-PR-
解決済み

関西弁から標準語への境界線

  • 暇なときにでも
  • 質問No.73400
  • 閲覧数1875
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 98% (416/423)

関西地方からJR東海道本線・近鉄特急に乗って名古屋に行った事があ
り、その時、『関西弁エリア(関西)から準標準語エリア(名古屋)に
移行するのは、どの付近からなのかな?・・』と疑問に思いました。

境界線があって、ある地点でいきなり言葉が変化するとは思えませんの
で、『どこかに関西弁と標準語に近いイントネーションが混ざった地域
があるのかな・・』とも思っていますが、それとも、例えば大きな川な
どを境にして、言葉の変化が発生しているのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

そうなんですよ~。不思議ですよね。
三重県は縦になが~い土地柄か北の桑名、四日市など
はどちらかというと名古屋弁のなごりがあって
名張なんかは大阪にすごく近いんですんでる人も
けっこう大阪出身の人が多いみたいですよ。
だから少なからず影響をうけているのかもしれませんね。
松阪、伊勢は古い町並みをのこしているからか、
口調は京都みたいなゆっくりめ、志摩の方は
海、漁師町ということもあって、声が大きくて早口、
(慣れてないと、ちょっと怖いかも・・)
尾鷲、紀伊長島の方はまた独特の口調らしいですよ。
でも実際のところ三重県って情報によって東海地方
にはいっていたり、近畿地方に入っていたりするんだって。不思議ですね~
以上、三重に住んでいる友人からの受け売りでした。
お礼コメント
hossein

お礼率 98% (416/423)

ご回答有り難うございます。

仰るとおり、テレビの天気予報などでも三重県は近畿地方として扱われ
ていますよね、実際は東海地方にもかかわらず。

三重県は奈良県とも接していますから、ほんのすこしの距離で、全く違
う言葉になるのですから不思議ですよね。
投稿日時 - 2001-05-09 21:08:46
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

世代にもよってかなり「差」があるようですので、一概には言いにくいと思います。
が、私のつたない経験から申しますと、三重県迄は大体の場合近畿地方になりますが、私の会ったことのある「松坂人」は名古屋弁混じりのものの標準語(東京弁)に「侵され」ていました(笑)。ですので、私の回答としては三重県が堺です、しかも侵食されています(笑)。
あと本筋から外れますが、おもしろいページを見つけたので、お暇でしたら違いを順々に見ていくのも御一興かと。
お礼コメント
hossein

お礼率 98% (416/423)

ご回答有り難うございます。

早速ご紹介して頂きましたホームページを拝見させて頂きました。
何かおもしろそうなページですね。『お気に入り』に追加して、
定期的に拝見することにしました。

日本のような小さい国でも、色んな言葉遣いが用いられていること
を再認識しました。
投稿日時 - 2001-05-09 21:10:51


  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 本来は、関が原の近江、桑名の伊勢あたりの国境ぐらいまでが関西弁のエリアだったのですが、この50年、名古屋圏の発達(テレビ、人事)により、伊勢地方が名古屋圏に吸収され、わずかに、名張市が関西圏に止まっているに過ぎないものと思っています。伊賀地方は中立かな。
お礼コメント
hossein

お礼率 98% (416/423)

ご回答有り難うございます。

名張市は、大阪のベッドタウンになっているようですので、その影響で
関西弁エリアになっているのかもしれませんね。

伊勢市に関してなのですが、伊勢市内の食堂で販売されているうどんの
おつゆは関東風でして、これには驚きました。
投稿日時 - 2001-05-09 21:07:39
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 7% (2/27)

私が自転車で東京から実家の京都までひたすら国道1号を通って帰った時の経験なんですが、愛知と三重の県境は河(長良川?揖斐川?)でした。橋の東側の弥富町は名古屋弁、西側の長島町は関西弁風でした。私は名古屋に住んでいたこともあるので二つの言葉の違いは十分わかるつもりです。橋を渡っただけで言葉が変わるんだ~すげ~と感心したのを強く憶えています。
お礼コメント
hossein

お礼率 98% (416/423)

ご回答有り難うございます。

自転車で東京~京都間を走破されたそうですが、言葉の変化を観察する
には、とても良い方法だと思います。

近鉄特急で三重方面から愛知方面に向かう際、確かにいくつもの大きな
川を渡った記憶があります。あの辺が言葉の境界線だったのですね。
投稿日時 - 2001-05-09 21:09:54
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ