• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

節電のお願いは電力会社の差し金のような気がします

原発事故を受けて、各地の電力会社から 「原発を停止するので、〇%の節電をお願いしたい」 という動きが活発になっていますよね。 今は原発に対して異常反応(?)のような状態になっているので、仕方ないと言えば仕方ないように思います。 ただよく考えてみると、もしかすると電力会社の陰謀と言えば大袈裟ですが、差し金のような気がしてなりません。 というのは、一口に10%とか15%の節電と言いますが、大変な社会的混乱を起こすわけですよね。 特にこの夏、どこに行ってもエアコンが効いてなくて、うだるような暑さをこれから経験するわけです。 今年、熱中症で命を落とす高齢者が何人出るか分からないと思います。 産業界でも生産量が落ちたり、労働環境が悪化する事は間違いないと思います。 太陽光だ、風力だ、と言っても、それだけで膨大な電力需要を賄えない事は子供にでも分かるはずです。 火力も水力も自然保護の観点から時間の問題だからです。 で、日本国民がそのような酷い目に遭った結果、「二度とゴメンだ、こんな事になるのなら、少しくらいのリスクを負っても、やっぱり原発で安定供給する方が良い」 と感じるようになるのではと思います。 で、電力会社は大手を振って原発の再稼動を始める、そのために必要以上に節電を訴えている、心の中では 「そんなに原発に反対するなら、いいよ、一度経験してみな、後悔するよ」 と思っている ・・・ 考え過ぎでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数295
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2878/8340)

お礼有り難うございました。 > 千葉商科大学の島田晴雄学長がテレビで激怒していましたが、 ソコは私も全く同意見で、ソコに「ナゼ?」はあります。 ただ、ご説明しました様に、膨大な費用,労力と、時間は要しますから、コレは躊躇するに充分な理由と考えています。 それよりは、橋下知事 VS 関西電力のやりとりが奇異ですヨ。 関電が知事に節電要請をしたところ、知事がまさしく島田学長や私と同じく、「根拠を示せ!」としたところ、関電は「電力は国策事業であり、地方自治体が口出しするコトでは無い」と回答。 その結果、橋下知事は「節電には協力しない」と決断した上、「一社独占状態はおかしい」とまで言及した様です。 根拠があれば、ソレを示せば簡単に解決しますよね。 しかし協力を要請しておいて、「口出しするな!」では、知事にケンカを売っている様なモノです。 私企業と言う立場では、常識的には考えにくいと言うより、有り得ないやりとりです。 この様なやりとりに関し、モチロン原発問題が強く関与しているのは確かですが、私はそれ以上のモノを感じますよ。 電力会社って、私企業の枠組で考えるべきでは無いってコトです。 少なくとも電力会社の経営陣は、行政機関・官僚機構の一部であり、更に経営組織論的には、官僚にとって魅惑的な天下り先である電力会社は、官僚の人事権を掌握している様なモノですから、同等かそれ以上の権力と考えられます。 日本の弊害である官僚主導の、最たるものが電力事業なんです。 言い換えたら、官僚的な考え方ですと、電力事業においては、地方とか国民なんて、全く視野に入っていません。 原発事故も、国の責任か?東電の責任か?なんて言われてますが、根源は一つです。 原発推進か、存続か、廃絶か・・なんてコトは、我々が見聞き出来る政治の世界だけでは無く、官界で別のシナリオが描かれ、多くの事柄は、官界主導で進んでいます。 ご質問の件に関しては、間違い無く官界のシナリオではありますが、電力会社が「やっぱり原発は必要だろ?」って言うアピールだとしますと、少々、ロコツ・稚拙過ぎると思いますヨ。 ロコツと言うのは申し上げるまでもないですが、稚拙と言うのは、官僚が考えているのは、原発の維持では無く、今回の件でも「焼け太り」を考えていると言うコトです。 たとえば政府の補償スキームでは、電力会社が補償金を拠出し、補償財源にしてますよね? 官僚は、コレも一大利権と捉えているでしょう。 具体的に言いますと、自分達も負担しますが、その金以外に、国からも補助されます。 自分達が100のお金を出せば、自動的に120とか130になる仕組みなんですよ・・・。 補償機構も天下り先となって、20~30の増加分から、天下り役人がピンハネする構造です。 更に言いますと、原発を保有する電力会社が補償金を払うのだから、もし原発を無くしちゃったら、補償金は支払われなくなりますよね? ハナから原発は存続する前提ってコトですよ。 ここにも原発の延命策が施されています。 発電と送電の分離も。 送電会社が作られると言うコトは、官僚の天下りポストが増えるってコトです。 官僚は大賛成だと思います。 過去の原発推進は、間違い無く一大利権でした。 もう少し続けたかったとは思いますが、現在はピークは過ぎてますので、官僚は原発にそれほど固執していないと思いますよ。 官僚のホンネは、「原発利権でこれ以上メシを食うのは無理かな?」ってトコで、既得権益を維持出来れば充分で、多少の収縮は仕方が無いってトコです。 そう言う風に考えますと、節電呼びかけは、例えば意図的に需要を減らすことで、電力会社の経営を圧迫することこそが目的かも知れません。 電気料金をなし崩し的に値上げする目的とか、その先の消費税増税とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もご意見を頂き、有難うございました。 官僚組織の動きを考えると、今の不必要と思えるような節電ムードには、やはり何か裏がありそうですね。 お叱りを受けるかも知れませんが、私自身は節電なんて一切協力するつもりはありません。 自分が不便で不快な思いをするだけで、誰も褒めてもくれないでしょうし。 「被災地の人たちの事を考えれば ・・・」と自己満足でやる人もいるでしょうが、私には何か馬鹿馬鹿しいように感じて仕方ありません。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • wiz0009
  • ベストアンサー率22% (107/474)

>間引き運転で電車も超満員、エアコンもほとんど効いてなくてサウナのような車内、事務所でもデパートでも何もしないでもジトッと汗が垂れてくる、夜も暑くて寝られない、窓を開けたいが防犯の問題がある、一体いつになったら元の生活に戻れるのか、毎日がイライラ状態 ・・・ こんな状態が7月から10月近くまで続いたら、多くの日本人が参ってしまうのではないでしょうか? ここまでいったら15%の節電どころじゃないですよ(笑) 15%の節電っていうのは「無駄を省く」ことで実施できる範囲のものです。 エアコンを28度設定でも稼働していればそんなに暑いわけがないし、 そもそも夏は夜になるほど電力が足りるわけで、寝るときは普通に使い放題です。 仕事場ではクールビズにすればいつもと変わらない程度の体感。 あなたが懸念しているのは50%とかそれ以上の節電で起きる現象です。 間引き運転も朝のラッシュ時の本数を減らすわけがなく、 電力のピーク時間である12時以降のダイヤについて減らすものです。 生産業も生産力が落ちるほど節電するわけがありません。 民間企業が売り上げ落としてまで政府に協力してやる義理はないですからね。 照明を落としたり夜の稼働を増やしたりするだけで15%程度の節電は可能なのです。 節電要請というのはあくまでも「自主的な節電の要請」ですからね? 政府が強制力を行使したわけではありません。 だから民間は道徳的な範囲内で守れば事足ります。 そんな中で社会的な混乱が生じるほど無理な節電を行う馬鹿な企業はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も有難うございました。 > だから民間は道徳的な範囲内で守れば事足ります。 そんな中で社会的な混乱が生じるほど無理な節電を行う馬鹿な企業はありません ・・・ 本当にそうだと良いのですが、うるさいのはメディアでしょうか? 来月くらいからエアコンの稼動がフルになるでしょうが、電力不足に関する報道やコメントが毎日毎日テレビなどでワーワー叫ばれるようになると思います。 自民党の石原幹事長が述べたそうですが、今の日本人は深刻な集団ヒステリー状態になっていますので、この夏は思いやられます。 因みに私は節電には一切協力するつもりはありません。 一部の専門家の話では、既に検査が終了した原発や、今検査中の火力発電の検査を早く終えて、全て再稼動すれば電力なんて余るくらいだと聞いているからです。 メディアの煽りの乗るくらい馬鹿ではありませんし、また政府が無能で腰抜けだから国民が苦労するのだと思っているからです。 自説、すみません。

  • 回答No.7
  • fisker
  • ベストアンサー率31% (103/324)

電力会社が夏場の電力需要予測が厳しくなって消費者に「節電のお願い」をするのはこれまでも何度か例があります。普通のメーカーと消費者の関係を考えれば実に奇妙な「お願い」ですね。メーカーなら、自社の製品が大人気で品薄になるのは歓迎こそすれ消費者に「供給が追いつかないので買わないで下さい」なんてお願いすることはあり得ません。 送電網というのは発電量と消費量を常にぴったり同期させておく必要があり、もしそのバランスが崩れると大規模な停電になります。その範囲や規模は電力会社でも予測が不可能です。そのため、いよいよ危なくなると直前にわざと部分的に送電を止め、コントロールされた停電を起こすことで大規模なコントロール不可能な停電を避けようとします。このようなオペレーションは弊害も大きく、電力会社としては何としても避けたい事態です。 万一計画停電が間に合わず、大規模停電を引き起こしたりすれば電力会社は更に多大な損害を被ります。社会的な損害も計り知れず、確実に多くの死人が出るでしょう。 電力が足りなくなって一番困るのが誰か、というのは一概には言えませんが、電力会社自身がとても困るのは確かです。原子力のあるなしにかかわらず、電力の安定供給は電力会社にとって至上命題であり、それが崩れることは社会全体にも大きな弊害をもたらすことになるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 たしかに電力会社は大規模停電を防ぐために最大の努力を払うでしょうね。というか、それが企業にとっての社会的義務になっていると思います。 ただ、それは今のように検査が終わった原発まで再稼動せず、そして夏を迎える場合ではないかと。 報道では、検査が無事に終わっているのに再稼動させる事を地元自治体がOKしないから今のような電力不足になっているのだ、もっと電力不足にしてやる、文句を言うなら自治体に言え、悪いのはあいつらだ ・・・ こんなムードが作られているような感じを持ちました。 でも、やはり考え過ぎでしょうね。

  • 回答No.6

電力会社って一社独占で政官業一体化の業種です つまり鬼に金棒、社会的責任も当然巨大で独占なので薄れる運命です 世界最大の原発事故(過疎地チェルノブイリは過疎地なのでまだましです)はその証となりました 基本的に責任者は「ごめんボクヤーメタさようなら」残りの関係者は「ボクのせいじゃないもん」かと推測できます 癒着していると何が困るのか?は何を決めるときでもお金のつながりを重視してしまうことです どうすれば有利なんだろうではなくどうすれば日本のためになるのか・・なのです 今回は電力料金面であらゆる産業界に影響するであろう「原発再開」問題になって 原発なしでは困りますよの芝居はもしあっても仕方がないかと思われます 他の国ならともかく日本は大借金、工業製品輸出で食う国家です いまさら後戻りでゆったりした国には戻せませんから。ここは、頼むぞ!政官業!しかないです 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 私も日本は大借金国で、製造業でメシを食っている国だと思います。 そのためには膨大な電力を安定的に供給する必要があります。 よく、「原発は巨大利権になっているので誰も止められないから、こんなに多くなってしまった」と言う人がいますが、誰が政治を担当しても結局は原発という選択肢しか無かったと思います。 世界の多くの国で原発が今も建設されているのは、そのためだと思います。 日本人はすぐに「集団ヒステリー症」に罹りやすい国民性があるので、今の反原発の流れは誰も止められないと思いますが、結局困るのは日本人だという事を忘れてはいけないでしょうね。 太陽光とか風力とか主張する研究家もいますが、現実を無視しているように思います。 何とか今の節電ブームを止めてくれないものでしょうか。

  • 回答No.5
  • wiz0009
  • ベストアンサー率22% (107/474)

ちょっと推理としては弱い気がします。 すでに冬にも節電要請があり、 電車の本数減や工場の稼働が減るなど社会的な影響が出ていましたよね。 それがこの夏に急に「二度とゴメンだ」となるのですか? そう思う人なら前の節電でとっくになっていると思いますが。 電力確保のために節電が望ましいのは紛れもない事実ですし、 それを陰謀論と結びつけるのはちょっと無理があるでしょう。 そもそも原発に反対してる人って報道されてるほど多くないんですよ。 先月の青森県知事選挙でも原発推進の知事が当選してるんですよ? 私を含め「いずれ無くす方向性で」と思ってる人は多いと思いますが、 今のこの状況で原発を使うななんて言ってる人は現実を見てない人だけです。 今は電力が厳しいんだから使うのが当たり前。 停止してるからって燃料がそこにある限り危険性は変わらないんですから。 どうせ危険なら使ったほうがいい。 今後数年かけて徐々に移行していくのが最善であって、今は再稼働するべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 たしかに前回の計画停電で一度経験していると思いますが、あの時は初春の時期でした。 被災地でも木枯らしが吹いていたと思います。 問題はこの夏ではないでしょうか? たしかにエアコンを28度に設定するなどである程度は節電が達成できるかも知れませんが、私が懸念するのは「国民総うつ状態」にならないか? という事ですね。 間引き運転で電車も超満員、エアコンもほとんど効いてなくてサウナのような車内、事務所でもデパートでも何もしないでもジトッと汗が垂れてくる、夜も暑くて寝られない、窓を開けたいが防犯の問題がある、一体いつになったら元の生活に戻れるのか、毎日がイライラ状態 ・・・ こんな状態が7月から10月近くまで続いたら、多くの日本人が参ってしまうのではないでしょうか? 日本の夏は昔とは全然違うと聞きます。 実際には温帯ではなく亜熱帯の気候になっているようです。 おっしゃるように反原発の人は報道されているほど多くないかも知れませんが、問題はメディアの操作されて、その流れに乗り「〇〇%の節電を!」と政府も電力会社も本気になっている事です。 因みに私は消極的原発賛成派です。  今の日本には他に選択肢が無いからです。 島国なのにイタリアの猿真似をしようとしても不可能だからです。

  • 回答No.4
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2878/8340)

可能性は否定出来ませんね。 ただ、仮に陰謀だとすれば、電力会社は電気を売って金儲けしてるワケですから、かなりリスキーで、背水の陣的な陰謀ではありますヨ。 電力会社の思惑通り、今夏に「こりゃ暑くてかなわん!」ってコトになれば良いですが、そうならないんじゃないでしょうか? 逆に各家庭が風鈴やすだれでも調達し、打ち水をして夕涼みし、「風流だねぇ。」なんて楽しむんじゃないかな? その上、「結構、平気だし、電気代も安いよね!」なんてコトになるかも知れません。 企業も夏休みを伸ばしたりズラしたりする方向です。 混雑の緩和とか良い効果もありそうで、案外、定着するかも知れません。 質問者様の勘繰りに同調します点は、発電能力は、需要の2倍くらいは保有してる点です。 本気になれば、発電・送電に影響が残る被災地を除き、電力は確保出来る様な気がします。 発電装置は法律で定期点検が義務付けられており、その点検は数カ月~半年と言う単位で行われます。 だから発電所では、複数基の発電所を持っており、数基の内、1~2基がメンテナンス中と言う状態です。 また今回の様な災害にそなえ、休眠発電設備も多く保有しています。 大昔の発電効率の悪い水力発電所なども、動かさないだけで、殆どは潰さずに置いてあるんです。 これらは全てが直ちに動かせるワケでは有りませんが、これらを動かせば、恐らく国内の電力需要の殆どは賄えるハズです。 東北,東京管区以外は、浜岡原発を休止した程度の中部管区も含め、節電なんてする必要は無いと思います。 それなのにナゼ?って考えると、陰謀説も浮上しますよね。 ただ、発電所のメンテナンスって言うのは非常に大変で、多大な時間と労力と費用を要します。 メンテナンスして、すぐにまた休眠・・・なんて言う事態を考えると、電力会社は莫大な損失ですから、メンテに躊躇するのは当然なんですよ。 ソレがメインの理由じゃないでしょうか? 陰謀と言うよりは、副次的・結果的に、そういう効果があるかも?って言う程度ではないかと思います。 仮に陰謀としますと、恐らく「もう辛抱堪らん・・」の様な、期待通りの結末にはならないんじゃないでしょうか? ほんの40~50年前には、家庭用エアコンは殆ど普及してませんでした。 現在の中間管理職世代以上がガキの頃は、エアコンなんて無くて当たり前だったんですヨ。 日本の人口の半数くらいは、そう言う経験をしてるんです。 今でもエアコンを買わないとか、有ってもなるべく付けないご家庭も少なくないでしょう。 ヒートアイランド現象とか、多少は地球温暖化などがあるとしても、地球上にはまだまだ過酷な環境はあって、実際にソコで生活している人は存在するワケで、耐えられないのでは無く、耐えるのがイヤなだけですからね。 それに公共施設やデパートなどは、設定温度を1~2℃上げるかも知れないけど、その程度でしょう。 企業だって大事なお客さんが来るとなれば、冷房は入れるでしょうし・・・。 何より日本人って、とてつもなく我慢強い国民性ですからね。 多少の文句は言っても、無けりゃ無いで我慢しますヨ。 結局は、大きな騒動なども無く、電力会社が売上を減らして終わりじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

key00001様、いつもお世話になります。 また、ご意見を頂いて恐縮しています。 今回の質問は少し大袈裟に表現してしまったのですが、政府や電力会社による「節電のお願い」には何か不自然なものを感じて仕方ありません。 千葉商科大学の島田晴雄学長がテレビで激怒していましたが、今、検査停止中の全ての火力・水力発電をフル稼働すれば、首都圏の計画停電などしなくても充分な供給量が見込めるのに、なぜそれをしないのか?  もし検査に時間がかかるのだったら検査官を補充し24時間体制で臨むなど、なぜ国を挙げての努力をしようともせずに、安易に停電という社会的混乱を起こすような事になるのか! と、番組の中で激怒していました。 犯人は誰か分かりませんが、何となく「原発が無ければ、ホラ、こんなに困るだろう?」と、わざと国民を困らせるような方向に導いているように感じて仕方ありません。

  • 回答No.3
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11962)

東京電力管内に居住してる者です。 この度の東日本大震災では、福島第一原発事故が発生し東電管内では深刻な電力供給不足に陥り「経済産業省から節電要請」を各産業は受けてます。 電力会社としては、売上に繋がる電力の売り惜しみはしたくないはずですが、経済産業省の節電要請を受けた産業は従わざる得ないのが実情です。 因みに、原発事故の影響を受けてない関西電力管内の、大阪は節電要請を受ける根拠がないので、橋下府知事が節電要請に反発するのはごもっともな話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 首都圏の節電は理解しています。 東電側の危機感も、おそらく他の地域の電力会社とは比較にならないレベルだと思います。 表現が適切かどうか分かりませんが、いくら大阪で節電をやったとしても、被災地や首都圏の人には何の意味も無いと思います。 暗い街や、蒸し暑い車内で毎日過ごせば、段々と「国民総うつ状態」になるような感じがしてなりません。

  • 回答No.2
  • dqf00134
  • ベストアンサー率28% (1051/3667)

考えすぎではないと思います。 電力会社、政府、多くの政治家まで含めてそんなものではないかと思います。 今朝、通勤途中で7時15分頃でしたが、池袋駅にある表示板では供給量に対して使用量が50何%とかいう表示がありました。 電力会社で蓄電もしておけるような技術を開発していれば、原発がなくても結構いけるように思えます。 火力については、各地にあるごみ焼却場などでも発電できないものかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 駅にある使用量の表示は関西ではまだ見かけません。 関西電力の場合は、まだまだ供給力に余裕があるからだと思います。 ごみの焼却場で発電とは良いアイデアですよね。 日本全国の焼却場で実施すれば、結構な発電になるのではないでしょうか。 政府の誰も気付かないのでしょうか。

  • 回答No.1

私も、同じ意見です。 >「そんなに原発に反対するなら、いいよ、一度経験してみな、後悔するよ」と思っている ・・・ 私が子供だった時。 オイルショックがありました。 田中角栄が総理大臣の時です。 トイレットペーパーや洗剤はスーパーから消えました。 昼間はTVは放映されませんでした。 今、節電を訴えるなら、なぜ、昼間のTV放送を停めないのでしょう。 そして、夕刊も発行しなければいいと思うのです。  今の節電の仕方、間違っていると思います。  年寄りは高温には耐えられませんし、人工呼吸器など使用している人たちには死活問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答え、有難うございました。 私も節電の動きには何か不信感があります。 私は関西在住なのですが、大阪の橋下知事が「関西電力からの15%節電のお願いには協力しない」と表明して大騒ぎになっています。 正確に言えば、協力しようと自治体の方で既に根回しして、そして10%は何とかという話になっていたのに、関電側から何の事前説明も無いままに「15%!」とやられたものだから、プッツンきたという感じとの事です。 私はへそ曲がりなので、自宅では節電には一切協力しないつもりです。 こんなに社会的混乱を起こす必要があるのか、メチャクチャに腹が立っているからです。

関連するQ&A

  • 電力会社の売り上げは、減ってしまったのでしょうか?

    原発事故の影響で節電ブームになりましたが そのお陰で、電力会社の売り上げは、減ってしまったのでしょうか?

  • 節電してますか?

    こんばんは。 ウソツキオジサン。から、少しまじめなアンケをさせていただきます。 最近の原発再稼動についてなのですが、 日本には、電力会社が数社(はっきりと数えていません。)しかありません。 そして、今、各電力会社から、一般家庭に対して節電に対する要望があります。 この暑い最中、エアコンを使用しないと、正直辛いです。 私は、節電に対して、全く意識しておりません。ただし、無駄に電力を使用を増加させているのではなく、今までと同じように生活しています。そして、正直、大規模停電が発生するなら、発生すればいいと思っています。 一方で、節電することの苦しさを一般家庭の人が認識すれば、原発を再稼動させることが容認されることにつながり、これが各電力会社の思惑ではないかと、いう意見がささやかれているのを聞きます。 でも、大規模停電が発生したら、どうなるのでしょうか? 私は、 今の独占排他的なシステムでは、ダメだという意見が増加し、 今の電力会社の独占排他的なシステムを壊し、 さらに、今の政権自体をも崩壊させる、大規模な災害(人災)につながると考えます。 今回の東北の地震よりも、多きな経済的なダメージを受けると思います。 したがって、各電力会社や、現政府は、原発を再稼動させることを優先しているのではなく、 現状の独占排他的なシステムの崩壊を一番を恐れているのではないか? そして、原発を再稼動させることを、隠れ蓑にして、このことを、ひたかくしにしているのではないかと、 私は、正直、大規模停電が発生したら面白いと、思っています。 おそらく、大規模停電が発生することは無いとおもいますが。 皆さんの、ご意見を伺わせていただきたき、カキコミさせていただきました。

  • 電力会社の節電PR

    電力会社は、よく「節電のお願い」をしています。 商品である電気を、企業自らが「使わないように」とPRするのは、市場原理から考えたらおかしな話ですが、 省資源が人類共通の課題であるとの認識から、企業も社会的使命により、あえてPRをするのだろう、と思います。 それに加え、夏季の節電の呼びかけには、ピーク電力の抑制による、障害発生の回避や、過大投資(=平常時の遊休資産の増大)の抑制といった、現実的な必要性が電力会社にあると思います。 その観点でいくと、冬季の節電の呼びかけには、電力会社にそれをする必然性があるのでしょうか。

  • 電力会社の矛盾?

     最近、電力会社が盛んに「オール電化住宅」のCMをやっているのを見ます。「オール電化住宅」というのは、今までガスや石油を使っていやっていたところをすべて電力でやってしまおうというのですから、当然現在よりも電力使用量はずいぶん多くなりますよね。一方電力会社は特に夏場、「節電にご協力ください」とか「設定温度は28度以上に」といって、電力使用の節約を呼びかけています。前者では電力使用を煽り、後者では節電を呼びかける。これは明らかに矛盾した態度ではないでしょうか? 「オール電化住宅」だと節電したところで普通の住宅の電力使用量になるわけで、それなら普通の住宅で節電したほうがいいじゃないか、ということになりますし。それに「オール電化住宅」では家庭のエネルギーを電気にすべて集中させる、ということを目標にしているわけですよね? それは夏場の電力ピーク時の負担を更に増大させていることは明らかです。それよりはむしろ、家庭のエネルギー供給源の分散化を進め、電力以外にガスや石油などのエネルギー供給を増加させたほうが、夏場の電力需要を軽減させるためにはずっと効果的だと思うのですが。この考え方は間違っていますか?

    • ベストアンサー
    • CM
  • 電力会社が節電を要請。どうしてこうなったの?

    電気を供給する電力会社が国民に節電を要請。電力会社って、公益性があるとはいいながらも、電気を使ってもらって成り立っている民間会社ですよね。それなのに国民に節電を要請。何かおかしくないですか?どうしてこんな事態になってしまったの?こんな事になる前に対処する方法はなかったの?

  • 電力会社の供給電力について。

    各電力会社原発をとめた時の電力供給能力についてに質問ですが 夏場は毎年ダムの貯水率のニュースとかで水力発電は必ずしも期待できるとは 思いませんが。 夜間の余剰電力で揚水をすればと言うかもしれませんが、すべてのダムが設備しているわけでなく 又発電に使う水も水利権で決められています。 火力発電も全ての発電所で稼働すればと言う意見もあると思いますが。 定期点検が決められているために365日稼働は無理ではないでしょうか? それとも余剰電力を本当に考えてのことでしょうか 一部の政治家及び評論家は電力会社の発電能力の数字だけで十分電力は賄えると言ってるようにしか思えないのですが。 いかがでしょうか。

  • なぜ電力会社は原発維持に必死なの?

    最初に、私は原発維持派でも反対派でもありませんので、広くご意見をお願いします。 私はニュースを見るたびに、なぜ電力会社があれほど原発維持に必死になっているか不思議に感じています。 それは、これだけ国内に反原発の意見が多いのだから、どれだけ産業がダメになろうと(?)、どれだけ国民が苦労しようと(?)、ずーっと原発を止めたままでやってみたらどうなの? なぜできないの? ということです。 ニュースを見た印象では、「電力会社は何とかして電力供給を守らなければいけない、火力発電に使うエネルギー確保もこの先どれだけ国民負担になるか分からない、その火力も定期検査も無視してフル稼働の状態でいつボーンといくか分からない、それに原発に代わる代替エネルギーなんて一体何年先の話になるか分からない、従ってどれだけ電力会社が批判されようと代替エネルギーが安定するまでは原発を稼動するしか現実には方法なんてない ・・・・・」 と、こんな風に必死になっているように感じられます。 で、もし私が電力会社の社長だったら? ・・・ 「そうですか、そんなにボロクソに批判するなら何年も何十年も原発無しで行きましょうか? 火力発電所がボーンといって突然の大規模停電をしたって、産業が崩壊したって知らないよ。 全部、貴方たちの責任ですよ。 これ以上、悪者になる気はないからね。 バカバカシイ。」 と尻をまくって、いつまでも止めてやるのにな ・・・ と感じてしまいました。  (原発なしでも節電なんて一切しなくても、実際には電力供給力には余裕があるほどという意見は聞いたことがありますが。) こう書くと電力会社の回し者のように受け取られるかな? と心配しているのですが、そんな事より、この素朴な疑問がいつまでも解消されません。 なぜ彼らはあれほど原発維持に必死になっているのでしょうか? 反対派が言うように、利権だけが理由なのでしょうか? もしかして、これだけ諸悪の根源に言われようとも、何か電力会社側に言いたくても口が裂けても言えない事情があるとか?

  • 節電。

    原発のことで、電力会社から節電の呼びかけがありましたが、皆さんは節電をしましたか?してないですか? アンケートよろしくお願いしますm(__)m

  • 電力会社が潰れる可能性について教えてください。

    関西電力とかは原発を動かさないと破綻するとか、マスコミが言っているのを聞いたことがあります。 そこで、電力会社が潰れる可能性について、詳しく教えてください。 理論的に、数値、及びその数値に至った理由などを教えて頂けるとありがたいです。ソースもあるとうれしいです。お願いします。

  • 電力会社も考えてはいるとおもいますが

    TV報道では原発を復旧するのに年単位の時間が必要らしいですが、メドがたつのですか? お役所電力会社と混沌とした政権の組み合わせなので 最悪な状態になるのでしょうか?