• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

この物体の慣性モーメント

こんにちは、いつもお世話になっております。 ある形状の慣性モーメントの求め方について困っておりまして、ご教示下さい。 ある問題で図のグレーの部分の慣性モーメント I (灰色)を求めるというのに出会いました。 図のとおりなのですが、いわゆるカムと呼ばれるものと認識しております(間違っていたらすみません)。 回転の軸が、グレーの円盤の中心ではなく、少しずれた位置、R/2ずれた位置にあります。 質量は、円盤が完全な空洞のない状態の場合、M、でして、実際は四分の一が抜けているため、 3/4 Mとお考え下さい。 模範解答では、 まず、グレーの円盤が完全なものだとした場合の慣性モーメントI (大円盤)を、平行軸の定理から求めます。 次に抜けている部分(直径R、半径R/2の小さな円盤)があったとした場合を考え、その小さな円盤の慣性モーメント I (小円盤)を求めます。 そして、I (大円盤) - I (小円盤)が求めるべき慣性モーメント I (灰色)だというように記載がありました ・・・・(1) つまり、 I(大円盤) = 1/2 MR^2 + 1/4 MR^2 (平行軸の定理) I (小円盤) については、 質量がM/4で、半径がR/2であるため、 I (小円盤) = 1/2 (M/4) (R/2)^2 したがって、 I (灰色) = 1/2 MR^2 + 1/4 MR^2 - 1/2 (M/4) (R/2)^2 = 23/32 MR^2 となります。しかしながら、ここで、小円盤が抜けている 灰色の部分の質量は、3/4 Mであるため、 実際は、I (灰色) = 23/32 x {(M ÷ 3/4 (M)} R^2 = 23/24 MR^2 ・・・・(2) となり、答えは、 23/24 MR^2 でした。 ここで、私の疑問です。 まず、(1)の箇所で、なぜこのように単純に慣性モーメントの差を 求めるべき灰色の物体の慣性モーメントとしていいよいのでしょうか。 そうだと言われれば、それまでなのですが、積分計算して確かめてみたいです。 しかし、回転軸が中心からずれていることから、計算式の立て方が分かりません。 お教え頂けないでしょうか。 次に、(2)の箇所です。なぜ灰色部分の質量を考え「直す」必要があるのか分かりません。 すでに(1)の段階で差し引きをしていることから、灰色の部分の質量はすでに加味されている と漠然ですが、考えてしまいます。しかも、Mの代わりに、3/4Mを代入するのではなく、 なぜかMを3/4Mで割っており、余計に混乱してしまいました。 悩み続けておりますが、どうにも答えが出ません。模範解答は 「灰色の部分の質量は、3/4 Mであるため、」としか書いておらず、 助けになりません。 どうか、ご教示下さい。お願いします。 なお、以上の数式や表現(たとえば、 I(大円盤)など)は テキストで上付きや下付きができなかったため、このようにさせて頂きました。 分かり辛いようでしたら、改めて書き直しますゆえ、どうぞ宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1411
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hrsmmhr
  • ベストアンサー率36% (173/477)

モーメントの差になるのは ∫[灰色の部分]r^2dm=∫[全体]r^2dm-∫[白色の部分]r^2dm と積分する領域の差として記述できます 最後の3/4で割るのは、違うのかもしれませんが、 灰色の部分の質量がMとしたときの慣性モーメントを公式のように出して 後の方で引用したいのかと思いましたが、 ここだけの記述では正しいのかどうかは判断できません (そうするこんとにより、小円盤のモーメント+灰色部分のモーメントでこの物体全体(灰色の部分がない小円盤をふくんだ)のモーメントの計算がしやすいかと) そうでなければあなたの仰られていることはもっともだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事を送るのを失念しておりました。失礼致しました。回答ありがとう御座います。おかげさまで解決しました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

おそらく、問題が、最初は灰色のところの質量がM、となっているのではないでしょうか。 これを計算が煩雑になるため、円盤が完全な空洞のない状態の場合Mとして計算し、最後に変換していると。 灰色のところの質量をM'とするとM'=3/4MからM=4/3M' I (灰色) = 23/32 MR^2 = 23/32 x 4/3M' R^2 = 23/24 M'R^2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • 2物体の慣性モーメント

    力学の授業で出された慣性モーメントの問題がさっぱりわかりません。 質量M、長さLの剛体棒の先に質量Mの質点を取り付け、 質点を取り付けていないほうの剛体棒の先端を回転軸とした場合の慣性モーメントはどうなるのでしょうか? 下記に自分なりの解答を考えましたが、全く自身ありませんのでご教授よろしくお願いいたします。 剛体棒の慣性モーメント=ML^2/3 なのですが、質点は半径が無いため2MR^2/5が使えません。 そこで、別の方法を試みました。 この合体した剛体の重心は回転軸から計って3L/4だと思うのですが(この重心の計算も自身ありませんので間違っていたらご指摘ください)、 ここを原点として∫ρx^2 dx  (ρ=2M/L:合体剛体の密度、積分区間:[-3L/4,L/4] を計算して、平行軸の定理から、これに2M(3L/4)^2を足せばいいでしょうか? 説明がわかりにくくて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 慣性モーメントについて

    半径b、質量Mの円盤を、重心から距離hの点に円盤に垂直な軸をつけて回転台に取り付けて振動させて周期と慣性モーメントを測定しました。hを重心から遠ざけていくと、周期と慣性モーメントが大きくなりました。イメージはわくのですが、なぜなのでしょう?  説明できる方いましたら教えてください。あと円盤からどのように力が働いているのかも教えていただければうれしいです。 お願いします。

  • 球の慣性モーメントについて

    こんにちは!!工学部に通う大学一年生です。現在大学の物理学で慣性モーメントについて勉強しています。そこで下のような問題を解きました。 「球(質量M、半径R)の1つの直径周りの慣性モーメントを求めよ。 」 という問題を解いてみて解答を見ると 球の密度をρ=M/(4/3)πR^3とする。球の中心から高さzからz+dzの間にある厚さdzの円盤の質量はρπ(R^2-z^2)dz よって慣性モーメントはi=(1/2)ρπ(R^2-z^2)dz(R^2-z^2) これを積分してI=∫idz=(2/5)MR^2 (積分区間は-R≦z≦R) となっていました。解答の流れと計算はわかるのですが、i=(1/2)ρπ(R^2-z^2)dz(R^2-z^2)の式に何故(1/2)がつくのかわかりません。 教えてくださいm(_ _)m

  • 慣性モーメントについて

    いまいちよくわかりません。忙しいと思いますが、教えてください。 密度ρの物質でできている、半径a厚さdの円盤と、半径b厚さdの二つの円盤を、重心を合わせてはり合わせ、半径aのほうの円盤の円周に沿って長さlの紐を巻きつけ一定の力Fでその紐を引っ張り、回転させることを考える。 という問題で、 慣性モーメント・・・I=(1/2)*π*ρ*d*{a^(4)+b^(4)} 角速度・・・・・・・ω=2F/[π*a*d*ρ*{a^(2)+b^(2)}] 運動エネルギー・・・k=I*ω^(2)/2=F^(2)*(a^(4)+b^(4))/[π*a^(2)*d*ρ*{a^(2)+b^(2)}^(2)] という風に自分で考えたんですが、角加速度と回転のエネルギーがよくわかりません。どう考えればよいのでしょうか。あと、上の慣性モーメントなど間違って考えてるかもしれないので、もしそのときは、教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 穴あき円盤の慣性モーメント

    密度ρ=7.8[ton/m^3]、半径R=20[cm]、厚さt=20[mm]の円盤に、半径r=10[cm]の位置に中心点を持つ直径D=8[cm]の穴が90°間隔で4個空いてる円盤の中心軸(長て方向)周りの慣性モーメントIoの計算が上手くいきません。 先ず穴があいてない円盤の質量m1・慣性モーメントIo1を求めて、次に平行軸の定理から穴をあけた分の質量m2・慣性モーメントIo2を求め、Io=Io1-Io2で計算しています。 皆さんの回答方法を教え下さい。詳しくご教授願います。 ちなみに、正解は0.36[kg m^2]です。

  • 角運動量などに関する質問です。

    下図のように、剛体円盤AとBが、なめらかな(x,y)平面上にある。質量はともにM、半径はともにRであり、単位面積当たりの質量は一定であるとする。円盤Aが、速さvでx方向に回転せずに運動し、静止している円盤Bに衝突した。衝突前の円盤Aの中心はy=–Rで与えられる直線上に、円盤Bの中心は原点にあったとする。2つの円盤は衝突の瞬間に接点で完全に付着し、その後、一体となって運動したとする。以下の設問(1),(2)に答えよ。
 (1)2つの円盤の重心系での全角運動量の大きさLを、M、R、vのうち必要なものを用いて表せ。 
(2)付着後の2つの円盤の重心を通る(x,y)平面に垂直な軸のまわりの慣性モーメント(慣性能率)Iを、M、R、vのうち必要なものを用いて表せ。 この問題の解答は次のようなものでした。 『(1) 両者の重心系においてはAが左からv/2、Bが右からv/2の速度で自転せずに近づいてくるように見える。接点から速度ベクトルまでの距離はともに R/√2 であるから、 L=2×M(R/√2)(v/2)=MRv/√2 (2) 一つの円板の、その中心の周りの慣性モーメントは (1/2)MR^2 であるから、平行軸の定理により、その円周上のある点における慣性モーメントは (1/2)MR^2+MR^2=(3/2)MR^2 である。これが2つあるので、 I=3MR^2』 ここで、これらの解答に関していくつか質問があります。 質問(1) 『両者の重心系においてはAが左からv/2、Bが右からv/2の速度で自転せずに近づいてくるように見える。接点から速度ベクトルまでの距離はともに R/√2 であるから、 L=2×M(R/√2)(v/2)=MRv/√2』 この解答の意味するところがさっぱりわかりません。解説していただけないでしょうか。 質問(2) 『一つの円板の、その中心の周りの慣性モーメントは (1/2)MR^2 であるから、平行軸の定理により、その円周上のある点における慣性モーメントは (1/2)MR^2+MR^2=(3/2)MR^2 である。これが2つあるので、
I=3MR^2』 とありますが、これは付着後は重心が2つの円盤の接点になるということなのでしょうか? それと、接点の慣性モーメントはどうして円周上のある点における慣性モーメントの和になるのでしょうか?円周上のある点における慣性モーメントは (1/2)MR^2+MR^2=(3/2)MR^2 であることは理解できますが。この点は理解できません。

  • 慣性モーメント

    類似の質問がありませんでしたので質問させていただきます。 半径rの円盤について、回転軸が板面に平行なものの慣性モーメントの求め方がわかりません。 どのようにしたらよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • この物体の慣性モーメントの求め方が知りたいです。

    こんにちは、添付の図の慣性モーメントの求め方を是非知りたいです。 私の先生は覚える必要も、求め方を覚える必要もないと言われたのですが、やはり自分で求めてみたいと思い、投稿させてもらいました。 図は円柱で、上下面に垂直に走る回転軸ではなく、 柱方向に対して垂直にかつ重心を通る回転軸を考えた場合の慣性モーメントです。 添付の図右側に示されているIx やIyに相当します。 これがなぜ、m/12 (3r^3 +h^2)となるのか、どうにかといてみたいのですが、いかがでしょうか。 回転軸が上下面に垂直に走る回転軸の場合のIz = (mr^2)/2は、 微小領域の体積を R x dR dθ dzとして、物体の密度をDとし I = ∫R^2dm = ∫D x R^3 x dR dθdz を導き出し、R, θ,zについて積分する( 各範囲 0<R<r、 0<θ<2π、0<z<h という方法で求めて、理解できたのですが、Ixについてが理解できておりません。 Ixの場合、 微小領域の体積を R x dR dθ dz、密度Dは同じと考えています。 I = ∫R^2dmのところで、軸から微小領域までの距離に相当するのはz座標の絶対値であるため、 R^2 = z^2としました。すると I = ∫R^2dm = ∫D x z^2 x R x dR dθdz としました。そしてこれを解くと、 I = D [(z^3)/3] [(R^2)/2][θ] となり、各範囲 0<R<r、 0<θ<2π、-h/2<z<h/2 として計算すると、 I = (D x h^3 x r^2 π)/12 となり、ここで、円柱の総体積がπhr^2であり、円柱の質量をmとすると、 D = m / (πhr^2) であるから、これをIの式に代入すると mh^2/12 となってしまいました。これは添付のm/12 (3r^3 +h^2)と異なり、困っています。 式の過程ですでに、3r^3に相当する項が存在しないため、答えが違うことは目に見えていたのですが、過程をご覧頂ければと思い記入しました。 どうか添削や正しい解答をお教え頂きたく、宜しくお願いします。 質問が長くなり、また数式が見辛い点が多々あると思いますが、 どうかお助け頂きたく宜しくお願い致します。

  • 慣性モーメントについて

    高さL、外径b、内径aの一様な中空の円柱 (半径rの穴の開いた半径bの円柱の中に、半径aの同じ高さの円柱がある。つまりr=b-a) の中心軸zのまわりの慣性モーメントIzを求めたいのですが。 普通の円柱の場合は、I=∫∫∫_ⅴ R^2ρdxdydz  (ⅴ:積分範囲 R:回転軸からの距離 ρdxdydz:微笑部分の質量? ρは体積密度) で慣性モーメントを求めることができますが、中空の円柱の場合、どのように積分範囲やRを求めてよいのかが分かりません。 図がうまく説明できませんが、どなたか回答・アドバイスお願いします。

  • 円盤の慣性モーメントについて質問です

    円盤の問題でわからなくて困っています 質量の限りなく小さな半径「r」の円盤があり、円板の外周に90度間隔で質量「m」の重りを4つ付加した場合の円板の慣性モーメント「I」の求め方を教えてください!