• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生命について(1)-2

『生物学』カテゴリーで一度質問した無いようなのですが、 どうやらカテ違いのようでしたので、再度、『哲学』のカテ ゴリーでたずねてみたいと思います。 http://okwave.jp/qa/q6835979.html 生命について教えてください。 私たち人間には、個々に生命があります。 男性と女性がおり、それぞれに「精子」、「卵子」があり 結合して子供が出来ますが、男性は1回の射精で数万の 精子を放出すると思います。(※数は良く分かりませんが) そこで、お伺いしたいのですが、、、、、 1.精子は個々に『生命』を持っているのでしょうか? 2.卵子には『生命』があるのでしょうか? 3.もしどちらにも生命がなかったとしたら、どの時点で 『生命』が宿るのでしょうか? 4.もし、1.で精子に『生命』があるとしたら、男性には自分の 生命の他に、大量の生命を持っているということなのでしょうか? 以上、哲学・思想的見地から、回答いただけたらと思います。 また、『生命』という意味合い、捉え方については別に質問を 建てたいと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数266
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2419)

○ 精子も卵子にも人間としての生命意識はありません。 精子も卵子も人間の体を複製する自己増殖生物ロボットのようなものですね。 肉体の複製がある程度進んだ時点で、操縦者の人間が乗り込むようになっているのです。 それがつわりの始まり時期ということですね。 乗り込む者が男性か女性かで性別が決まりますので、乗りこむ時期は受精後7週目前後になっていると思いますよ。誰しも生まれれば死ぬまでは操縦し続けて、死後24時間後以降に肉体ロボットから離れるというのが一般的な人間ですね。それで通夜があるのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >精子も卵子にも人間としての生命意識はありません。 人間としてじゃなくても、それらの者に“生命”はあるので しょうか?それとも、外の方が言われているように“細胞” なのでしょうか? >それがつわりの始まり時期ということですね。 なるほど。おもわず納得してしまいそうです。

関連するQ&A

  • 生命について(1)

    生命について教えてください。 私たち人間には、個々に生命があります。 男性と女性がおり、それぞれに「精子」、「卵子」があり 結合して子供が出来ますが、男性は1回の射精で数万の 精子を放出すると思います。(※数は良く分かりませんが) そこで、お伺いしたいのですが、、、、、 1.精子は個々に『生命』を持っているのでしょうか? 2.卵子には『生命』があるのでしょうか? 3.もしどちらにも生命がなかったとしたら、どの時点で 『生命』が宿るのでしょうか? 4.もし、1.で精子に『生命』があるとしたら、男性には自分の 生命の他に、大量の生命を持っているということなのでしょうか? 以上、生命価格的見地から、回答いただけたらと思います。 ※私は49歳の男性ですが、どうもこの点が良く分かりません。 現在、仏法を基盤に、『生命』について興味がある所です。 真面目な質問として、お考えいただきたいと思います。 宜しくお願い致します。 ※この質問は、一ヶ月くらい締め切らずに置いておきたいと 考えています。

  • ほんとに強い精子が受精してる?

    テレビとかいろんなとこでよく聞いたのは、一度の射精で多数の精子が放出されてその中で強い精子が受精すると。でも本当にそうなのか、どんな根拠でそう思うんでしょうか?表面的・部分的にはそうかもしれないですが、偶然卵子の近くに行ったとかもあるでしょうし。 具体的にどんな実験や観察・結果からそう思ったのか、どの程度能力で受精してるんですかね。出来る事なら自然受精した後に、難しいかもしれないけど受精しなかった精子をあらかじめその女性から採取しておいた卵子と受精させて、生まれた複数の個体と自然に受精して生まれた個体を比較した結果を見てみたいです。

  • 人の生命はどこから

    仏教では業とゆう事実があり、人は生死を繰り返していると知人が言っていました。この知人は日本最大の仏教系宗教団体の人です。ぼくは宗教哲学思想についてはことさら無教養ですが、ぼくなりに知人に質問をしてみました。父Aと母Bに子Cが生まれました。ABC三人ともそれぞれ過去に死んでいた人たちだとすると、AとBの子として生まれたCは受精の瞬間を見ていてグットタイミングで入り込みこの受精卵をC個人のものとしたのか。受精が試験管で行われる場合もあるし、双子五つ子のときもあるし、人種の違いもあるし、個人が生まれては死ぬを繰り返すのであれば精子と卵子はいらないしDNAもどうなるのか、人が生まれるのには精子と卵子と見えない個人の三つの要素がひつようなのか。クローン人間はどうなるのか。現在生きている人は六十数億人だが過去人類として生まれて死んだ人の数は何千億人になるはずだ、個人が無くならないならいつまでたっても生まれてこれない個人もいるけど、業とゆう生まれては死んでとゆうことがぼくには解らないから説明して。知人いわく、数の勘定が合わないのは地球上に限定した考えだからだ、大宇宙に広げれば何千億人でも少なすぎるぐらいだ。 ほかのことについては、短い時間では話せないから今度じっくり話そう。このとき深夜になってましたので次回続きをと分かれましたが、ぼくとしては、その知人に続きを教えてもらえばいいわけですが、答えが知人個人の答えなのか所属の宗教団体の正式な答えなのかぼくには仏教思想がわかりません。みなさんの回答を参考にして考えてみたいと思いますのでよろしく願いします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2419)

mmkyからの追伸 >>人間としてじゃなくても、それらの者に“生命”はあるのでしょうか?それとも、外の方が言われているように“細胞”なのでしょうか? 精子も卵子も細胞も生命体ですよ。細胞も寿命がありますよね。それと同じですね。 ただ、生命体といっても意識レベルの差の問題なのです。アメーバや小さな細胞だって生きていますね。それが高度な意識レベルを持つかどうかなのですね。細胞が成長して植物になったり、動物になったりする時は高い意識レベルに支配されるということなのです。この支配しているのが人間では人間意識ということですが、肉体は人間意識とは無関係に心臓や全ての臓器は動いているのですね。お腹がすくのは肉体の要求であって人間意識の要求ではないのですね。そういう意味では肉体も生命体なのですね。 肉体生命の要求を自分で考えたことのように考える人といますけど、これは全ての生き物に共通することですから、人間意識で考えることではありませんね。人間意識は食べ過ぎないよう,偏食しないようにしているだけですね。 つまり、勝手に生きている生命体を操縦しているのが人間意識ということですね。動物は人間に似ていますから、望めば大きな猫や犬として生きることも可能でしょうね。肉体は生物ロボットですから勝手に生きているといえるでしょうね。それをどう操縦するかで人の人生が決まっているわけですね。ほっておくと肉体生命に支配され人間というよりは単なる動物という人増えてますよね。食欲、性欲、睡眠欲などはその際たるものですね。人間意識が自身の体という生命体を制御できないとえらいことになるわけですが、そのような人がたくさんいるから、刑事訴訟法、警察、精神医などが必要になっているということでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くまでつまらぬ質問にお付き合いいただきまして、 ありがとうございます。 >精子も卵子も細胞も生命体ですよ。細胞も寿命がありますよね。それと同じですね。 ただ、生命体といっても意識レベルの差の問題なのです。アメーバや小さな細胞だって生きていますね。 やはり“生命”と捉えても良いのですね。

  • 回答No.7
  • o-sai
  • ベストアンサー率19% (199/1001)

「生命の定義」は、やはり生物学ですよ。 で、お問い合わせの答は、まだ学者によって見解が異なります。 >哲学・思想的見地から、回答いただけたらと思います ということは、的外れな思い込みの答が希望なんですか? 似非哲学者や似非宗教者のつくる定義ですよ? でしたら、あなたが勝手に定義すればいいのです。 他人に問うことは哲学的ですらありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >でしたら、あなたが勝手に定義すればいいのです。 >他人に問うことは哲学的ですらありません。 こちらの質問は“定義する”という事ではなくて、 どういう考えがあるのかということなのですよ。 質問に対しての、御意見をいただければ結構なのです。

  • 回答No.6

「生物の世界」という本の中で、著者(今西金治?)が 「差違あって境界なし」という言葉を何度も言っていました。 猿と人間の境界はない。ボノボ、昔のピグニーチンパジーは、遺伝子的には 人類に属すると言われています。ではチンバンジーやゴリラは、人類とははっきりと 、猿、と何をもって分別、境界、を引けるのか。知能が違うのか。彼らは、人間の5歳児から 10歳児の知能を持っている、と言われ、生まれて4、5年で。なのです。 はっきりと、4,5、歳までは、猿の方が、知能が高い。と言えそうなのです。 馬など、4歳で、ダビー馬になると、何億も稼ぐ、能力?を持っているのです。 人間の4歳児よりは、体力、だけでなく。知能も上回っているのです。 人間が他の動物より、賢い、か、進化しているか、もあやうい。定義、出来ないのです。 最も進化している生命体は、大腸菌、ではないだろうかとさえ思える、との微生物研究者の 言葉もあるようです。 精子は生命か精子と同じ形態の鞭毛で動く微少動物は、はっきり生命体です。 だから精子も生命体である、とも言えない。違いは、精子は、自分で、食と、排便、排出、をする事によって、身体構造を保持し、生き延び、コピを創造し世代交番をする。 という、生命体としての能力は不随していない。方向性をもって3日ばかり、動く能力、しかない。 (冷凍すれば、その能力を後に発揮させることは出来る) 卵も同様であるが。受精すれば、生命としての能力が起こる。生命となる。 とは言えるでしょう。 精子と同じ意味、能力、を不随させている、花粉、は生命か、 カビ、などの胞子はなどと見て行くと。卵と精子の区別、境界、がなくなります。 無性生殖、細胞分裂をするだけで、増殖する、微生物物、やウイルスなどになると 、雌雄、の区別、境界もなくなります。 最小生命体と言われる、ウイルスなどは、有機物の分子並の大きさ、のようです。 有機物の分子は物質であり。ウイルスは生命体である。 どう違うのか。 昔は、方向性をもって自分で動く、ものが生命体である。というのが。生命体の 定義、となっていたようです。 しかし、顕微鏡の倍率があがり、観察すると、有機物質は、ブラウン運動、をしている。 自分で動いている。ことが明らかになりました。 生命体と物質の境界はないのです。境界がないから、生命体が、誕生、進化し得る のであって。境界があったら、生命は誕生しないのです。 霊魂とか、方向性をもったエメルギー?を吹き込む、神様、創造主、でもいない限り。 いたとしたら、ではその神とは、どこからきているか、なにから出来ているか であり。始めから考え直さねばならなくなるだけ、であり。多分を付けずとも 考えるだけ無駄な、思考停止故の人間の空想、想像、なのです。 有機物質(に限らず、原始、電子、素粒子、までもが)は何故、自分で動く能力 を保持しているのか。物質には、その物質の構造と一体の、変化を起こす能力が 付随している。ということになります。 自ら動く能力は、生命体特異の能力ではない。 生命体となる、特異点、物質との差違はなにか。 それは、自らのコピーを作り出す能力があるか。遺伝子構造を付随させたか。 になるのででしょうが、とすると、精子も卵子も、半分の遺伝子構造を持っている 。半分の生命体。とも言えるのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >受精すれば、生命としての能力が起こる。生命となる。 >生命体と物質の境界はないのです。境界がないから、生命体が、誕生、進化し得るのであって。境界があったら、生命は誕生しないのです。 >考えるだけ無駄な、思考停止故の人間の空想、想像、なのです。 >とすると、精子も卵子も、半分の遺伝子構造を持っている半分の生命体。とも言えるのでしょうね。 たいへん興味深いお話しだと思います。 ところで、遺伝子構造の話がありましたが、よくX-X',X-Yなどとあり 男児と女児に生み分けられる可能性の話を、以前に何かのTVで 放送していたように思います。そうすると、父親の遺伝子は精子から、 母親の遺伝子は卵子から受け継ぐということなのでしょうかね??

  • 回答No.5
noname#156094
noname#156094

すでにご存じとは思いますが 釈迦によって説かれた、十二因縁説があります。 この解釈は、輪廻の実相である、というものと、現実においての心理や行動に関してものである、という二つの解釈に大きく分かれているようです。 また、仏教者によっても実に様々な解釈がなされている感じがします。 十二因縁説が、人間という生命の輪廻の実相である、という解釈の立場における場合ですが その中の「識」というものは、「受胎の一念」と解釈されている場合もあります。 人の死後においても「業識」は無くならず、「生存の享受を求める」というもののようです。 人の生存中も、死後においても、全ては「業」であると捉えられています。 このような生命観は唯識論において究明されていますが、こうような解釈に基ずく輪廻の真実が無いとは、誰も言い切れないように思います。 また、こちらについてもご存じかもしれませんが 業という生命現象が、生命の全てでは無いと思わせる解釈もあります。 涅槃ともいわれる、業輪廻からの解脱の世界であると解釈されているものです。 生死を超えた世界であり、変わらぬ真理の世界であるとも解釈されています。 大宇宙の生命、とも言われる場合もあります。 この場合においては、人間的な生命観を超えた、生命の本質とも取れる解釈のようです。 以上から、簡略ですが 生命についての仏教的な解釈は 人間としての生命観は「業」という捉え方がされており 生命の本質については、真理そのもの(法身)であるという解釈のようです。 3.については 上記の十二因縁説の中の、「識」における「受胎の一念」の瞬間かもしれません。 それが、受精の瞬間と同一であるかどうかは不明ですが・・・ また、それに続く「名色」とは「胎内生育」 「六処」とは「六根具足して誕生前の胎児」 とも解釈されていますから こうした十二因縁説の中の、「識」において「生命が宿る」のでしょう。 色心不二という見方からすれば、受精という現象に、業識の働きが伴っているという推測も成り立つかもしれません。 お釈迦様が、そこまで示しておいてくだされば良かったのですが・・・・ そんなところです。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 「業」ですか。 >生死を超えた世界であり、変わらぬ真理の世界であるとも解釈されています。 大事な点だと思います。 >受精という現象に、業識の働きが伴っているという推測も成り立つかもしれません。 私は、精子自体が生命体であると思っていたのですが。 この確率でさえ、“人間に生まれる”といった稀有の縁なのだと 感じていたからです。じゃあ、卵子はといった疑問が出てきます。

  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

精子は一匹づつでも生命体でしょう。 卵子も生命体です。 人間は60兆個の細胞から出来ていますから、 60兆個の生命体を有していることになります。 精子もその一つでしょう。 分子、原子、電子、陽子、クオークがいくつ、どのように 集まると生命体になるのか、という問いの方がはっきり するのではないですか。 それとも、いつから人間になるのか、という問いかしら。 何時から人間になるか、という問いには諸説あります。 種が出来た時点で人間だ、という説から始まって・・ 母体から出て来たとき、産声を上げたときから人間だ、という 説まであります。 私は次のように考えています。 ある日いきなり人間になる、というのではなく 徐々に徐々になるんだ、と。 この反対に何時死ぬのか、つまり生命体で無くなるのか、という 問題があります。 人の死は通常は次のような段階を経ます。 脳死→心臓死→各細胞の死 このように、厳密に考えれば、死も徐々に招来するのである と考えるべきではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >卵子も生命体です。 卵子も生命体なのでしょうか?? >ある日いきなり人間になる、というのではなく 徐々に徐々になるんだ、と。 そうなのです。仰る通りです。 受精した後に、母の胎内において、人間としての 進化を経て出生するという事は、もう医療や科学では 映像として証明されています。 問題は、そこではなくて、それ以前なのです。 ※文面から推測して女性の方なのでしょうか? それでしたら、上記の卵子についても、もう少し詳しく 教えていただけたらと思います。

  • 回答No.2

人間としての"いのち"と考えるなら、 ミニマムは精子と卵子が結合した受精卵の状態ではないでしょうか。 精子も卵子も、それだけでは人間を形成しません。まあ、受精しなくても卵子の細胞核を移植すればうんぬんという話もありますが、これも移植した核がすでに受精したものと考えれば、このふたつが合わさって初めて人間としての道を歩み始めるということだと思います。 その次は、細胞分裂が進み、各部位への変化を果たして五体、特に脳ができあがった状態でしょうか。 脳死状態でも、手を尽くせば生命維持はできるとは思いますが、哲学的な観点ということであれば、思考を司る脳が出来上がって初めて、人間として成立したと言えるかもしれません。 その次は、生まれおちて母体から切り離されたときでしょう。 ここから、自立した生命活動を行っていくことになります。それまでは母体からの栄養補給なしでは生きられません。 くどいようですが、機器を使えばそれも代用できるでしょうが、自然体で考えた場合、それ以前は自力での生命活動を行えない状態なので、産声を上げて呼吸を開始したときから人生が始まるとも言えます。 学術的にはどうか知りませんが、 思想的な部分では、それぞれの段階でも好きなように解釈したらよいと思います。 個人的には、一個の個体としてという部分を重視して、"生まれおちたとき"から生き始めると考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 昨日、ある番組で“人間の誕生”の番組がありました。 その中に、胎児の映像があり、それがモニターに映し 出されていましたが、私は、この胎児は既に生命体と して生きていると感じました。 そして、上記質問の疑問を持つに至ったのです。

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

「生物」あるいは「生きている」の定義が必要ですか? 実は、その定義は、生物学や社会学など、大きな分野の 違いにおいても異なりますが、さらに生物学の中でも、 分子生物学や生態学、分類学など、細分化した中でも、 また異なります。 それを踏まえて言うならば、「生命とは、生物学が生命的 対象としているもの」です。 実際には、単細胞生物も生命ですから、精子も似たような ものなので生命だと言いたくなりますが、かといって精子を 殺したり、毛根を抜いたりしても、「その人」の命は微塵も 減ったとは言いません。 もし、その細胞にも人としての生命性を認めねばならないなら、 人体の細胞は絶えず新陳代謝して死んでますから、毎日が お葬式です。 細胞は約1年で全て新しくなり、骨などの物質も数年で入れ 替わりますが、それを別人だとは言いません。 有機化合物の集まりが細胞を成し、細胞が集まって個体を 成す上で、どこかでパッと生命になるのではなく、「徐々に 生命性を帯びる」というのが正確な表現でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速、ご回答いただきまして、ありがとうございます。 よく仏法などでは、『輪廻』や『業』などで、『生命』という 表現をすることがあります。そこて、死んだ後に良く言う 『離脱』の後に、どのようにして『侵入(こういう表現も、正しい のか良く分かりませんが、、、)』に至るかという事です。 まぁ、人として再度、生を受けるかは不確かですが。 また、前回の質問で、生命科学や医学などにおいては、 『生命』を現在生きている中での根本的なものとしており 、流転するようなものではなく、寿命が尽きればそこで 生命も途絶えてしまうものだと考えているようです。 回答者様の前半でもこの認識は現われていると思います。 では、哲学的・宗教的な『生命』とは、何と言い表わせば 良いのか?となります。⇒これは、別に質問を建てたいと 思います。

関連するQ&A

  • 男性の射精(自慰)は必要?生理現象なのでしょうか?

    カテゴリー違いかも知れませんがよろしくお願いします。 男性の自慰による射精は生物学的に必要なのでしょうか? 精子は3日で再生されるとききました(ふるいのが死んで新し精子が作られる) もしも上記のことが生物学的に本当ならば、男性の精子は常に新しく自慰で外に出す必要はないのではないかとおもうのですが・・・。 それでも若い頃などは自分でしないと夢精などで精子が外にでてしまいますよね?やはり精子を自分で外に出すというのは生物学的に必要な行為であって、快感を得る以上の必要性があるということでしょうか? 女性の排卵は確実に生理現象だと思うのですが、男性の射精(特に自慰)は生理現象になりえるのでしょうか? 私も男性ですから若い頃はサルのようになっていた頃がありましたが、年をとると(20代後半独身)興味もなくなり自慰などほとんどしていません。男性の生理というよりも思春期特有の現象と捕らえたほうがいいのでしょうか? あと、自慰のやりすぎで腰が抜けたような感じで痛くなると聞いたのですが、精子は精巣(睾丸?)から尿道を通ってだされるものですよね? なぜ射精をしすぎると腰が痛くなるのでしょうか?腰の筋肉をつかうのでしょうか?(セックスならともかく自慰で腰を使うとはおもえないので)腰に関わる神経を使うのでしょうか? 知っていらっしゃる方いたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 女性の排卵(生理)はどうして血を伴うの?

    女性の排卵にはどうして血が伴うのでしょうか? 排卵って卵子が卵巣から出るだけですよね? 何故血を伴うのですか? 男性の精子みたいに精子だけ(卵子)でるということはないのでしょうか? 卵巣のなかには血液が含まれていて卵巣から血液とともに 卵子がでるのでしょうか? また、ケースによって生理による出血の多さが違うというのも不思議です。 男性であれば、久しぶりの射精であれば精子が多く出ますが、 女性の生理は完全に定期的ですよね? 定期的であれば血も同じくらいの量が出るのではないかとおもうのですが・・・。 女性をみてると生理の対処は大変そうだなあ・・・、と思います。 生理とおりものというのは違うんですよね? 教えてください!

  • 放射線の蓄積が身体の細胞は数ヶ月で入れ替わるので蓄

    放射線の蓄積が身体の細胞は数ヶ月で入れ替わるので蓄積されない。 成人には放射線はあまり強くなければ人体に影響がないが、しかし卵子は蓄積されるので産まれてくる子供の遺伝子に異常が出る。 女性は生理で排卵してるのになぜ卵子はずっと同じ細胞なんですか? 男性も被爆しても射精して精子を排出したら新しい精子が生成されて入れ替わってると思うのですが精子は細胞が入れ替わって、なぜ卵子は排卵で排出されてるのに細胞は入れ替わらないのですか? 排卵で新しい卵子が生成されてるんじゃないんですか?

  • 赤ちゃんの性別の決定要因

    赤ちゃんの性別の決定要因はと言う他の方の質問に・・・高校の生物の授業では、子ども性別を決定する性染色体について卵子はX染色体のみによって構成されており、精子はX染色体またはY染色体によって構成されていると教えていると思います。(これが一応正しいとされているはずです。) そして、卵子のX染色体と精子のX染色体が結合すると女性になり、卵子のX染色体と精子のY染色体が結合すると男性になります。 従って、質問のとおり性別の決定要因には卵子は関与していないことになります。 と、回答されてますが、それではなぜ病院の産み分けでは女性の子宮を酸性やアルカリ性にするのですか?精子が反応して変化するんですか?そうすることでの産み分けの確立はどれくらいなのでしょうか?素人なのでわかりやすく説明してください。

  • 自己同定物理説の検証

    自己同一性の基準を肉体とし、特定の精子と卵子の結合によって「私」が生じたとするのが「物理説」と呼ばれる立場です。 さて 精子のパターンは2の23乗(約840万)で、一回の射精に1~3億ほどの精子が含まれるのですから、ほぼ同一の遺伝情報を持った精子は十数個は含まれているわけです。 ここで、もしその内の一つが、私となった受精卵の精子に替わって受精したとしたら、私のクローンのような者が生まれるわけですが、 さてさて この人物は私なんでしょうか? と考えてみました。皆さんのお考えをお聞かせいただけたら幸いです。 なお、自己同一性の基準に関しては、物理説の他には、心的体験とする立場(心理説)と、誰でもありえたとする立場(自我説=存在論的輪廻転生観/三浦俊彦)があるようです。 追加質問 漫画「火の鳥」の何篇だか思い出せませんが、確かサルタヒコなる人物の転生を描いた部分があったかと思います。 サルタヒコは、様々な時代様々な世界で、しかし同じ様な苦しみに向き合わなければならない、と描かれていたかと思います。 これは多宇宙+心理説の転生観だと思いますが、手塚治虫は何から学んだのでしょうか。インドの因果応報思想でしょうか?読んだこともないのですが、華厳経などの仏教思想でしょうか?

  • 精子って生き物?

    ふと思ったんですが、 男性の体の中で作られる精子は 生き物なのでしょうか? そう考えると、 生命を生み出すのは女性だけではないんですよね。 1個の卵子を生産する 女性と違い、毎日 何億という単位 の量が生産されている(生み出されている)・・・ これって結構すごい事かも。 (聞く所によると、 3秒に1個の割合で 精子は作られているとか。 これじゃほんとは無駄打ちできない?)

  • 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか?

      「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だと思います。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのでしょうか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのでしょうか? 将来の話で、難しいと思いますが、予想で結構です。 意見を聞かせて下さい   因みに、哲学カテでも、類似の質問を出しています。 哲学から見た「不老不死」をどう考えるかです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html   そちらも、参照、又、書き込みしていただければ、助かります。 宜しくお願いします。  

  • 専門用語で何ていうの?

    私は性同一性障害で、MTFですが、生物学的には男な私が、 性器を女性化し、子宮や卵巣を移植したとして、 男性の精子と自分の卵子が受精し、出産できるようなことを何ていうのですか? 一言で表せなくて困っています。これって自然妊娠って呼ぶには少し 意味が通じなくはありませんが。

  • 精子の数と生まれる赤ちゃんの関係

    文章ではうまく説明できないのですが・・・・ 赤ちゃんが生まれるには、精子と卵子が結合することから始まるわけですよね。そこで・・ A 計画的に妊娠しようとして、膣内に一回の射精分の精子(1億~4億。ここでは仮に二億とします)を射精し妊娠した場合は一つの精子が受精する競争率は2億分の1。 B カウパー腺液に含まれている微量の精子(仮に一千万個とします)での妊娠は一つの精子が受精する競争率は一千万分の一。 この上記の二つの場合、マラソンに例えるならAもBも完走した優勝者一人 だけが選ばれる(生まれる)わけなのですが、普通に考えると Aの2億の中のもっとも優秀な一個がBの一千万の中の一個よりも優秀(強くて健康)だと思うのですが *例えば同じ優勝者だがAの優勝タイムが2時間10分でBが2時間50分みたいに・・・。 Aの計画的に妊娠した場合とBの思いがけず妊娠した場合の生まれてくる子供に生物としての強さや能力に違いはでますか? 文章下手ですいません。

  • 妊娠について(体のしくみ)

    妊娠についてからだのことを知りたくて調べてました。 不明点を教えてください。 1、卵子は精子と出会わなければ生理時子宮の壁とともに外に排出されますよね。でも受精卵は着床できなければ消えてしまうと聞きました。同じ卵でもこういう違いが生じるのですか? 2、精子は一日一億作られ6億で満タンになるのですよね。 たとえば2日連続Hしても2日目は精子は一億個しかなく期間をおいた一日目に比べると妊娠の確率が格段にへってしまうということになりますよね? 6億以上になってしまったときに男性は本能的に射精しないといけなくなるのですね。 3、子宮頸管は排卵期以外は精子が通りにくいそうですが、Hのあと精液が膣からでてくるときとそうでないときがあります。これは精液が外に出てくるときというのは排卵期ではないという可能性がありますか?排卵期が計算上おわったかどうか微妙な場合、これで察することは無理ですか? 4、卵子は卵巣から卵管采にすいこまれるのですよね。 絵で見た場合卵巣と卵管采のあいだがあいてますがここはなにもなく空洞なのですか? 5、精子は72時間、卵子は24時間の生存とよくききますが、最長一週間いきる精子もいるのですよね?精子は生存に時間差があるのに対し卵子は100%24時間のみなんですね? http://www.consentjp.com/cultural-drama1.html