• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸素消費量

血中Hb濃度15g/L、動脈血SO2=98%、静脈血SO2=75%、心拍出量5L/minの時、1分当たり体全身で消費する酸素消費量を解説つきで教えてください。 Hb1gは1.34mlの酸素と結合します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4252
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Quarks
  • ベストアンサー率78% (248/317)

動脈血では、HbO2が 全Hbの 98% に達していて、静脈血では 全Hb の 75% がHbO2 状態になっています。 1[g]のHbに着目しますと、動脈血中では、その98%、つまり 1[g]/0.98=0.98[g] がHbO2となっていて、静脈血中では、75%、つまり 0.75[g] がHbO2の状態になっていることになります。 もし、1[g]のHbを含む血液が、心臓から(動脈血として)出て行き、組織を経由して再び心臓に(静脈血として)戻ってくると、 0.98-0.75=0.23[g]のHbが、HbO2からHbに変化したことになります。 1[g]のHbは1.34[mL]のO2と結合できるのですから、0.23[g]のHbはO2 1.34・0.23=0.782[mL] を組織に渡してきたと考えて良いわけです。 さて、血液は1分当たり5[L]、心臓から出ていきますから、体の全組織ではやはり1分当たり5[L]の動脈血がやってきて、酸素を渡し、静脈血として戻っていくことになりますね。 5[L]の血液には 15・5=75[g] のHbが有るわけですから、先の議論を勘案すると 75・0.782=58.65[mL] のO2が組織に渡されたと言えることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございます。

関連するQ&A

  • 酸素解離曲線

    動脈血(酸素分圧 100mmHg)1dLが組織に到着してから静脈血(酸素分圧 40mmHg)として心臓に向かうまでに 組織に供給した酸素量(ヘモグロビンが運んだ酸素と血液中に溶解して運ばれたものの総量)はいくらか? 酸素血液中のヘモグロビンの量 15g/dL 1gのヘモグロビンは1.34mLの酸素と結合する 酸素の血液への溶解度 0.03mL/L/酸素分圧mmHg ヘモグロビンの飽和度 動脈血中 97% 静脈血中 75% これの解き方なんですが (15 × 1.34 × 0.97) + (0.03 × 0.1 × 100) から (15 × 1.34 × 0.75) + (0.03 × 0.1 × 40) を引くのであっていますか? 解答がなくて答え合わせが出来なくて困っています。 あと酸素の血液のへの溶解度の式が自信無いのですがこれで合っているのでしょうか?

  •    血中酸素濃度と酸素飽和度の違いは?

       血中酸素濃度と酸素飽和度の違いは?  血中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を動脈血酸素飽和度と言いますが、動脈血中の酸素濃度を示していると解釈しています。  パルスオキシメーターで、経皮動脈血酸素飽和度を測定できますが、動脈血中の酸素濃度と同義語と解釈しても良いのでしょうか?  よろしくお願いします。。。

  • 心停止後の自己心拍再開後の酸素投与につてなので正し

    心停止後の自己心拍再開後の酸素投与につてなので正しいものはどれかっという問題が出ました。2つ選ばないといけないのですが、 (1)動脈血中の酸素濃度をできるだけ高濃度に維持する。 (2)酸素飽和度で92%は適正である (3)酸素飽和度で95%は適正である (4)酸素飽和度で99%は適正である (5)酸素飽和度で100%は適正である となっております。 自分としては(5)は除外されると思い、(3)は正解の中の一つだと思います。ただもう一つの答えがどうしてもわかりません。調べたところでは94-96%ぐらいが良いという感じで曖昧でした。エビデンスもはっきりせずいまいちわかりません。 また、なぜ心停止後の自己心拍再開後の酸素投与では酸素飽和度100%が良くないかも教えてください。

  • 健康人にも普段の生活で高濃度酸素が必要なのか?医療関係者にお願いします。

    質問内用はタイトル通りなのですが、 例えば、骨折等で痛み為や、他の疾患ででも呼吸が浅くなりdead space での呼吸と成れば、静脈血は勿論ですが、動脈血酸素飽和度は下がるので、少しでも濃い酸素を与えることで少しは濃度を高めることが出来る・・・・というのがERなどでの高濃度酸素投与の必要性の概略だと思うのですが、(此の場合は高濃度酸素が必要でしょう) ですが、 お聞きしたいのは、健康人が運動時でもないのに、肉体的・精神的ストレスでATPが必要になり、酸素の必要性が高まるのかもしれないが、 それなら深呼吸を続ければ足りるのではないかと思うのですが、それは合っていますか? 此の場合の健康人とは外呼吸及び内呼吸関係に一切の障害は無いものとします。 此の頃、運動時用に持ち運べる酸素缶が有りますが、あれは運動時に使えるので、それなりに有用だと思いますが、 以前は素人がつかえにくかった酸素が(化学反応での酸素発生器はありましたが)、30%とか中には呼吸器障害の場合に家庭でボンベの代わりに使えるような、80%濃度なども市販されていますが、あれが本当に必要なのかどうかをお聞きしたいのです。 運動後などに疲れたときに家で吸って、深呼吸と違う更なる効果が有るものなのでしょうか? 

  • 血液の酸素輸送について

    次の【】内について、解と考え方(計算式)を教えてください。 問 肺で血液にO₂が取り込まれた後、O₂は2通りの方法で組織に運搬される。 それは物理的に溶解する方法と、赤血球内のヘモグロビンと結合する方法である。 物理的に血液に溶解するO₂の量hあ、その分圧(PO₂)に比例する。正常時では動脈中のPO₂は100mmHgである。PO₂1mmHgあたり血漿100mlに溶解するO₂は0.003mlであるので【(1)】ml/ 100mlとなる。 それに対し、赤血球内のヘモグロビンと結合して運ばれるO₂の量は前者と比べて桁違いに多い。ヘモグロビン1分子は4個の【(2)】から構成され、各【(2)】に1分子のO₂が結合することが出来る。1モルのヘモグロビンの分子量を66,800とするとヘモグロビン1gg血液100mlでは【(3)】mlのO₂と結合できる。血液100mlあたりのヘモグロビンの量が15g存在すると【(4)】ml/血液100mlのO₂を運搬できる。 以上より、PO₂が100mmHgで酸素飽和度が100%なら、血液の酸素含量は【(5)】ml/100mlとなる。 以上、教えていただけると大変うれしいです。 よろしくお願いいたします。

  • 生物物理化学の問題です。

    次の問題が解けません。 シアン化水素は10ppmで有毒である。血液のヘモグロビンの酸素結合部位で,酸素と競争して結合する。有毒な濃度10ppmのHCNがあるとき,HCN1分子に対して,酸素分子は何個あるか。ヘモグロビンとHCNとの親和力が大きいことをよく見よ。 ちなみに解答は,2×10^4 (2かける10の4乗)です…。 そのまま載せていますので,情報に不足はないと思います。 よろしくお願いします。

  • リードα2009

    リードα2009の問題で、 問題 99番 (2) 肺:酸素ヘモグロビンの割合・・・96% 組織:酸素ヘモグロビンの割合・・・40% の時、 ヘモグロビンは血液100ml中に15g存在し、1gのヘモグロビンは酸素ヘモグロビン100%の時に1.4mlの酸素と結合することができるとすると、 組織で放出される酸素は血液100mlあたり何mlになるか。 は、21*56/100 になる意味が分かりません。 酸素解離度は58,3%なのに、56になるのはなぜですか? 分かりません・・・教えてもらえませんか?

  • 飛行機の酸素消費量

    ずっと昔(10年以上前くらい?)にテレビで聞いた話ですが、ジャンボジェット機が東京?からどこか?に片道飛行すると、四国の森林が1年間に光合成によって酸素を産出した量を消費するとの記憶が残っているのですが、最近の環境問題の話題の中でいつも思い出しては中身が不完全のため、うやむやです。 どなたか教えてください。 たとえ話として知りたいので、飛行距離とその使用量および、四国など参考になる例があったらうれしいです。 質問があいまいですいません。

  • 酵素の反応速度について教えて下さい

    いつもお世話になっております。 ミカエリス・メンテンの式を使って、Vmaxや、Km値を求める、またグラフを書いてみるといった、基本問題を解いていて疑問に思ったことを質問させて下さい。 私の本では、基質濃度(μM)と反応速度(μM/min)の値がすでに書いてあって、そこからVmaxやKmを算出するような問題となっています。その反応速度(μM/min)はどのようにして求めたものなのでしょうか? 「基質濃度[S]の異なる試験区を用意して、酵素添加後のそれぞれの生成物(あるいは反応物)の時間的(1分当たり)濃度変化(吸光度変化など)を観察する」 という実験でよいでしょうか?ご存知の方、ご確認お願いします。間違っておりましたら、ご指摘下さい。

  • 消費量

    一番、運動の中で、カロリー消費量が多い 運動はなんですか??