• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

通訳・翻訳スクールに通ったほうがいいですか?

こんにちは。 私は将来、英語の翻訳家になりたいと思っています。 英文学部を卒業して、普通の仕事をしながら 現在、独学で英語を勉強しています。 英語を使わない職場なので、英語の実務経験はありません。 通訳や翻訳のスクールに通ったほうがいいと アドバイスを受けましたが、スクールには行かず、英語の実務経験をつける職場や 英文事務職に転職して、実践を積みながら英語を身につけて 将来は翻訳家として働きたいと思っています。 でもやっぱりちゃんと学校に行ったほうがいいのでしょうか? 翻訳家としてご活躍の方、将来翻訳家を目指している方、ぜひ、ご意見をお聞かせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数151
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#37852

少しだけ翻訳学校への通学経験ありです。 私は翻訳の世界をよく知らなかったので、行ってみたことは役立ちました。 英文科を出ているわけでもなく仕事で英語を使っているわけでもないので、自分の英語レベルすらよく分からなかったので。 いえ、英検やTOEICは受けているのでそういう“レベル”は分かっていましたが、英語の良く出来る人たちの中にいるのと、さほど出来ない人が多い環境にいるのでは、「出来る」の基準が違うので。 自分は英語が出来ない人には「英語得意だよね」と言われても、出来る人の中に入ったら低レベル、というのが改めてよ~く分かりました(笑) 翻訳学校では英語勉強そのものより、翻訳のコツを学ぶところ。 私にとっては役立ちました。 でも、「通わないといけない」ものでもないと思います。逆に言えば、スクールに通えば必ず仕事を得られるかというと、そうではありませんし。 たとえば技術翻訳者なら、技術者でなおかつ英語力がある人が、何やかやの事情で翻訳もやるようになった(人によっては翻訳専業になる人もいる)、というパターンも多いみたいです。 映像や出版でもそうかもしれないけど、実務翻訳の場合は特に、英語が出来るだけじゃダメなんですね・・・・。 短期集中講座とか単発のセミナーをやる学校もあるし、Web添削や練習課題応募がある媒体もあります。 そういうのを利用するのも良いのでは。 こういう雑誌もあるし。

参考URL:
http://secure.ikaros.jp/sales/TB.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳家 通訳

    私は、外国語大学に通うものですが、将来翻訳家か通訳になりたいと思っています。その理由が、英語が好きなことと、世界を転々としながら生活ができるとおもったからです。 ハリーポッターの翻訳家の方が、あとがきのところで、「フランスで訳した...」と書いていることや、「通訳の仕事でジュネーブにいたとき...」と書いてあることが通訳や翻訳の仕事はいろんな国にいけるんだなと私におもわせました。 これは本当でしょうか? 現役で通訳や翻訳の仕事をされている方、この職業に携わったことのある方、教えていただけませんでしょうか? おねがいします。

  • 通訳・翻訳家が主人公

    通訳または翻訳家が活躍する(主人公またはそれに準ずるキャラで)漫画・劇画があればお教えください。

  • プロの通訳、翻訳家が使った教材

    プロの通訳者の方や、翻訳家の方はプロになるためにどのような教材を使うものなのでしょうか? 教材を使って独学するよりは専門の学校に通ったりするほうが多いのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • oppaw
  • ベストアンサー率40% (33/81)

ただ今翻訳学校に通っております。まだ自分のやりたい分野が決まってないなら、体験授業を受ければ、どの分野がどういう翻訳をやっているのかが少しわかります。翻訳学校は大概、金融・コンピューター・法務などに分かれていますから、一度覗いてみればいいと思います。私は現在東京の某大手学校に行っています。その前は別の学校に行ってました。大体どこの学校でも、良い成績で卒業すれば仕事を紹介してもらえるシステムみたいなものもありますし、プロの指導が受けられるので、学校に行かれたほうが近道だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん、真剣に、ご親切なアドバイスをしていただき、 ありがとうございました。 やりたい分野は決まっているので、 それに近づけるように、今後の就職も、学校のことも 考えてみようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

私は翻訳家ではなく通訳ですが、翻訳も必要に応じて受けたりします・・・、という前提ですが、もし参考になればと思いまして。 私は英語の日常会話こそ出来たものの、通翻訳のスキルはありませんでした。でも、どうしても通訳になりたかったのでいろいろと知り合いをたどっていったところ、英語を使う頻度はそれほど高くないけれど、たまに外国人のクライアントと話すときに通訳をしたり、メールを翻訳してくれる人、かつ雑用もやってくれる人、を探している会社というのがありました。 実際は雑用の方が多かったのですが、そこでの通翻訳の経験を生かして、次は通訳エージェントに登録してもう少し通翻訳の割合の多い会社に入りました。このように、順繰りにだんだん通翻の割合を増やして行き、最後は100%通翻になることができました。 通翻訳のスクールにはほんの少ししか通ったことがありませんが、社内通訳で勉強させてもらいながら仕事ができるところを探すのが良いかと思います。もちろん、スクールに通うのがみっちり鍛えてもらえるし、早道かとは思いますが・・・。私はなんとなく流れで上記のような経緯をたどり、結果的にはよかったと思っています。ただ、訳の仕方は自己流になりがちなので、たまに単発でもスクールに行ってプロの先生に見てもらうようにすればベストかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 そういう実務経験が積めるところで働きたい、と 思っておりました。 そういう例もあるのだなと思い、参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • akijake
  • ベストアンサー率43% (431/992)

こんにちは。 現在翻訳の仕事を主として、そのたもろもろの海外とのやり取りをしています。 翻訳家になるための近道は、1つの分野に特化してその強みを磨いていく事だと思います。 この分野もあの分野も、だとそこに特化している人には絶対に勝てません。 まず、自分の好きな分野を見極める事だと思います。 今、自分がこの分野の翻訳家になりたい!と言うものはありますか? テクニカル(←この中でも例えば精密機械関係、電化製品の取り扱い説明書などなど)か、金融系、フィクションの物語、ノンフィクション、法律関係、貿易事務関係資料、びっくりするくらいまだまだあります。 まず、ないのであればそれを見つる事が先決だと思います。 好きな分野でなければ、成長は難しいです。 なぜなら、日本語でもその業界や仕組みなど全てを知っていないと、翻訳はできません。知らない単語を知らない日本語に訳すのはまず無理でしょう。辞書をみても、日本語の意味が判らなければ、読む人がわかるような日本文が書けるわけがありません。 もうこの仕事を始めて何年にもなりますが、未だに「言いたいことは判るけど、日本語の意味が通じない」と言われます。 英語の文章読んで意味がわかるけど、日本語でなんと表現していいかわからない事も多いです。 日本語の知識と表現力の必要性をひしひし感じます。 もしもう分野が決まっているならどうやってそれに携わってゆくかですよね? 学校で学ばずにその分野で翻訳家になるには、やはりそれに従事した仕事を探す事だと思います。 ただ、今の時代、何も知らない人を一から鍛えてくれる企業は非常に少ないです。 また、専門的な分野になればなるほど、添削してくれる人は重要です。 独学でやるのはよいですが、それが正しい表現かどうかは誰が判断してくれるのでしょう? 私のいる部署は、一番下っ端の私の翻訳を、この分野で経験豊富な上司が2人体制で添削してくれます。 その添削された部分を直し、次の翻訳では専門用語を間違えないように、言い回しを間違えないように、前回の間違いを見直しながらやります。今では大分慣れましたが、最初はほんとに皆さんにご迷惑をかけっぱなしでした。恥ずかしながら…。 こういった会社の心の広さは非常に大事だと思います。 そういうところが見つかれば学校にいくよりも楽しいし、やりがいがあるし、しかも給料ももらえます。 ただ、それがなければ専門分野のある学校に頼るのも手だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 翻訳の分野は絞っています。 それにどう携わっていくかということで 大変有意義なご意見をいただきました。 ありがとうございました!

  • 回答No.1

通訳・翻訳スクールへ行って、みっちり 翻訳技術を身につけたらどうですか? 独学よりは、よっぽど向上すると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 法務通訳(翻訳)について

    通訳・翻訳に詳しいかたにお聞きしたく、投稿しました。 私は40代で法務経験はなく法学部出身でもない、TOEIC900点程度、法律系国家試験の勉強経験があり(でも受からなかった)者です。法律的文章を読んで意味の理解はでき、基本六法は大体理解しており六法を読むのは慣れてはいます(でも法律の実務経験はなし・・) 法務通訳(翻訳)に興味があるのですが、このスペックで(しかも40代で)、法務通訳なり翻訳なりを今後、学校で専門的に学んだとして、卒業後仕事があるものでしょうか? (想像) 私:「通訳(翻訳)学校出ました!法律の実務経験はないけど昔勉強してたことがあるので法律文書は理解できます!40代です!雇ってください!」 採用担当:「40代でしょ?法律の実務経験ないの?法学部出身でもないって?いくら英語が出来てもなあ。」 となりそうな気がいたしますが、実際のところ、やはり法学部出身・法律の実務経験あり・年齢が若くないと難しいでしょうか? ・・ついでに、英語の仕事の経験もアシスタント程度しかありません。 おのずから答えは出ていますかね。

  • 英文学科、英米文学科、通訳、翻訳

    私は将来通訳、もしくは翻訳(文芸翻訳)の道に進みたいと思っている中学生です。 なので大学では英文学科、もしくは英米文学科を専攻したい思っております。(中高一貫校です) 上智か東京外大に行きたいと思っているのですが、英文学科もしくは英米文学科といえば、どこの大学が良いのでしょうか? 今中3で、試験勉強も(今も一応していますが)早くから始めたいので、良い大学を教えてください、御願いします。 あと通訳、翻訳家になるためには、今のうちに何をするべき、そして高校大学、その後何をすべきなのでしょうか?ネットや本でもいくつか調べたんですが。 真剣に考えています、御願いします。

  • 翻訳スクールの誇大広告?

    英語の仕事経験ロクになし。(TOEICを持っているだけ) 職務経験は誰でもできるような事務職のみの者です。 有名どころの翻訳学校のHPの説明をいくつか見てみたところ 【例:メディカル翻訳コース】 ・翻訳の実務経験ない方でもOK!TOEIC700点程度あれば始められます! (↑700点じゃ足らんやろ) ・医療のことはわからなくても大丈夫!基本的な知識から易しくお教えします! (↑素人がいくらココで付け焼刃で医療知識を身につけても・・。実際問題、元医療従事者じゃないと仕事ないんじゃ?) ・年齢制限はないお仕事です!子育てが終わってから本校を修了した50代の方も活躍中です!定年後のお仕事にもぴったり! (↑実力のあるベテランはそうかもだけど医療も英語も未経験者で50代はまずいやろ) ・コース修了後は本スクールが提携している翻訳会社に紹介いたします!当校の卒業生が多数活躍しています! (↑そんなうまい話があるか?) そして、実際のメディカル翻訳の求人情報・翻訳会社の登録資格情報をググッてみたところ ・翻訳経験○○年以上の方(医療翻訳経験必須) ・医師・看護師・薬剤師の資格をお持ちの方、製薬会社で治験にかかわった経験のある方 (年齢制限はない模様) ・・・・翻訳スクールの広告、やっぱりウソやん。 実際はどうなのでしょうか?

  • 通訳などになるには??

    私は今高2です。 将来、通訳や翻訳家など 英語にたずさわる仕事をしたい思っています。 通訳などになるにはかなりの努力が必要だと聞き、 今から少しずつでも英語の勉強を始めようと思ったのですが、    いい勉強方法が分かりません(;_;) 英会話教室も考えたけれど、 受験のことを考えて予備校の方に通うことにしました。 今からできるいい英語の勉強方法を知っている方がいたらぜひ教えて欲しいです☆ よろしくお願いします!!

  • 通訳・翻訳家になるには

    初めて書き込みさせて頂きます。 私はフランス文学を専攻している大学4年生です。 現在はカナダ・ケベック州にて8ヶ月間フランス語を学んでおります。 現時点でのレベルは日常会話程度ですが、勉強を続けいつかは通訳・翻訳者になりたいと思うようになりました。 ただ、経済的な理由や企業での仕事経験を積んでからでも遅くはない、と思うためまずは就職をしようと思います。 今年に入ってから少し始めた就職活動を今年5月に帰国後は本格的に行い、来春卒業予定です。 通訳・翻訳者としての入社は私の実力・フランス語の需要の少なさ・景気からみて難しいので、フランス語圏と関わりのある旅行会社や輸入業・化粧品関係を中心に幅広くみています(関係のない企業もみています。好きなものが、これも旅行・化粧品なのでその業界が多いです)。 そこで、現在通訳や翻訳のお仕事をされている方・目指されている方にお伺いしたいのが、 *「通訳・翻訳者にはプラスアルファの専門性があると有利」と聞きますが、需要の高い専門性は何か、またそれを身につけるのにお薦めの業界・企業 *現在のお仕事をされるまでどのようなキャリアを積まれたのか *お薦めの学校(日本だとサイマルインターナショナルなどでしょうか。海外であれば、フランスで日仏翻訳を学べる所は難関のESITだけだそうですが…他にベルギーの学校など検討しております) などご教示いただけませんでしょうか。 また、本当は「通訳ガイド」にも興味がありますが、 *収入が不安定と聞いたこと(1人で生計を立てたいのです) *通訳・翻訳家であれば将来在住するのが日本でなくてもやっていけるのではと思うこと から足踏みしております。もちろん当人の実力次第だと思いますが…。 通訳家・翻訳家と2つの業種についてまとめて質問してしまい申し訳ありませんが、何かアドバイス頂けたら幸いです!

  • 翻訳スクール

    通信教育で翻訳の勉強をしようと思います。 実際、試された方、詳しい方にお聞きします。どこのスクールがおすすめですか? たくさん、値段も様々で、どこがいいのかわかりません。 英語なので、独学でもいいのかもしれませんが、今までが独学で身につけた英語なもので、一度きちんと勉強しなおしたいと思っています。 ただ、値段とつりあわないような内容でも困るし。やるからにはいいスクールで勉強したいので、おすすめのもの、また、ここだけはやめとけ、っていうところもあったら教えてください。(記入しにくいかもしれませんので、学校名ではなくても、頭文字だけや、そのスクールの特徴だけでも結構です) よろしくお願いいたします。

  • 通訳・翻訳

    こんにちわ。語学学校に通い通訳の勉強をしてる者です。 大手英会話スクールで非常勤講師をしながら通学していますが、秋から勉強に専念する予定です。通訳の勉強を始めてまる2年経ちましたが壁が超えられません。 現在『背水の陣』という状況で(笑)、10月からあと1年程しか集中して勉強が出来なくなると思います。 そこで、語学の道で頑張っていらっしゃる方に質問させて頂きたいのですが (1)通訳と翻訳では今後、どちらの需要が高いと思いますか? (2)ニュースライターおよび放送翻訳を目指していますが、学校は首都圏のみです。無理してでも夢のために通った方が良いでしょうか? (3)医療翻訳にも関心があります。こちらの方面でご活躍中の方から現状を教えて頂けないでしょうか? アドバイスをどうぞよろしくお願い致します。 (既婚/英検1級・TOEIC950点レベル)

  • 英語と翻訳について

    私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。 TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。 以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。 取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。 上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。 特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。 そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。 しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。 なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。 ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。 知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。 やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。 やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません) 翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。 医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。 単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。 翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。 翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。 日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。 私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。 英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。 悩んでいます。 プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

  • 翻訳家になりたい

    英語の勉強をしている者です。 留学経験などもあるのですが、まだまだビジネス等で通用するレベルでもなく、また地元で就職しなければならないので、得られる仕事が限られてきます。 そういう理由で、最近、家でもできる翻訳家を目指してみようか、と思い始めました。簡単にはなれないということは十分承知ですが、やってみないと仕方ない性格なので、悩んでいるよりチャレンジしてみようと思っています。 バベルの通信教育をしてみようと思っているのですが、誰か経験者の方いらっしゃいますでしょうか?やってみてどうでしたか?ぜひ、教えてください。 バベルに通われている方、通われてなくても翻訳家を目指していらっしゃる方、また、現在、翻訳家として活躍されている方。よろしければ、何かアドバイスをお願いします。

  • 翻訳家になるための学科選び

    私は将来なりたい職業の視野に翻訳家を入れています。 私は高校二年生でちょうどこの夏にオープンキャンパスなど大学についていろいろ調べようと思っており、大学は外国語系の学科に行きたいと思っています。 ですが、ここで一つ分からない事がありました。 一口に外国語系の学科といってもたくさんありますよね? 外国語学部にある英語学科、文学部にある英文学科などなど英語関係の学部、学科は様々です。 今のところ翻訳には英文学科が一番向いているのかなという事で文学部があり、更に英文学科がある大学を調べようと思っているのですが、実際どこの学科が向いているのでしょうか? 教えていただけると幸いです。