• 締切済み
  • 困ってます

翻訳学校

現在浪人してます。 大学へ進学し外語学部に入り将来は翻訳の仕事をしたかったので 英語を中心に勉強していましたが、 親が仕事をやめ、学費は一切工面してもらえなくなりました ですが、翻訳者の夢を諦めきれないのでバイトでお金を貯め翻訳のスクールに行って 英語に特化し、翻訳者としてのスキルを身につけようと考えています。 とりあえず最初は通信制で翻訳を学ぼうとしていますが 10万円程度かかるそうです。 そのため3ヶ月はバイトして貯めようと思っています。 その間、勉強も並行してやっていきたいんですが 大学受験用の英語でも役に立つでしょうか? それともTOEIC対策等の参考書の方がいいのか 独学で翻訳の勉強をしていくのがいいのか どれがいいでしょう? 少しでも余った時間を使いたいです。 因みにスクールも決まっていてレベルが選べるのですが 高校英語は大体できるので 初級と中級の間のクラスから受講しようと考えてます。 それと、将来、フリーではなく企業の翻訳関係の仕事に就く場合 やはり大学出身者に比べると実力があっても正社員になる事は難しいでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数131
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

英語とポルトガル語の翻訳をやってます。 学校関係の事は詳しい事が解りませんが、自身の経験を申し上げると、 翻訳は多種多彩な分野をカバーしなければなりません。従って、語学力だけでなく ご自身が興味を抱く分野(例えば、IT、医学、原子力、法律、ライフサイエンス等)の知識も平行して仕入れなければ 成り立ちません。 幸い、私はコンピュータソフトウェア関連の仕事についてましたのでその分野の知識を生かして翻訳屋が成り立ってます。 ご自身が専門としたい分野の知識(学校で勉強するのが一番ですが)を英語の専門誌成りを読み漁って、少なくとも用語やその分野で使用頻度の多い専門用語のリストアップなど日ごろから心がけておかれる事をお勧めします。 例えば、日本語を解しても日本語の医学書を読んだ処で理解できないのと同じです。 大学を出るかで無いかですが、 英語力の実力が有っても、同程度の大卒者の競合がいれば不利です。 私自身の経験で申し上げますと、学校のレベルなどさて置き、4年制大学を卒業しているか否かで今後の人生に大きく影響してきます。 実力が有ろうが無かろうが、卒業証書の有無によって古い分けられるケースはまだまだ有ります。お目当ての企業に採用されるか否か、通行手形とでも思ってください。 そして、可能であれば英語以外にもう一つ外国語を持てば更に有利でしょう。 何処の国の言葉にするかはご自分で選択するしか有りません。 蛇足ですが、英語力を短期にブラッシュアップする方法として、海外留学が出来ないのであれば、外資系企業(英語圏の)へ就職するなりパートタイマー成りで潜り込んで3年くらいしがみ付くことおお勧めします。 私は、オフィス内の公用語は英語、日本語禁止という日本でオープンしたばかりの外資系(社員は外国人、帰国子女が殆ど)の会社で英語力を急速に付ける事が出来ました。但し、3年程度立つと外国人も日本語が出来る様に成るのでに日本語禁止は有名無実になりましたが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 英語とポルトガルの翻訳をしているなんて、凄いですね。 そんな方から回答を頂けた事を嬉しく思います。 翻訳が厳しい世界だという事は承知の上でしたが、少し考えが甘かったと反省しています。 悩んだ末、バイトと勉強を並行しながら、足りない分は奨学金で大学行く事にしました。 やはり憧れの職業なのでしっかり大学で基礎を身につけ 分野は法律と経済の専門知識を学んでいこうと思います。 親切にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 文芸翻訳者になるために。

    こんにちは。はじめまして。 文芸翻訳者を目指している者です。 来年社会人になるため、会社に通いながら空いた時間にスクールで勉強を重ねていこうかと考えています。 雑誌で情報を集めたところ、それが、最もオーソドックスかつ確実な方法だと感じたからです。 しかし、もう一つの選択肢がふと頭に浮かびました。 それは、3年間ほど働き(この間はスクールに通わず)、その間に貯めたお金(200~250万円ぐらいの算段です。)で海外大学の文学部に入り、外国文学を勉強して、翻訳者を目指すというものです。 大学で勉強したあと、どうやって翻訳者になるのか、というところを抜かしてしまいましたが、そこはまだ調査不足でわからないです。 海外の大学を選びたい理由は、語学力をつけることもできるからです。 私がこの選択肢を思いついたのには理由があります。それは、唯一内定を頂いた会社(つまり来年から通うことになるであろう会社)の仕事内容が、自分に向いているとは思えないし、好きにもなれません。 翻訳者として芽がでるまでは会社に通う生活が続きます。好きではない仕事を10年以上あるいは一生続けることになります。 それなら、好きなことを学びに行きたいと思いました。 話が長くなりました。私の尋ねたいことは、「大学に入りなおして外国文学をしっかりと勉強する」ことが、翻訳者を目指すうえでプラスになるのか、なるとすれば、「社会人になったと同時にスクールに通うこと」と比べた場合、どちらがより良いか、ということです。 改めて長文になったことお詫びします。 皆さまどうかよろしくお願い致します。

  • 翻訳者の方々へ質問です。

    翻訳の仕事に大変興味をもっています。馬鹿げた質問かもしれませんが、実際仕事を見つける時に英語力を示すものとしてどのような資格を使うのでしょうか。 TOEIC、英検、外語大卒、などの英語能力を示す資格なのでしょうか。それとも翻訳者向けの資格なのでしょうか。 JTF ほんやく検定 、TQE 、翻訳技能審査(労働省認定) 、ビジネス英語翻訳士などの翻訳検定を実際に持っている方や、もっていないけど翻訳の仕事をしている方いましたら教えてください。

  • 翻訳等、英語を使用して仕事をと考えています

    将来、英語を使って仕事ができたらと考えています。 翻訳家になろうと、現在翻訳の英語スクールに通うかどうか考えています。 通信大学の英語課程を履修することも将来的な事を考えて 有効なのではと、知人がふと言った言葉に、通信制大学も視野に入れて学びたいと思い始めたのですが… 翻訳家になるのならば、やはり大学よりも翻訳コースの語学スクールに行った方が手っ取り早いでしょうか? 実際、翻訳の押しをとをしている方や大学の英語科を卒業して英語を使用した仕事をしている方の ご意見がいただければと思い投稿しました。 アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 翻訳者になりたいと思っていますが、英語の知識がない

    中学の英語すらも忘れてます。なので、今からどんな勉強してそれから翻訳者と志した方がいいのか、翻訳者になるまでの順序(1何々2何々など)を教えてください

  • 翻訳者になるために。。

    私は翻訳者になるための勉強をするために 大学に行きたいと考えているのですが、はじめに 海外の大学に留学してそれから日本の大学に 編入するということが可能な大学はあるのでしょうか?

  • 英語以外の、翻訳の需要が高い言語は何

    翻訳の仕事に興味があります。 とりあえず、今は「興味がある」、それだけです。私の外国語のスキルや翻訳の仕事の現状など、そういった現実問題はひとまず置いておいて、興味を持っています。 何か外国語を勉強したいんです。 どうせ勉強するのなら、「翻訳の仕事を得る」という高い高い、遠い遠い「夢」を自分の中で掲げたいんです。旅行に行きたいから、講師になりたいから、など、人にはそれぞれ目標がありますよね。 それが、私は「翻訳の仕事につきたいな」、なんです。 そこで、英語以外で、日本の国内で翻訳の需要が高く、かつ翻訳者がそこまでありふれていない言語って何でしょうか。 あまり翻訳者が少ないものを狙うとそもそも仕事がなさそうですし、かと言って誰でもできますよという言語では自分の中であまり魅力を感じません。フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、などなど。 その辺の大学生が、単位で取るような言語はパスしたいです。 翻訳の仕事って、いろいろあると思います。文学や映画もそうだけど、けっこう日本が経済的に外交が深い国の言葉とか…。インドネシアとかインドとかもそうなんでしょうか。スウェーデン語とかも(大学の授業にありそうだけど)いいかもしれない…。 それとも、大学の授業にもあるし超メジャーだけど、スペイン語とか需要高いかも…。 すみません、ふわふわした質問で。 しつこいですが、現実問題はひとまず置いておいて、翻訳の仕事を将来するって時に、英語のようにありふれておらず需要がそこそこありそうな言語は、何がいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 翻訳者になるには、まず何から始めたらいいですか?

    最近、漠然となんですが「翻訳者」という仕事に惹かれています。しかしながら学校を卒業して以後、現在まで全く英語というものに触れてもいなければ、勉強もしたことがなく完璧な「シロウト」です。 翻訳者の通信講座の資料を取り寄せると受講開始の最低ラインが英検3級以上とのこと。この英検3球を取得するためにどういった学習をすればいいんでしょうか?書店などに行くとズラーっと本が立ち並んで迷うだけで帰ってきてしまいました。 まずは、取っ掛かりを教えていただきたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 通訳者と翻訳者について

    私は、将来 翻訳者か通訳者になるか悩んでおります。現段階の私の英語レベルは、アメリカのトークショーや映画は字幕なしで半分くらい理解できます。ゆっくりなら自分の思っている事を説明したり、日常会話が可能です。しかし発音が悪く聞き返されることもあります。トイックは600点です。本なども興味が強い分野だと簡単にスラスラ読めます。こんな私が翻訳者、通訳者になれますでしょうか? 慣れるとしたら何年かかりますでしょうか ?翻訳者と通訳者は、どちらが需要が高いのでしょうか?これからどのような勉強をして行けば良いのでしょうか? どなたかアドバイスお願いします。

  • 英語の学習方法(翻訳、通訳)についてアドバイスください。

    現在の仕事に生かす&自分の将来のために、どんな勉強方法がいいのか悩んでいるので、アドバイスお願いします。 現状 ・20代後半 ・TOEIC 850点  英検2級 ・前職を退職後、カナダへ半年間の語学留学。派遣社員として機械メーカーで働く。 ・英⇔日の翻訳30%、通訳10%、その他雑務60%の仕事 ・大学の専攻は英語、機械関係ではない。 ・自分の会話力は日常会話程度。ビジネスレベルではない。 ・将来的には翻訳の仕事がしたい。 ・仕事で求められるのは、(1)会話力(定例でネイティブと会議があるため)(2)翻訳(3)機械の専門知識 ・自分で将来のために勉強したいのは、(1)翻訳(2)会話(3)文法 現在、英→日の翻訳講座を通信でとってはいるのですが、仕事で求められる英語力が高すぎ、それでは追いつかず(特に会話面)、他の勉強方法を探しています。また、先月まで某大手英会話スクールに通っていたのですが、『3,4人で日常会話を楽しく学ぶ』のではなく、他の勉強がよいのではと思い辞めました。 勉強方法の候補 ・プライベートレッスン(ネイティブの細かい言い回しが質問したい。会話力をのばしたい。) ・翻訳スクール(基礎を学びたい。) ・通訳スクール(会話力がのびるかと思って) ・文法に特化したスクール(やはり大学で専攻していない分、文法が弱いと思っています。TOEICや英検○級という目標を持ったほうがいいのでしょうか。) 英語の学習に近道はなく、地道に積み上げていくしかないとはわかっているのですが、よりよいやり方を見つけたいのです。 現在、翻訳・通訳の仕事をされている方、同じ境遇の方、アドバイスお願いします。

  • 映像翻訳者になるためには

    映像翻訳者になろうと思っています。フェローアカデミーの通信講座で勉強しようと思っていますが、実際に翻訳の仕事についている方はどのくらいの割合か知りたいのです。以前通訳学校に通いましたが 能力の限界を感じてあきらめてしまいました。やはり翻訳者になられた方の体験を読むと成功例のみが書いてあるので、すぐになれてしまうような錯覚に陥ります。それが通訳学校に通った失敗でした。。。 仕事へのサポートが強い学校で翻訳の勉強をしたいと思っています。 お勧めの学校、翻訳者になるためのアドバイスをお願いします。 教えてください!