• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生命について(1)

生命について教えてください。 私たち人間には、個々に生命があります。 男性と女性がおり、それぞれに「精子」、「卵子」があり 結合して子供が出来ますが、男性は1回の射精で数万の 精子を放出すると思います。(※数は良く分かりませんが) そこで、お伺いしたいのですが、、、、、 1.精子は個々に『生命』を持っているのでしょうか? 2.卵子には『生命』があるのでしょうか? 3.もしどちらにも生命がなかったとしたら、どの時点で 『生命』が宿るのでしょうか? 4.もし、1.で精子に『生命』があるとしたら、男性には自分の 生命の他に、大量の生命を持っているということなのでしょうか? 以上、生命価格的見地から、回答いただけたらと思います。 ※私は49歳の男性ですが、どうもこの点が良く分かりません。 現在、仏法を基盤に、『生命』について興味がある所です。 真面目な質問として、お考えいただきたいと思います。 宜しくお願い致します。 ※この質問は、一ヶ月くらい締め切らずに置いておきたいと 考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数243
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

(No.2お礼) >「疑問点は、ただ単にこの点だけなのです。」 受精卵が出来た時、これを「新しい」命(生命)が誕生したなどと文学表現されます。 この「新しい」生命は、ただ単に、一個の細胞です。…(1) 「仏の」生命というように、修飾語が必要ですね。「新しい」なのです。 生命はあたかも抜け殻に霊魂が宿るように誕生するものではありません。 原始生命を除いて、その後の生命は、非生命からは誕生しません。…(2) (1)と(2)から、 疑問点の答えは、どういうものになるか分かりますよね。 これは数学の公理主義にも似て、最初以外は、筋が通っている考えだと思います。 もちろん私見です。 生物学者も医学者も、「生命」という哲学的な概念を、直接の研究対象にはしていないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >この「新しい」生命は、ただ単に、一個の細胞です。…(1) ということは、精子・卵子ともに一つの細胞であり、それが結合とて 受精卵となり、胎児へと変化していくという事ですね。 >疑問点の答えは、どういうものになるか分かりますよね。 >生物学者も医学者も、「生命」という哲学的な概念を、直接の研究対象にはしていないでしょう。 なるほど、良く分かりました。 あくまでも『生命の永遠性』というものは、『思想的範疇にあるもの』ということですね。

質問者からの補足

『生命』というと、語弊があるのかも知れませんね。 生命=命、寿命と捉えるのが一般的なのかも知れませんね。 思想上はどうなのでしょうか? 『魂魄』、『魂』と言った方が宜しいのでしょうかね。 人間だけでなく、犬や猫も含めて、「有情」とし、植物や大地などを 「非常」という捉え方も仏法ではあるようです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命について(1)-2

    『生物学』カテゴリーで一度質問した無いようなのですが、 どうやらカテ違いのようでしたので、再度、『哲学』のカテ ゴリーでたずねてみたいと思います。 http://okwave.jp/qa/q6835979.html 生命について教えてください。 私たち人間には、個々に生命があります。 男性と女性がおり、それぞれに「精子」、「卵子」があり 結合して子供が出来ますが、男性は1回の射精で数万の 精子を放出すると思います。(※数は良く分かりませんが) そこで、お伺いしたいのですが、、、、、 1.精子は個々に『生命』を持っているのでしょうか? 2.卵子には『生命』があるのでしょうか? 3.もしどちらにも生命がなかったとしたら、どの時点で 『生命』が宿るのでしょうか? 4.もし、1.で精子に『生命』があるとしたら、男性には自分の 生命の他に、大量の生命を持っているということなのでしょうか? 以上、哲学・思想的見地から、回答いただけたらと思います。 また、『生命』という意味合い、捉え方については別に質問を 建てたいと思います。

  • 卵と生命について

    つまらない質問ですけど、よろしくお願い致します。 1 町で売っている鶏の玉子をぱこんと割って、そこに鶏の精子を落としたら、受精するんでしょうか。 2 卵子や精子っていうのは、生命ですか?生きてるんですか?泳がなくなった精子ってあるんですか?それは死んだ精子ということですか?

  • ほんとに強い精子が受精してる?

    テレビとかいろんなとこでよく聞いたのは、一度の射精で多数の精子が放出されてその中で強い精子が受精すると。でも本当にそうなのか、どんな根拠でそう思うんでしょうか?表面的・部分的にはそうかもしれないですが、偶然卵子の近くに行ったとかもあるでしょうし。 具体的にどんな実験や観察・結果からそう思ったのか、どの程度能力で受精してるんですかね。出来る事なら自然受精した後に、難しいかもしれないけど受精しなかった精子をあらかじめその女性から採取しておいた卵子と受精させて、生まれた複数の個体と自然に受精して生まれた個体を比較した結果を見てみたいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

そもそも大前提として、生物学的には命とは、あくまで細胞が生命反応(細胞の維持に関わる化学反応)を行っている状態を指すだけです。 ですので、仏法的な生命、という概念は生物学においては全く無関係です。 生物学においては生物は物理的化学的な法則に従って動く分子機械として扱います。 これは別に魂とか生命の神秘とかを否定するのではなく、そういう観念的なものは研究のしようがないので無視しているだけです。科学者個人が宗教に帰依したり神を信仰したりすることは珍しくありませんが、それはそれ、これはこれ、です。 キリスト教徒が全員、神が世界を7日間で作ったとかを信じているわけではないのと同じですね。 そういう意味では質問に対する答えは回答者様の納得いくものにはならないかもしれません。 壊れていない機械(車とかテレビとかコンピューターとか)を機能しているという意味で擬人化して『生きている』と表現することがありますよね? 逆に機械が壊れたときに 「うちのパソコンが死んだ」なんて表現する人も結構多いです。 生物学的には生物の生き死にはこれと同じで、『システムが機能している』『システムが壊れた』という意味合いになります。 ゆえに、質問の答えはこうなります。 1.精子は個々に『生命』を持っているのでしょうか? 2.卵子には『生命』があるのでしょうか? 精子だろうと卵子だろうと、死んでいなければ(細胞としての機能が停止していなければ)生きていると表現します。 それを『生命がある』と表現するかどうかは個人の自由です。 貴方がそう思うのが貴方の答えです。ただし他人が同意するとは限りません。 3.もしどちらにも生命がなかったとしたら、どの時点で 『生命』が宿るのでしょうか? これも同上ですね。貴方がそうだと思う瞬間からです。 法律的には国によって色々と基準を決めていますが、これはなにか明確な根拠があるのではなく、役所仕事を円滑に進めるための手続きの問題にすぎません。 胎児を殺した場合の殺人罪の適用とかの問題ですね。 これは生物カテゴリーではなく哲学カテゴリーで聞くべき問題かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 >これは生物カテゴリーではなく哲学カテゴリーで聞くべき問題かと思います。 そうですね。 「生命科学的見地」と書きましたが、『生命』の捉え方に違いがあるようですね。 『魂』とか『魂魄』、『生気』や『念』といった方が良いのかも知れませんね。 改めて、同じ質問を『哲学』のカテゴリーにてしてみたいと思います。

  • 回答No.2

質問者さんの素直な科学的知識そのままで正しいと思いますよ。分かってらっしゃる反語的な質問文ですよね。 (No.1お礼) >「そこで、現世においては(言い方を変えると、「生きているうちは」) >生命を感ずることが出来ると思いますが、それでは何時現世で >生命として現われるのかそれでは何時現世で生命として現われるのか」 この日本語は、私には、理解できません。何を疑問に思われているのか、判りません。 感じられるけど、現れていないという事ですか??完全に即物的な考え方をされているということでしょうか。それとも擬人化された生命様の権現を見たことないということでしょうか。 質問文にある「生命価格的見地」の「価格」って何ですか。生物学でも仏教でもなく、経済学の基盤ですよね。 仏法が、生命の「永続性」を唱えているというのは本当でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。 「生命価格的見地」⇒間違えました。「生命科学的見地」です。 申し訳御座いません。 >感じられるけど、現れていないという事ですか? いえいえ、そうではなくて、胎児として母体内に存在しているという事実は、 その時点ですでに生命を受けているという事です。ただ、それが、精子と 卵子が結合する時に生命を受けるのか、あるいは既に精子若しくは卵子に 生命というものが存在するのかという事です。 疑問点は、ただ単にこの点だけなのです。 >仏法が、生命の「永続性」を唱えているというのは本当でしょうか? 釈尊の説いた「法華経」には、仏の生命が説かれており、これが過去、 現在、未来に渡り存在するという事が説かれています。 この仏の生命というものは、実は私たち人間生命に内在するもので、 中国天台の祖、天台大師は『一念三千』という法門で説きあらわして います。もちろん日本天台宗にはこの教えは伝承されているはずで すが。 そこで、実際現代科学や生命学、医療などの分野ではどの様に捉え られているのかを、お聞きしたかったのです。

質問者からの補足

現在は、良くクローン技術や体外受精など、遺伝子学的にもかなり 進んだ研究や解明が行われていると思います。 行為ではなくて、“生命を誕生させる”あるいは“生命が宿る”といった 時間的プロセスを知りたいのです。

  • 回答No.1
noname#142850
noname#142850

まず、用語を定義する必要がありますが、これがなかなか難しい。一つの考え方として、 以下の3点の性質によって生物を定義し、生物の(生物として自己を維持、増殖、外界と隔離する)活動の総称を生命と定義する。 ・外界および細胞内を明確に区別する単位膜系を有する。 ・自己を複製する能力を有する。 ・外界から物質を取り込み、それを代謝する系を有する。 と言うのがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速、ご回答いただきまして、ありがとうございます。 仏法では、人間生命に限らず、「生命の永続性」を説いています。 そこで、現世においては(言い方を変えると、「生きているうちは」) 生命を感ずることが出来ると思いますが、それでは何時現世で 生命として現われるのかという事で、上記の疑問が出てきました。 どうぞ、先生のお考えを、無学の人間にも分かるようにお話しいた だきたいと思います。

関連するQ&A

  • 赤ちゃんの性別の決定要因

    赤ちゃんの性別の決定要因はと言う他の方の質問に・・・高校の生物の授業では、子ども性別を決定する性染色体について卵子はX染色体のみによって構成されており、精子はX染色体またはY染色体によって構成されていると教えていると思います。(これが一応正しいとされているはずです。) そして、卵子のX染色体と精子のX染色体が結合すると女性になり、卵子のX染色体と精子のY染色体が結合すると男性になります。 従って、質問のとおり性別の決定要因には卵子は関与していないことになります。 と、回答されてますが、それではなぜ病院の産み分けでは女性の子宮を酸性やアルカリ性にするのですか?精子が反応して変化するんですか?そうすることでの産み分けの確立はどれくらいなのでしょうか?素人なのでわかりやすく説明してください。

  • 女性の排卵(生理)はどうして血を伴うの?

    女性の排卵にはどうして血が伴うのでしょうか? 排卵って卵子が卵巣から出るだけですよね? 何故血を伴うのですか? 男性の精子みたいに精子だけ(卵子)でるということはないのでしょうか? 卵巣のなかには血液が含まれていて卵巣から血液とともに 卵子がでるのでしょうか? また、ケースによって生理による出血の多さが違うというのも不思議です。 男性であれば、久しぶりの射精であれば精子が多く出ますが、 女性の生理は完全に定期的ですよね? 定期的であれば血も同じくらいの量が出るのではないかとおもうのですが・・・。 女性をみてると生理の対処は大変そうだなあ・・・、と思います。 生理とおりものというのは違うんですよね? 教えてください!

  • 放射線の蓄積が身体の細胞は数ヶ月で入れ替わるので蓄

    放射線の蓄積が身体の細胞は数ヶ月で入れ替わるので蓄積されない。 成人には放射線はあまり強くなければ人体に影響がないが、しかし卵子は蓄積されるので産まれてくる子供の遺伝子に異常が出る。 女性は生理で排卵してるのになぜ卵子はずっと同じ細胞なんですか? 男性も被爆しても射精して精子を排出したら新しい精子が生成されて入れ替わってると思うのですが精子は細胞が入れ替わって、なぜ卵子は排卵で排出されてるのに細胞は入れ替わらないのですか? 排卵で新しい卵子が生成されてるんじゃないんですか?

  • 精子って生き物?

    ふと思ったんですが、 男性の体の中で作られる精子は 生き物なのでしょうか? そう考えると、 生命を生み出すのは女性だけではないんですよね。 1個の卵子を生産する 女性と違い、毎日 何億という単位 の量が生産されている(生み出されている)・・・ これって結構すごい事かも。 (聞く所によると、 3秒に1個の割合で 精子は作られているとか。 これじゃほんとは無駄打ちできない?)

  • 精子の人権

    精子についての質問です。 一般に、倫理的な問題が生じ、それゆえに取り扱いに注意を払うのは、精子が卵子と結び付いて受精卵となった後です。ここで不思議なのですが、何故受精卵となった後なのでしょうか?受精卵になれなかった精子や卵子も、細胞の一つにすぎないとは言え、いわばヒトになる可能性があったものなのに、人工精子を作ったり、精子バンクが設立されたりしているし、射精や排卵は(いかに生理現象とは言え)、全く倫理的に意識されていないように感じます。馬鹿馬鹿しいとお思になるかもしれませんが、回答お願いします。

  • 精子の数と生まれる赤ちゃんの関係

    文章ではうまく説明できないのですが・・・・ 赤ちゃんが生まれるには、精子と卵子が結合することから始まるわけですよね。そこで・・ A 計画的に妊娠しようとして、膣内に一回の射精分の精子(1億~4億。ここでは仮に二億とします)を射精し妊娠した場合は一つの精子が受精する競争率は2億分の1。 B カウパー腺液に含まれている微量の精子(仮に一千万個とします)での妊娠は一つの精子が受精する競争率は一千万分の一。 この上記の二つの場合、マラソンに例えるならAもBも完走した優勝者一人 だけが選ばれる(生まれる)わけなのですが、普通に考えると Aの2億の中のもっとも優秀な一個がBの一千万の中の一個よりも優秀(強くて健康)だと思うのですが *例えば同じ優勝者だがAの優勝タイムが2時間10分でBが2時間50分みたいに・・・。 Aの計画的に妊娠した場合とBの思いがけず妊娠した場合の生まれてくる子供に生物としての強さや能力に違いはでますか? 文章下手ですいません。

  • 妊娠?

    彼女の生理がこないらしいので、産婦人科に行ったそうです。 そしたら、妊娠していたそうなんです。 しかし、私は、ゴムをつけてやったし、彼女が他の男性とそのような行為をするとは思いません。 彼女の話によると、入れただけで、妊娠してしまうとか、妄想しただけで妊娠してしまうという体質があるというのですが、本当にそのような体質はあるのでしょうか? 私は、妊娠というのは、精子と卵子の結合によってなるものだと信じています。 もしかすると、そのような例外があるかもしれないと思い、質問させていただきました。 どうか、知っている方は、教えてください。 お願いします。 ※生では入れていません。 ※性行為して、12日目です。

  • 妊娠について(体のしくみ)

    妊娠についてからだのことを知りたくて調べてました。 不明点を教えてください。 1、卵子は精子と出会わなければ生理時子宮の壁とともに外に排出されますよね。でも受精卵は着床できなければ消えてしまうと聞きました。同じ卵でもこういう違いが生じるのですか? 2、精子は一日一億作られ6億で満タンになるのですよね。 たとえば2日連続Hしても2日目は精子は一億個しかなく期間をおいた一日目に比べると妊娠の確率が格段にへってしまうということになりますよね? 6億以上になってしまったときに男性は本能的に射精しないといけなくなるのですね。 3、子宮頸管は排卵期以外は精子が通りにくいそうですが、Hのあと精液が膣からでてくるときとそうでないときがあります。これは精液が外に出てくるときというのは排卵期ではないという可能性がありますか?排卵期が計算上おわったかどうか微妙な場合、これで察することは無理ですか? 4、卵子は卵巣から卵管采にすいこまれるのですよね。 絵で見た場合卵巣と卵管采のあいだがあいてますがここはなにもなく空洞なのですか? 5、精子は72時間、卵子は24時間の生存とよくききますが、最長一週間いきる精子もいるのですよね?精子は生存に時間差があるのに対し卵子は100%24時間のみなんですね? http://www.consentjp.com/cultural-drama1.html

  • 核分裂の質量欠損について

    納得できないので質問させてください。 本やネットでは分裂前の原子核の質量はこれらを構成してる個々の質量 よりも小さく、その差分は結合に使われてるエネルギーとあります。 これは理解できますが、この事実と核分裂の際に放出されるエネルギー との関係性がわかりません。 核分裂の際には結合に使われたエネルギーは元の質量に戻るのではないの ですか?放出されたエネルギーはどこから来てるのでしょうか?

  • 生殖行為の神秘(学問)

    美しいとか、スタイルがいいとかいう女性を見ると、男性は「生殖行為」の欲求を感じます。そして男性器が硬直化して、インサートが容易になる体制が準備されます。生殖行為に入ると、女性器からも粘液が分泌されインサートがし易くなります。放出された精子は卵子に向かって泳ぎます。 「生殖行為」のメカニズムは、なんでこんなによくできているのでしょう。 お考えを教えて下さい。