• ベストアンサー
  • 困ってます

ナッシュ均衡は必ずパレート非効率?

囚人のジレンマで、ナッシュ均衡(A自白:B自白)であるとき、 このナッシュ均衡点は、必ずパレート最適はない(=パレート非効率)となりますか? ナッシュ均衡という理論とパレート効率という2つの理論があるとき、混乱してしまって 理解があいまいでいます。 また、このように2つの理論を同時に考えたときの説明がわかるサイトなどありましたら URLをお教え頂きたいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6454
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

パレート効率・パレート最適 参加者の利得を下げるかどうかに関係なく、自分の利得だけを考えれば別のもっと有利な選択がある。 しかし、他の参加者の利得を下げないという制約付きで、自分の利得の最大の選択肢を選んでいる場合は、パレート効率という。 他の参加者の状態がわからない場合には、自分の意思で選択することはできないので、他人から指定してもらった状態、あるいは現状のママをパレート効率であると納得し我慢するしかない。 パレート効率は、参加者個々人の自己選択では実現できない。参加者全員が同じように利害を理解するか、「これがパレート効率だ」と他者に指定されたものを受諾するしかありません。パレート効率の考え方は、参加者の選択の自由を拘束してしまい、単に現状で我慢させているようなものです。   ナッシュ均衡 他の参加者の選択意図を推定せず、他の参加者の選択がどうなった場合でも、自分の利得が多くなるように考えてもっと有利な選択をする。 他の参加者も同様にする。 誰もが自分の利得の減少につながる選択をしなくなるので、その結果、最終的に動きのないところに収束し全体が均衡・静止する。この均衡状態をナッシュ均衡という。 しかし、他の参加者の選択によって自分の利得そのものは変動するので、参加者と情報交換し協調行動すればどのメンバーにとってもより有利な選択状態があったとしても、その状態にならないことはある。 例えば、道路を複数の車両が通る場合、安全で短時間に目的地に到達しようと各車両が運転する場合、安全は保てても、全体としては徐行運転と一旦停止が頻発します。この状態がナッシュ均衡でしょう。 左側通行と優先道路の決まりをつけるだけでも、一層の安全と一層の短時間到達が達成されます。 さらに信号機をつければ、パレート効率のような状況になります。各車両はこの決まりを厳守することをパレート効率・パレート最適と思い込むことが多いです。 しかし、このパレート効率は、通行状態に応じた信号運用やレーンの変更状態に比較すれば、全体最適とはかけ離れた状態です。   囚人のジレンマ 他の参加者の選択意図を推定し、他の参加者の選択しそうな条件下で自分の利得が多くなるように/自分の損失が小さくなるように考えてもっと有利な選択をする。 他の参加者も同様にする。 他の参加者の選択次第で自分の有利不利が反転するとなると、(他の参加者の選択行動が既定・所与ではないので)自分が何を選択するべきかは、合理的には決めきれず、いわゆるジレンマ状態になります。 他の参加者の選択意図を推定・憶測しての自己選択になるので、得の領域では低い確率を高く見積もり、損の領域では高い確率を低く見積もる心理傾向が働いたり、損失回避/リスク回避の心理傾向が出るので、ことはやっかいです。 選択の結果が得の大小に影響する場合は、発現可能性が低く場合でもそれに賭けて得の多そうな選択肢を選ぶ場合、信頼や慎重などの生活信条をベースに選択肢を選ぶケースも増加します。 ただし、囚人のジレンマの例題で示される条件の場合は、どちらにしても損失の選択を求められるので、確率の計算や信頼のことはウエートが落ちて、自分の最大の危険を避けることを優先して状況判断し選択する傾向が強くなります。この選択傾向が固定的ならば、「自分の最大の危険を避ける選択肢を参加者は選ぶ」がナッシュ均衡になります。 しかし、「意図を推定し」という「推定」は数学的なものではなく、憶測なので、色々な事情が絡んで来ます。その結果、自分の最大の危険を避けることを優先して状況判断し選択する傾向が強くなるとは限らず、状態次第のような案配になります。状況次第、気分次第、認知期次第のようなものですから、もはやナッシュ均衡と呼べるものではなくなります。 しばしば例に出されるのは、値下げ競争で利益を失い経営悪化させる例です。 裏切り戦略でも、相手と同じ手を取る様子見戦略でも、損得経験での切り替え戦略でも、いづれにしても、囚人のジレンマは、経済価値や数値データの比較では、選択が決まらないことの例です。 正義ぶるバッシングや健康被害に関する強いこだわり、道徳律や公正感の増大も、強いプライドや参加者との相対勝負や優劣への強いこだわりも、経済価値や数値データの比較に基づくナッシュ均衡やパレート効率では説明出来ない状態を出現させます。 「相手に負けるくらいなら、大きな損をしてもかまわないから勝とうとする行動」は、経済活動でも、政治活動でも、その他の社会活動でも、よく見かけることだと思います。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ webサイトなら、次のサイトが分かり易いと思います。(上記の回答よりずっとわかる) パレート効率 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8A%B9%E7%8E%87%E6%80%A7 ナッシュ均衡 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%9D%87%E8%A1%A1 囚人のジレンマ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な書き込み、有難うございます。また参考URLも有難うございます。 お礼の入力が遅れましたこと、失礼をお許し願います。

関連するQ&A

  • 蓄電池の時間率と充放電効率

    蓄電池の容量は放電時間によって変化します。このため、容量を表記するときに放電時間を併記する時間率という概念があります。この関係はポイカート式(t=H(C/IH)^k)に従います。 ここまで理解しましたが、充放電効率を考えた場合に混乱してしまいました。なぜなら、放電電流が小さければ充電量より大きなエネルギーが得られるからです。ポイカート理論はすべての放電電流で成立するが実際には損失などがあるとの説明もありました。 小さすぎると自己放電やコンバータ損失が支配的になるのはわかるのですが、5時間率の容量より20時間率の容量では倍近くになります。これでは損失を加味しても5時間率の容量を貯めて20時間かけて放電すると倍率1を超えてしまいます。これは正しいのでしょうか?

  • 説明の聞き方

    仕事の説明を聞くのが苦手です。 理論的に相手のペースで話されると、 結局自分がわかっていることも、 説明を受けたりすると、頭が混乱し 理解ができなくなります。 テンポよく、バァーっと短めに 説明を受けるほうが、頭に入ります。 理論的な説明をゆっくりじっくり聞くには やはり、 相手のペースに合わせること、ですか?

  • 非ゼロサムゲームでのミニマックス戦略??

    恐らく私の理解が全然なっていないが故の勘違いだと思うのですが、 多くの参考書では「ミニマックス戦略が非ゼロサム時には適用できない(ゼロサム前提)」とうたっているのは何故か、について、素朴な疑問です。 下記は中小企業診断士試験 経済学の平成18年第13問です。 ttp://kanauka.o-oku.jp/6_keizaigaku/kakomon/h18/11-15.html 設問1はナッシュ均衡を、設問2はミニマックス戦略について、それぞれ問うています。 私の理解では(間違っていたらご指摘をお願いします) ナッシュ均衡 →ゲームにおいて、相手の出方に対して自己利益最大となる手を選び、双方の戦略が均衡したとき(そしてその均衡した戦略が全員にとって望ましいものでないときを特に「囚人のジレンマ」と呼ぶ) AがA1をとったらはBがB3をとり、BがB3をとったらAはA2をとる。そしてAがA2をとったらBはB3をとる。ったらA1をとる・・・ ミニマックス戦略 →【ゼロサムゲームのとき】を前提に、相手がこちらの損害が損害が最大(利益が最小)となる手を常に選んでくると仮定して、その中でこちらの損害が最小(利益が最大)となる手を選ぶ と理解しています。 しかしながら上記のような設問2では、 ゼロサムゲームではないにもかかわらず、ミニマックス戦略をとった場合は・・・という問いになっています。 これは一体どういうことでしょうか。 下記のようなサイトにその説明らしき文を見つけましたが、いまいち理解できません。 上述の過去問に沿ってわかりやすいご説明をいただけたらうれしいです。 よろしくお願いします。 ttp://www.ne.jp/asahi/village/good/GameTheory.htm

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#151185
noname#151185

囚人のジレンマの唯一のナッシュ均衡、(自白, 自白)、はパレート最適ではありません。 理論も何も、単に囚人のジレンマ、ナッシュ均衡、パレート最適性の定義からの直接の帰結です。 各プレイヤーについて、相手の戦略を固定した上での最適な戦略を考えるのと プレイヤー達の戦略の組を丸ごと動かしてパレート最適性を考えるのとでは 定義の違いは一目瞭然で、一般には両者の間に一致も包含関係もないことは明らかだと思いますが。 どの辺で混乱されるのですか? サイトは知りませんが、サイトを見て信じ込むのはあまりいい勉強方法だとは思いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コンジョイント分析とは

    コンジョイント分析を学習しているものですが,理論はなんとなくではありますが理解できるのですが,実際の分析方法が理解できません. 数学知識が乏しいためではありますが,分析についての説明が出来る方がいれば力を貸してください. もしくはわかりやすい説明があるサイト等がありましたら教えてください. よろしくお願いします.

  • 走ることの重要性

     ボクシングのトレーナーをしております。  選手達がやりたがる練習はもちろん、スパーリングやマス・ボクシングなどのジムワークです。  しかし、私は走ること無しに強くなることはできないと思っております。    どうも選手達は走ることに重要性を感じていないようで、どうしても嫌々走っている状況であります。  選手達に、走ることを理解させられる理論的な(精神論的でもありがたいです)説明はありますでしょうか??  自分達で重要性をわかってくれたら、練習効率も上がるのではないかと思います。  どうかよろしくお願いします。

  • コード理論 ギター

    ギターのコードのことですが、覚えやすい覚え方とかありますか? Fの押さえ方で2フレットずらしたらGになるとか、他のコードでも当てはまるらしいのですが、そういうことがよくわかりません。 初心者ですみません。。わかる方どうか教えてください。 一度三度五度などの理論もいまいち理解していないので説明してあるサイト等ご存知な方いましたら教えてください! よろしくお願いします。

  • 静圧って?

    ターボファンはシロッコファンと比べ、同一の静圧であれば効率がいいとあります。 では、その静圧とはなんでしょう?いろいろなサイトで検索してみたのですが、 いまいち理解・・・というか、ほぼ理解できません。公式をみてもさっぱりでした。 かみくだいての説明お願い致します。

  • ホイールのリム幅とタイヤサイズの関係について教えてください

    具体的に言いますと、リム幅が6Jのホイールに195/60/14のタイヤが入りますでしょうか?リム幅がたとえば6Jの場合タイヤサイズはどの範囲までカバーできる(理論上の可能性ではなく、安全な範囲で)ものなのでしょうか?そういったことが説明されているサイトなどご存知でしたら、URLを教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします

  • 光の進む向きが重力の影響で曲がる事ができるなら、、

    光の進む向きが重力の影響で曲がる事ができるなら、光の速さは重力の影響で変化することはできないのでしょうか。またそれは数式などにより説明がつくものなのでしょうか。 通勤途中に頭のなかで「光を止めたらどうなるだろう」と考えている変人サラリーマンであり 相対性理論を理解しきれておらず。また光速度普遍の法則も理解しきれていない者です。 参考になる文献や、URLなどを教えていただけるだでも大変ありがたいです。

  • 開根計算の根拠

    開根計算(累乗根を10進展開表示するための計算)の説明があるサイトを見ましたが、具体的な数値を例に説明していて一般的な形でその計算方法を理解することができません. 開根計算は一般的にはどのように説明できるのでしょうか? また、開根計算の理論的根拠を教えて下さい. テーラー展開が理論的基礎になっているのでしょうか?

  • 二重スリットは超ひも理論で説明可能?

    量子論で「二重スリット」の問題がありますが、超ひも理論で説明可能でしょうか? (私は文系卒で、数式などによる説明は理解できません) 一般向けの相対性理論の本、量子論の本はそれなりに理解できました。 しかし量子論で「二重スリット」がよく分かりません。 光子を一粒ずつ二重スリットに発射したとしても、結果として干渉縞が出来るというのがありますよね。 なぜ一粒ずつなのに、結果として暗部が出来る部分には干渉と同じ結果が生じるのか。 量子論の説明では多宇宙とか、右を通った光子と左を通った量子の重ね合わせ、などという説明がされていますが、実証不能なヘリクツのように思えます。 相対性理論と量子論を統合する、というふれこみの超ひも理論の本を続けて読みましたが、挫折しました。 こちらはこの2つの理論の矛盾を無理矢理合体させるための理想上のヘリクツのようにしか思えません。 しかも量子論ではっきりと答えが示されなかった二重スリットの問題も超ひも理論では触れられていませんでした。 (私の読んだ二冊の本では) (量子論の、ある確率でしか電子の場所または速度は表せない、というあたりは別に変だとは思いません。また、相対性理論も非常に明瞭で、数式などなくとも納得しやすい理論だと感じました) 超ひも理論において、この二重スリットの問題も見事に解決されているのでしょうか?

  • ナッシュ均衡の問題です

    数学の課題で、二問構成です。 利得表はなんとかかけそうなのですが、文系脳の自分ではどうしても正解できそうにないのでどうかよろしくお願いいたします。 〈スーパーA と消費者 B のゲームを考える。〉 スーパーは,卵 1 パックを高価格で販売する か,低価格で販売するかを考えている。 消費者 B は,近隣のスーパーの価格を比べて安いところで購入するか、調べないでこのスーパーA で購入するかを選択する。 ・消費者がチラシ比較をしない場合はこのスーパーで購入することになる。 このとき,ス ーパーが高価格つけているとすると,消費者の利得は 1 となり,低価格をつけると 4 の 利得を得るとする。一方,スーパーは高価格のときは 5、低価格のときは 2 の利得を得 る。 消費者がチラシ比較をすると,安いスーパーで購入することになる。したがって、このときスーパーが高価格をつけると,スーパーの利得は 0 となり,低価格をつけた場合は 2 の利得を得る。 消費者側は,スーパーA が高価格をつけていた場合は,チラシ比較を して得したことになるので 2 の利得を得る。 また,低価格をつけていた場合は,チラシ 比較しなくてもよかったので時間を浪費した分,チラシ比較をしたときよりも利得は低くなり 3 となる。 ・消費者がチラシ比較をすると,安いスーパーで購入することになる。 したがって,この ときスーパーが高価格をつけると,スーパーの利得は 0 となり,低価格をつけた場合は 2 の利得を得る。 消費者側は,スーパーA が高価格をつけていた場合は,チラシ比較を して得したことになるので 2 の利得を得る。 また,低価格をつけていた場合は,チラシ 比較しなくてもよかったので時間を浪費した分,チラシ比較をしたときよりも利得は低くなり3となる。 (第一問にスーパーが低下価格をつけ,消費者が価格比較をする場合の利得表を書く問題があります。) (2)混合戦略まで含めたナッシュ均衡を求めよ。また,このゲームのナッシュ均衡はどのように解釈できるか。 混合戦略を考える場合は,消費者がチラシを比較しない確率をp,スー パーが高価格をつける確率をqとして計算すること。

  • ナッシュ均衡について

    ナッシュ均衡について勉強をしております。 以下の2問を 回答に至るまでの論理展開含め 回答してくれる方宜しくお願いします。 (1) 囚人のジレンマゲームとなる数値を 用いてゲームを一つ定義し、 以下の問いに応えよ。 このゲームを無限回に繰り返すとき、 トリガー戦略が ナッシュ均衡である条件は何か。 ただし、 割引因子を δ とする。 (2) 混合戦略を許すとき、 親指ゲームにおけるナッシュ均衡を求めよ。 親指ゲームとは2人で戦うゲームで、 はじめにどちらが親になるか決める。 戦略は、 両者ともに親指を上げるか下げるか の2つである。 ゲームでは同時に親指の上げ下げを行い、 二人で立っている親指の合計が 奇数なら親の勝ち、偶数なら子の勝ち というルールである。