• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸化・還元反応について

今ひとつ酸化・還元の定義がわかりません。 アバウトな判断でしているのできちんと理解できるよう、 どなたか説明してください。   (1) H2SO4+BaCl2 → BaSO4+2HCl  ・・・・左辺のH2がなくなったので酸化?           ---   (2) 2KI + Cl2 →2KCl + I2  ・・・・・・・・・・・Clの2が 電子を失ったので酸化?          ---   (3) Fe2O3 + 2Al → 2Fe + Al2O3・・・・・・O3が2Heから離れたので酸化?     --   (4) 2H2S + SO2 → 3S + 2H2O・・・・・・・Sから2Hが離れたので酸化?        -          数字の位置がうまく表示できず見づらくてすみません。    こんなにアバウトな考えではだめなんでしょうか?    どなたかご教授ください、どうぞよろしくお願いします。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数644
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

1つの式の中のどこかに酸化された元素があれば別のところに必ず還元された元素があります。 あなたの書かれている結論はその点でおかしいのです。 酸化数を使うと全ての場合について判断可能ですが、酸化数の値の判断がハードルになってしまいます。 あなたが使おうとしている判断でどこまで行くことができるかやってみましょう。 (3)酸素が離れたら還元です。代わりに別のところで酸素がくっついています。    Feは還元されていますが代わりにAlが酸化されています。 (4)H2SからはHが離れています。SO2からはOが離れています。    H2Oの中のSと、SO2の中のSで酸化されたか還元されたかが異なっています。 (2)Cl2がKClに変わればClはCl^-になっています。電子を貰っています。還元です。    代わりにKIの中のIがI2になっています。Iは電子を失っています。    Iが酸化されてClが還元されています。 (2)(3)(4)は全て単体が顔を出しています。 単体と化合物の入れ変わりが起こっている反応は全て酸化・還元反応です。 (1)には単体が関係していません。    イオンの価数だけの変化でもありません。    これが一番判断が難しいです。    BaCl2の中のClはイオンですがHClは分子です。    HClの中のClに対してBaCl2の中のClと同じ扱いをする、Cl^-のイオンと同じであるとみなすというのが酸化数の考え方です。BaSO4の中のBaは2+のイオンです。これはBaCl2の中の時と変わりません。SO4は2-のイオンです。H2SO4の中のSO4の部分をBaSO4の中のSO4と同じとみなすというのも酸化数の立場です。 こういう風に考えると酸化数の変化している元素はどこにもありません。 (4)は酸化・還元反応ではないとしています。 教科書にある酸化数を求める時の規則というのはイオンと分子とが混ざってくる時に「何とか判断したい」ということから出てきたものです。「仮に化合物を全てイオンの集まりのように見なしたらそのイオンの価数はいくらになるか」ということで出した数値です。酸化・還元反応の判断に限って使うことができるものです。化学結合の議論に変わるものではありませんので注意して下さい。 酸化数で考えることのメリットの一つは中和反応と酸化・還元反応を分離して考えることができるようになるということです。中和反応にもHの移動が出てきますので中和反応も酸化・還元反応に含まれてしまうようにも思ってしまいます。酸化数を考えるとそれを分離することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

酸化還元反応は、酸素をもらったり、水素をもらったり、電子をもらったりで話されますが、 基本的に化学反応式で酸化した還元したという話にはなりません。 ある化学式で、ある元素が酸化していれば、またある元素は還元しており、プラマイ0になっているはずです。 (3)では、 Feは酸素が外れたので還元され、Alは酸素がくっついたので酸化されています。 (4)では、 H2SのSは酸化し、SO2のSは還元されています。 酸化数の話が出てくれば、もっと明確になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

各原子の酸化数がどのように変化したか調べてください. 酸化数が増えていれば酸化された, 減っていれば還元されたということ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました^^

関連するQ&A

  • 原子の酸化数、還元酸化された物質は何か、酸化還元された物質の化学式を求めてください

    回覧ありがとうございます _数字は下に付く数字です ^数字は上に付く数字と考えてください ()の中に入っている原子が求めてもらいたい原子です 大きく分けて3つの大問題がありますが、もし大変でしたら 1つだけでも十分です。宜しくお願いします 【1】原子の酸化数を求めてください 1.N_2 (N) 2.CO (C) 3.CO_2 (C) 4.SO_2 (S) 5.H_2S (S) 6.NH_3 (N) 7.Ca^2^+ (Ca) 8.NO_3^- (N) 9.SO_4^2^- (S) 10.K_2CrO_4 (Cr) 11.KMnO_4 (Mn) 12.H_2C_2_O_4 (C) 【2】次の反応で酸化、還元された物質はそれぞれ何か 1.H_2+Cl_2 → 2HCl 2.CuO+H_2 → Cu+H_2O 3.2CO+O_2 → 2CO_2 4.H_2S+H_2O_2 → S+2H_2O 5.2Na+2H_2O → H_2+2NaOH 【3】還元、酸化された物質の化学式は何か 1.Zn+2HCl→ZnCl_2+H_2 2.2KI+Br_2→2KBr+I_2 3.2Na+2H_2O→2NaOH+H_2 4.Fe+H_2SO_4→FeSO_4+H_2 5.SO_2+Cl_2+2H_2O→H_2SO_4+2HCl 6.Cl_2+Na_2SO_3+H_2O→2HCl+Na_2SO_4 7.SO_2+2H_2S→3S+2H_2O

  • 酸化と還元について

    酸化とは酸素原子を得、水素原子と電子を失うことにより、酸化数が増加するもの。還元とは、酸素原子を失い、水素原子と電子を得、酸化数が減少することと習ったのですが、 SO2 + Cl2 + H2O > H2SO4 + 2HCl HCl は、H(+) と Cl (-) の化合物で、Cl (-) の酸化数は -1。 よって、Cl2 (単体: 酸化数0) > Cl (-) (酸化数-1) へ減少。よって、Cl2は、還元された。 しかし、H2SO4の場合、H2 (酸化数:1), S (酸化数:6), O4 (酸化数: -2)。確かに、SO2, S (酸化数: 4) O2 (酸化数: -2) のSの酸化数は増えていますが、同時にH2を受けとっていますよね。SO4は酸化したとよべるのですか。 教えてください。

  • 酸化還元反応について教えて下さい。

    酸化還元反応について教えて下さい。 次の反応で酸化剤としてはたらいている物質を化学式で書けという問題で、 (1)Zn+CuSO4→ZnSO4+Cu (2)Cl2+2KBr→2KCl+Br2 (3)2HgCl2+SnCl2→HgCl2+SnCl2 (4)SO2+Cl2+2H2O→H2SO4+2HCl の場合、(1)Zn (2)Cl2 (3)Sn (4)Cl2 でよろしいでしょうか? もし間違っていたら解説をしていただけると幸いです。

  • 酸化数による酸化剤・還元剤の判定の仕方は?

    化学の問題集に次の化学反応式でH2SO4とHClは夫々、酸化剤、還元剤のどちらか?という問題がありました。 (1)Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO2 (2)MnO2+4HCl→MnCl2+2H2O+Cl2 酸化数を調べると H2SO4の Hについて +1→+1 で変化無し。 Sについて +6→+6 +6→+4 増加したSがあった。 Oについて -2→-2 -2→-2 -2→-2 で変化無し。 酸化数が変化(増加)した元素があったのでH2SO4は還元剤。 続いてHClの Hについて +1→+1 で変化無し。 Clについて(MnとClの酸化数が固定されていない?ので自信ナシ) -1→-2 -1→0 で増加したものものもあれば、減少したものもあるのでHClは還元剤とも酸化剤とも言えない。 と推測したのですが、何処が間違っているのでしょうか? よろしくお願い致します。m(_ _)m

  • 酸化還元反応について

    高校化学からの質問です。 酸化数の単元で、「塩では酸を基準として酸化数を決める。例えばAgClでは、HClを考え、Clの酸化数は-1とわかる」とありました。ではFeSはどうなるのでしょうか?H2SとSO2のふたつの酸がとりあえず考えられ、Sの酸化数はそれぞれ+2と+4で異なっていて、Sの酸化数が特定できないと思うのですが。 宜しくお願いします。

  • 酸化・還元反応 わからなくなってきました。

    自分なりに解釈しながらやっていたのですが 頭が混乱してわからなくなってきました。  2KI + Cl2 =  2KCl  + l2    Clが酸化、還元のどちらの反応をしているかなのですが   そもそもCl は、-1ですよね   Cl2は、なぜ0なのでしょうか。   Cl, Cl2はどちらが酸化している状態ですか?   考えれば考えるほど混乱し、   もう頭がどこかへ飛んでいってしまった気分です、   どなたかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 酸化還元反応についての問題でわからない部分があるので質問します

    酸化還元反応についての問題でわからない部分があるので質問します 次の反応について参加された原子、還元された原子についての酸化数の変化をしめせ 10KCL+2KMnO4+8H2SO4→5CL2+2MnSO4+6K2SO4+8H2O という式なのですが Mnの変化が+7→+2にどうしてなったのかわかりません +7のほうは -8(Oの酸化数)+1=-7 より +7ですが +2はなんでしょう? それともう一題同じ問なのですが CaCL(CLO)・H2O+2HCL→CaCL2+CL2+2H2O という問で CaCL(CLO)のCLの酸化数が+1となっているのですがこれはなぜでしょう。 お手数ですがおねがいします

  • 酸化数が全然わかりません

    タイトル通り本当にわかりません。助けて下さい 問題 原子について酸化数の変化を「0→+1で酸化された」のように答えよ。 (1)酸素をやりとりする反応    *1* 2CO + Oν2 → 2COν2 ・私の考え Cの数は+4  Oは-4 単原子は0 →Cは+4 Oは-8   ・私が考えた答え  0→-8だから酸化された? ↓以下わからない問題 (1)*2* Feν2Oν3 + 2Al →2Fe + Alν2Oν3 (2)水素をやりとりする反応  *1* 2HI → Iν2 + Hν2   *2* Clν2 + Hν2 → 2HCl (3)酸素も水槽も関係しない反応  *1* 2Na + Clν2 → 2NaCl *2* 2Ag + Cu →2Ag + Cu^2+

  • 酸化力について

    酸化力について 自分で考えてもわかりません 問.次の反応から、S,Cl2,Br2,I2を酸化力の強い順に並べて書け。 2KBr+Cl2→2KCl+Br2 2KI+Br2→2KBr+I2 2KI+CI2→2KCl+I2 H2S+I2→2HI+S 解答 Cl2 Br2 I2 S 上の反応式をどう使って答えを導けばいいんですか? 原子半径の大きさからCl2>Br2>I2となる(考え方合ってますか?)のはわかるんですけど… 酸化力の強さはどうやって判断したらいいのですか?

  • 酸化剤MnO2,還元剤HCl

    硫酸酸性下で、MnO2にHClを加えて加熱した時の酸化還元反応がわからないので質問します。 ()で、イオンの正負と大きさを表します。お願いします。 酸化剤 MnO2+4H(+)+2e(-) → Mn(2+)+2H2O。 還元剤 2HCl→2H(+)+Cl2+2e(-) 電子e(-)を消して、H(+)を左辺にまとめると、MnO2+2H(+)+2HCl→Mn(2+)+2H2O+Cl2 ここでインターネットで調べたところ両辺に2Cl(-)を加えているのがわからないところです。 硫酸酸性下だと他の酸化還元反応の式をつくる際は、電子を消去したあと、SO4(2-)を加えているのでわからなくなりました。どなたか両辺に2Cl(-)を加える理由を教えてください、お願いします。 反応式の正解は、MnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2Oでした。