• 締切済み
  • すぐに回答を!

酸化還元反応

問題 硫酸酸性条件下での過マンガン酸カリウムとシュウ酸の酸化還元反応を化学式で書け。 解答  酸化剤     (1)MnO4- + 8H+ + 5e-→Mn2+ +4H2O 還元剤    (2)C2O42- →2CO2 + 2e- (1)×2+(2)×5 より10e- を消去すると    2MnO4- + 16H+ +5C2O42- →2Mn2+ +8H2O + 10CO2 ★★ここから下が分かりません。 両辺に、2K+と3SO42- を足す。 2MnO4+3H2SO4+5H2C2O4→   2mnSO4 +8H2O +10CO2 +K2SO4 ★★疑問★★   (1)2K+と3SO42-はどこからきたのですか?    急にでてきたので、意味が分かりません。。       (2)右辺  K+ 2個を2MnO4-に足す        SO42- 3個を16H+に足す        16H+の10H+を5C2O42-にあげる。        左辺 SO42- 2個を2Mn2+に足す       K+2個とSO42-1個を合わせて、K2SO4に。   「?イオンを ?場所に足す」 という作業は、どのようにして、やるのですか? ●●どなたか、2k+ と 3SO42- を足す  ところからのやり方をおしえてください。。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数5
  • 閲覧数699
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.5
  • km1939
  • ベストアンサー率33% (59/176)

 質問者さんの解答は半反応式と言う書き方です。   半反応式:水溶液内で、酸化剤、還元剤がそれぞれどのように   電子を取り込んだり、放出しているを示した式。   半反応式は、直接酸化、還元に関係ある物質のみで書き表すので、   酸化、還元に関与しない物質は省略します(K,SO4)。   ご存知のように酸化と還元は同時に起きますので、半反応式を使うか   全物質で反応式を表わすかは慣れの問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

化学反応式は変化した物質についての関係を表しています。 存在していても変化していなければ式の中には入ってきません。 空気中での燃焼の式には窒素は現れてきません。水溶液の反応でも大量に存在する水は式の中に出てきません。 HCl+NH3→NH4Cl の式だけでは気相反応であるのか水溶液中での反応であるのかの区別が出来ません。どちらであるかによって反応の仕組みは異なるはずですので実験条件として式以外の情報を補わなければいけないということになります。 イオン反応式は変化するイオンで考えていますから変化しないイオンが存在しても式の中には出てきません。 存在しているが変化していない物質、イオンは実験条件から補って考える事になります。 この場合でいうと過マンガン酸カリウムを使っていますからK+を補う事になります。これがもし過マンガン酸ナトリウムを使ったのであればNa+を補うことになります。 イオン反応式がMnO4-で書かれているということはKMnO4で起こる反応はNaMnO4でも起こるということを表しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

先の回答は質問者さんの(2)以降を答えてられるので (1)をば。 2K+は、過マンガン酸カリウムのカリウムイオン。 3SO42-は、硫酸の硫酸イオン

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

1さんの(2)式は H2C2O42-ではなく、H2C2O4ですね。 消し忘れでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

過マンガン酸カリウムの化学式はKMnO4、シュウ酸の化学式はH2C2O4というのはよろしいですね? なので、本来の個々の反応式は (1)KMnO4 + 8H+ + 5e-→Mn2+ +4H2O +K+ (2)H2C2O42- →2CO2 + 2e- +2H+ になります。この2式から電子を消去すると((1)*2+(2)*5) 2KMnO4 + 16H+ +5H2C2O42 →2Mn2+ +8H2O + 10CO2 +2K+ +10H+ これを整理すると 2KMnO4 + 6H+ +5H2C2O42 →2Mn2+ +8H2O + 10CO2 +2K+ になります。 化学反応式というのは「化学式」のみで表された反応式なので、式中にイオンを含んではいけません。 なので、イオンを打ち消すように硫酸イオンで帳尻を合わせます。硫酸イオンは2価の陰イオンなので6H+を打ち消すためには3分子反応させればよいですね? もちろん、片方だけに加えるわけにはいかないので、両辺に3SO42-を加えます。 2KMnO4 + 3H2SO4 +5H2C2O42 →2MnSO4 +8H2O + 10CO2 +K2SO4

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【化学】酸化還元反応の、化学反応式の作り方

    硫酸酸性のシュウ酸水溶液を温めておき、過マンガン酸カリウム水溶液を加えると、 MnO4^-の赤紫色が消え、気体が発生する。この反応を化学反応式で示すと、次の通り。 酸化剤 MnO4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H^2O 還元剤 H2C2O4          → 10CO2 + 10H^+ + 10e^- I、上記より、2MnO4^- + 6H^+ + 5H2C2O4 → 2Mn^2 + 10CO2↑ + 8H2O になる。 両辺に、2K+と3SO4^2-を加えて整理すると、次の化学反応式が得られる。 II、2KMnO4 + 3H2SO4 + 5H2C2O4 → 2MnSO4 + K2SO4 + 10CO2↑ + 8H2O 完成。 IからIIの流れで、 ・6H^+から3H2SO4 ・2Mn^2から2MnSO4 ・K2SO4を作る にするにはどうすれば良いのでしょうか? 6H^+に3SO4^2-を加えて3H2SO4にする式、 2Mn^2に3SO4^2を加えて2MnSO4にする式が分かりません。 ご教示願います。

  • 酸化還元反応

    硫酸鉄(II)水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加える。この酸化還元反応式を書け。 半反応式は、 MnO4⌒-+8H⌒++5e⌒-→Mn⌒2++4H2O・・・(1) Fe⌒2+→Fe⌒3++e⌒-・・・(2) (1)+(2)×5から、 MnO4⌒-+5Fe⌒2++8H⌒+→Mn⌒2++5Fe⌒3++4H2O 最後に、K⌒+、SO4⌒2-を補う。 2KMnO4+10FeSO4+8H2SO4→2MnSO4+K2SO4+5Fe(SO4)2+8H2O となるのですが、最後にK⌒+、SO4⌒2-の補い方が分かりません。解説をお願いします。

  • 酸化剤 還元剤の反応

    次の酸化剤還元剤の反応を完成させよ。  1 過マンガン酸カリウム(酸化剤)とシュウ酸(還元剤) <イオン反応式>  MnO4-+8H++5e-→Mn2++4H2O (1) H2C2O7→2CO2+2H++2e-(2)   <化学反応式> (1)×2-(2)×5より 2MnO4-+10CO2+6H+→3H2C2O7+2Mn2+8H2O  あってますか?

  • 酸化剤MnO2,還元剤KBr

    硫酸酸性下で、MnO2とKBrを反応させた時の酸化還元反応で疑問があるので質問します。 ()で、イオンの正負と大きさを表します。お願いします。 酸化剤 MnO2+4H(+)+2e(-) → Mn(2+)+2H2O。 還元剤 2KBr→2K(+)+Br2+2e(-) 電子e(-)を消して、MnO2+4H(+)+2KBr → Mn(2+)+2H2O+2K(+)+Br2 そのあとのイオンを化合物にする時に、インターネットで調べたところ、酸性下ではKHSO4。中・塩基性ではK2SO4ができるとするのが1つ目の疑問です。Mn(HSO4)2とならないのはなぜ?これは覚えないといけないのでしょうか? KHSO4が生じるとして、両辺に2HSO4(-)を加えて、MnO2+2H(+)+2H2SO4+2KBr → Mn(2+)+2H2O+2KHSO4+Br2 そして、SO4(2-)を両辺に加えて、 MnO2+3H2SO4+2KBr → MnSO4+2H2O+2KHSO4+Br2で正解の反応式ができるのですが、HSO4(-)は硫酸酸性下なので加えることができるのでしょうか?もし硫酸酸性下でHSO4(-)を両辺に加えることができるとすれば、どうやって両辺に加えるイオンは、SO4(2-)かHSO4(-)を区別するのでしょうか?これが2つめの疑問です。 どなたか疑問に答えてくださいお願いします。(できれば高校化学の範囲内での説明をお願いします。)

  • 酸化還元反応式がわかりません!

    酸化還元反応式の代表的な過マンガン酸カリウムと過酸化水素の式について質問します。 2MnO4(-)+5H2O2+6H(+)→2Mn(2+)+5O2+8H2O ここまではわかるんですが、そのあとの「式の両辺に2K(+)3SO4(2-)を加える」ということがわかりません。なぜこの2つはどこから求めるのですか?考えてみましたがわかりませんでした。

  • 酸化還元反応式のつくり方

    硫酸酸性のK2Cr2O7水溶液に(COOH)2水溶液を加えると、 Cr2O72-+14H+6e-→2Cr3+7H2O…(1) (COOH)2→2CO2+2H+2e-…(2) (1)+(2)×3より、 Cr2O72-+3(COOH)2+8H→2Cr3+6CO2+7H2O となります。ここまでは分かるのですが、 これに、両辺2K+,4SO42-を加えると、 K2Cr2O7+3(COOH)2+4H2SO4→Cr2(SO4)3+K2SO4+6CO2+7H2O となるのがどうしても分かりません。詳しく説明お願いします。 読みにくくてスイマセン。

  • 酸化剤MnO2,還元剤HCl

    硫酸酸性下で、MnO2にHClを加えて加熱した時の酸化還元反応がわからないので質問します。 ()で、イオンの正負と大きさを表します。お願いします。 酸化剤 MnO2+4H(+)+2e(-) → Mn(2+)+2H2O。 還元剤 2HCl→2H(+)+Cl2+2e(-) 電子e(-)を消して、H(+)を左辺にまとめると、MnO2+2H(+)+2HCl→Mn(2+)+2H2O+Cl2 ここでインターネットで調べたところ両辺に2Cl(-)を加えているのがわからないところです。 硫酸酸性下だと他の酸化還元反応の式をつくる際は、電子を消去したあと、SO4(2-)を加えているのでわからなくなりました。どなたか両辺に2Cl(-)を加える理由を教えてください、お願いします。 反応式の正解は、MnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2Oでした。

  • 次の酸化還元反応式を教えてください(大至急!!)

    (問)次の物質どうしの酸化還元反応式を書け。   KMnO4硫酸酸性水溶液をFeSO4水溶液と反応させる。 そこで、一応、問題集の答えを見たら・・・ (解)MnO4^- + 5Fe^2+ + 8H^+ → Mn^2+ + 5Fe^3+ + 4H2O イオン反応式までは分かるのですが、さらに両辺にK^+、5SO4^2-、4SO4^2-、を加えて最終的に 2KMnO4 + 10FeSO4 + 8H2SO4 → 2MnSO4 + 5Fe2(SO4)3 + 8H2O + K2SO4  となるまでの間がどうしても理解出来ません。 とても急いでいます。どなたか御教授ください。お願いします! 

  • 酸化還元滴定

    ある濃度の過酸化水素水10mlに希硫酸を加えて酸性にした。これに0.10mol/Lの過マンガン酸カリウム水溶液を30ml加えると、過酸化水素が過不足なく反応した。 (1)この反応が完結したことは、どのようなことから判断すればよいか。 (2)この反応式をイオン反応式で表せ。 (3)過酸化水素水のモル濃度を求めよ。 高校の復習ということで、大学の課題に出たものなのですが、参考書を見てもいまいち理解できません。 (2)はバカなりに考えた結果 MnO4-+8+5e-→Mn2-+4H2O H2O2→O2+2H++2e- ●2MnO4-+5H2O2+6H+→5O2+Mn2++8H2O これが ◎2KMnO4+5H2O2+3H2SO4→K2SO4+2MnSO4+5O2+8H2O になるものを使うのかなと 思うのですが、どうすれば ●の式が◎の式になるのか わかりません。 そもそもの考え方が 間違えているのでしょうか? (1)~(3)の回答を解説またはヒントになるものを教えていただけないでしょうか? 至急お願いしますm(_ _)m

  • 酸化還元反応式について質問です。

    硫酸酸性で過マンガン酸カリウム溶液に過酸化水素水を加えた という問題なら、半反応式であらわすと 酸化剤 MnO^4+8H++5e-→Mn2++4H2O 還元剤 H2O2→O2+2H++2e- こうなって、これをイオン式であらわすと、 2MnO^4-+6H++5H2O2→2Mn^2++8H2O+5O2 になりますよね? ここでよくわからないんですが、半反応式には酸化剤には左辺にH+が、還元剤には右辺にH+があるじゃないですか? イオン式ではH+は左辺にまとめてありますよね? これってH+は左辺に持って行くって決まりとかがあるんですか?右辺においてもいいんでしょうか? これ以外の反応でも、H+やH2Oが両辺にあった場合、どちらにまとめればいいのかわかりません。 意味不明な質問かもしれませんが、よろしくお願いします…;