• ベストアンサー
  • 困ってます

thatにはsuchと同じ用法がありますか

 初歩的質問ですが,また英語に詳し方のお力を拝借しないといけない英文を見かけました.  American jokes関係のサイトを覗いていて,次の英文に遭遇しました.      A succesful woman is one who can find that a man. 参考までに,上記英文が掲載されていたサイトのURLを以下に添付します. http://www.jokesclean.com/JokeManVsWoman/  ここでのthatはどういうthatなのでしょうか….形容詞suchと同じような意味合いなら納得できるのですが,手持ちの辞書(アンカーとジーニアス)を見た限りそのような用法は見つかりません.見落としているだけかも分りませんが….ネット上でもいろいろ検索をかけてみたのですが,この種のthatを解説したサイトを見出せませんでした.ひょっとすると私が根本的に誤解をしている可能性もあります.この辺りのことを解説したサイトがありましたら,紹介して頂けると嬉しく思います.  お手数ですが,どうぞ宜しくご指導をお願い致します.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数93
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

so や very の意味で that big のような言い方をするのはよく知られていますが, such の意味になるのは知らなかったですね。 検索すると実際用いられているようです。 いろいろ辞書を調べると,ランダムハウス英和大辞典に such の意味になる that が出ていました。 ただ,such と違い,that man のように用い,a は出てこない。 そして,that man だけだと,普通の「あの男」と区別できないので, that man as ... that man that ... と相関的に用いるとあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます.  この質問を投稿する際,辞書の見落としをしているのではないか…と気になっていたのですが,やはり that a man という使い方は標準的なものではないのですね.例によって,そのうち標準化されていくのかもしれませんが.  最近,スーパーアンカーと標準的なジーニアスだけでは追いつかないことがときにあって,ランダムハウス英和大辞典のような詳しい辞書が欲しいなあ…と思っていた矢先なのですが,これを機に買い求めることにします.  今後ともご指導ほど宜しくお願い致します.ありがとうございました.

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

"that a boy" という言い方があります。 "good boy" という意味です。"that a man" はそれをもじっていると思われます。 http://www.urbandictionary.com/define.php?term=That%20a%20boy

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 KappNets様,ご回答ありがとうございます.  いつもいろんな方に寄せられる回答を拝見し勉強させて頂いています.この場を借りて厚くお礼申し上げます.  私も "that a" でgoogle検索をかけてみましたが,見つけることができませんた.検索のコツが分かっていないからだと思います.  "that a 名詞" の表現が辞書に掲載されていないということから,やはり俗語の類に入るのでしょうか….  これまで8年程英語を勉強してきましたが,しみじみ「言葉は無限だなあ…」と思います.  今後共どうぞ宜しくご指導をお願い致します.ありがとうございました.

関連するQ&A

  • Suchの用法について質問

    Many people believe that because the automobile is in such general use in America it was invented in the United States. (多くの人々は,自動車はアメリカで非常に一般的に使用されているので,自動車はアメリカ合衆国で発明されたと信じている) 質問:この英文のSuchの用法は以下のようなものでしょうか?以下のは、ある辞書の解説を引用しました。 ((強調)) ((形容詞を伴う名詞の前で))それほど…な,とても…な

  • such[so]~(that) svについて質問

    Many people believe that because the automobile is in such general use in America it was invented in the United States. (多くの人々は,自動車はアメリカで非常に一般的に使用されているので,自動車はアメリカ合衆国で発明されたと信じている) 質問:この英文に用いられているsuchについて、「such[so]~(that) sv」の結果や程度や目的を表す構文であり、that節が省略された形ですよね?また、この用法では程度の用法として用いられてますよね? 質問2:この用法について、such[so]~(that) svの「~」には「(a)(形容詞)名詞」が入ると思います。 この英文においては、「~」の部分には「general use in America 」と、前置詞の副詞的用法の語句が入ってます。このように、前置詞の副詞的用法の語句が入ってもいいんですか? また、入ってもいい理由は、in Americaがgeneralという形容詞を修飾しているから、入ってもいいんですか?このように、副詞であっても、名詞を修飾している形容詞を修飾しているなら「~」の中に入ってもいいのでしょうか?

  • これは【S is such 形容詞 that S V】【Sはとても形容詞なのでVする】 構文でしょうか?

    His strength was such that he was equal to the labor (彼は力持ちなので、その仕事に適している) ←という英文があったのですが、これは【S is such 形容詞 that S V】構文なのでしょうか? だとしたら形容詞はどこに??

  • such~that...の構文について質問

    以下の英文を読んだ上で質問に答えてくだされば幸いです。 What Americans did invent was a method of manufacturing cars in such numbers that in the end they led the world in production (1):in such numbers that~ は、manufacturingを修飾する前置詞の副詞的用法ですか? (2):such~that..やso~that...は品詞はなんですか?接続詞ですか?

  • 動詞 take の用法に関する質問です

     明けましておめでとうございます.今年もどうぞ宜しくご指導をお願い申し上げます.  重箱の隅をつつくような質問ですが,今日は動詞 take の用法に関する質問です.動詞の take には       take+目的語+形容詞 という形の用法はありますか….もしあるのなら,ジーニアスやアンカーに載せていないはずはない…と思うのですが私が見た限り見当たりません.ひょっとすると見落としている可能性もゼロではありませんが.また,私自身これまでにこの形の用法に出くわした記憶がないのです.  ところが,captive という言葉を調べる機会があり,アンカーで次の表現を目にしたのです.形容詞の captive の箇所にです.      He was taken captive.  「彼は捕虜になった」  不思議だな…と思いジーニアスで 同じく captive を調べてみると,やはり形容詞の captive の箇所に      take him captive  「彼を捕虜にする」 という表現があるのです.  これはどう考えるとよいのでしょうか.「take にもそういう用法がある…」ということでしたらそれで納得できるのですが,一方で「ならば,どうしてジーニアスやアンカーは take のそのような用法を見出し語 take の中で記述しないのだろうか…」という疑問が残ります.もし私が見落としいるだけのことであったなら,深くお詫び申し上げます.例によって私の思わぬ勘違いを恐れつつ,英語に詳しい方からの解説を頂けたら嬉しく思います.どうぞ宜しくお願い致します.

  • such~that sv 構文について質問があります

    such~that sv 構文について質問があります What Americans did invent was a method of manufacturing cars in such numbers that in the end they led the world in production 質問:何故、manufacturing cars は、suchとthatの間に挟まれてないんですか?   a method以降を訳すと「最終的に生産量において世界で首位となるほどの多数の自動車を製造する方法」です。この文にある構文で「such~that s v(sがvするほどまでの~)」がありますが、上記の訳しなら、such manufacturing cars that in the end they led the world in production になるはずです。  何故なら、such構文の「~」の部分は、suchとthatの間に挟まれてるのですから、manufacturing cars がsuchとthatの間に挟まれないのはおかしい。 もしかすると、in~以降が前置詞の形容詞的用法になっているため、in~がmanufacturing cars を修飾しているため、上記の訳が可能ということでしょうか?

  • so much money that

    so 形容詞/副詞 that...、あるいはsuch (a) 形容詞 名詞 that...と習ったのに、どうして、She has so much money that...という英文があるのでしょうか。この英文はShe has such much money that...ではないのですか?

  • 不定詞の副詞的用法と形容詞的用法について

    長文問題の中の Scientists find it necessary to work in groups to talk with experts in the same fields. というセンテンスで to talk with experts はto talkにかかる副詞的用法であり「専門家と話し合うために」と訳し、groupsにかけた「専門家と話せる集団」と訳してはいけないと解説がありました。  たしかに副詞的用法で解釈したほうがしっくりしますが、形容詞的用法と解釈しては全くいけないのでしょうか。形容詞的用法と解釈できない場合、理由を解説ください。  また、副詞的用法と形容詞的用法の見分け方もご教示ください。

  • thatの品詞,文法用語について

    いわゆる Do you know that man? That car is mine. のthatですが,複数人に「指示形容詞」だと指摘されました。 ロイヤル英文法とジーニアス英和には,「代名詞の形容詞用法」とあるのですが,新英和大辞典ではdemons, adjの欄に,Oxford英英やLongman英英にはdeterminer, pronとあり,よく分からなくなってきました。 8品詞では,「代名詞」と「形容詞」とどちらが正解なのでしょうか。 また,英語文法の観点から,「指示形容詞」という文法用語は存在するのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ”…such that S’V’…” についてご教示下さい

    後述の英文中の表現 ”…such that S’V’…” についてご教示下さい。 4段落からなる時事英語的文章(出所は不明)で、直前までの要旨は次のとおりです。 商品の宣伝キャッチコピー(例えば、”no added sugar”や”not difficult to use”)には否定表現(例えば、noやnot)を含むものが多いようです。最近のSusan Jung Grantらの研究によれば、消費者はこの否定表現の情報処理に時間がかかってしまい、否定以外の部分(前記の例でいえば、”added sugar”や”difficult to use”の部分)につい意識が集中してしまうことがある、ことがわかってきたそうです。 さて、その後に以下の段落(最終の第4段落)が続きます。 Jung Grant and her colleagues explain that their “findings provide evidence that the processing of a negation follows a specific sequence such that the affirmation (“difficult to use”) is elaborated first, and then the negator tag (“not”) is incorporated in judgement. いつか文法書や参考書の類を調べてみた結果、今のところ「様態(manner)」もしくは「程度(extent)」)を表す表現ではないか、と私は考えています。用例としては、 (1) The speakers are chosen such that each one has a turn. (『英語基本形容詞・副詞辞典』研究社出版、p.1808) (話し手は各人が順番に回ってくるように選ばれる。) (2) the linking of sentences such that they constitute to a narrative “The New Oxford Dictionary”のsuchの項 (私訳:お話になるように各文をつなげること) がありました。 以上は現段階での推測です。この表現に親しい方はお力をお貸し下さい。