• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

建物の振動、ゆれに詳しい方お願いします

築20年の家(通行量の多い県道から直線で15mはなれ、そこには一般の住宅があります、県道→他の住宅→自宅)、最近大型車両等の走行時に特にゆれ(特に2階)を感じます。県の土木に連絡し道路を見てもらいましたが、穴等は無く格別の原因は不明でした。この家の地盤は元は田んぼで父親が立てたため詳細は不明、おそらく業者は地盤検査などしてなかったと思います、このゆれはもう仕方ないでしょうか、10年後新築する場合、どういうことに気をつけたらいいでしょうか。近隣ではボーリング調査する方もいました、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数842
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

揺れは、地盤の弱さもありますが、建物の構造の弱さもあります。 20年前は地盤調査も行われず、コーナー出窓などもはやっていた時代で角に壁のない構造物も結構ありました。 今では新築の際は、地盤調査を必ずします。住宅ならスウェーデン式サウンディング(SS)でも良いですこちらのほうがお安いですが、もともと地盤のある程度期待できるところに行う調査方法ですから、ほかの調査方法の選択もよいと思います。SSは5万ほどですが、ボーリングは深さや付随試験などによって費用がかなり違います。15万~50万くらいはかかります。 地盤改良も必要でしょうから、その際は状況により工法を選択しますが、30坪の総2階として安くても80万~で、規模が大きいと200~300万それ以上と費用がかかることはあります、これは調査しないとわかりません。 20年前に比べて耐力壁をバランスよく入れるという算定方法が明確化され、部分や柱と梁などのつなぎを力に応じて強くするという工法に変わってきています。設計時は地盤が弱く揺れに悩まされた旨建築士にご相談することを忘れないでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • gonba
  • ベストアンサー率49% (375/765)

私の得意分野です。 <最近大型車両等の走行時に特にゆれ(特に2階)を感じます。> 揺れを完全に止めることは、無理と思いますが、かなり静めることは簡単です。 二階の小屋裏に入り、はご板金物が緩んでいるはずですので、増し締めして見てください。 それだけで、ずいぶん揺れなくなります。 さらに、接合部に合板(コンパネ)などを三角またはひし形に釘うちすれば、確実です。 はご板の増し締めでしたら、自分で出来ますし、只ですので、試して見てください。 10年ほど前に、埼玉県の蓮田で、獅子頭の博物館を個人でもっている方から、家の前で電車がカーブするので、揺れてしょうがない、何とか成らないか?? との相談を受けました。 獅子頭がガタガタしながら、クルクル回り不思議な光景でした。 私が屋根裏に入り、羽子板を増し締めした他に、長いブレス(約4m)を3箇所取り付けました所、揺れはほとんどなくなりました。 施主様は、びっくりしておりました。 正直、私も大成功で満足でした。 <10年後新築する場合、どういうことに気をつけたらいいでしょうか。近隣ではボーリング調査する方もいました、費用はどれくらいかかるのでしょうか。> 質問者様の説明を読むかぎりでは、ボーリングまでの必要は無い、と思います。 SS(スエーデン、サウンディング式)で調査し、支持層がどこにあるか?? 確認後、支持層まで、鋼管杭を数十本打てば十分と思います。 私の家も、7年前に新築しましたが、やはり、田んぼの埋立地なので、鋼管杭を支持層まで、40本ほど打ちました、先日の震度5強の地震でも、何一つ被害はありませんでした。 近所では、瓦が崩れたり、天井が落ちたり、家が傾いたり、基礎が割れたり、していました。 我が家は、ひび割れ一つありません。 もし、上記のやり方で、直らない場合、もう一度ご相談ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

田んぼ(水田)の上の家屋建築なので、地下は粘土質+地下水の多い土地だと思います。 板コンニャクが振動でプルプル震えるように、粘土質の地面全体が震えているのだと思います。 建て替えする場合は、地質改良をすると現在のような振動は少なくなるでしょう。 具体的には、 A 岩盤まで地下に基礎杭を打ち込む。 B 土地を掘り下げ、粘土質の土を取り除く。 C 土地はそのままで、建屋基礎を免震構造にする。 など 費用については土地の面積、施工方法、未来の物価などが複合的に関わるので正確には言えません。 でも、家の建築費用に  + 強化基礎分(免震構造)として500万円~2000万円程度は必要でしょう。(現在の物価で) 現在の家ですが、 家の骨組を強化する。耐震構造化する。(大きな振動に有効) 床に厚めの絨毯・カーペットを敷く。畳を敷く。家具に免震ゴムを使用する。(細かな振動に有効) などが有効かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私の地方でそのくらいの費用をかけて耐震をしても割が合わない感じですが、今後の参考とします。

  • 回答No.1
  • pasocom
  • ベストアンサー率41% (3584/8636)

地震による揺れ(震動と書きます)の場合は地盤が軟弱だったりすると大きな揺れになりますが、通常の大型車走行によるような揺れ(こちらは「振動」ですが)、は地盤の強弱とはあまり関係ありません。むしろ堅い地盤の方が揺れが伝わりやすい可能性さえあります。 質問者様のお宅が揺れるのは最近大型車の通行が増えたせいであろうと推測しますが、揺れる原因はとにかく建物が柔らかいということでしょう。(柔らかいということと弱いということは別です。鉄骨建物はコンクリート建物より柔らかく揺れやすいですが、コンクリートより耐震性はあります。) 特に2階でゆれるということなどから、建物の筋交いなどが少ないのかもしれません。木造の建物ですと筋交いを多く入れれば建物は堅くなります。また床がゆれるようなら床梁を補強すると効果的です。 リフォームするような機会があればそのような補強工事を行うと良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 斜面を転圧したい。

    所有の田んぼの横を県道が通る事になりました。県道と田んぼの間には、V字のような斜面になり、U字溝になっています。当方の田んぼ側の斜面は、さほど急でもなく、土のせいか?わりと地盤(足場)はしっかりしているのですが、県道側は、砂利を敷きつめたせいか?今もって足場は緩く、草刈り等で入った場合、はっきり言って崩れます。県土木にも言ったのですが、やはり受け入れては貰えません。自分でやろうにも、転圧するヤンマ?も無く、他の手立てを考えつく知識もありません。先だっても質問させて頂いたのですが、やはり異常な程のクレームを入れたほうが良いのでしょうか?受け入れてくれるとも思えないのですが?道具に頼らずに転圧する方法などあるのでしょうか?昔はどうしてたんですかね?

  • さいたま市緑区東浦和の地盤について

    さいたま市の浦和東警察署あたりの地盤について質問です。 見沼という灌漑地区に近い事もあって、地盤改良の予算として最大150万程で考えてはいますが、土地購入と地盤改良すれば問題ないのかと不安と疑問を感じています。 該当地域で地盤について知見ある方どうかアドバイスお願いします。 自分なりに調べた内容として ・市のハザードマップでは揺れ・液状化ともに一番程度がましなラインとぎりぎりの場所。 ・役35年前ほどに区画整理されており住宅街(だからといってどうかという話ですが・・・) ・昔の1940年代の米軍航空写真も見たのですが、広範囲にわたり田んぼか畑。  (埼玉の昔は田んぼか畑ばかりでは?とあまり気にしていませんが) ・人によって実は地盤が良いとか、見沼に近いから良い訳がないとバラバラ。 ・役所は近辺のボーリング調査結果は教えてくれない。 よろしくお願いします。

  • 軟弱地盤の地盤改良について、おしえて下さい。

     姉が家を建てることになり、先日ボーリング調査をしました。母名義の土地で、ずっと田んぼだったところですので、地盤が悪くてもそこに建てるしかないと思います。この条件に適した地盤改良の方法について知りたいので、よろしくお願いします。 敷地面積100坪 建て坪40坪 一階面積20坪 木造2階建て ベタ基礎  元水田 昨年8月盛土(約80cm 周囲よう壁なし) 今年夏頃 着工予定 地下14mまで粘土質シルト(N値6以下) 地下14mから泥岩(N値35)

  • 地震被害程度

    教えてください。 平成20年7月の岩手、青森の地震で私は築5年のRC(ALC?)木造2階建てに住んでいますが、外壁3箇所、基礎数箇所にひび割れ、内壁クロスとその中のボードに剥がれ、割れが多数ありました。   近隣の住宅(築10年以上)はほとんど被害は無く10年前の地震の方が、揺れや被害が大きかったとの事です。 今回何故私の家だけ、確かに結構なゆれや被害が生じたのか疑問です。  住宅メーカーは大手ハウスメーカーであり、損害保険調査員やメーカー施工技術者も私の家が一番被害があるねという事でした。 今後の大地震に備え、建築強度や地盤及び基礎工法等考えられる原因を専門家の方に是非伺いたいです。

  • 地盤改良について

    地盤が良いにこした事はありませんが、隣地が問題なくても地盤改良必要になる土地もあり、調査しないと分かるものではないと聞く為、土地購入に際し参考にさせてもらいたく質問させて頂きます。 ・地盤改良しても意味がない程の土地というのも、結構あるのでしょうか?また、それはどのような状態でしょうしょうか?  (田んぼの中とかではなく、あくまで3、40年程前から住宅街として区画されている様な場所前提です) ・鋼管杭の場合、金額関係なければ何mまでが限界でしょうか?また、軟弱地盤と言われる場所だとどの程度(m数)打ち込んでいるものなのでしょうか? ・大きな縦揺れ地震の際、沈下はしなったが杭と基礎がぶつかる事による家の柱破損が結構発生したという記事見ましたが、性質上しょうがない事なのでしょうか?(家は木造在来工法) ・杭の耐年数超えた時の処理方法と費用はどのぐらいでしょうか? ど素人で何点も質問してすいませんが、よろしくお願いします。

  • 脆い路肩の対処法

    所有する田んぼの真ん中を、県道が通る事になりました。現時点、道路としての通行は始まっていないのですが、アスファルトは道路、歩道共、敷いてあります。その歩道側に売却した部分以外の土地が、田んぼとして残っているのですが、田んぼの畦と歩道の間は、50センチ程下がって排水のU字溝があります。問題は、田んぼ側の畦は溝の付近でも、足場は意外にしっかりしているのですが、道路側は上から転圧したとは言え、砂利はかなり不安定で、足場(斜面)の砂利はボロボロ崩れます。県の土木事務所の言うには、草刈りは年に一回行えるかどうか?と言う事ですので、そのままですと、土壌も良いせいか、みるみる内に雑草が生え放題になります。こちらも当初、草位は刈ってやると思ってましたが、とにかく足場が脆過ぎます。どうしたものかと思っているのですが、砂利を敷き詰めた斜面は、雑草の根があるから、辛うじて持ちこたえいるのかも知れません。この部分の草をすべて刈り取り、マサファルトのような簡易の舗装をした場合、雑草の根がすべてなくなり、ボロボロ崩れてくるものでしょうか?ちなみに歩道の舗装も、県土木の仕事ですが、アスファルトではなく、マサファルトのような透水性舗装だそうでした。雑草を生かしたほうが良いのか?はたまたマサファルトで雑草を無くしたほうが良いのか?

  • H鋼で基礎上げ土盛りをした土地での建替え

    このたび家の老朽化につき新築立て替えを考えているものです。 現在住んでいる家は35年程前に両親が地方自治体より購入した土地に建てたのですが、山を切り開いて造った住宅地のふもとに位置し、窪地のような場所だということと、排水経路の設計がまずかったためか台風の度に浸水の目に遭いました。 そこで自治体の責任で曳き家をし(近隣10世帯くらいの大掛かりなものでした。)土盛りをし、H鋼を地中15mまで打ち、その上にコンクリの土台を造り、その上にベタ基礎を施して家を載せ直し現在まで暮らしておりました。 この度建替えを考え出したところ、 大手HM:H鋼を取り除いて新たに改良工事をしないと10年瑕疵保証できない。 役所:H鋼は地中に有り酸化していないので強さは万全。取り除くと地盤がおかしくなるからそのままにしておくべき。 地元工務店:地盤調査会社次第なので答えられない。 という事になってしまいました。 今現在も地盤沈下していて、庭は沈んでいて家だけがH鋼の上にあるので、浮いている感じでちょっとしたラピュタ状態です。 建替える場合、全面的に地盤改良工事した方が良いのでしょうか? H鋼の上に建てた方が良いのでしょうか? H鋼の上の場合は現在の建坪以上の広さは望めないのでしょうか?

  • 地盤改良工事について

    GW明けに夢のマイホーム着工予定の者です。 地盤調査の結果、柱状地盤改良工事が必要との判定となりました。 我が家の場合土地を造成販売した不動産業者と住宅建築メーカーは別の業者です。住宅メーカーには地盤調査に基づく保証が付いており、この地盤調査により軟弱地盤であることが判明しました。地盤改良工事を行わないと不同沈下の恐れあり、また当然保証も受けられないということになります。 この造成地は元は田んぼであり、住宅メーカーからは最悪ベタ基礎になるかもしれないとの話は聞いていましたが、今回の結果はそれを上回る状況でした。 地盤とは土地という商品の一番重要な品質。この品質に問題が有る以上、不動産業者に責任があると思います。標準の布基礎以上の基礎の構造変更、地盤の改良の費用は造成した不動産業者に負担させることが可能でしょうか? (事前に不動産業者が地盤調査なりを行い、土地の品質を表示した上で商品を売り出すできではないでしょうか?) 業界の常識など、ご教授頂ければ幸いです。

  • 一般住宅向けの発泡スチロールによる地盤改良について

    こんにちは。 これから家を建てようとしている者です。 地盤改良についての質問です。 新築予定地は20年ほど前まで田んぼでした。 新築にあたり地盤の状況を調べてみたのですが、 支持層といえるものがほとんどありませんでした。 基礎工として”杭”柱状改良”等考えましたが、様々な条件により”発泡スチロールによる地盤改良(置換工法)”に落ち着きそうです。 道路等での発泡スチロールは最近良くききますが、一般住宅ではあまり聞いた事が有りません。 メーカーのホームページも見ましたが、良い事しか載っていません(あたりまえでしょうが・・・) そこで、この工法の特に短所を知りたいのですが、ご存知の方いらっしゃいましたらご回答願います。 (個人的には不等沈下による住宅の傾きが心配です) また、実際に施工された方の感想もお聞きしたいです。

  • 買った土地の地盤について

    大型車も通りの多い道路沿い(歩道上下それぞれ約2m、車道上下それぞれ1車線約4m)の土地を購入し、ハウスメーカー(HM)にて注文住宅を新築しました。 当然、家を建てる前にHMで地盤調査を行い補強の必要がない事を確認してから家を建てました。住んでみると 地震があったのか? と、思う位の揺れを感じる時があります。特に夜中は荷物を積んだ大型車が多いので体感的で震度2くらいに感じる時も有ります。 HM担当者に来てもらい実際に体感してもらったのですが、荷物を積んだ大型車が多い夜中まで居てもらう事も出来ないので少しの揺れしか体験させられず・・・ 幹線道路沿いの土地の場合少しの揺れは仕方ない。地盤補強しても揺れる場合がある。との回答 そこで疑問ですが、地盤調査を行い補強の必要性が無いと判断したHMに責任はないのか?また、土地を売った売主の責任はないの? 買い手側の私はどちらかに何か保障を要求出来るのでしょうか?