• 締切済み
  • 暇なときにでも

人間は知っていることより知らないことのほうが多い

公理として、 (1)人間の知っていることは有限である(自明) (2)人間の知らないことは無限である(公準として仮定する) としたときに、推論として 「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」 という命題がこの公理系のなかで定理として証明される と考えたのですが、暇人の戯言と笑わないでください。 この命題から色々考えさせられることが多いと思います。 例えば、人類としても個人レベルにしても謙虚であれなどと、、、。 どう思いますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.13
noname#171481
noname#171481

ANo.10 です。お礼を頂いていたのに気づきませんでした。ごめんなさい。 ところで、キーワードとして、「階層」と「時間」を挙げておられませんでしたので、あるいは平面的な世界での、お考えなのかな?と、察します。 そうなりますと、私の回答では、これ以上はお役に立てないものと存じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12

書き漏れたことがあったので、追加コメントします。   1) 「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」の「人間」を、特定個人あるいは抽象概念としての個人ではなくて、集合体として考えた場合、   Aさんが知らないこと、Bさんが知らないこと、Cさんが知らないことは、重なるとは限りません。 書店や図書館に行く、ニュース報道や授業、講演会、研究会などで、個人Dさんが始めて知ったとしても、他のどなたかは知っていたことです。 そうすると、個人が今まで知らずにいて、初めて知ったと思うことでも、集合体としての人間はすでに知っていたことになります。集合体としての人間がこれまで決して知らなかったことが、どの程度存在するのか不明だとしても、個人としての人間が「知らなかった」ことの大部分あるいはほとんどの部分は、集合体の人間は知っていたことでしょう。 集合体の人間にとって「知っていることより知らないことのほうが多い」という命題に〝現実感”があるかは、疑問です。 その方面から推定しても、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」の証明は難しいでしょう。   2) 「知っている」とは何か。70歳の人間は、3歳、15歳、30歳、45歳を経験しています。この70歳の個人の「知っている」は、忘れてしまったことを含むのでしょうか。 「知る」のは教わる、学習するなどの外部からのインプットによるのでしょうか。真の認識とは「想起(アナムネーシス)」にほかならないという論議もあるかもしれません。新しく知るのではなくて、もともと知っていることを思い出したことを「知る」、思い出せることを「知っている」と表現するのかも知れません。 そうすると、新事実発見というようなことでさえも、トリガーとして発見の行為はあったけれど、それを新事実発見と認知できたということが、思い出したことでしかないかも知れません。 では、思い出しうるものは無限と言えるものでしょうか、有限でしょうか。 この方面から推定しても、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」の証明は難しいでしょう。   3) 「知らない」とはなにか。 「知っている」の件数や量を測定、カウントするのも難しいです。「知っている」に関しては、そのカウントや量表示の方法を決めることも可能だと思いますが、「知らないこと」の件数や量を測定、カウントする方法は決めることもできないでしょう。 知らないという意味にもよるでしょうが、具体的に内容を規定できないと(知っていると区別して)1件、2件、3件とカウントできないでしょう。 明確にタイトなカウントはできないようなものでも、少なくとも100件以上、1万件以上、10万件以下のような範囲推定でもできれば、他のこととの多少の論議は可能でしょうが、範囲推定もできない状態だと、他のこととの多少の論議は不可能でしょう。 この方面から推定しても、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」の証明は難しいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」を証明したい。   証明方法案A  (1)人間の知っていることは有限である(自明) (2)人間の知らないことは無限である(公準として仮定する) としたときに、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」が証明できる。 しかし、 (2)'人間の知らないことは有限である としたときには、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」が証明できない。   証明方法案Aではないものがあるでしょうか。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「Aであることより、Bであることの方が多い」を証明するには、AとBが両立できないことの場合、(A、Bの双方のケースの数)あるいは(A、(A+B)のケースの数)、(B、(A+B)のケースの数)がわかる必要があります。 (無限も数の一つとして。ただしAかBのどちらかは有限であることが、証明の必要条件です)   証明方法案Aは、(A、Bのケースの数)で証明しようとしています。 しかし、【(1)人間の知っていることは有限である(自明)】とは言えません。知らないことがあるということを立証できても、知っていることは有限であると証明したことになりません。 【(2)人間の知らないこと】も、無限か有限かは立証できません。 A,Bともに、無限の可能性を残したままです。 従って証明方法案Aでは、「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」を証明することはできません。   もともと「あなたwadarikaさんが知っていること」を数でカウントするのも、量で特定するのも難しいです。 自然数と整数の個数?を比較しようとしているのと似ていませんか。 さらに言えば、「人間が知っていること」が何を指しているかが不明確です。 誰が人間ですか、特定個人のことでなく、抽象概念の人間を指しているのであれば、「人間が知っていること」も抽象概念であって、数量的にカウント、計測できるものではないでしょう。 同じように「人間が知らないこと」も抽象概念であって、数量的にカウント、計測できるものではないと思います。 個人的経験でも、何かを知っても知っても、まだ知らないことがある感覚があるのは確かです。 たぶん、他の人も同様でしょう。エンドレスの感覚があるから、知らないことは無限と思えるのだと思います。 しかし、知っていること、あるいは今は忘れてしまったり、思い出せないでいることも、尽きずにあります。 感覚的には有限そうな気がしますが、有限でしょうか。1cmの長さを細かく分けるのも有限そうな気がしますが、無限です。個人の知っていることも、有限とは言い切れないです。では、どう無限であることを証明できるでしょうか。できないかもしれませんが、有限と証明できないなら、無限と言わざるを得ないでしょう。まして、特定個人ではなく、「人間」という抽象概念の知っていることは、無限と言わざるを得ません。   「人間は知っていることより知らないことの方が多い」を証明することはできないし、証明する必要性も私にはわかりません。 ただ「知らないことの方が多い」という感覚は大事ではないかという気持ちはします。もっと正確に言えば、「知らないことがたくさんある」という感覚とか、思いが大事なのではないかと思います。これまでに知ったことよりも多いかどうかなどは関係がないと、私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
noname#171481
noname#171481

おおむね、よろしいかと思います。 (1)人間の知っていることは有限である(自明) (2)認識できないことは、その際限を知り得ない(公準) よって、人間の認識できることは、その因果関係を測ることができない。 すなわち、人間は何も知り得ない。ここに因果律は揺らぐ。 【推論として】 「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」 【という命題がこの公理系のなかで定理として証明される】 大意では、よろしいと思います。しかしもし許されるなら、 「人間は知っていることより知らないことのほうが大きい」 と訂正されるほうがよろしかろう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 私が考えたことは、 『人間は知っていることより知らないことのほうが多い』という命題が論理的に証明できるかどうか、ということです。 この命題自身を『自明である』とした公理系を考えるなら、証明は必要ありません。 しかし、なんとなく気になったので、色々考えてしまいました。 そこで、 > 公理として、 > (1)人間の知っていることは有限である(自明) > (2)人間の知らないことは無限である(公準として仮定する) > としたときに、推論として >「人間は知っていることより知らないことのほうが多い」 > という命題がこの公理系のなかで定理として証明される と考えました。 ここで、公理(2)は公準ですから、あくまで仮定です。ですから公理(2)を否定することも可能です。 公理(2)を否定して、人間の知らないことは有限である、とすれば、別の公理系が出来ます。 公理系はそこから生み出される定理に無矛盾性を要求されますが、上記の二つの考え方には、何か不都合があるのでしょうか。

  • 回答No.9

人間にとって知らねばならないことは、知らなくても良い事よりもよっぽど少ないとも言えます。 だから、必要充分に知っているか否かが重要なんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 なるほど、 > だから、必要充分に知っているか否かが重要なんです。 というのは、すばらしいご返答です。  実際、個人として生きてゆく上で大事な指針となります。 ただ、『必要十分』の定義が難しいですね。 (1) 人間の知識は必要十分に達していない。 (2) 人間の知識が必要十分であるかは、判断できない。 などなど、考えても公理には成り得ないように思います。

  • 回答No.8
noname#181697
noname#181697

人間の知っている事は有限では無いし、知らない事は無限でも無い。何故なら、人間は何も知る事が出来ないから。知ったと思ったら大間違いだし、知らない振りはカッコつけ。全てを知ろうとした末に、何も知る事が出来ないこの身に気づかされる。 海水が蒸発して、天に上って雲になって、雨粒として大地に降り注ぎ、川となってまた海に還る。川で生まれて海に出て、また一生懸命に川を登って、力尽きて川を下る。生まれた所も行き着く先も、いつだって元の木阿弥。それでオーライ、万事オーライ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 ただ、申し訳ありませんが、おっしゃっていることがよくわかりません。 >人間は何も知る事が出来ない。 これは意味深い言葉のようにも思えますが、私には理解できません。 申し訳ありません。

  • 回答No.7
noname#156094
noname#156094

理屈としては自明の理なのですが 主観的な見方の幾つかを上げてみます。 自分にとって知る価値のあることだけを知っていればよい、といった この世界に先立つ自己の能動性の優位に満足している場合 知る必要のないことが多いという、世界に対する自己の整理感覚 名付けて無知なる優位性 一点の如きものにすべての要素が含まれているという直観的な認識 自己に代わって直観がすべてを知りうるという了解 名付けて無責任なる了解 前者は自我肯定の認識感覚、後者は自我否定の認識感覚 >人類としても個人レベルにしても謙虚であれなどと・・・ 謙虚という状態をもたらすのは後者の体験でしょうか 無責任なる了解という、無知の知によって自我の狭量さを思い知らされる体験です。 知る必要はないという傲慢さと、知らないことがあるという謙虚さでは、天と地ほどの開きがあるかもしれません。 知るという事の裏側に、人間的な心理が常に幾つも働いているのではないでしょうか。 普段は自我優位の働きが、時には崩壊してしまう場合もあると思います。 何度も崩壊しては再生してきた自我の成長は肥大ではないと、期待してもいいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 ただ、申し訳ありませんが、内容についてはまったく理解できません。 お許し下さい。

  • 回答No.6
noname#194996
noname#194996

知らないことをどう定義するかですが、 知らないことは認識できませんから、カウントもできないと私は思います。 よって、 知らないことが知っていることより多いとはいえないと思います。 基本的に、世界は有限ですから、その構成要素も有限です。 よって >(2)人間の知らないことは無限である とはいえないと思います。 >人類としても個人レベルにしても謙虚であれなどと いずれにせよ 人間の現状での限定的な知的レベルから見て、これは当然のことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

1.量子論的に、無限分割は成り立たず、どのように多くとも   無限ではあり得ない。 2.しかしながら、脳は宇宙の部分である以上、ニューロネット   とシナプスのつくる回路は、全宇宙の量子(ビット)の数を   超え得ない=完全に宇宙を把握する事は不可能。 3.認識が原理的に遡って確定(→量子ビット数)せず、階層   現象表面的に経験によって“いい加減”に捉える事により、   絶対化によって無限不確定化する不確定性原理の相補的   不確定性の、有限的存在化を可能にしている。 4.「知っている事より知らない事の方が多い」というよりも、   知らない事(=非確定)が知っている事(=存在)であり、真に   「知る」事とは、知っているものを無(=無限不確定)に還元   するプロセスなのだ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • k_mutou
  • ベストアンサー率12% (101/783)

“知っていることより、知らないことの方が多い”とは『人間は【自分に都合の良い事だけ知って】【自分に都合の悪い事は知らない】フリをする』から“知っていることより、知らないことの方が多い”となるのでは? 『自分にとって都合の悪い事』も現実として理解し受け止めれば[無限に近いぐらい]知識として受け入れられると思います。 または、[視野の拡がり]になるのかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 同位角相等

    色々なところで議論されてきたようですが、難しい議論もあって良く分かっていないので、深い見識のある方に伺いたく、質問させていただきました。 疑問は、同位角相等は定理か公理か、とユークリッドの第5公準は公理なのか?の2種類です。 (1)まず、ユークリッドの第5公理(公準)は 「1 直線が 2 直線に交わり、同じ側の内角の和を 2 直角より小さくするならば、この 2 直線は限りなく延長されると、2 直角より小さい角のある側において交わる。」 となっています。 同位角相等は公理であって証明できないという意見は、どのように証明しようとしても、例えば背理法を用いて、同位角が等しくないとしたら、その補角である内角の和は2直角より小さくなる(2直角に等しくなくなるので、第5公理により2直線は交わってしまい、平行にならない、だから同位角は等しいと述べたとしても、それは第5公理と同値、トートロジーなので証明にならない。故に証明できない公理であるというように説明すると理解しています。 しかし、この説明が公準と同値、トートロジーであるというところが良くわかりません。なぜそう言えるのかお教え頂ければ幸甚です。 (2)また第5公理が公理であるというのも直観的にとても受け入れにくいものです。他のユークリッド公理に比して明らかに自明性が低く、冗長で、定理じゃないの?と直観的に思ってしまいます。 これは大数学者たちが何度も挑んで、結局非ユークリッド幾何学(公理系)を産むことになった訳ですが、そこまで行くと浅学の身には全く手に余る話で、そういうことを言いたいのではなく、もっと直観的になぜ「平行性は交わらない」が公理でないのかというのが私の疑問です。これを公理とすれば、同位角相等は証明できる定理になると思っています。 どうして、といっても実際そうじゃないので、詮無いことかもしれませんが、こういう疑問を持った方はおられないでしょうか...。おられるとすれば、どう納得されました?   

  • ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について

    ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について ゲーデルの不完全性定理の対象となる数学は『公理系Nが無矛盾である』が前提です。ユークリッド幾何学は 一階述語論理で表されることが出来る自然数の部分集合であって、ゲーデルの不完全性定理の対象である 公理Nの無矛盾である 論理の対象になってないとなり それ以上のユークリッド幾何学の論理的理解が進みません。そこでゲーデル理解を拡張して『公理系Nが無矛盾ではない』として不完全性定理を理解すると(須田隆良氏、中西章氏など) (1)ゲーデルの第一不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが 公理系Nにおいて、「公理系Nにおいて命題は証明可能である。」という命題も、「公理系Nにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である (2)第2不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが その無矛盾性を証明できない となります。これらはゲーデル不完全性対象から外れておりますが、対象外のユークリッド幾何学を理解するには都合がよい と思うのです。 (2)によりユークリッド幾何学の公理の無矛盾性は証明できない。 (1)によりユークリッド幾何学の未定義領域(非ユークリッド幾何学、虚数、無限遠点とか)は 公理系Nにふくまれ 多くの証明できない命題があることになります。もちろん 公理定義内では完全性理論は保証されています。 なぜ このようなユークリッド幾何学に こだわる かと申しますと 世の中の 論理(数学、哲学、論理を用いた論文 など)は ユークリッド幾何学的なものが 圧倒的に多いと思うのです。これら論文は ほとんどは一階述語理論で表され かつ ゲーデル不完全性定理 対象論理ではないのです。それら論文の特に(2)に関わる自己証明は出来ない ということは重要であると思うのです。もちろん 自己証明が出来ないと言って間違いとはなりません が 常に 冷静に謙虚に 主張理論の原点を見直すことに 繋がっていると思うのです。勿論、論理構成が出来ていないシロモノは 論外であります。    以上のように理解しているのですが、ユークリッド幾何学にまつわるゲーデル不完全性定理の場外理解は問題ないでしょうか。諸先生のコメント頂けましたら幸甚です。

  • 命題計算の或る形式的体系に関して

    こんばんは。いま私は、松本和夫著「数理論理学」(共立出版)を勉強しているのですが、その中で理解出来ない部分があったので、質問させてください。 この本の中で、以下の様な諸公理と推論規則MPを定めて、そこで証明可能な論理式が全てトートロジーとなるような無矛盾な命題計算の体系Hpを作るところがあります。 A、B、Cを論理式、⇒を含意として          公理1 A⇒(B⇒A)     公理2 (A⇒(B⇒C))⇒((A⇒B)⇒(A⇒C))                                                                            公理3 (¬B⇒¬A)⇒((¬B⇒A)⇒B)                                                                                                 推論規則MP A、A⇒B |-B これ等の公理と推論規則から導かれる形式的体系Hpでは演繹定理も成り立ちます。                                                                        さて本題の質問です。本書では、無矛盾な体系Hpに於いて証明可能な論理式の一つとして次のものが挙げられています。                                            定理 ¬A⇒(A⇒B)                                                                                             証明  (1)¬A 仮定 (2)A 仮定 (3)A⇒(¬B⇒A)公理1 (4) ¬A⇒(¬B⇒¬A)公理1   (5)¬B⇒A (2)と(3)にMP (6)¬B⇒¬A (1)と(4)にMP (7)(¬B⇒¬A)⇒((¬B⇒A)                                                  ⇒B)公理3  (8)(¬B⇒A)⇒B (6)(7)にMP (9)B (5)と(8)にMP                                                                                            故に ¬A、A|-B  これに演繹定理を2回用いて上の定理を得る。 qed                                                                     私が納得出来ないのはこの証明なのですが、最初に¬AとAが同時に成り立つと仮定していますよね。ですがHpは無矛盾なのだから、Hpにおいて¬AとAとが共に成立することなどあり得ない筈です。よってこの証明は無意味だと思うのですが、どうでしょうか?  随分ごたごたした記述で申し訳ありませんが、何卒ご回答お願いします。

  • 数学でいう「証明」と論理学でいう「証明」は異なるものでしょうか?

    数学で使われる「証明」という言葉と論理学で使われる「証明」という言葉は意味が異なるものであると思うのですが,間違いでしょうか? 公理系で挙げられる代表的な恒真式と推論規則に基づいて,別の恒真式を導くことが論理学でいう「証明」ですよね? そして論理学的な「証明」によって得られるものは恒真式(定理)だと思います.恒真式とは情報の価値としてはゼロ(自明)です. これに対して,数学で「証明」されるものは恒真式ではないですよね?数学における「証明」とは論理学における「演繹」に相当すると思うのですが,この考えも間違いでしょうか? ご教授お願いします.

  • 数学でいう「証明」と論理学でいう「証明」は異なるもの?

    数学で使われる「証明」という言葉と論理学で使われる「証明」という言葉は意味が異なるものであると思うのですが,間違いでしょうか? 公理系で挙げられる代表的な恒真式と推論規則に基づいて,別の恒真式を導くことが論理学でいう「証明」ですよね? そして論理学的な「証明」によって得られるものは恒真式(定理)だと思います.恒真式とは情報の価値としてはゼロ(自明)です. これに対して,数学で「証明」されるものは恒真式ではないですよね?数学における「証明」とは論理学における「演繹」に相当すると思うのですが,この考えも間違いでしょうか? ご教授お願いします.

  • 命題論理の定理の証明

    論理学の有名な定理? A→C,B→C,ならばAvB→C というのがありますが http://en.wikipedia.org/wiki/Disjunction_elimination AvB=(¬A)→B それは 命題論理の公理系 1) φ → (χ → φ) 2) (φ → (χ → ψ)) → ((φ → χ) → (φ → ψ)) 3) (¬ψ → ¬φ)→(φ → ψ) あとモーダスポネンスを使って証明出来るんでしょうか? よろしくお願いします

  • 私が知りたいのは ゲーデルの不完全性定理の幾何学での理解です。

    私が知りたいのは ゲーデルの不完全性定理の幾何学での理解です。 (1)第2不完全性定理では 次の表現があり『公理系Nにおいて、その無矛盾性を証明することは不可能である』、そのなかで問題として『 真であるが証明不可能な主張とは何か。』に対して 答え『公理』とあり 自己言及を表現していることは 理解し易いのです。幾何学では5公理です。この理解はたぶん正しいと思います。 ところが (2)私がよく分らないのは 第1不完全性定理です。『形式的体系Sにおいて、形式的体系Sが無矛盾である限り、「形式的体系Sにおいて命題は証明可能である。」という命題も「形式的体系Sにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である。』 と表される(別表現もありますが)とあります。 ここで現れる命題は抽象的言語であってよく分らないのです。例えばユークリッド幾何学においてはこの具体例は何でしょうか。私の理解は 「例えば無限遠点において平行線は交わるは証明可能である」はその例のようにおむのですが。つまり 例題には ユークリッド幾何学では未定義の無限遠点が現れており 証明はできない のです。いくら公理を増やして定義を明白にしても 未定義の領域はある ということです。 もう一つの例ですが 無限遠点は扱わないという6番目の公理を追加したとしても 例えば 「X・X=-1 は根がない は証明可能である」も証明できない と思うのです。なぜなら複素数は未定義だからです。つまり 『公理で定義されても未定義域は必ずある』が第一不完全性定理の一つの別表現ではないか と思うのです。この理解が間違っているのかどうか どなたかにお教えて頂きたかったのですが 

  • ゲーデルの不完全性定理について

    ゲーデルの不完全性定理について ネットサーフィンをしていたときに、たまたま、ゲーデルの項目を見つけました。 当方、数学は素人なのですが、 ゲーデルの不完全性定理(ある公理系の中には、真偽を明確にできない命題が存在する) を僕たちが生きるこの世界、この宇宙にあてはめて考えると、 この世の中には、論理的には正しいとも間違っているとも証明できないことがらがあるということなのでしょうか。

  • 不完全性定理 ユークリッド幾何学 公理

    専門家の方にお聞きしたいのですが、不完全性定理でいう「自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、ω無矛盾であれば、証明も反証もできない命題が存在する。」において、 ユークリッド幾何学における証明も反証もできない命題=ユークリッド幾何学の5つの公理 ということでよろしいでしょうか?? また、ユークリッド幾何学の5つの公理以外には、ユークリッド幾何学において証明も反証もできない命題は存在しないと考えていましたが、正しいでしょうか?

  • 数学の無矛盾性とはどんなものですか?

    そりゃ、公理系が矛盾を一つも証明しないことに決まっていますけど、いったいどんな感じになったら「数学の無矛盾性を証明した」になるんですか、教えてください! やっぱりゲーデル命題を使って論証するんでしょうか?