• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

私が知りたいのは ゲーデルの不完全性定理の幾何学での理解です。

私が知りたいのは ゲーデルの不完全性定理の幾何学での理解です。 (1)第2不完全性定理では 次の表現があり『公理系Nにおいて、その無矛盾性を証明することは不可能である』、そのなかで問題として『 真であるが証明不可能な主張とは何か。』に対して 答え『公理』とあり 自己言及を表現していることは 理解し易いのです。幾何学では5公理です。この理解はたぶん正しいと思います。 ところが (2)私がよく分らないのは 第1不完全性定理です。『形式的体系Sにおいて、形式的体系Sが無矛盾である限り、「形式的体系Sにおいて命題は証明可能である。」という命題も「形式的体系Sにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である。』 と表される(別表現もありますが)とあります。 ここで現れる命題は抽象的言語であってよく分らないのです。例えばユークリッド幾何学においてはこの具体例は何でしょうか。私の理解は 「例えば無限遠点において平行線は交わるは証明可能である」はその例のようにおむのですが。つまり 例題には ユークリッド幾何学では未定義の無限遠点が現れており 証明はできない のです。いくら公理を増やして定義を明白にしても 未定義の領域はある ということです。 もう一つの例ですが 無限遠点は扱わないという6番目の公理を追加したとしても 例えば 「X・X=-1 は根がない は証明可能である」も証明できない と思うのです。なぜなら複素数は未定義だからです。つまり 『公理で定義されても未定義域は必ずある』が第一不完全性定理の一つの別表現ではないか と思うのです。この理解が間違っているのかどうか どなたかにお教えて頂きたかったのですが 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#115620
noname#115620

大雑把に。 不完全性定理の証明の概要を御覧になったことはありますでしょうか。不完全性定理では、全ての命題をまず形式言語で書き、それをゲーデル数に変換して、という手順を踏みます。 形式言語は、対象の公理系に合わせて微妙に異なる物が使われます。というのは、例えばユークリッド幾何学で「自然数」という単語は使えませんし、「∫」という記号も使えません。 そして、その形式言語は、「必要充分な表現能力を持つ」ものを使います。つまり、「扱う必要のある命題」は全て形式言語で表現可能で、かつ「扱う必要のない命題」は表現不可能なようになっています。後者の例として、「伊藤博文は日本国の初代総理大臣である」は一般的な意味で命題ではありますが、ユークリッド幾何学で扱う類の命題ではありませんね。そしてこれは(ユークリッド幾何学の)形式言語では表現不可能なのです。「伊藤博文」だとか「総理大臣」なんて言葉はユークリッド幾何学の言葉で表現不可能だからです。 ところで、この形式言語はあくまで「必要最低限」の表現力しか持ちません。単語として「点」や「直線」などの、基本的な単語しか使えないということです。例えば、おそらく「三角形」という単語は含まれないでしょう。その代わり、「相異なる3つの線分で、それぞれが1端点を共有するもの」(これ適当なので多分全然不十分ですが)などと言い換えた上で形式言語に翻訳した物を代わりに使うことができます。 つまり、基本的な範囲を逸脱した言葉でも、定義さえあれば命題中に組み込めるということです。逆に、定義がない単語は使えません。「無限遠」は定義がないので駄目です。(もちろん、適切に(ユークリッド幾何学の枠組みに収まるような)定義を与えることができさえすれば扱えます)。 以上は、命題中に未定義語が出てくる場合の話でした。 次に、「X・X=-1は根がない」についてですが。ええと、とりあえず実数論で話してみますね。これは、「Xが実数」なら真ですし「Xが複素数」なら偽ですね。つまり、「複素数が未定義」という問題よりも、議論領域として何を考えているか、という問題です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B0%E8%AB%96%E9%A0%98%E5%9F%9F 以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Mor-Eveさん、ご回答ありがとうございました。 ゲーデルの第1不完全性定理の幾何学の一つの命題として無限遠点が了解されるかどうかは 無限遠点が公理で表されている言葉で表されるかどうか ということすね。よく分りました。考えてみますが もし 無限遠点でなくてもいいのですが 適当な命題がありましたら お教え頂けたらとおもいます。 また 複素数も 公理で表されている言葉で表されるかどうか(表されない と思いますが)であって 表されないなら 幾何学の対象外ということと理解します。 ありがとうございました。

質問者からの補足

無限遠点が公理の定義を用いて表されるかどうかですが 「公理2に限りなく線分を伸ばす」という内容があります。つまり 無限遠点は「公理2の限りなく線分を伸ばした点」と理解され 公理の定義を用いることで表されるとおもうのです。間違っているでしょうか。参考までに5公理を挙げておきます。 <ユークリッド 幾何学の公理> (公理1)与えられた2点に対して、それらを結ぶ線分をちょうど1つ引くことができる。 (公理2)与えられた線分は、どちらの側にも限りなく伸ばすことができる。 (公理3)平面上に2点が与えられたとき、一方を中心とし、他方を通る円をちょうど1つ書くことができる。 (公理4)直角はすべて相等しい。 (公理5(平行線公理))直線外の1点を通り、その直線に平行な直線は1本に限る。 間違っているでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

> 公理で定義されても という表現をなさるところを見ると、(ゲーデルの定理を論じる前の段階の話ですが)もしかして、定義と公理の関係について、あるいは「未定義」と「無定義」を混同なさってるのでは?とも思う。だとすると、まずはこちら http://oshiete1.goo.ne.jp/qa43691.html のANo.7の「無定義用語」の概念がご参考になるのではないかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

stomachmanさん ご回答ありがとうございます。 定義と公理の関係、あるいは「未定義」と「無定義」を混同しており そのためにゲーデルの第2不完全性定理(第2定理)の理解ができていないのではないか というご指摘と思います。公理については 数学を含め論理体系の原理原則を記述したものであり その記述を定義と理解しています。 また 「未定義」と「無定義」の意味の差は分りません。強いていえば 前者は部分的 後者は全て について 述べているように思われます。私の第2定理の理解でいえば 公理に述べられてない領域を未定義と言ったわけで 無定義領域(部分を表す)としても一向にさしつかえありません。要するに 公理に述べられてない領域に含まれる命題は 第2定理でいう命題ではないか と思ったのです。これは 間違っているのでしょうか。

質問者からの補足

stomachmanさん ご回答ありがとうございます。 定義と公理の関係、あるいは「未定義」と「無定義」を混同しており そのためにゲーデルの第2不完全性定理(第2定理)の理解ができていないのではないか というご指摘と思います。公理については 数学を含め論理体系の原理原則を記述したものであり その記述を定義と理解しています。 また 「未定義」と「無定義」の意味の差は分りません。強いていえば 前者は部分的 後者は全て について 述べているように思われます。私の第2定理の理解でいえば 公理に述べられてない領域を未定義と言ったわけで 無定義領域(部分を表す)としても一向にさしつかえありません。要するに 公理に述べられてない領域に含まれる命題は 第2定理でいう命題ではないか と思ったのです。これは 間違っているのでしょうか。

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

う~ん.... 「未定義なもの」を使ったら, そもそも「命題」にすらならないような気がするんだが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Tacosanさん ご回答ありがとうございます。 私の理解は ゲーデルは 未定義領域に注目した数学者と思うのです。論理システムを構築する上で領域外を議論することは無意味ですが 論理限界を知ることは 重要と思うのです。このことは ヴィトゲンシュタインが いわゆるポストモダン哲学に引き継ぐことになった と思います。

質問者からの補足

Tacosanさん ご回答ありがとうございます。 私の理解は ゲーデルは 未定義領域に注目した数学者と思うのです。論理システムを構築する上で領域外を議論することは無意味ですが 論理限界を知ることは 重要と思うのです。このことは ヴィトゲンシュタインが いわゆるポストモダン哲学に引き継ぐことになった と思います。

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

「無限遠点において平行線は交わる」は、 ユークリッド幾何学の体系において証明不能です。 なぜなら、「無限遠点」が未定義だから。 … 証明不能であることが証明できてしまいましたね。 「X・X=-1 は根がない」は、 複素数を含む体系では証明不能。 X = ±√(-1) が根となり、否定が証明可能だから。 複素数を含まない体系では証明可能。 任意の X について X・X ≧ 0 だから。 … どちらかが証明できてしまいます。 どちらが証明可能なのか判らないって? それは、体系が複素数を含むかどうかが不明だからです。 体系自体が未定義では、話にならない。 その体系の具体的な定義を知っていれば、 どちらが証明可能なのかは判ることです。 いずれにしろ、どちらか一方が証明可能であることは、 上のように証明できています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ANo.1 さん 回答ありがとうございます。 私の 知りたいことは ゲーデルの第2不完全性定理の幾何学の命題です。幾何学で 未定義領域の命題が相当している のではないか という質問です。逆にいうと 公理群を幾ら追加したといしても未定義領域はある ということと思うのですが この理解は間違っているでしょうか 

質問者からの補足

ANo.1 さん 回答ありがとうございます。 私の 知りたいことは ゲーデルの第2不完全性定理の幾何学の命題です。幾何学で 未定義領域の命題が相当している のではないか という質問です。逆にいうと 公理群を幾ら追加したといしても未定義領域はある ということと思うのですが この理解は間違っているでしょうか 

関連するQ&A

  • 私がよく分らないのは ゲーデルの第1不完全性定理です。『形式的体系Sに

    私がよく分らないのは ゲーデルの第1不完全性定理です。『形式的体系Sにおいて、形式的体系Sが無矛盾である限り、「形式的体系Sにおいて命題は証明可能である。」という命題も「形式的体系Sにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である。』 と表される(別表現もありますが)とあります。 ここで現れる命題は抽象的言語であってよく分らないのです。例えばユークリッド幾何学においてはこの具体例は何でしょうか。私の理解は 『例えば無限遠点において平行線は交わるは証明可能である』はその例のように思うのですが 間違っているでしょうか。 問題は 無限遠点が公理を用いて表されるか どうか という先輩のご指摘があり公理をあらためてみてみますと 公理2に線分を限りなく伸ばすことができる とあります。つまり無限遠点は「公理2の限りなく線分を伸ばした点」と理解され 公理の定義を用いることで表されるとおもうのです。間違っているでしょうか。参考までに公理を挙げておきます。 <ユークリッド 幾何学の公理> (公理1)与えられた2点に対して、それらを結ぶ線分をちょうど1つ引くことができる。 (公理2)与えられた線分は、どちらの側にも限りなく伸ばすことができる。 (公理3)平面上に2点が与えられたとき、一方を中心とし、他方を通る円をちょうど1つ書くことができる。 (公理4)直角はすべて相等しい。 (公理5(平行線公理))直線外の1点を通り、その直線に平行な直線は1本に限る

  • ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について

    ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について ゲーデルの不完全性定理の対象となる数学は『公理系Nが無矛盾である』が前提です。ユークリッド幾何学は 一階述語論理で表されることが出来る自然数の部分集合であって、ゲーデルの不完全性定理の対象である 公理Nの無矛盾である 論理の対象になってないとなり それ以上のユークリッド幾何学の論理的理解が進みません。そこでゲーデル理解を拡張して『公理系Nが無矛盾ではない』として不完全性定理を理解すると(須田隆良氏、中西章氏など) (1)ゲーデルの第一不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが 公理系Nにおいて、「公理系Nにおいて命題は証明可能である。」という命題も、「公理系Nにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である (2)第2不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが その無矛盾性を証明できない となります。これらはゲーデル不完全性対象から外れておりますが、対象外のユークリッド幾何学を理解するには都合がよい と思うのです。 (2)によりユークリッド幾何学の公理の無矛盾性は証明できない。 (1)によりユークリッド幾何学の未定義領域(非ユークリッド幾何学、虚数、無限遠点とか)は 公理系Nにふくまれ 多くの証明できない命題があることになります。もちろん 公理定義内では完全性理論は保証されています。 なぜ このようなユークリッド幾何学に こだわる かと申しますと 世の中の 論理(数学、哲学、論理を用いた論文 など)は ユークリッド幾何学的なものが 圧倒的に多いと思うのです。これら論文は ほとんどは一階述語理論で表され かつ ゲーデル不完全性定理 対象論理ではないのです。それら論文の特に(2)に関わる自己証明は出来ない ということは重要であると思うのです。もちろん 自己証明が出来ないと言って間違いとはなりません が 常に 冷静に謙虚に 主張理論の原点を見直すことに 繋がっていると思うのです。勿論、論理構成が出来ていないシロモノは 論外であります。    以上のように理解しているのですが、ユークリッド幾何学にまつわるゲーデル不完全性定理の場外理解は問題ないでしょうか。諸先生のコメント頂けましたら幸甚です。

  • 不完全性定理 ユークリッド幾何学 公理

    専門家の方にお聞きしたいのですが、不完全性定理でいう「自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、ω無矛盾であれば、証明も反証もできない命題が存在する。」において、 ユークリッド幾何学における証明も反証もできない命題=ユークリッド幾何学の5つの公理 ということでよろしいでしょうか?? また、ユークリッド幾何学の5つの公理以外には、ユークリッド幾何学において証明も反証もできない命題は存在しないと考えていましたが、正しいでしょうか?

  • ユークリッド幾何学において 真偽が証明できない問題として 例えば『無限

    ユークリッド幾何学において 真偽が証明できない問題として 例えば『無限遠点で平行線は交わる』は その例と考えますが、合っているでしょうか。なぜなら 無限領域は 定義されていないからです。  ユークリッド幾何学の5公理は有限領域で定義されているとし、その場合に真偽が証明できない問題として 例えば『X・X=-1は根が存在しない』はその例と考えますが、合っているでしょうか。なぜなら 複素数領域は定義されていないからです。  なお 公理は証明対象にならない 命題と考えます。

  • ゲーデルの定理

    完全性定理では「任意のモデルで真である文はすべて1階述語論理で証明可能である」 不完全性定理では「自然数論を含む体系は無矛盾である限り、真であっても証明できない 命題が存在する」とありました。 それではこの2つの定理をペアノの公理系に当てはめると「全ての真である命題は証明可能」でありながらどこかに「真であっても証明できない命題が存在する」わけですか? 何だか矛盾するような感じがしますが、そんな訳ありませんよね。 どう考えたらよいのか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • そもそも、ピタゴラスの定理って定理なのでしょうか?

    そもそも、ピタゴラスの定理って定理なのでしょうか? いいかえると、真実なのでしょうか? これは、実は簡単にわかります。証明できません。 なぜなら、非ユークリッド幾何学という反例があるから。 だから、ピタゴラスの定理っていうのは、定理ではなくて、 普通のユークリッド幾何学を展開していく上での、仮定とか前提と考えたほうがいいと思います。 ではなぜ、世の中にたくさんある「ピタゴラスの定理の証明」なるものはなんなのでしょうか? それは、ユークリッド幾何学を特徴づけるピタゴラスの定理よりも、 よりも基本的な公理を仮定していなければなりません。 一般的には、第五公準(平行線は唯一唯一つ)ってのがそうだと思われます。 しかし、その前に、点とか直線とか、距離とか、角度とか、合同とか、たくさんの概念が定義されなくてははなりません。 ところで、数学基礎論では、まず、集合とその間の演算を公理的に定義し、また、自然数と和や積を定義します。 それによって、数論の基本的な結合法則、可換法則、分配法則といったものも、「証明できる」ものになります。 1+1=2というのも「証明できる」ものになります。 同じようにしていけば、ピタゴラスの定理って基礎論的に、公理的に、「証明できる」定理なのでしょうか? 実は、「幾何学基礎論」という本を軽く読んだり、いろいろ検索してみたのですが、ピタゴラスの定理は載ってませんでした。 もしかして、ピタゴラスの定理っていうのは、基礎論的にも、公理的にも、「証明されていない」ものなのでしょうか? ちなみに、sinθ, cosθを、無限級数の和として定義してやって、 それによってユークリッド幾何の回転を定義し、sin^2θ+cos^2θ=1となるので「証明できた」というのは、たぶん、万人は認めないと思います。

  • ゲーデルの不完全性定理について

    ゲーデルの不完全性定理について ネットサーフィンをしていたときに、たまたま、ゲーデルの項目を見つけました。 当方、数学は素人なのですが、 ゲーデルの不完全性定理(ある公理系の中には、真偽を明確にできない命題が存在する) を僕たちが生きるこの世界、この宇宙にあてはめて考えると、 この世の中には、論理的には正しいとも間違っているとも証明できないことがらがあるということなのでしょうか。

  • 初等幾何の参考書

    高校以下で習う初等幾何について体系的に書かれている参考書のタイトルをいくつか、できれば特徴を添えて教えて下さい。 ネットや書店で探してみても、幾何というタイトルが入ったものが見当たらないのですが、数学Aというものがそうなのでしょうか?数学Aは初等幾何の内容をすべて含んだものですか? ちなみにここでいう初等幾何とは、3次元以下(2次元でも可)のユークリッド空間に関する幾何学で、補助線などを用いて長さや角度を求めたり、ユークリッドの公理系から様々な定理を証明するものであって、座標などの解析幾何的な手法やベクトルなどの手法を用いないもの全般とします。

  • ゲーデルの不完全性定理とは?

    入門書を読んで理解を深めてから質問しようと思っていたのですが、なにぶん多忙かつ 魯鈍であるため、ほとんど理解していない状態での質問をお許しください。 ゲーデルの不完全性定理の入門書を読むと、一般人向けの説明として次のように記述されて います。 ●自然数論を含むような数学的体系の無矛盾性を、その体系内で証明することはできない。 これは、分かりやすいく言うとどういうことなのでしょうか。論理記号式を使用しないと 説明は無理ですか。 不完全性定理は「自己参照」とか「自己言及」を行なった際に生じる、避けられない 困難性や矛盾の存在を言い表しているのだと思いますが、次のような(安直とも言える) 拡大解釈を許すような、普遍性のある定理なのでしょうか。 ●認識主体が自分自身を完全に認識することはできない。(認識) ●哲学が哲学を完全に定義することはできない。(定義) ●体制が自己の正当性を自分で証明することはできない。(証明)

  • ゲーデル「不完全性定理」が分かりやすく理解できる本

    ゲーデル「不完全性定理」が分かりやすく理解できる本 通学中の電車内に有る「1991年、科学によって神が存在しないことが証明された!」という謳い文句に興味を持ち、一体、その照明方法がどういった手順を踏んだものなのかを調べ初めて早2時間・・・・・。なんつーものに興味を持ってしまったのだろうと若干後悔の渦が・・・・・。 どうにか、この「1991年、科学によって」が、ゲーデルの「不完全性定理」を指しているの・・・・かな?というところまで辿り着きました。という訳で、「じゃあゲーデルの不完全定理を理解すれば、あの宣伝の謳い文句が分かるのかー」と、その定理に関連するサイトを読みかけ・・・・、そんな簡単に理解できるものじゃないコトを認識しました。 気にしなければ、そんなこと知らなくても全く日常生活に支障はないので、忘れてしまえば良いのですが、折角、「不完全性定理」というものの存在を知り、且つ、興味全開なので、出来る事ならば表面上だけでも、齧りだけでも良いので理解してみたいと思っています。 ゲーデルの「不完全性定理」を調べていくうちに、公理・ヒルベルト・公理系・無矛盾性・完全性・パラドクス・・・・・など随所の単語につまづき、その都度、その単語の意味が書いて有る別のページに飛び・・・・・を繰り返し続けているうちに、「これはちゃんとした本で理解した方がいいんじゃないか・・・・」と思ったので質問させてください。 私は一介の高校生なので、ちょっとした専門用語にすら「?」が浮かんでしまいます。不完全性定理を導く過程で必要な用語を解説しつつ、根気と気力が有れば、まあ有る程度理解できるくらいの易しさで書いてある本を紹介してください。また、その定理が生まれるに至った経緯なども豆知識程度に書いて有れば尚嬉しいです。(こちらのページhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410933224 のpistis_sophia_00さんの回答の様な感じ) 来る夏休み中に読み終えられるような入門的なもので構いませんので、是非よろしくお願いします。 長文・乱文しつれい致しました。