• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

倒置についておしえてください

Little as we know about his origins, we can at least be sure that he was brought up in Greece. は 倒置を戻すと、As we know little about his origins, ですが 否定の副詞を文頭に持ってきた場合残りの部分は疑問文の語順になったとおもうんででが なぜならないんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1183
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

倒置といってもさまざまです。 これは普通には Though we little know about his origins, ... となります。 「ほとんど知らないけど,少なくとも確信できる」とつながります。 形容詞・副詞 as SV で = thought SV 形容詞・副詞(譲歩) あるいは= as SV 形容詞・副詞(理由) というかたい表現です。 私としては as にこのような「~だけれども」などという意味があるはずがなく, 分詞構文で譲歩や理由を表すことから来たと思っています。 以前にものすごく反論する方がいましたが。 前に出ることが倒置なのか, 疑問文の語順のようになることが倒置なのか。 とにかく, 形容詞・副詞 as SV で = thought SV 形容詞・副詞(譲歩) と覚えるだけでいいです。 (ただ,かたい表現で,数十年前なら受験英語で必須でしたが, 今は入試問題でもほぼ姿を消し,塾や学校でもあまり教えません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

普通に書けば Though we know little about ... でした。 http://okwave.jp/qa/q5467329.html こんな議論もありましたが,特に読む必要はありません。 以前は Young man as he is のように,a がつかない,ということが頻出問題だったんですが, 遠い昔の話になってしまいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3500/7231)

私には 「理由」 を説明することが出来ないのですが、それは 「譲歩構文」 と呼ばれるものであるから、ということらしいです。

参考URL:
http://choidebu.com/bunpou/touchi.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • 倒置×接続詞?

    次のような、倒置法の原理は分かります。 Rarely does he go for a drink. Never will he know. が下の例文で Little as we know him , I can`t tell . 疑問がありまして・・・ (1)As we know him little ではいけないのか (2)as (接続詞)の前にlittle? (3)形は倒置形に似てるが倒置してない? だれか疑問解消して下さい

  • 倒置が起こる理由

    強い否定の語が文頭にきたり、So do I、仮定法のifの省略などのように倒置が起こるパターンがありますが、なぜ起こるのでしょうか。なぜ疑問文の語順になるのでしょうか。 根本的に教えてください。 理由は分かりませんが、疑問文とは本質的に同じような気がします。なので、疑問文のひっくり返る理由も教えていただけると完璧に理解できると思います。

  • 倒置の問題について教えてください。

    高校英語の倒置の問題です。 否定の副詞が文頭に来た場合、その後ろは疑問文と同じ語順になるのはわかるのですが、 以下の二つの文について… (1) Little did I dream that I would have such a terrible accident. (2) Never had I dreamed of that kind of things 上の文ではdreamの後ろにすぐthatが来ているのに対し、 なぜ下の文ではofが来てからthatになっているのでしょうか? 文法的に解説していただければと思います。 お願いします。

  • SVOの倒置で、OSVという語順

    いつもお世話になっています。 SVOの文を倒置した時に、OSVという語順になるのはなぜでしょうか。例えば、以下の、 What little guidance I had I owe to a young man who came to live with the same family in Heidelberg as I was living with. (少ないながら私が受けた指導は、ハイデルベルグの私が寄宿していた同じ家に住むようになった、ある青年のおかげだったのである) という文で(これは大学入試向けの問題集の一部です)、これは、What little guidance I had(O)I(S) owe(V)~という構造で倒置だそうなのですが、What little guidance I had did I owe ~などのようにしなくてもよいのでしょうか。否定的な副詞が先頭に来た時には疑問文のような語順になっていたと思うのですが。 どなたかご教授ください。

  • 倒置について教えてください

    こんにちは。倒置についてなんですが、 happy became sheというような文を倒置でつくることができますよね? これは倒置の「補語+動詞+主語」の形に従って考えたんですが、 これが(元の文が)She became unhappy.だったら、unhappyを前に出すと、上の形のように unhappy became sheになるんでしょうか?それとも、「un」という否定の語がついているから、疑問文の語順にして unhappy did she became.になるんでしょうか? それから、 The man went nowhere.のnowhereを文頭に出して倒置すると、場所をあらわす副詞がついていて、しかもgoは自動詞だから「場所を表す副詞+自動詞+主語」の順にして nowhere went the man. になるんでしょうか?それとも、「no」という否定語がついているから nowhere did the man go. にするんでしょうか? すみませんが以上について教えてください。

  • 下の文は so…that~構文の中で倒置が起きて

    下の文は so…that~構文の中で倒置が起きているわけですけど、そもそもなぜ倒置しなくてはいけないのですか? ●So frightened was he that he ran for his life.(非常に怖くなって彼は必死になって逃げた) なぜ So frightened が文頭に来ると was he という語順にしなければいけないのですか?倒置が起きる理由を教えて下さい。

  • フランス語の疑問文

    フランス語の肯定文を疑問文にするには 皆さんご存知のように3通りの方法がありますよね。 (1)主語と動詞を倒置する。 (2)文頭にest-ce queをつける。 (3)そのまま疑問符をつけるだけ。 実はフランス語を学習している知人から3つの方法の使い分けを訊かれて 自分では何となく分かったつもりでも うまく相手が納得のいくように説明できなくて困りました。皆さんなら どう説明しますか? それと、ついでに英語なんですが、英語でも特に米語では 語順は肯定文のままで疑問符をつけただけの疑問文がありますが、それは どのようなニュアンスで とらえたらいいでしょうか?

  • line up

    I’ve always had an interest in genealogy, and since I already know as much as there is to know about my family, I started looking into my partner’s family. He gave me some names, and for the past few days I’ve been telling him about information I found, and we were both quite excited about this. However, I might have just found out that his mom was previously married. All the facts seem to line up, but I’m not sure what to do with this information. ここでのline upはどのような意味でしょうか?よろしくお願いします

  • Don't only give your care but give your heart as well.のdoの存在理由

     中学生用の教科書に次のような英文がありました。  Don't only give your care but give your heart as well.  この英文中のdoは必要なのでしょうか?また、なぜdoが置かれているのでしょうか?  not only~but also Bでnot onlyが強調されて文頭に置かれる場合、助動詞+主語+動詞の語順に倒置され、助動詞のdoが置かれるのはわかるのですが、この英文は命令文であるため、倒置が起こっているとも考えられません。  どうかよろしくお願いします。

  • 英訳の訂正お願いします。

    英訳の訂正お願いします。 When a child singles us out for a smile but frowns at strangers,then we really know he's as bonded as we are. About the time those two front teeth of his appear, we know we're a family with mutual investments in each other. 自分で訳してみたところ 子供たちは笑顔のために私たちを選び出すが、他人に顔をしかめるとき、青の時私たちは子供は私たちと同じくらい接合されていると知るのです。 とても違和感があります。 間違いの指摘お願いします!