• 締切済み
  • 困ってます

固定資産残高と貸借対照表の資産残高が一致しない?

簿記の知識の無い初心者です。 「やよいの青色申告」ではじめて青色申告に挑戦、ほぼ最終段階までこぎついたのですが、固定資産の残高が合わず困惑しております。 合わないのはモニタとパソコンで、それぞれ事業専用割合は90%です。 これが、青色申告決算書3ページ目では ・モニタ(H19/8月取得、耐用5年、前期末残高47,437。今回経費算入が26,964で、未償却残高17,477円) ・パソコン(H19/6月取得、耐用4年、前期末残高17,859。今回経費算入が16,073で、未償却残高1円) で、未償却残高合計17,478円なのが、青色申告決算書4ページ目の貸借対照表(資産:工具器具備品)では29,605円となっているのです。 おそらくパソコンのほうが去年H23年5月までの償却なので、その関係かと疑っているのですが・・ ほかの固定資産の残高が一致しているので、なぜ数字が合わないのか、このままでも良いのかよく分かりません。 どなたかご教示いただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1454
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

計算は定額法?定率法?この方法のどれで計算しましたか? モニター前期未償却残高47,437-償却累計26,964=未償却残高17,477 パソコン前期未償却残高17,859-償却累計16,073=未償却残高     1 この計算合っていますか?もう一度計算してごらん。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

26,964円と16,073円は、償却累計ではなく今回経費算入金額となります。 分かりにくくて申し訳ございません。 また償却方法は、定額法でした。 ・・それで、ただいまあらためて見直しましたところ、購入した消耗品2点の仕訳を「工具・器具・備品」としていたことが分かりました。 「工具・器具・備品」を選択していたために、貸借対照表で固定資産に計上されていたようで、これを「消耗品」としたところ、貸借対照表と固定資産残高が合致いたしました。 たいへんお騒がせして申し訳ございませんでした。 回答を頂いたsadami10様、誠にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 貸借対照表の残高について

    教えて下さい。 個人事業主で青色申告しております。 決算書のチェックをしていたら大変なことに気が付いてしまいました。 提出用の減価償却費の計算の期末残高と貸借対照表の期末残高が一致していなかったのです。 数年前に事業専用割合の10%分の減価償却費の入力だけして、90%分の入力がモレていたようです。 そのため貸借対照表の残高が90%分の金額多くなっています。 減価償却費は毎年同じ金額で入力しているので、損益には関係ないのではないかと思い 入力モレの仕訳(事業主貸/建物)を今年度入力して残高を合わせても大丈夫でしょうか? それとも青色申告決算書の期首の金額を手動で固定資産台帳の残高に合わせても良いのでしょうか? 提出期日がせまってきて焦っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 償却の終わった資産について

    開業3年目の個人事業主です。やよいの青色申告を使っています。 H17年に20万円程度の固定資産(パソコン等)をいくつか購入し、措置法28条の2で即時償却をし、全額償却しました。 これらは「やよいの青色申告」の固定資産一覧に記載してあるのですがH18年ぶんの決算処理をすると、青色申告決算書3ページの「減価償却費の計算」の表にこれら償却の終わった資産が印刷されます。 当然ですが、本年分の償却費、経費算入額はゼロです。 このように償却が終わり、償却費や経費算入額がゼロの資産でも決算書に記載するべきなのでしょうか?それとも固定資産台帳から削除してもよいものなのでしょうか。

  • 末償却残高と貸借対照表の金額の違い

    ミロクのかんたん青色申告ソフトで17年度の決算書を作成しております。普通乗用車の末償却残高と貸借対照表表示金額が違っています。 原因が分りません、教えていただけませんか。

  • 固定資産の処理について

    プリンターが故障して新しくしたのですが、故障したプリンターの固定資産が約2,000円残があります。 今月中に、青色申告をしなければなりませんが決算書の固定資産の処理方法がわかりません。 初めてのことなのでこの処理について教えて下さい。 このプリンターは、リースではありません。 耐用年数は過ぎています。 故障したので、売却してはいません。パソコンショップへ持ち込んで無料で処理してもらいました。 この場合、2,000円の固定資産の金額ははどのようにして0円処理方法をするのでしょうか? ※どのような処理で、この資産が無くなった事にできるようでしょうか? 要領を得ない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 弥生会計での固定資産管理

    個人で飲食業を営んでおります。店の売上げの他に家賃収入があり、本年度の青色申告書を弥生会計で作成しております。減価償却費の計算を行う場合、一般用の資産と不動産用の資産を登録しようと思うのですが、エクステンションから固定資産管理を開いて固定資産登録を行うと、全て一般用の決算書に記載されてしまいます。不動産用の決算書に減価償却費の計算を行うためにはどのように設定すればよいのでしょうか。どなたか、教えてください。お願いします。

  • 固定資産除却損について

    青色申告決算書で悩んでします。 今回、当方所有の貸家がありますが、土地を売却するにあたり、その土地にたっていた貸家を取り壊しました。 ただし、これは売却するための経費とみなされるため、100%分離課税になることがわかっています。 たとえば、1000円で取得した建物(減価償却累計額800円とする)を300円(現金支払い)かけて取り壊したと仮定すると 事業主貸 300 / 現金 300(取り壊し費用) 固定資産除却損 200 / 建物 1,000(建物の除却) 減価償却累計額 800 という2つの仕訳でよろしいでしょうか。 自分としては取り壊し費用の他に現金は動いていないのですが、 除却損で経費に入れていいか迷っています。 つまり、取り壊し工事費以外に建物の損失部分を経費に認められるかです。 固定資産の場合は必ず 取得価格から10%を引いたもの(償却の基礎になる金額)が残るため、除却の場合、10%分は必ず固定資産除却損が出るのでしょうか。 ご教授願います。

  • 青色申告の貸借対照表について

    個人事業主(SOHO)でソフトを使って青色申告をしています。(ソリマチ:みんなの青色申告) 仕入れ等はなく、売上から必要経費を引くだけなので、入力自体は難しくないのですが、 自動的に出来る貸借対照表で疑問に思う事があります。 資産の部:有形固定資産の欄に、未償却残高(期末残高)が入っているのですが、 事業専用割合が20%にもかかわらず、100%相当分の金額になっています。 そのため、数字上の資産がかなりの額になっています。 事業専用割合が20%であれば、有形固定資産の欄にもそれに見合う20%相当分が入るべきなのではと思うのですが、如何でしょうか? 減価償却費の計算においては、ちゃんと事業専用割合で算定されており、 損益計算書の減価償却費の欄にも事業専用割合による金額が入力されています。 どこかで入力操作を間違えている可能性が高いと思うのですが、 会計上の詳しい事は良くわからず、困っています。 どうか、よろしくお願いいたします。

  • 固定資産台帳と貸借対照表の金額が合いません

    はじめまして。身内の会社の経理をしている者です。決算を行っていて気がつきました。固定資産台帳の備品の金額の合計額が、貸借対照表と違っているんです。決算書の別表は台帳と合致しています。数年前にさかのぼって調べてみたのですが、ずっと以前から食い違ってきたようです。途中税務調査も入りましたが、何の指摘も受けませんでした。このまま来期償却した場合、備品の額がマイナスになってしまいます。こういう場合どのように処理したら良いのでしょうか。

  • やよいの青色申告・貸借対照表が変??

    経理初心者です。 やよいの青色申告で固定資産(車…定額で償却・パソコン…3年で一括償却)の設定をし、決算処理として今期分の償却分を計上したのですが、 貸借対照表を出してみると資産の部の期首が0円となり、期末に償却分がマイナスで出てしまいます。 本来ならば期首で固定資産の全額が出るべきだと思うのですが・・・ 何か処理を間違っているのでしょうか? わかりづらい質問ですみませんが、どなたかわかる方がいらしたら お願いたします。

  • 固定資産売却後の未償却残高について教えてください

    経理初心者です。 今年1月に事業用の車を中古で726.709円で購入し、今年の12月150.000円で(リサイクル料含)売却しました。 償却方法 定額 耐用年数 2年 です。 売却時 現金    150.000 / 車両運搬具 726.709 減価償却 363.354 / リサイクル  8.640 事業主貸 221.995 としました。 この仕分けは合っていますか? そして、確定申告の青色申告決算書の『減価償却の計算』の未償却残高が36355円と出ているのですが、車は売却したので残高はなくなると思うのですが、何か必要な仕分けがあるのでしょうか? 会計ソフトは、 ミロク かんたん青色申告を使用しています。 確定申告ぎりぎりで、急いでおります。 文章がうまく書けず、分かりにくいかと思いますが、よろしくお願いいたします。