保障について、1日目からになる ・手術給付金が倍になる ・ガンと診断または脳卒中・心筋梗塞で一定の状態になった場合、保険料の支払いが免除され(三大疾病保険料免除)保障はつづく デメリット: ・保険料が増える ・ガンの場合の入院保障が、両社合わせて15,000円から10,000円になる ・ガンの場合の入院保障が、無制限から60日までになる 入院保障の額は10,000円でいいと思いますし、これからは入院治療より通院治療が増えていくと思うのでがんの場合の入院保障も60日でいいと考えています。 悩んでいるのは保険料です。 年払いで、A社 25,370円 B社 42,527円 計 67,897円の支払→C社 117,967円 差額 50,070円 (A社は65歳払い込み・B社C社は終身払い) 保険の安心を増やしたかったしそうできるのはありがたいのですが、年に5万増えるのか・・・老齢化や病気によって減収したとき払って行けるだろうか・・・と思うと額が大きく感じ、悩んでいます。 ポイントになっているのは、三大疾病保険料免除で、それをつけなければ、C社の保険料は92,112円で、25,855円安くなります。 でも、脳卒中や心筋梗塞での高度障害はともかく、2人に一人はガンになる時代と言われているいま、ガンと診断されたあと、保険料が免除になり保障は続くというのは大変魅力に感じています。 私は正社員ではないので治療のために仕事を休めばその分減収になるし、年金も頼りにならないし、なおのことです。 しかし、年間11万以上の保険料~三大疾病保険料免除の部分で25,855円の額は、けして安くなく、どうしたものか、誕生日を目前に悩んでいます。 三大疾病特約をつけるにしても外すにしても、なにか・・・こういう考え方をすれば腑に落ちる・こう考えればおさまりがつく。落としどころのような、アドバイスを教えて下さい。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

    保険の見直しを行っています。 そこで、三大疾病特約を付けるか? また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか? はたまた、特約は付けないか迷っています。 現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、 ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。 三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円 をお支払します。 ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

  • 1入院730日以上の終身医療保険を探しています!

    結婚を期に主人(25歳)の保険の見直しを検討しています。 現在アリコの医療保険730日型+ガン特約に入っていますが、10年更新で将来保険料が高くなるのを考慮して終身タイプへの変更を考えています。 ですがアリコでは高度障害時の保険料払込免除がないので少し心配です。 アリコの他にも長期入院をカバーしてくれる保険はないのでしょうか? 希望としましては ・終身医療保険 ・1入院730日以上の保障 ・ガン特約、3大疾病特約または成人病特約 ・高度障害時の保険料払込免除 ・介護入院での給付あり 全部を満たす保険があるかはわかりませんが、できれば希望に近いものに加入したいです。 お力添えよろしくお願いいたします。

  • 医療保険、がん保険について

    現在生命保険の見直しを行っています。 今入っている生命保険が更新(35歳更新)、また保障の内容も現状に見合わず、30歳と年齢的にも考えなければならないと思い見直しを進めているところです。 (解約の手続きの書類は本日郵送しました。) 死亡保障は独身なので結婚の時に考えてるとして、今は貯蓄に回そうと思ってます。 ☆医療保険 健康のお守り(損保ジャパンひまわり生命) 3,371円 入院60日 日額5,000円 女性疾病入院特約(←該当の疾病で入院の時5,000円の入院費) 先進医療特約 払込60歳まで ☆がん保険 がんベスト・ゴールド(富士生命)  特約はがん初回診断一時金特約のみ 一時金 300万円の場合 3,060円 or 一時金 400万円の場合 3,710円 ガン保険は昨年10月に出来た商品で、自由診療等に使えるように給付金に特化した商品として提案いただきました。 初回ガンと診断されたとき特約と合わせ主契約の給付金100万円も受け取るようになってます。 一時金が300万円なら、初めてガンと診断されたときは400万円を受けとることが出来ます。 一時金が400万なら受け取りは500万円です。 年齢を考えると、医療保険・がん保険はこれで最後にしたいと考えておりました。 この保険で大体はカバーできていると思いますが、保障が手厚すぎるでしょうか? がん保険の一時金のどちらかで迷っていますが、もしかして一時金300万円でももらいすぎでしょうか? 色々なアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 女性疾病入院特約について

    損保ジャパンひまわり生命の 終身医療共済「健康のお守り」 の加入を検討しおり、 医療保険に女性疾病入院特約を付けるか迷っています。 約款の女性疾病入院特約の「対象となる女性特定疾病」のページに「子宮のその他の良性新生物」とあるのですが、子宮頚部の異形成(中、高度異形成)も保障対象になるのでしょうか? 異形成は医療保険では保障対象外なのでしょうか? 医療保険の対象となる手術及び給付金のページには記載がないように思うのですが・・・。(見落としているかも) 医療保険で女性疾病特約にある疾病はカバーしきれないのですか? ご存知の方、教えてください。 宜しくお願いします。