-PR-
締切済み

無量大数

  • 暇なときにでも
  • 質問No.65005
  • 閲覧数809
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 91% (21/23)

数の数え方で無量大数というのがありますが、実際にこれを使うことがありますか。どなたか教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 23% (256/1092)

マン・オク・チョウ・ケイ・ガイ・ジョ・ジョウ・コウ・カン・セイ・サイ・ゴク・ゴウガシャ・アソウギ・ナユタ・フカシギ・ムリョウタイスウだったと思います。うろ覚えなんであてにしないでください。
しかし、少なくとも、京でさえ滅多に使われないというのに、こんな天文学的な単位(といっていいのか)が使われるとしたら……天文学でしょう。
あとは、子どもが「もし嘘だったら1億万円くれよ」「ああ、1無量大数億円あげるよ」というように使うことはあるみたいです。
お礼コメント
trinidad

お礼率 91% (21/23)

ご返答ありがとうございます。私も使われるとしたら天文学を思い浮かべはしましたが、10のn乗で表された数字しか見たことないもので、やはり、実際に使われることはないのでしょうか。また、今までに実際に使われた単位はいったいどこまでなのでしょうか。私も京までは見た覚えがあるのですが。それ以上の単位が使われた例を知っておられる方いないでしょうか。
投稿日時 - 2001-04-18 00:32:38


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 38% (61/158)

数として数えることはまずありませんが、計算ではしょっちゅう使います。
微分(リミット)の時は、無限大の大きさに近づけたときに、
その関数がどのような値をとるかというときです。

普段の生活ではありませんね。
仕方なく定義しただけなのでしょうね。
お礼コメント
trinidad

お礼率 91% (21/23)

ご返事ありがとうございます。確かに普段の生活でこの単位を使うものなんて、少し考えたのですが,地球上にいる全生物の数や、世界の砂浜にある砂粒の数、宇宙の果てから果てまでミリで表すとか、実際のところよくわかりません。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-18 00:52:48
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1122/2211)

私も覚えたくちですが、実際に使うことは、こういう単位があるんだよ、
とうんちくをたれる以外に使ったことはありません。

実際に使うとしたら、英語圏のテラ、ペタ程度まで、それ以上大きく
なると、指数形式(10の何乗)っていう形でしかないでしょう。

大きい方の単位は、仏教の方から由来を受けているのが多いので、
坊主の説教では出てくるのかもしれませんが :-)
お礼コメント
trinidad

お礼率 91% (21/23)

やはり、この無量大数という単位が実際に使われているという可能性はかなり低いようですね。単位の呼び名として、存在するだけで現実に使われることはなかったのでしょうね。
投稿日時 - 2001-04-18 01:06:32
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 29% (37/125)

実際には使われないと思います。
雑学の一つとして出てくる程度でしょう。

漢数字の単位については、参考URLをご覧ください。
数の単位としてではなく、日常的に使われている言葉もちらほら見受けられます。
大きい数にしても、小さい数にしても仏教用語から来ているようですね。なんと英語では10の600乗という単位があるんですね!

これだけでは回答として物足りないので、同じく仏教用語的な時間の単位を紹介します。

刹那 (せつな)  = 1/75秒
怛刹那(たんせつな)= 120刹那
臘縛 (ろうばく) = 60怛刹那
須臾 (しゅゆ)  = 30臘縛 
昼夜 (ちゅうや) = 30須臾 
月  (つき)   = 30昼夜
年  (ねん)   = 12月
劫  (こう)   = 不明

「刹那」というのは、「一瞬」という意味で普通は使われますが、本来は時間の単位として明確に、ほかの単位と関係付けられています。

問題は「劫」です。よく「未来永劫」など、ずーっと永遠に、という意味で使われますが、時間の単位として具体的に(ほかの単位とくらべて)語られた事はないと思います。

経典に書かれている説明では、

「1辺が1ヨージャナ(=約7.4km)の立方体の中を、ケシつぶで満たし、百年に1粒ずつ取り出して行き、全部取り終わっても、まだ1劫にはならない。」

とか、

「1辺が1ヨージャナの立方体の岩を、天女の衣が百年に1度はらい、岩が磨り減ってなくなってしまっても、まだ1劫にはならない。」

というように、比喩的にしか語られていません。

さらにすごい事に、この劫が80で「大劫」、大劫が64で「六十四転大劫」となるらしいです。もうほとんど私たちの感覚では永遠といっていいぐらいですが、これも単位である以上、永遠ではないはずです。
お礼コメント
trinidad

お礼率 91% (21/23)

ご丁寧な回答をいただいて頂いて本当にありがとうございました。特に「劫」という時間の単位には驚かされまた。「できるだけ長い時間を言葉で表せ」という問題でも出されたのでしょうか。これ以上の答えはすぐには思い浮かべられません。また、英語で10の600乗という無量大数のほぼ10倍を表す単位があるなんて、もう私の創造をはるかに超えています。今回いろいろと勉強になりました。私の質問に答えてくださった皆様に本当に感謝しています。
投稿日時 - 2001-04-19 22:22:02
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ