• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険・・・教えて下さい。

結婚して2年になります。 夫31歳・妻32歳。 子供はいません。 夫が会社で、24歳から加入している生命保険があるの ですが、担当の方が1年の間にころころと変わり、 そのたびに新しい保険を勧められるのですが、 毎回説明がバラバラで良く分かりません・・。 (私の勉強不足もありますが・・) 契約日   平成9年 保険種類  特定疾病保障定期特約        定期保険特約つき5年ごと利差配当付・終身保険 払込期間  60歳 月 払   12、927円                ・毎月 団体月払特約付              ・定期保険特約満了後  1、480円 災害死亡  4500万円 非災害死亡 4000万円 死亡(終身) 120万円 特定疾病保障期間中の悪性新生物など 1000万円 特約: 定期保険特約(15年)     2880万円     特定疾病保障定期特約(15年) 1000万円     傷害特約(15年)       500万円 今、加入している保険はこのような感じなのですが、 現在の私達に必要な保険なのでしょうか・・・? もう少し月払いが安いプランにするか(毎月厳しくなってきました・・)、 もしくは、解約して他の保険にしようか、迷っています (担当者がころころ変わるのも不安です・・) アドバイスどうぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数70
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

お子さんがいらっしゃらないのであれば、 少し減額してもいいかもしれませんね。 ただ、同じような保険にいずれ入ろうとした場合は、 契約年齢が上がるので今と同じ金額で入れることはないで す。 まず、ご主人が亡くなった時を前提として考えなくてはいけません。 おそらく病死で四千万円だと思うのですが、今現在それだけの金額が必要か?もちろん住宅ローンなどがある方は必要になってきますね。 もし、死亡時の保障がそんなに必要としないのであれば、 入院に重点を置くというのも一つの手です。 死亡時保障を一千万円程度に下げてみたり。 特定疾病保障定期特約とは、おそらく癌などになった時の保障部分だと思いますが、これを半分に下げてみるのもいいと思います。 担当の方に、「減額をしたいのですが…」といってみてはどうでしょうか? おそらく、反対にあうとは思いますが… 「解約か減額でしか考えていない」などと言ってみると、減額プランを持ってきてくれると思いますよ。 たしかに保険会社は出入りが激しいので担当者が変わるのは良くあることです。あくまでも私見ですが、何処の保険会社でも似たようなものではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 たくさんの方の意見、アドバイスが聞け、 私自身も、もっと勉強し、保険を検討していきたい と思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 生命保険探しています。

    31才の夫の保険を検討しています。 いま未加入なのですがそろそろ入ったほうがいいかなと思い 探しているところです。終身保険がいいとおもっているのですが・・ まったくわかっていないもので困っています。 死亡保険金2000-3000万 入院1日10000円ぐらい あとどのような特約?とかつけたほうがいいのか悩んでいます。 お勧めの保険会社やこれはつけがほうがいいというのがあれば 教えていただきたいと思います。 あと自分自身の保険の見直しも考えています。 今はいっているのは保険会社の方がすすめたものを そのまま入ったものです。 死亡・高度障害 3000万 ガン・心筋梗塞・脳卒中 500万 入院 1日 5000円 あとは障害特約や災害入院 特約疾病特約 通院特約 女性特定疾病入院特約 長期入院特約特定損傷特約 災害割増特約 などついているみたいです。 わたしの保障はもっと少なく変更してもよいかなと思っています。 ぜひご意見お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

少々人生哲学的で過激なアドバイスになりますが、私ならこう考えます。 まず、子どもがいない今なら、生命保険は必要ありません。 主人が亡くなったら、自分自身が生きていくくらいは働けば何とかなるし、別の人との出会いで再婚だって考えられます。 主人が無くなって、保険金が出て、悠悠自適な生活を送ることを考えるほうがおかしいと思います。 それよりも、まだ32歳なんだからできるだけ将来のことを考えて、積極的に貯蓄(投資)すべきです。 ガン保険も要りません。 入院保険等も要りません。 病気になったら、貯蓄したお金で医療費などを払えばいいのです。 もし子どもがいるなら、主人が亡くなったときにいくら公的な保障があるのかを知った上で、足りない部分を民間の保険で補います。(案外自分がなくなったときのほうが主人は大変なので自分の保険も考える必要あり) 掛け金をできるだけ抑えることができる定期保険を必要最低限買って、残りをすべて投資にまわします。 しかも毎月定額の自動引き落としで投資信託(内容を吟味する必要あり)を買うことをお勧めします。 《補足》 生命保険会社は会社のお金と契約者からのお金を一緒にして運用しています。(一部、特別勘定もあり分けてはいますが・・・。) 今の不安定な経済情勢のもとでは、生命保険会社各社がどうなるか全く予想できず、会社がなくなるということも考えなくてはいけません。 会社がなくなってしまうと、保険金が減額されたり、解約返戻金が減額されたりと契約者にしわ寄せは当然きます。 だから、生命保険会社に運用させるのではなく、自分で自己責任で運用を考えたほうが良いのです。 そのためにはできるだけ保障のみ(定期保険)を買うのが良いのです。 将来インフレにでもなれば、終身保険の保険金の額など当てにはなりません。 また、生命保険を売ることが出来る人は必ず資格をもっています。 この資格を持っている人は、他社との比較は出来ません。 「ソルベンシーマージン比率が低い●●生命は危ないから、うちの会社のほうがいいですよ」何てことは口が裂けてもいえません。 一番良いのは資格を持っていない人で生命保険の専門家にお金を払ってでも自分の保険のことを考えてもらうほうがいいのです。 生命保険の営業をしている人は、どうやって自分が売れる商品の中で売るかということを考えている人です。 個人的にはDIY生命やオリックス生命などのインターネット通販で定期保険をお勧めします。 元経験者の本音です。 ソルベンシーマージン比率 http://www.insweb.co.jp/0lifeins/04comparison/01solvency.asp 各社の財務力 http://www.insweb.co.jp/0lifeins/04comparison/kaku_l.asp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 今までは、担当の方にまかせっきりで 自分がどのような保険に加入しているのか さえも把握していなかったのですが、 勉強していきたいと思います。

  • 回答No.3
noname#7959

今日は。 先ずは、お二人で人生設計についてよくお話になる事です。 例えば、マイホームの計画やお子様の計画、ご自身のキャリアアップの計画など色々とです。 その上で保険加入の目的をハッキリさせて、必要な商品を選択すれば良いのだと思います。 今しいて上げれば、医療保険とご自身の平均余命をカバーできる保険を用意すれば良いのではありませんか? その上で、ライフイベント毎に保障の追加や減額をすれば良いと思います。 それが一番むだのない保険に最終的になります。 もっともどうしても保険料が苦しいなら(正直なところ後々に保険が必要になる時に苦労する事になりかねないですが・・・・)、今は共済さんの商品でも良いのではと思います。 ご夫婦そろってまだ、お若いですし、ご夫婦それぞれに万が一の事があっても十分に働く事が可能ですから、葬式代とちょっとした医療保障ということで共済でこの事はカバーできます。 あと担当が良く変わるとの事ですが、恐らく国内生保会社にご契約されているのですね。 それは仕方ない事です。 なぜなら国内生保は戦後50年以上も人の使い捨てによる生保拡販に努めてきたからです。(会社にもよりますが、国内生保の外交員の実に8割近くが1年も持ちません。) よほどのコネがある方か割り切りが出来る人間でもない限り、国内生保の外交員は続きません。 また、担当が変わるたびに新しいプランを提示されるのも仕方ないですし、彼女(彼)達は、それが仕事です。 またプランが違うのは仕方ない事です。 同じ材料を使っても、個人の意見が反映されるので違うプランになるのは当然です。 (ここからはあくまで推測ですが、二点だけ提示されるプランで共通する事があると思います。それは、保険料と付加される特約です。よく似た保険料とよく似た特約が付いていませんか?) ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。主人と今後の人生設計を 色々と話合ってみたいと思います。 アドバイス、ありがとうございました。

  • 回答No.2

FPのlove-earthです。 これからお子さんが生まれるとしても、ご主人に万が一の場合はお子さんが18歳になるまで遺族年金が月10万円以上受け取れます(ご主人の収入で多少変動しますが)。 また、多くの会社では、死亡退職金や弔慰金が一般退職より手厚く支払われます。それから奥様のご実家が経済的に安定している場合はご実家から援助してもらえるでしょうし、ご両親がお子さんの面倒を見てくれるのであれば、ある程度奥様が働いて収入を得られます。その上で足りない生活費とお子様の教育費を生命保険でカバーするということになります。 それらを考えますと、現在の保障は余りあるものではないでしょうか? ちなみに、死亡保障2000万円、入院日額1万円、手術10万~40万円、ガン入院時は日額2万円、ガン手術30万~120万、ガン診断一時金100万円(初期ガンも同額)で月額掛け金7250円という共済もあります。 ご加入の保険に入院保障はついているのでしょうか・・・?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 色々な保険会社を調べ、検討してみようと 思います。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しをしたい

    去年の秋に結婚をしたので現在入っている夫の生命保険は見直し、私は何も加入していなかったので新しく加入したいと考えています。夫を担当している住友生命の外交員に保障と掛け金を今より下げたい相談をしているのですが、もってくる資料は毎回上がったものばかりを持ってくるのです。それが何回か続いたので、 私達はすこしこの外交員に不安を持ち始めました。そうなると今まで入っていた 保険は夫に合ったものとは思えなくなりました。この年齢にしてみると標準な保険料なのでしょうか? 夫:26歳 住友生命 平成10年11/1から 36年間払込   10年更新 5年ごと配当 保険料17822円(会社の団体の為280円割  り引かれています)   主契約:200万円           傷害特約:500万円   定期保険特約:1650万円       傷害損傷特約:5万円       生存給付金付定期保険特約:150万円  新災害入院特約:14000円   特定疾病保障定期保険特約:500万円  新疾病医療特約:7000円   重度慢性疾患保障保険特約:500万円  新成人病医療特約:5000円   災害割増特約:1000万円       通院特約:3000円 妻:26歳   専業主婦   5年の間に子供2人くらいは予定している   はじめはこくみん共済や県民共済を考えていたけど、極力低金額の保険料で   できるのならば終身保険に加入して、貯蓄のつもりで加入して続けていけな   くなったら共済に変更するのも良いかと思っている。

  • 生命保険の更新についてお願いします

    以前も質問したのですが、なかなか理解ができません。もう一度お願いします。第○生命です。 夫54歳です。昭和62年に   終身 300万円   定期特約 3200万円  入院5日から5000円 月額21500円の生命保険に入っています。 更新で月額33000円になるので、以前教えていただいたように保障を 1000万円に減額し、特約の見直しを頼んだら、下取りして次のようなプランをもってきました。   終身 300万円   特定疾病定期特約  100万円   定期保険特約    600万円   介護年金 毎年    50万円 特約には入院1日から、ICUで10万円とか3大疾病とかあります。 月額は 25000円ほどです。    終身医療特約と頼んだのですが、違うようです。 あまり、気が進まないので、今入っているままで、保障の3200万円を1000万円にするだけでは意味がないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 生命保険の変更(見直し)出来ますか?

    第一生命 コーラス H4年契約 30年まで契約継続で16年目です。 終身保険200万円 定期保険1600万円 生存給付金付定期保険特約200万円 生涯特約 500万円 災害入院、疾病特約、女性疾病ともに、5千円日です。 現在年払いで173000円支払っています。 よく見ると、こんなに必要なのか? 特に死亡保障。 というほどの保障がありますし、退職して主婦にはキツイのです。 これを、保障のみ減額できないのでしょうか? 減額すると、不利な点はありますか?

  • 生命保険の減額について、アドバイスお願いします。

    (以前にも相談させて頂いたのですが、再びアドバイスを頂戴したく、よろしくお願いします。) 主人(30代)の保険について、既往症(血栓)により新規加入が難しいため、現保険(LIVEONE)の減額を検討しています。 保険会社へ「できるだけ保証を低く減額したい」と申し出たところ、以下のプランが提示されました。 ■減額プラン■「ニューベスト(更新型定期保険)」 ・主契約(ファンド) ・定期保険特約:700万(7年更新65歳迄自動更新) ・特定疾病保障定期保険特約:300万(10年更新80歳迄) ・障害損傷特約:運動器損傷給付金5万円(60歳更新80歳迄) ・入院初期給付特約:日額8,000円(10年更新80歳迄) ・災害入院特約:日額8,000円(10年更新80歳迄) ・疾病医療特約:日額8,000円(10年更新80歳迄) ・成人病医療特約:日額5,000円(10年更新80歳迄) 現保証からの変更点は、2点です。 ・介護収入保証特約逓減型(300万*20年)→定期保険700万 ・重度慢性疾患保障保険特約(300万)→解約 ※特定疾病保障定期保険特約や入院関係は現在と同じです。 提示された減額プランについて、次の5点で迷っています。 (1)更新時の見直しは、既往症があるため難しいと思われるので、10年更新型ではなく、全期型にする? (2)特定疾病保障定期保険特約(三大疾病特約)は、保険料が割高な上、支払条件は厳しく給付ケースが少ない(と聞く)ので解約し、定期保険を1000万円にする? (3)定期保険が65歳迄になっているので、85歳くらいまでする?(可能なのか聞く必要あり) (4)障害損傷特約は不要と思われるので、解約する? (5)成人病医療特約は解約し、疾病医療や災害入院の日額を増やす?(解約すると長期入院保証がなくなる?) 色々なアドバイス、ご指摘を頂けると助かります。 どうかよろしくお願いします。

  • 現在の生命保険の内容が不安です

    自分は現在32歳で、25歳の時に知人の保険の営業の方の勧めで下記の生命保険に加入しました。 明治安田生命のNewグランドスラムEタイプ(特定疾病保障定期特約、定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・終身保険) 内容は 災害にとる死亡・高度障害 6209万円 死亡・高度障害のとき(災害以外)5209万円 がん・急性心筋梗塞・脳卒中 500万 (入院) 災害(5日目から)日額5000円 病気(同上)   同上 5大成人病(5日以上継続入院)日額5000円 がん(同上) 日額10000円 平成25年に自動更新です。 保険払い満了は45年で、終身部分は160万円です。 保険満了後に死亡した場合、160万円しか下りないのと、若く無知な時に加入した保険なゆえに、現在の保険が妥当かが不安になって来ました。 まだ結婚はしていませんが、将来自分で家庭を持ち、 もし自分が死亡した時に、残った家族が最低限生活出来る保障が欲しいと思っています。 場合によっては、保険の内容を変えたいと思っていますが、あまりにも知識が乏しいので、詳しい方にアドバイスを頂ければ幸いです。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 定期保険特約付終身保険 

    定期保険特約付終身保険に加入しています。 死亡・高度障害/3,000万 内訳 終身 100万 定期保険特約 1,900万 特定疾病保障定期特約 1,000万(がん、脳卒中、急性心筋梗塞) これは死亡保障3000万とありますが、 がん、脳卒中、急性心筋梗塞以外では2000万という事でしょうか? 来週にも保険会社の方と会うのですが、その前に確認したかったのでお聞きしました。宜しくお願いします。

  • 生命保険の内容について、アドバイスをお願いします。

    生命保険の掛け金を安くしたいので、下記の保険内容について、アドバイスをお願いします。 文字の配列が乱れ見難いかと思いますが、宜しくお願いします。 53歳 女 日本生命、ニッセイ終身保険[重点保障プラン] 終身保険(主契約)       230万円       保険料    511円   終身    定期保険特約          500万円       保険料   2665円   更新 3大疾病保障定期保険特約  300万円       保険料   4527円   更新 災害割増特約          500万円       保険料    155円   更新 新障害特約           300万円       保険料    132円   更新 総合医療特約[124日型] 日額  10,000円  保険料    6510円  更新 [入院治療給付金あり型][女性特定疾病倍増型]  新がん入院特約        日額  10,000円  保険料  1239円   更新 災害割増特約と新障害特約は似たようなものなので、障害の程度によって貰うことが出来る新障害特約を残して、災害割増特約は外すつもりです。 あと、新がん入院特約を  日額 5000円にしようかと思うのですが、どうでしょうか? よく、3大疾病保障定期保険特約は、必要の無い特約だと言われていますが、それはどうしたらいいでしょうか? また、自分の公的な保険は、国民健康保険です。 以上、宜しくお願いします。

  • 生命保険を見直したいのですが

    生命保険が我が家にみあったものかどうか、月々の保険料が高めなのもありまして是非見直しをしたいと思います、他県に移転したため契約時の信頼できる(主人の話では)担当者と連絡を取るのも難しものでして。詳しい方からアドバイスを頂けますと大変有り難いです。 現在主人32歳、私(妻)28歳、子一才、数年後にもう一人予定 主人27歳契約、定期付終身保険(特別保障更新型) 38年払込、月々保険料21、000円、死亡保険金額主契約500万、定期保険特約2,100万、他収入保障基本年金180万・特定疾病死亡保険金300万、重度慢性疾患死亡保険金500万・災害死亡保険金500万・傷害災害保険金500万・損傷給付金五万・新災害入院一万・新疾病入院一万・通院3000円・新成人病入院5000円 の特約付き 十年確定個人年金、月々一万、 終身共済、35年払込、基本契約300万、月々6500円、生存給付金特約5%、長寿共済金特約5%、災害特約300万、疾病・災害医療特約5千円 以上です。不明確な部分もあり大変恐縮です。分かり易く アドバイスいただければと思います。宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しをしたいのですが・・・

    平成9年(8年前)に契約した生命保険を見直したいと思っているのですが、契約内容を見てもチンプンカンプンです… 契約内容もどのように書いたらいいのか、分からないのですが、とりあえず書いてみます。 保険種類:定期保険特約付普通終身保険 安心クラブ5年ごと配当タイプ (月¥7,268)  *(1)→平成24年2月迄(80歳迄更新可能)   (2)→同じ(終身変更可能)   (3)→同じ   (4)→同じ(60歳迄更新可能) (1)災害で死亡・高度障害→一時金2000万 年金(10年間)120万 (1)死亡・高度障害→一時金1000万 年金(10年間)120万 (1)災害で一定の障害状態→50~500万 (2)災害・病気で継続入院(5日目から)→日額5000円 (2)所定の手術→5~20万 (2)成人病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (3)女性特定疾病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (2)退院後、所定通院→日額3000円 (4)災害で特定損傷の治療時、1回の特定損傷につき→5万円 リビング・ニーズ特約付加 (1)特定疾病と診断→300万 これで分かりますでしょうか? 22歳時に契約して、現在30歳、女性、未婚です。 今の希望は (1)入院したときの保障を重きを置きたい。ただ個室と、一日目からの保障は必要ないかなぁと思ってます。 (2)死亡時の保障はお葬式代がまかなえる位あれば。 これくらいです。この保険で、希望に合っているのでしょうか??