• 締切
  • 困ってます

人の生と死に関わっている仕事をしている方の書かれた

  • 質問No.7071650
  • 閲覧数88
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 64% (18/28)

人の生と死に関わっている仕事をしている方の書かれた本を教えてください
絶対貧困国の緊急人道支援や戦場で働いている方など常に人の死が身近にある現場で働いている方の心に響く体験を知りたいです
※医療関係の本は既に多く読んだのでそれ以外のジャンルの本がいいです

※他のサイトに同様の質問をしています

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (733/1865)

 だいぶん古いけど探してでも読んでおく価値がある
 『骨を読む』
http://www.amazon.co.jp/骨を読む―ある人類学者の体験-1965年-中公新書-埴原-和郎/dp/B000JADQG6
 朝鮮戦争時、日本へ収容されたアメリカ兵の遺体の再生処理を行った記録。
  • 回答No.2
坂本敏夫『元刑務官が見た死刑執行のすべて』文春文庫。

飯塚訓『墜落遺体』講談社+α文庫。85年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落した日航機123便。当時、群馬県警勤務で、遺体の身元確認の責任者となった著者が、520名の全遺体の身元確認がとれるまでの127日間、暑さと腐臭の現場で味わった、警察、日赤看護婦、医者、それらの家族、遺族らの奮闘、悲しみ、やさしさ、憤り、怒り、粘り、気力の壮絶な記録。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (292/619)

話題になったところでいうと、「納棺夫日記」でしょうか。
映画「おくりびと」の原作と言われている本です。
「生と死」かといわれるとすこし違うかも…

参考になれば幸いです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ