• ベストアンサー
  • 困ってます

以前購入した中古車の個人事業での経費計上

サラリーマン時代の2年前に、カーディーラーで試乗車としていた車を購入し、現在私名義で所有しています。(4年前の新車、当時2年落ち) 今年個人事業を始めて、車を個人、業務使用按分50%で利用しています。 新車の耐用年数は6年、中古車は2年と理解していますが、この車を経費計上できるのでしょうか? 中古車耐用年数の期間の開始を購入時とすればすでに2年経過していますので、経費計上できないのでしょうか。 それとも個人事業を始めた今年から2年間計上できるでしょうか。 また新車発売時から4年しか経過していないので、新車耐用年数の6年を考えるとあと2年間あります。。 この状況での耐用年数開始の時期をどう考えればよいのか、教えて頂けないでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数804
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

購入金額100万円と仮定して計算して見ました。 中古取得資産の耐用年数は、原則として使用可能期間を見積もることになっています。この見積が困難な場合に適用されるのが簡便法です。 (法定耐用年数)6年-(経過年数)2年×0.8=4.4年→4年  いずれにしても4年が順当でしょう。 購入時から昨年まで2年間の償却費を計算(非業務使用期間は旧定額法により、耐用年数1.5倍で計算) 4年×1.5=6年→0.166(旧定額法) 100万円×0.9×0.166×2年=298,800円 100万円-298,800円=701,200円←事業供用時の未償却額 平成23年分の償却額の計算(新定額法、耐用年数4年0.250) 100万円×0.250=250,000円 内、必要経費算入額 250,000円×1/2=125,000円 つまり平成23年は125,000円を必要経費に算入することができます。 なお、平成24年はこれと同額、平成25年は未償却額-1円で打ち止めです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的な数字で教えてくださいまして、ありがとうございました。 より理解することができました。

関連するQ&A

  • 個人事業主の中古自家用車の経費算入

    個人事業主の中古自家用車の経費算入 夫の扶養家族になっている主婦です。自分名義のアパート(4室)を遠隔地(約400Km離れたところ)に所有しており、個人事業主として青色申告しています。アパートの方は借入金の返済等もあり、年間での「所得」は20万円程度です。(パート給与は年間80万円) 自分名義の自家用車もその3割を「経費」として申請し、認められています。 この車両ですが、新車で200万円で購入し、10%を差し引いた180万円を耐用年数6年で旧定額法で償却しています。つまり、年間30万円償却のうち、30%(9万円)を「経費」として申告し、現在は認められています。 今度この車両が6年になるので買換えを検討していますが、仮に5年落ち(経過年数5年)の中古車(車検2年つき)を100万円で購入した場合、 中古資産が法定耐用年数の一部を経過しているときの耐用年数の計算式 耐用年数=法定耐用年数-経過年数 × 80% (つまり6-5x0.8=2年) で、2年が耐用年数と算出されます。 この場合、年間償却額は50万円、今までと同じように3割(つまり年間15万円)を経費として申請できると思うのですが、 1)青色申告決算書の減価償却費の計算 では、一番左の「減価償却資産の名称」等には今までと同じ「乗用車」と記入し、耐用年数は「2年」とし、一番右の「摘要」欄には「〇〇年新車登録の中古車を購入」と書けば良いのでしょうか? 2)平成22年取得なら特に記述しない場合「定額法」で良いのでしょうか? 3)前の車両を下取りに出した場合は売却益を「収入」に計上すべきでしょうが、所有を続けて2台所有する場合、償却済みの「前から乗っていた車」はもう何も申告するものが無いので「跡から購入した車両だけ」「減価償却の計算」欄に記載すれば良いのですよね? よろしくお願い致します。

  • 中古車の減価償却費について

    個人事業の経理を始めて間もないものです。 事業開始時に購入した中古車の減価償却費を出したいのですが 自信がありません。下記計算で正しいのかご指導下さい。 車の初度登録年は平成6年8月 購入は平成18年6月(会計期間も6月スタートです) 取得価額は30万円です。普通乗用車です。 耐用年数6年を経過しているので6×0.2(簡便法)=1.2で2年 2年の耐用年数の償却率は0.500(定額法) よって300,000×0.9×0.5×7/12=78,750円で良いのでしょうか。

  • 中古車を購入した際の経費処理

    個人事業主です。 今度、車を買い換えしなければならず、中古車を購入する予定です。11年前の車ではありますが、車種と状態がよかったので、現金一括で100万円で購入します。車は、家庭用と仕事用、両方で使います。 その際、仕分けの仕方、減価償却の仕方はどうなりますか? 減価償却の場合、乗用車の法定耐用年数から経過年数を引く…そうですが、11年前の中古車の場合はどうなるのでしょうか? まだまだ経理の勉強中ためわからないことだらけです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

>新車の耐用年数は6年、中古車は2年と理解していますが… あいまい。 >4年前の新車、当時2年落ち… 「法定耐用年数」--「経過年数」× 0.8 = 「法定耐用年数」 6 - 2 ×0.8 = 4.4年 → 4年 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2010/pdf/36.pdf さらに、 >サラリーマン時代の2年前に、カーディーラーで試乗車としていた車を購入… 非事業用であった期間は、償却期間を 1/2倍にして算入。 4 - 2 × 1/2 = 3年 >この状況での耐用年数開始の時期をどう考えればよいのか… 事業の用に供したときです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中古車の耐用年数の考え方がそもそも間違っていましたね・・。 たいへん勉強になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • 2006h
  • ベストアンサー率0% (0/9)

2年分は、減価償却でおとせると思います。 購入した金額を按分します。定額と定率とがあります。詳しくは、税務署で聞くか、サイトを開けば出てくると思われます。 耐用年数を超えれば、経費計上はその年度で終わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2年間はおとせる可能性を教えて頂き、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中古車購入の減価償却費

    経理初心者です。今度10月に百万円の社用車を買うことになったのですが、耐用年数を教えてください。  車は初度登録は今年の1月で普通乗用車です。この場合中古車でも新車同様6年でいいのですか?

  • 中古車の法定耐用年数

    中古車を購入するにあたって法定耐用年数を2年にしたいのですが、 中古資産が法定耐用年数の一部を経過しているときの耐用年数の計算式 耐用年数=法定耐用年数-経過年数 × 80% (一年未満の端数は切捨て。最短2年) この式の考え方は1ヶ月単位で考えるのでしょうか? (ちなみに1ヶ月単位で計算すると46ヶ月経過で2.93となり耐用年数2年となりました。) いろいろWebで調べていたところ、1回目の車検を過ぎた中古車は耐用年数が2年との記載のあるサイトもありました。 (1回目の車検は3年後なので、36ヶ月ですよね) 中古車の購入にあたって、耐用年数2年のものでなるべく新しいものをと考えていますので、御教授いただければ幸いです。

  • 家事用だった、中古購入の車を事業転用した場合の減価償却について

    過去の質問を見ると、いろいろな意見が飛び交っているようでいまいちはっきりしないので質問させていただきます。 前提条件 ・事業開始前に中古車を購入し、家事用として使用 ・事業開始し当該車両を事業に転用 ・取得したのは、新減価償却制度適用後の平成19年4月以降 ・下記計算で使用する資産の法定耐用年数は6年 この場合、私が調べた範囲で一番多かった回答をまとめると 「耐用年数について」 新車登録時点から取得時点(事業転用時点でなく)の経過年数=Aとすると 見積耐用年数=(法定耐用年数-A)+(A×0.2) [得られた回答は1年未満切捨て] 「転用時の未償却残高について」 新車登録時点から事業転用時点の経過年数=Bとすると 家事用期間の償却累計額を算出するため、本来の耐用年数を1.5倍した償却率で計算する。 定額法の場合 耐用年数6年×1.5=9年 償却率0.111 事業転用までの償却累計額=取得価額×0.111×B ※但し、A、Bはいずれも6月未満は切り捨て、7月以上は切り上げ、年単位で計算(月単位という意見もあった) 「転用後の償却計算について」 定額法の場合 見積耐用年数3年 償却率0.333 転用年度の償却費=取得価額×0.333×使用月数÷12(月割りする。しないという意見もあった) 2年目以降の償却費=取得価額×0.333・・・以後、備忘価額の1円まで継続 疑問点 ・・・耐用年数について、上記の計算だと、取得から事業開始まで時間が経過していると実態に合わない耐用年数が算出されることもあると思うがそれは問題無いのか? 例えば、新車登録平成10年1月、購入平成11年1月、事業開始平成19年1月、等。 この場合は、新車登録から事業開始時点までで9年経過しているが、上記計算でいくと見積耐用年数は(6-1)+(1×0.2)=5.2 切捨て5年となる 間違っている点がありましたらご指摘くだされば幸いです。 質問する立場で恐れ入りますが、確実な情報のみお願いいたします。

  • 車両運搬(中古車)の減価償却期間は?

    今回、個人事業を始めて2回目の申告になります。 昨年11月に固定資産として管理していた車が廃車となり、新たに中古車を購入 しました。 再度、固定資産として管理しますが、その耐用年数を教えて頂けないでしょうか? 通常は6年で償却すると思いますが、中古車の場合は違うと税理士さんから指導を 受けました。前の車も中古車で、耐用年数が2年ということでした。 しかし、今回の車は前回の車と年式等が違い、耐用年数も変わるのではないか?と 疑問に思い、質問致しました。 また償却の方法として、前車を11/12、現在の車を2/12で償却して良いので しょうか? 以上宜しくお願い致します。

  • 中古車の減価償却について教えてください。

    平成12年度6月の中古車を平成16年12月に270万で 会社名義で購入しました。 基本的なことで申し訳ないのですが、 1)これを本年度9月にて減価償却する場合は、 耐用年数=法定耐用年数-経過年数+経過年数×20% に当てはめ2年未満2年間の間は減価償却すればよいのでしょうか? 2)具体的な金額は、定額法で 270万×90%×定額法の償却率(0.2)×10ヶ月(0.8333) =40.5万 を今年の分として計上すればよろしいのでしょうか? 素人質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 個人事業主の減価償却について(車)

    質問が2つあるのですが、 1)個人事業主は「定率法」を採用できますか? 2)「定額法」で車を償却する場合、中古車の耐用年数は何年でしょうか? 新車の場合は6年(償却率0.167)なので、仮に200万の車として、 200万×0.167=334,000円になるかと思います。 中古車の場合はどうなりますか? 詳しい方いらっしゃいますか?

  • 事業開始以前から持っている車(中古車)を減価償却できますか?

    昨年(平成19年1月)より個人事業を始めました。 客先に行くことが多く、以前から持っている車を事業用に使っています。 事業割合は6割程度です。 車は3年前(平成16年12月)に中古車で購入。(約300万円) 初年度登録が平成12年12月。 普通に耐用年数(6年)を考えると、すでに減価償却は終わっている ように思えるのですが、色々調べると、事業に供した時の資産価値を 求め、その時点での耐用年数から減価償却できるように思えました。 実際のところ、減価償却可能なのでしょうか? 可能であれば、どのように計算すればよいのでしょうか。 おわかりになる方、経験のある方よろしくお願い致します。

  • 中古車の減価償却方法を教えてください

    今月(H23/3)中古車を法人にて購入予定です。 耐用年数2年であれば、100%償却可能と聞きました。 この場合、法定耐用年数6年を過ぎても、上記耐用年数(6×0.2=1.2→2年未満→2年)に合致すると思うのですが、この計算で良いのでしょうか? 正解であれば、初年度ならびに次年度も100%償却はできるのでしょうか? お教えいただければ助かります。

  • 中古車で耐用年数が過ぎた車、もしくは過ぎそうな車について教えてください

    中古車で耐用年数が過ぎた車、もしくは過ぎそうな車について教えてください。 事業用の中古の軽自動車を検討しています。軽自動車の耐用年数は四年と書いてありますが、3年経過したの車などは、1年分しか減価償却は出来ないんですか?後…例えば5年経過した車などは、減価償却は出来ないんでしょうか?まったくの素人で解らず中古車購入に踏み切れないところです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 中古車の減価償却

    1年落ちのヴィッツを購入しました。 新車の場合だと耐用年数は6年ですが、1年経過してる場合は、 6年ー(1×0.8)=5年という計算でよろしいでしょうか?