• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい

夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい 現在住友生命のライズワンニューベストタイプ(本人妻型)に加入しているのですが、我が家にとってこの保険が妥当なのかどうか悩んでいます。 夫37才、妻30才 子供3人(3,6,8才)、会社員で年収400万くらいです。 現在の保険料は、11,701円(39才更新)で内容は以下の通りです。 住友生命・3年ごとの利率変動型積立終身保険(特別保障更新型・有期払) 「LIVE ONE(ライブワン)」 保険料合計11,701円 (うち主契約保険料1,000円) (うち特約保険料10,701円) 契約内容 2.定期保険特約(死亡保険金)→1,900万円 3.特定疾病保障定期保険特約(死亡保険金)→300万円 4.重度慢性疾患保障保険特約(死亡保険金)→300万円 5.災害割増特約(災害死亡保険金)→300万円 6.障害特約(本人妻型)(災害保険金額)→200万円 7.障害損傷特約(一般職種・I型)(運動器損傷給付金額)→50,000円 8.入院治療重点保障特約(本人妻型)(基本給付金額)→5,000円 9.災害入院特約(01)(本人妻型)(災害入院給付日額)→5,000円 10.疾病医療特約(01)(本人妻型)(疾病入院給付日額)→5,000円 11.成人病医療特約(01)II型(成人病入院給付日額)→5,000円 ※(本人妻型)→妻の給付は、本人給付の6割です。 【死亡・高度障害】 死亡・高度障害(一時金)→2500万   【医療】 3大成人病(一時金)→300万円 5つの重度慢性疾患(重度の高血圧症や糖尿病)→300万円 先進医療による治療→なし (入院) 1~4日目→一時金20,000円 5~184日目→ケガや病気→5,000円 5~184日目→所定の成人病(ガン以外)→10,000円 5~184日目→ガン→15,000円 270日目~→所定の成人病→90日ごとに30万円×6回 270日目~→ガン→90日ごとに60万円×6回 (手術) ケガや病気→5万・10万・20万円 所定の成人病(ガン以外)→10万・20万・40万円 上記以外の入院を伴う手術→25,000円 骨折→1回につき5万円 顔のケガ→1回につき50万円 保険料免除→所定の要介護状態Aが180日継続   64歳払込満了となっています。 更新後の保険料は16947円です。 今現在、主人の健康状態が良好なので、見直しするならどのような商品がお奨めなのか、 この保険は我が家にあっているのかどうか、ご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

あなたの質問に直接答えていませんが、自分だけではなかなか分かりにくいので、色々な会社の方に来ていただいて、説明を受けた方がいいと思います。私の場合は、癌の手術を2回してやっと自分の入っている生命保険をしっかりと把握することができました。でも、もう遅い。友人のような20年来の担当者でしたから、信頼して私にお勧めという保険に入っていました。でも、先進医療特約と通院治療特約に入っておらず、死亡保険がかなり高額になっていました。私は独身ですから、死亡保険は必要ありません。介護が必要だから、死亡保険無しは無理だということでしたが・・・。  私はもう新たな特約には入れません。でも、まだ間に合う方にはよく見直をしてもらいたいと思います!! 具体的には、 ・H16年に加入(担当者がいい保険が出たので変更を勧められて、加入し直しました)  その時には、通院治療特約がありました。 ・H19年4月 先進医療特約が販売されました(月額80円アップ)。(郵送で通知・・・・) ・H19年11月 癌サポがつきました(無料)。これは手続きしてありました。 ・H21年乳癌の手術 (非浸潤のため、癌サポ適応なし これもこの時自覚、びっくり!) ・担当者がH19年12月に退職。新しい担当者は年賀状のみで、ここまで3年間何の連絡もなし。コールセンターへ連絡しても、支部任せ、支部に電話しても支部長は「私の部下ではないので分からない・・・」と言うばかりで、たらいまわしです。  会社のHPでは以下のように言っていますが、問い合わせても2か月も担当者から返事もない状況です。大手だから、信頼できる人だからと、人任せにしていた自分の責任ではありますが、それでも担当者も会社も「アフターフォローの充実」と言いながら、真逆のことをしています。 https://cam.sumitomolife.co.jp/csr/report2009/pdf/ss_csr.pdf  の6,7ページを読んでみてください。  アフターフォローをしていただいていたら、前回の乳癌では、放射線治療と2年間のホルモン調整の注射(月1回で1回1.5万円 2年間)は通院特約で保障されていました。(現在は通院特約がない会社が多いですが、私が加入時にはありました。)高額な先進医療(切ったり抗がん治療しなくても治せる体に負担の少ない治療)は、何千万円もかかる場合もあり、今後欠かせない特約です。あなたの場合、先進特約入っていないようですね。 友人でさえも落ちがあり、担当者はあてにならず、却って担当がいるから、本社や支店、支部はやめてしまった担当者のせいにして、相手にしてくれません。入ってしまえば、私たちの方が弱者となってしまうので、アフターフォローを会社のホームページに大々的に掲げていても、関係ありません。とにかく会社や担当の方の得になるようになっているから会社は成り立っているのです。自分で約款などを見ていてもよくわかりませんから、とにかく色々な会社の担当の方に説明を聞いて、比較してみてください。多分、多かれ少なかれ、補償内容は各社違っても、担当のシステムのある会社は、対応は同じだと思います。もちろん、人柄による違いはありますが・・・。  また定額なのか、変動型なのか、10年たったら私の場合は倍近くに上がるものです。それぞれの会社の長短があります。また、途中で色々な特約が付く場合もあります。また、途中で違う方がいいといって誘われる場合もありますが、何がどう違うのか、担当の方がいくら親しくても、本当に信じられるかどうかは分かりません。もしかしたら、担当者も会社からの説明で本当に良いと思っているかもしれませんが・・・(よく理解していない、ということになりますね)とにかく、入ってからも自分で気をつけていてください。今はネットもありますし、人任せにしていなければ大丈夫かと思います。

参考URL:
https://cam.sumitomolife.co.jp/csr/report2009/pdf/ss_csr.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1892/5075)

更新に際しては特定疾病と重度慢性の定期特約を切って(減額600万)、減らした保障はこくみん共済に加入して調整すれば良いと思います。但し予定利率は後更新迄2年近くある為に引き下げられます(生命保険協会公表予定利率が0.5下がった関係から、各社とも引き下げ時期を睨んでいます)。 予定利率が後0.5下がる前提ですと定期保険特約も削る必要も。更新型の弱点としては途中での契約変更は「更新時点迄」の変更であり、再度更新時点で契約を引き直す為に繰り上げ更新が出来ないのです。更新時点で特約を中途付加するのは外務職員は嫌い、極力転換に持って行こうとします(転換しないで特約変更した方が明らかに契約者に有利です)。 こくみん共済はいつでも加入出来ますし、特約解約は更新迄待つ必要もありません。 他の医療系特約はかなり充実しており、保険料アップしても維持が必要(可能なら更新型でなく60<主契約払込期限>歳払済80歳満期に特約を変更出来ないかについて支社に直接問い合わせすべきです)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.6

終身の場合、その保険金は何のためのものなのかが重要だと思います。 例えば子供さんの学費としてお考えなら、 卒業までの学費 公立高校:150万円/人 私立高校:300万円/人 公立大学:500万円/人 私立大学:600万円/人 などと言われますので、お子さん3人が全て公立なら2000万円、全て私立なら3000万円くらいが必要になるでしょう。 これは、全て公立でも1000万円/人という説もありますし、大学が私立理系ならさらに金額は跳ね上がりますので、この辺はご自身で調べて信用できる数字を採用すべきでしょう。 生活費の補助も必要であれば、毎月必要な額×12ヶ月×年数分を上乗せする必要があります。 金銭面からだけ言えば、奥様が現在専業主婦であれば奥様の死亡保障はいらないことになりますので、その分保険料は安くできますね。 死亡保障を学費と割り切るなら、子供さんの年齢と共に減額することも可能です。 さらに言うと、現在賃貸にお住まいなら、あえて住宅ローンを組んで団信に加入し、主たる収入の担い手が亡くなった後の住居費の負担を減らすことができます。 現在は低金利ですので、団信込みで家賃と同程度の額で組めるローンがあれば検討する価値はあるかもしれません。 医療保険に関しては、色々な考え方があるでしょうから割愛します。 以上、独断と偏見に満ちた意見を終わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.5

素人の爺です。 素人ですので、参考程度にしてください。 原則どの保険会社も様々な保険商品を発売しています。 極端なことを言えばどの保険会社も「貯蓄性」から「掛け捨て」までです。 私や私の家族は「漢字生保」から「カタカナ生保」に加入しています。また「自分で考え」その会社で一番有利と思われる終身保険など貯蓄性の高い商品を選んで契約しています。 自分の考えでは「漢字生保」だから、駄目ということはないのです、かってバブル時代に加入した「個人年金」でさえベストは「ある漢字生保」(住友生命ではない)でした。他社を選んでいたら最終的に手にできる年金額は約40%減っていたでしょう。 だからといって、住友生命だから駄目ということではないのです。 私自身も現に住友生命の加入者です(養老保険30年満期、約430万払って満期は700万です)。 ですので信頼できる担当者なら希望に沿った保険(その時点会社で一番希望に沿う商品)を選んでくれます。 問題は保険に対する「自分の考え」を持っているかにつきます。 「必要保証額」や「ライフプラン」「マネーフローのシュミレーション」などは「売り手」の一方的な「武器」であって、ご相談者がコンピュターで打ち出される表を「盲信」して保険を考えること自体、あなたは自身思考能力を欠いた「カモ」状態になっていることになります。 ご相談者の保険はほぼ100%掛け捨ての保険です。 統計的にはほぼ60歳までは「死亡は無視」できる前提で、保険会社は保険を組み立てています。 もちろん事故や急病で死亡する人はいますが、(保険には病人は加入できないので)確率的には0%と考えるべきてしょう。 私から見ればご相談者は60歳まで「宝くじ」を買い続けるイメージです。(確かに宝くじに当たる人もいます) 保険も金融商品ですので、最終的には「自己責任」です。どうしても「自分の割り切り」が必要です。 こう考えると、保険は掛け捨てと割り切って「安い掛け捨て専門の保険会社」に飛びつく方もありますが、爺の考えでは(全く個人的な考えですが)終身保険なども扱っていない保険会社ですと、万が一首都圏に直下型の地震が起きて死亡者が何万人となった時はたして保険金を支払うことが可能かチョット心配です。 保険の見直しには1年位、時間を掛け2、3冊の保険に関する本でもみることも必要です。 *私の考え ご相談者の場合ご主人と7歳の年の差があります。 年金が支給されるのは、間違いなく70歳以降でしょう。 本当に死亡保証が必要なのはご主人が60歳以降でしょう。(若い時は万が一でも奥様が働ける) そうすると必要な保険は「支払いのできる範囲の終身保険を中心に」というのが爺の勝手な提案です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.4

生保FPです。 今はダケは、手厚くて安いのでいい保険です。 ただし、次に入るまでは解約してはいけません。 改善点 (1):死亡・高度障害(生命)について  遺族年金が年間170万ということは、月々で14万円なので、足りない分を収入保障保険に入ります。  月々15万円の収入保障を60歳までだとすると、現在でも4000万円の保障になり、遺族年金と合わせて、奥さんの老後への貯蓄と、教育費も普通ならOK。  (保険料4290円非喫煙者健康体) (2):医療・がん保険   入院、手術、三大疾病等々は、死亡保障とは別に、終身タイプの医療やがん保険を選択します。   大体5000円ぐらい。 (3):奥さんの保険は、個別で入りましょう。   30歳であれば、掛け捨ての医療保険やがん保険も安いです。 4000~5000円   葬儀代や家事育児代をお考えなら、死亡保障として300万円の終身(5000円ぐらい)か、月5万円の収入保障(1000円ぐらい)。 ご主人と奥様合わせて、保障で15000円。 保険料は上がりませんし、更新もない状態です。 あとは、掛捨てはあまり好きではないなら、 終身保険の比率を高くしたり、医療保険は医療の為に貯金をするかですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.3

結論から言いますと即刻解約しましょう。 この保険はアカウント型保険と言われる内容を理解する事が難しい保険です。 保険を理解していない人は絶対に契約してはいけない保険だと思っています。 「三大成人病一時金特約」は三大成人病になったら300万円受け取れると誤解していませんか? ガンでも上皮内新生物は対象外です。 脳卒中、心筋梗塞では所定の状態が60日間継続すると医師が診断した場合だけです。 今から60歳くらいまででそのリスクはどれだけあると考えていますか? この特約、64歳払込満了ですからそこで終了です。 そこから先がこれらのリスクが高くなる年齢です。 察するに担当者が来て契約転換を勧められているのでしょう。 「更新だと保険料が上がるけど、この新しい保険なら保険料もそんなに上がらなくて済みますよ」 よくある話です。 こんな口車に乗って後悔している50代60代の方がどれだけいることか。 早めに保険ショップなど、代理店に相談する事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.2

生命保険専門のFPです。 保険とは、保障です。 ならば、何の為に、どんな保障が必要か、ということを はっきりとさせる必要があります。 つまり、車が欲しい……ではなく、 軽四なのか、SUVなのか、バスなのか、はっきりさせてから、 どれを買うのかを決めるべきなのです。 また、目的に応じて契約するのが原則。 軽四とバスとトラックとブルドーザーを一緒にしたような車を 想像できますか? そんな車を多機能で便利だと思いますか? 保険は目に見えないので、機能が付けば付くほど、 すごく良い保険に見えますが、本当でしょうか? よくよく考えれば、目的別にそろえることが 最も合理的だとわかります。 保険とは、お金です。 となれば、収入、支出、貯蓄、ローン、資産を含めた トータルのマネープランの中で考える必要があります。 人は、価値観でお金を使います。 質問者様は、お子様の教育と家族のレジャーとどちらに お金を優先的に振り分けますか? という、お金の使い方=価値観 が、保険の内容にも影響します。 スニーカーは機能的な履物ですが、 結婚式に履いて行くには相応しいとは言えません。 保険も同じことで、保険だけを見ていれば問題ないのに、 トータルのマネープランとしてみると良くないということが起きます。 つまり、保険だけを取り出して見るのは、良い方法とは言えません。 というのが、原則です。 さて、ライブワンという保険は、貯蓄に保障を乗っけたような保険です。 この保険の生命線は、貯蓄部分の主契約にあります。 パンフレットの金額はいくらになっていますか? 主契約1000円では、この保険の本来の機能は果たしません。 1万円は欲しいところです。 この保険のメインは、死亡保障です。 なので、目的に応じて……という原則に従えば、 医療保障は、別契約とすべきです。 医療保障でも、がんは、がん保険でなければ役に立ちません。 がん患者の半数以上は、通院で治療している患者です。 つまり、通院治療にも対応できるがん保障でなければ、 機能しません。 (がん患者数の入院と通院は、平成20年ごろに逆転) さらに言えば…… 遺族年金が年額170万円なんて、思ってはいけません。 それは「第一子様が18歳になるまで」の話。 第一子様が高校を卒業すると、約162万円に減額されます。 第二子様が高校を卒業すると、約140万円に減額されます。 第三子様が高校を卒業すると、約100万円に減額されます。 第一子様が大学4年。 第二子様は大学1年。 第三子様は高校2年。 このときの遺族年金は140万円です。 第二子様が大学3年。 第三子様が大学1年。 このときの遺族年金は100万円です。 お子様を大学へ進学させるか、させないか ということで、必要な保障が違ってくるのは言うまでもありませんが、 各種学校でも、年間100万円ぐらいはかかると思った方が良いです。 また、運転免許証は必需品だと思いますが、 その取得にも30万円ぐらいかかります。 などなど、考えなければならないことは、山ほどあるのです。 それを生理整頓するのが、マネープランであり、 キャッシュフロー表を作成するのが基本なのです。 「キャッシュフロー表 家計」で検索すればヒットします。 どのようなものか、見てください。 キャッシュフロー表ができたら、シミュレーションします。 夫様の収入を遺族年金にします。 死亡退職金、葬儀代を計上します。 生活費から夫様の分を引きます。 住宅ローンがあり、団信に加入していれば、ゼロにします。 などなどの操作をすると、万一のときのシミュレーションになります。 このときのマイナスが、必要保障額であり、 それを確保する最も確実な方法が、死亡保険なのです。 なので、まずは、キャッシュフロー表を作成することが、 基本中の基本であり、それを手助けするのが、 生命保険担当者の本来の仕事なのです。 質問者様が、キャッシュフロー表を作成するのに、 年金額、教育費などなど、色々と計算する、調べるのは面倒でしょう。 なので、そのような相談ができない担当者ならば、 価値がありません。 ついでに言えば、オーダーメイドでなければ意味がありません。 保険会社が提供するソフトに数字を入れるだけでは、 役に立ちません。 平均は平均であって、「質問者様のご家庭のことではない」のです。 質問者様のご家庭の事情ではない数字を使って設計しても、 それに、何の意味があるのでしょうか? この点をしっかりと押さえておけば、どの会社のどの保険を選んでも、 必要な保障を確保できているはずです。 なので、「保険選びは、担当者選び」なのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.1

お子さんが3人いるご家庭で年収400万円の会社員(厚生年金加入者)の場合、お子さんが18歳になるまで、遺族年金(遺族基礎年金+遺族厚生年金)は年額170万円程度出ます。私なら、医療関係の特約は好きじゃないし、子供のいるご家庭なら掛け捨ての生命保険がベストだと思っていますので、遺族年金で足りない分を掛け捨ての保険(定期保険、保険期間10年)でカバーします。ライフネット生命保険で死亡保険金3000万円(37歳男性、保険期間10年)の場合、月額保険料は5,614円です。 3000万円あれば、年間150万円取り崩しても20年もちます。遺年金の170万円と保険から150万円取り崩しで年間320万円確保できます。定期保険は満期の10年後に保障額を必要な分だけに減額し、保険料の上昇を抑えます。 私ならこれだけにします。医療保険に入りたければ好きなだけ入ればいいかと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについてご意見お願いします。

    45歳、独身女性、会社員世帯主(マンションローン支払い中:団体保険加入)、両親扶養の必要なしという状況です。 担当営業員に勧められるまま、42歳時より、転換制度を利用して、従来の保険から「最低保証利率付き3年ごと利率変動積立終身保険 特別保障更新型 ライブワン」という保険に切り替え加入しています。 「今までの掛け金がもったいないから」の一言で、死亡保障が不要では?とは思いつつも保険に対する無知さも手伝って、安易に契約し今に至っています。 最近、定年後の生活設計をいろいろと考えるうちに、10年単位でほぼ倍額更新されていく保険料の支払いへの不安が、私の中でとてつもなく大きくなってきています。 今、この保険を解約して医療保障が充実している他社の終身タイプの保険(できれば60歳または65歳払込満了)にした場合、担当営業員が言われるようにもったいないことなのでしょうか?また、私のような境遇でも死亡保障はあったほうがよいのでしょうか? 以下に保険内容と私の希望を記載いたしますので、よろしくアドバイスをお願いいたします。 【保険料】 現在、月額保険料1.3万円(主契約1,000円含む)・・・52歳まで 更新後、月額保険料2.2万円(主契約1,000円含む)・・・65歳までの13年間  主契約:65歳払込満了  特約:更新タイプ(次回更新時52歳) 【保険内容】   主契約部分(保険ファンド):積立・終身(65歳払込満了)   特約部分:死亡・高度渉外に関する特約  <一時金による保障>  定期保険特約408万・・・65歳まで自動更新  特定疾病保障定期保険特約300万・・・80歳まで自動更新  重度慢性疾患保障保険特約300万・・・80歳まで自動更新  <災害・疾病に関する保障>・・・傷害特約以外は80歳まで自動更新  傷害特約:200万・・・80歳まで  傷害損傷特約:運動器損傷給付金額5万  顔面損傷給付金額50万  入院治療重点保障特約(本人型):一時金4万  災害入院特約(本人型):災害入院給付日額1万  疾病医療特約(本人型):疾病入院給付日額1万 一時金max40万 *成人病医療特約(本人型):成人病入院給付日額0.5万 一時金max20万 *女性疾病医療特約:女性疾病入院給付日額 0.5万 一時金max20万    *印の日額は加算されるもののようです。 【希望の内容】 (1)上記保険内容のうち死亡保障をはずした終身タイプの医療保障 (2)保険料の払込みは60歳満了となるもので月額1万程度(Max 1.5万) (3)一定期間給付金を受け取らなければキャッシュバックのような制度有    *(3)の条件はあったらいいな程度の希望です。

  • 保険見直しについて

    主人(38歳)の今現在加入している保険についてご相談させてください。 終身保険 100万 定期保険特約 2400万 特定疾病保障定期保険特約 500万 障害保障特約  500万 災害割増特約 1000万 障害特約 500万 災害入院特約 日額 5000円 疾病入院特約 日額 5000円 成人病特約  日額 5000円    それぞれ継続5日以上の入院 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中) 一時金500万 病気・怪我により所定の身体障害状態になった時 一時金500万 今現在、毎月12500円くらい支払いですが、更新の手続きをすると4月に 17000円弱くらいになります。 見直しをしようと思い、アフラックの代理店に相談に行きました。 その結果、下記の物を勧められました。 WAYS 終身保険200万 (保険料払込期間 60歳)    定期特約 1800万 (保険料払込期間 60歳)(保険期間 60歳)                     合計  11966円 EVER 入院給付金 日額 7000円     長期入院・通院特約 5000円                  合計  3943円 がん保険 フォルテ        トータルケアプラン140S    4357円 以上で  合計 20266円です。 ちなみに、代理店の方は、がん保険は余裕がでたら加入すれば・・・とのお話だったのですが、もしがんになってしまったら・・・という不安もあります。 保険支払額がずっと変わらないのは、とても魅力なのですが、 死亡保障金額が下がった事、がん保険の加入はどうするか?・・・を悩んでいます。 子供が2人(小1・小3)いるので、やはり死亡保障は3000万くらいないと厳しいですよね? もう一度、他の保険も検討した方が良いかなと迷っています。

  • 生命保険の見直しをしたいのですが・・・

    平成9年(8年前)に契約した生命保険を見直したいと思っているのですが、契約内容を見てもチンプンカンプンです… 契約内容もどのように書いたらいいのか、分からないのですが、とりあえず書いてみます。 保険種類:定期保険特約付普通終身保険 安心クラブ5年ごと配当タイプ (月¥7,268)  *(1)→平成24年2月迄(80歳迄更新可能)   (2)→同じ(終身変更可能)   (3)→同じ   (4)→同じ(60歳迄更新可能) (1)災害で死亡・高度障害→一時金2000万 年金(10年間)120万 (1)死亡・高度障害→一時金1000万 年金(10年間)120万 (1)災害で一定の障害状態→50~500万 (2)災害・病気で継続入院(5日目から)→日額5000円 (2)所定の手術→5~20万 (2)成人病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (3)女性特定疾病で継続入院(5日目から)→日額3000円 (2)退院後、所定通院→日額3000円 (4)災害で特定損傷の治療時、1回の特定損傷につき→5万円 リビング・ニーズ特約付加 (1)特定疾病と診断→300万 これで分かりますでしょうか? 22歳時に契約して、現在30歳、女性、未婚です。 今の希望は (1)入院したときの保障を重きを置きたい。ただ個室と、一日目からの保障は必要ないかなぁと思ってます。 (2)死亡時の保障はお葬式代がまかなえる位あれば。 これくらいです。この保険で、希望に合っているのでしょうか??

  • 真剣に保険の見直しを考えています

    現在自分は(27)会社員、年収約350万、妻(27)専業主婦、と子供(0)の3人家族です。 子供が産まれたのを機に保険の見直しをしようと思っています。現在加入している保険は次の通りです。 自分 明治生命 生存給付付定期保険(36歳満期)  生存給付部分550万、定期部分650万、特約として傷害特約500万、災害割増が300万、入院は疾病、災害共に日額5000円で満期に132万円が給付されます。 妻  国内生保 生存給付付終身保険(定期部分は34歳更新)  終身部分100万、生存給付部分100万、定期部分1800万、特約は傷害特約500万、入院は疾病、災害共に日額5000円、成人病特約、女性疾病特約も日額5000円でこちらの保険は3年ごとに生存給付金10万円が給付されます。 2人とも結婚する前に各々の両親が契約した保険を継続していますが、自分の保険に終身保障がないのと妻の保障が多きずるのではないかと思っています。本を読んで見直し案を考えてみたのが次の通りです。 自分  終身保険 300~500万     定期保険(全期型) 2000~2500万(60歳まで)     医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額5000円、他に成人病特約日額5000円にするか、今の保険を転換し明治生命のLAに加入する方が良いのか分かりません。 妻   医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額 5000円、他に女性疾病特約日額5000円 子供は保険には加入せず貯蓄で学資資金を貯めていく。 このように考えてみたのですが大丈夫でしょうか?部分的な意見でも結構ですので指摘してください。(特に自分の保険見直しは転換がいいのか、解約して新規加入した方が良いのか迷っています。) どうぞよろしくお願いします。

  • 保険の見直しについて

    当方36歳、独身男性、年収600万円程のサラリーマンです。 現在2年前にかけた住友生命のライブワン(3年ごと利率変動型積立)という保険に加入しています。 お恥ずかしい事ですが、中身も吟味せずに生保の方の言われるがままに契約してしまった商品ですが、最近ふとした事から保険に興味を持ち始め、 改めて契約内容を見てみたら、あまりにも不要と思われる特約が多く、解約も視野に入れた保険の見直しの検討を進めているところです。 月々の掛け金額は14,628円(内積立分が1,000円)。 80歳まで10年毎の更新です。 内容は以下の通り; 主契約(保険ファンド):積立・終身 新介護保障定期保険特約: 基本保険金額 1,400万 特定疾病保障定期保険特約: 死亡保険金額 300万 重度慢性疾患保障保険特約: 死亡保険金額 300万 障害特約: 災害保険金額 500万 障害損傷特約: 運動器損傷給付金額 5万 入院治療重点保障特約: 基本給付金額 1万 災害入院特約: 災害入院給付日額 1万 疾病医療特約: 疾病入院給付日額 1万 成人病医療特約: 成人病入院給付日額 0.5万 今考えているのはとにかく不要な特約を省いて保険をスリム化したいと云う事です。 これがライブワンで可能かどうかは不明ですので保険会社に尋ねる必要ありですが。 希望は医療保険の掛け捨てタイプで、入院給付金10,000円、それにガン保険特約(入院給付金5,000円、一時金100万)をつけ、 死亡保険は2,000万程度(今年結婚予定)、払込期間は65歳までと考えています。 月々の保険料を抑えその分貯蓄にまわせたらなと思っています。 そこで皆様にお尋ねしたいのですが、まず現在加入している保険についてどう思われますか。そして今後の保険は上に記す程度のもので十分とお考えでしょうか。 アドバイス宜しくお願いします。

  • 生命保険の見直しで、とても悩んでいます。

    日本生命で24歳契約、44歳更新で更新時に保険料は、倍額になります。夫現在29歳です。妻(専業主婦)、子ども1人です。子どもは、もう1人欲しいです。見直しについて保障が多すぎる、少ない、これをつけた方が、良いなど教えて下さい。 現在の内容は、 生活保障特約(10年確定年金)年額240万円  定期保険特約400万円  終身保険100万円   新障害特約(本人型)500万円   3大疾病保障定期保険特約300万円   疾病障害保障定期保険特約300万円   リビングニーズ特約最高3,000万円   介護保障特約((2)型)・重点介護年金、所定の要介護状態が続く限り 最高10回 年額120万円以降、保険期間内に発生所定の要介護状態が続く限り生涯にわたり毎年60万円 特定損害特約   5万円   新災害入院特約(本人型)  日額5,000円   新入院医療特約(本人型)  日額5,000円 1泊2日から入院が出るようにしたいといって、提案された内容ですが、3大疾病・病気による身体障害・要介護状態になった時補償内容は、そのままで保険料免除プラン。 変わった所は、要介護状態になると 一時金で600万円、プラスされたところは、成人病で入院、日額5,000円 癌の時、1日目から、日額5,000円 短期入院、ケガ、病気で入院、1日目から、日額5,000円です。保険料は、6000円位あがります。

  • 生命保険の見直しを考えています。

    主人31歳(公務員)妻30歳(専業主婦)現在子供なしですが2人くらいは欲しいと考え中。 <第○生命> 「ライセンスU」27歳で加入15年ごと更新(妻型は60%) 月額 17869円  終身100万円 定期保障1700万 特定疾病保障定期500万 生存給付付定期200万 障害保障500万 定期保険(妻型)300万 傷害特約(本人・妻)100万 災害入院(本人・妻)日額1万円   疾病入院(本人・妻)日額1万円 成人病日額5千円   通院(本人・妻)日額3千円  特定損傷5万円 <ア○○ック> 妻のみ本人型 月額1470円 入院日額1.5万円  通院5千円 死亡時150万円(ガン) 以上が現在の保険です。更新時に倍の保険料になるそうですし、満期時の特約部分一括支払の不安のため、若いうちに低料金で終身医療保険だけでも確保したいという思いと少しでも保険料が低くなればと思っています。 見直したい場所は (1)入院・通院(妻型)特約・ガン保険解約で本人型終身医療保険に加入したい。300万円の定期保険特約(妻型)だけを残して入院・通院だけの解約は可能でしょうか? (2)他の質問の回答も拝見しましたが、生存給付金特約が今年の7月に5年目満期を迎えるので、給付金をもらった後解約したい。解約後200万円の保険金減額になるがそこをどうするか? (3)主人の入院特約日額1万円のところ5千円に減額して、別の日額5千円の終身医療保険に入る。このような入院特約の減額は可能なのでしょうか?それとも無駄な努力なのでしょうか? 慎重に解約していこうと思っているので(1)は終身医療保険加入後免責期間終了後早急に(2)(3)はその後にしようと思っています。特約の解約は何回にわたってでもできるのでしょうか?長い質問で申し訳ありません。保険素人なもので質問や見直しのポイントがずれているかもしれませんがどうかアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

  • 至急 保険屋さんが見直しで来られます。

    至急 保険さんが来られます。見直しだそうです。 困っています。 保険名称 最低保障利率付き3年ごと利率変動積立終身保険 特別保証更新型 ライブワン 保険ファンド01 6393円/月 払っています。 収支保証年金 150万円×15回 保障は65歳までとなります。 死亡・高度障害 400万円(80歳まで) 現在積立金及び死亡保障 12040円 災害で死亡のとき 1万3244円 65歳契約払い込み満了 ・・ 給付内容 所定の要介護状態が30日継続 早期ケア給付 15万円 65歳まで 自動更新 〃 180にち 介護年金 150万円×15回 〃 所定の特定疾病に該当された 200万円 80歳まで 自動更新 〃重度慢性疾患に該当された 〃 〃 災害・病気の入院 継続5日以上5日目から 一時金 2万円 〃 災害で入院 〃 日額 5千円 〃 病気で入院 〃 〃 〃 上記に加え 女性疾病で本人入院 〃 〃 恐らくこの分の商品についてなのですが、言われるがままに入ってしまい。どんなものかと思っております。 至急アドバイスをお願いします .

  • 夫(37才)の保険の見直しでご意見をお聞かせ下さい

    現在ニッセイの生きるチカラに加入しているのですが、我が家にとってこの保険が妥当なのかどうか悩んでいます。 主人37才、妻36才 子供3人(3,6,8才)、会社員で年収750万くらいです。 現在の保険料は、17140円(44才更新)で内容は以下の通りです。 死亡・高度障害(生活資金) 10年間毎年180万円 死亡・高度障害(一時金) 1340万   3大疾病(一時金) 500万円 3大疾病の再発(最高5回) 一回につき200万円   病気による身体障害(一時金)200万円 成人病で入院 日額5000円   けがで入院  日額5000円 病気で入院  日額5000円  がん入院(終身)日額5000円  64歳払込満了となっています。 更新後の保険料は32143円です。 今現在、主人の健康状態が良好なので、見直しするならどのような商品がお奨めなのか、この保険は我が家にあっているのかどうか、ご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。