• ベストアンサー
  • 困ってます

幕末のアメリカと日本について

アメリカのペリーは日本を開国させましたが、 それ以来、アメリカはあまり日本に関わって いないような気がします。 やはり南北戦争の影響なのでしょうか? 幕末のアメリカと日本の関わりについて何か ご存知の方、教えてください。 また、ペリーが1853年に来航した際、彼は どの蒸気船、または帆船に乗っていたのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数431
  • ありがとう数64

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

関わると言っても、捕鯨船の給油などを目的に開国させたわけですから、その辺のやりとりはあったはずです。 南北戦争についてですが、これの影響で、四国連合艦隊の長州への反撃の時もほとんど形だけの参加でした。 ペリーが最初に日本に来たときは蒸気船2船とが帆船(かなにか)2船をひっぱてきました。 おそらく、蒸気船に乗っていたのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

捕鯨船などは、日本にあらわれていたんですね。 南北戦争も、やはり影響があったのですか。 アメリカの歴史の授業で、南北戦争について 詳しく勉強しても、四国連合艦隊については まったく習いませんし…。 ペリーが乗っていた船については、 家にあった本に載っていました。 「サスケハナ号」という蒸気船だそうです。 調べが足りませんでした、すみません。 回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 19世紀半ば、なぜ日本は植民地にならずにすんだのか?

    1853年、ペリーが来航し、日本に開国を迫ったのは、アメリカが日本を植民地にするのが目的だったと思います。 アメリカが日本を植民地にできなかったのは、アメリカで南北戦争が起きたからだと思いますが、他の欧米列強もいたのに、なぜ、日本は、他のアジアのほとんどの国のように、植民地にならずにすんだのでしょうか?

  • ペリーとアメリカの歴史

    ペリーが浦賀にやってきたのは1853年ですが、このときまだ南北戦争も行われておらず保護主義なのか自由主義なのかもいまだ決着がついてなかったと思います。アメリカが積極的に海外進出を始めたのはフロンティアが消滅してからカリブ海政策や米西戦争を行った90年代だと思うんですけど、それならペリーはなぜこの時期に日本に開国をせまったのでしょうか。よろしくお願いします!

  • 幕末史ーペリー来航について

    ペリー来航について 高校の定期テストの勉強をしているのですが、 ペリーは一回目の来航で、沖縄や小笠原を経由して最終的に浦賀に到着したようですが、 その一回目の来航した日付が、 1853年6月と、1853年7月8日の二つの記述があるように思えるのですがこれはどういうことなのでしょうか、、 また、ペリーは1年後に国書の返事を聞きに来ると告げアメリカに戻りますが、なぜ実際に再び来航したのは半年後だったのでしょうか。 OK Wave初心者なので至らない点がありましたらお詫びします汗

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#1986
noname#1986

日米安保条約や在留米軍基地の問題だけを考えても、関わってないどころではないような気がするのですが… 「南北戦争の影響」とはいわゆる朝鮮戦争のことですよね?だとしたら、自衛隊設立の根拠ともなることであり日本に米軍基地がある理由でもあると思うのですが。 日本国憲法の草案を創ったのもアメリカを中心とする連合国ですし、軍事・貿易・文化とあらゆる面でアメリカは日本に影響を与え、関わっていると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません、質問の仕方が悪かったのですが、 ペリーが来航した後、幕末と呼ばれる時期までの間、 つまり明治ぐらいまでにアメリカと関わりが あったでしょうか、ということでした。 回答して下さってありがとうございました。

関連するQ&A

  • 米国南北戦争 幕末の銃

    幕末に日本にもたらされた銃は、米国の南北戦争の終結によって流れてきたものが多いとかと聞いたことがありますが、何型銃でしょうか。ゲーベル?

  • 日本が次にアメリカに政治に影響力を行使されるはいつか

    日本が次にアメリカに政治に影響力を行使されるはいつか 1853年、ペリーの来航によって、鎖国を決め込んでいた江戸幕府は日本の開国を決めました。その後明治維新が起こり、富国強兵政策によって列強からの植民地化を逃れ、逆に列強の仲間入りをするまでになりました。 1945年、敗戦によって、GHQの統制下に置かれて軍国主義が排除され、民主主義が根付きました。そして、高度経済成長で日本はG8の仲間入りをするまでになりました。 さて、ここまでで、日本が成長するきっかけとなったアメリカの影響力行使が100年弱間隔で起こっているなぁ・・・と思いました。 そして、次に影響力を行使される時が2040年前後にくるのでしょうか。 日本の借金は1000兆円に迫る勢いで、もはや債務処理のためだけに増税をしようかという勢いです。 そのうち、世界から日本経済に対する信用がほとんどなくなり、政治が行き詰まり、昔にABCD包囲網で行き場がなくなりアメリカとの戦争を始めた日本と同じ状態になるのではないかと心配です。 そのうちまたアメリカに介入されるときが来るのでしょうか。 ******* 上述のアメリカ介入について、いいこととも悪いことともここでは申し上げません。ただ単純に100年間隔で来ている感じなので、次はいつ来るだろうか、という質問です。

  • 蒸気船

    マシュー・ペリーの「黒船来航」で日本人は初めて蒸気船を知ったみたいに社会科の授業では印象を受けましたが、鎖国中も日本と国交があったオランダから長崎の出島に来ていたのは帆船ばかりだったのでしょうか。

  • ターニングポイントについて

    日本史の中での1つのターニングポイントは、やはり黒船来航ではないかと思っています。そしてそのことについてまとめてみようかと思っているところなのです。しかし、中学の教科書や参考書等には載っていない話を教えてほしくてここにきました。まとめるうえで必要できごとや細かいエピソードなどを教えてください。あと質問なんですが、なぜ他の国が来ても開国しなかったのにアメリカのペリーがきた時には、開国したのですか?ペリーがこなかったら日本はずっと鎖国状態だったのですか?もし鎖国状態だったとしたら今の日本または以前の日本になんらかの影響はおきているのですか?詳しいかた教えてください。

  • アメリカ史

    今、アメリカ史の勉強をしているものです。アメリカとメキシコの戦争のあたりから、南北戦争までで役に立ちそうなサイトを知っている方教えてください。お願いします。

  • アメリカ史について

    アメリカ史の詳しい(教科書のような)内容が載っているサイトを どなたかご存知でしたら教えてください。大体、南北戦争あたりまでで、 構わないです。

  • もしも、第2次大戦で日本が米国と戦争していなかった

    ら、どうなっていたでしょうか?勝てるシナリオあったのでしょうか? 日本が米国とぶつかる=どうあがいてもアメリカの物量で勝てない、ですよね。 ただ・・・・アメリカが平和という名目で参戦しないという理由がなさそうですが・・・。。あるのでしょうか?アメリカが戦争参加しない理由。 その前の歴史の、アメリカの歴史で、南北戦争の結果が異なっていたら、また大きく歴史は異なったのでしょうか。<第2次大戦への影響など

  • 幕末の鎖国について。

    私は日本史の幕末に興味があります。そこで疑問点が一つ。 日本はやはり開国以外に道はなかったのでしょうか? 普通に考えると上の通りなんですけれども、 もしかしたら鎖国を継続できる方法が一つでもあったのかもしれないと考えてしまうのです。 鎖国をしていれば、確かに文明などは遅れてしまいますが、 世界大戦などの戦争には参加しなかったのでは?と思ってしまいます。 歴史的にも複雑で難しいところではありますが、 韓国併合や中国進出も起こらなかったのではないかとも考えてしまいます。 それに、幕末当時の欧米諸国がアジアで狙っていた国は大国である中国らしいです。 なぜ、わざわざ小さい日本を狙う必要があったのでしょう。 ペリーは捕鯨や中国進出のための中間地点が欲しかったらしいですが、 他の国々も来ていますよね。(イギリス、フランス、ロシアなど) 皆様の意見をお聞きしたいので、どうぞよろしくお願いします。

  • 1857年にアメリカが日本に来航しました。その来航により、その後日本は

    1857年にアメリカが日本に来航しました。その来航により、その後日本はどのようなアメリカの影響を受けたのですか?

  • アメリカの南北戦争について。

    アメリカの南北戦争について。 日本語では南北戦争と呼んでいますが、アメリカではthe riberionと呼ばれていますよね。 直訳すると反乱ということですが、これは誰が誰に対する反乱なのでしょうか? 私が学校で習ったレベルだと、北部の工業地帯と南部の農業地帯の利害関係からくる「戦争」もしくは「内戦」と教わった記憶があるのですが、riberionということは誰かが反乱を起こしたというニュアンスに感じます。 首都機能は北部にあるわけですから、南部の人たちが反乱を起こしたということでしょうか? アメリカではあれは南部の人たちによる反乱というイメージで捉えられているのでしょうか?