• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学

酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学 酸素摂取量が多い=吸気量が多いということでしょうか? また、 酸素消費量は酸素解離曲線で表されるのでしょうか? 酸素解離曲線の説明で、抹消では酸素飽和度は75%に低下する。97,5-75=22,5%の酸素がヘモグロビンから離れて細胞に利用されることになる。二酸化炭素分圧の上昇やphの低下はヘモグロビンの酸素結合能を低下させるため抹消におけるヘモグロビンからの酸素の解離を増大させる。とあります。 つまり二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要なのでしょうか? 持久走の選手は二酸化炭素分圧の上昇やphの低下なども必要な能力なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1185
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要 …これは議論が逆転しています。 末梢へ行くに従い二酸化炭素分圧は上がり、酸素が消費されて様々な酸性酸化物が出来るので、その場所へ酸素を効率良く供給するためには酸素の解離を向上させねばなりません。 …極端な事を言えば酸素がヘモグロビンと強固な結合を作り続けていたら酸素は末梢へは供給されない事になります。 …また、ヘモグロビンは二酸化炭素と結合して肺へ運ぶ働きがありますから、二酸化炭素濃度が高い場所ではヘモグロビンは酸素と解離して二酸化炭素と結合してくれなくては困ります。 この様なヘモグロビンの複雑な行動は脊椎動物が進化の途中で「苦労」して手に入れた能力だと言えるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸素解離曲線

    問4(1)e 二酸化炭素分圧が低いほうがヘモグロビンは酸素と結びつきやすくなる。すなわち酸素ヘモグロビンの割合はたかくなりグラフは左にシフトする。よって図の左の曲線が二酸化炭素分圧40mmHgのグラフである。 肺静脈中には動脈血が流れている。酸素分圧が100mmHgで二酸化炭素分圧が40mmHgの点を読めばいい。とあったのですが 肺静脈は肺から出てくる血管なので、酸素分圧 酸素ヘモグロビンともに高い 動脈中では二酸化炭素分圧が低い ということでしょうか? (2)69% 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30%。動脈血での酸素ヘモグロビンの割合が(1)のe点で97%なので、97-30=67%。問われているのは酸素ヘモグロビンのうち何%かということなので、67/97×100≒69%となる。とあったのですが 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30% の部分がわかりません。なぜ30mmHg、70mmHgになるんでしょうか?

  • 酸素解離曲線について。

    生物Iの問題です。 (『第一学習社セミナー生物I』) 下の2問の違いを教えてください。 (1)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 すべてのヘモグロビンのうち、何%が組織で酸素を離すか。 この問題の場合、グラフより 肺胞における酸素ヘモグロビンの割合が95%で、組織における割合が30%なので、引いて、65%が答えなのは、納得できました。 (2)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 酸素ヘモグロビンのうち、何%が組織に酸素を与えるか。 (1)と(2)は 問題が途中まで同じで どうして (2)の方は 酸素解離度の公式 (肺胞-組織)HbO2% / 肺胞HbO2% ×100 で求めるのかが、わかりません。 よろしくお願いします…!

  • 一日の人間の酸素摂取量は?

    人間が普段生活するうえで必要な酸素の量はどのくらいなのでしょうか? また、人間は一日にどのくらい二酸化炭素を吐き出して(呼吸において)いるものなのでしょうか? どなたかお解りになる方、宜しくお願い致します。

  • 生物基礎について

    この酸素解離曲線の意味が分かりません。 酸素濃度が高く二酸化炭素濃度が低い肺では約95パーセントのヘモグロビンが酸素ヘモグロビンになっているのに対して酸素濃度が低く二酸化炭素濃度が高い組織では酸素ヘモグロビンの割合は約35パーセントである。(ここまでは理解できました) よってすべてのヘモグロビンのうち95パーセントー35パーセント=60パーセントのヘモグロビンが組織で酸素をはなす←これの言っている意味が分かりませんヽ(´Д`;)ノ 1、なんで95-35をしたのか? 2、この計算によって何が求められたのか 3、そもそもなんでグラフが二つあるのか、二つのグラフの意味 本当に私は低能な学生なのでサルでもわかるように簡単な言葉やわかりやすい言葉で説明していただければ幸いです どうかよろしくお願いします。

  • 過呼吸の神経生理学的メカ二ズム

    精神的なストレス等が原因で過呼吸な状態が生じた場合、 血液中の酸素濃度が上昇するのでペーパーバック法により血液中の二酸化炭素濃度を上げる という治療が行われますが、 呼吸運動の中枢である延髄は「血中の二酸化炭素分圧の上昇」を感知しており、 二酸化炭素分圧の上昇をきっかけとして呼吸運動を亢進させますよね? すると(血液中の二酸化炭素濃度が極端に低下するから上げてやると改善するという理屈は分かるのですが)延髄の仕組みを踏まえると、 二酸化炭素を吸って二酸化炭素濃度を上げることで却って過呼吸な状態が促進されてしまうのではないかと思うのですが、そうはならないのでしょうか? 詳しい仕組みをご存知の方、回答よろしくお願いします。 また、過呼吸時における 「自分の意志で調節する方の呼吸運動」のメカニズムの状態 についても分かる方がいれば回答していただきたく思います。

  • 呼吸

    肺動脈の酸素分圧と二酸化炭素分圧はどちらが高いのでしょうか?静脈血が流れているので、二酸化炭素の方が高いのではないかと思うのですが・・・。どなたかご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします!

  • PHの問題

    25℃、1atmで二酸化炭素は水1Lに0.029mol溶解する。空気中の二酸化炭素濃度は0.035%である。25℃で空気と接している水のPHはいくらか。25℃での二酸化炭素の解離定数はK1=4.3×10^-7、K2=5.6×10^-11である。 考えたのですがわかりません!!教えて下さい!!

  • 炭酸カルシウムの二酸化炭素解離圧について

    すみません、炭酸カルシウムの二酸化炭素解離圧は900℃で大気圧と同等になるようなのですが、 解離圧が周囲の二酸化炭素の分圧を超えた時点で、 分解して酸化カルシウムになるのではないでしょうか? つまり、換気さえ行っておれば、900℃まで加熱しなくても、 解離圧がCO2、0.03%分の、約0.0003atmに達する温度で、 分解できると思います。 つまり何が言いたいかというと、 個人でも十分、作れるレベルではないかということです。 それとも、解離圧0.0003atmと1atmになる温度に大差は無いのでしょうか? もしあまり差が無いなら意味ありませんね。

  • 塩化水素と二酸化炭素の混合水溶液の滴定曲線について

    高校の化学基礎の定期テストでの問題(要約)です。 知人に、解説がわからないと相談を受けましたが、自分でもよくわかってない部分が多くあるので質問させていただきます。 問題 塩化水素と二酸化炭素が溶けた水溶液を水酸化ナトリウムを用いて滴定した時の滴定曲線は、塩化水素のみが溶けた水溶液の滴定曲線と比較してどのように変化するか描きなさい。 この問題の解説として、回答の際のポイントが4つ挙げられていました。 (i) 二酸化炭素は炭酸となり2段階の電離をするため、塩化水素と合わせて3段階の滴定曲線になる。(第1段階:HClの中和、第2:H2CO3の中和、第3:HCO3-の中和) (ii) 二酸化炭素が炭酸となり電離するため始点のpHが低下する。 (iii) 第1中和点までの滴下量は不変。 (iv) 中和に要する滴下量全体は増加する。 この解説を受けて、私が納得いかない部分が2点あります。 ① (i)について、そもそも二酸化炭素の水への溶解度が低いため、3段階の滴定曲線になるのか(二酸化炭素の分圧を高くすればそうなる?) ② (ii)について、塩化水素が溶けて水素イオン濃度が高い状態で炭酸が電離しなさそうなため、始点のpHは低下するのか(塩化水素の濃度次第?) 正直あまり見たことないタイプの問題で、そもそも問題の設定に指摘するべき点がありそうですが、この2点について教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 化学の問題が難しくてわかりません!

    二酸化炭素0.03%を含む1atmの大気と平衡状態にある25℃の水の中の二酸化炭素濃度は 9×10^-6mol/Lである。 この水(二酸化炭素水溶液)のPHを計算しなさい。ただし、二酸化炭素の第一酸解離定数 (25℃)には 画像の値を用いなさい。