• ベストアンサー
  • 困ってます

特許申請から公開までの期間について

公開特許公報はケースによって出願から公開までの期間が異なるのですが、 例) 公開特許公報1 出願日 平成19年7月某日  公開日 平成22年10月某日 公開特許公報2 出願日 平成20年10月某日  公開日 平成平成21年1月某日 申請から公開までにかかる時間は誰がどのように決めているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数7502
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

弁理士です。 出願公開は、早期公開請求がない限り、優先日から1年6ヶ月以降に行われます。優先権主張がない場合は出願日から1年6ヶ月以降です。 従って、2つ目のケースでは、早期公開請求がされたか、優先権が主張されているかのどちらかだと思います。 1つ目のケースは、PCT出願が関係するではないかと思います。 日本の出願を自己指定してPCT出願をした場合、日本の出願は、出願日から1年3ヶ月後に取り下げ擬制されるので、出願公開されません。 しかし、PCT出願での自己指定が無効とされた場合、優先権主張がなかったことになりますので、取り下げ擬制もなかったこととなりますので、出願公開の対象になります。 自己指定が無効になる典型例は代理権の欠如です。PCT出願での自己指定は、国内優先権主張の一種ですので、委任状を提出することが必須です。委任状の提出がない場合は、国内移行後に提出を求める補正命令が発行されます。この補正命令に応答しなければ、国内優先権が有効になりませんので、基礎出願が取り下げ擬制されないことになります。 また、30ヶ月経過しても国内移行されない場合も補正命令が出されます。この補正命令に応じずに放置した場合にも、優先権主張は無効になります。 EspacenetのNumber Searchで、公開番号を入力してみて見ると、国際出願の有無や国内移行の有無が分かります。「特開2010-187542」の場合、半角で2010187542と入力します。 http://v3.espacenet.com/publicationDetails/biblio?CC=JP&NR=2010187542A&KC=A&FT=D&date=20100902&DB=EPODOC&locale=en_EP 得られた結果は、以下のものです。 この件は、2007年6月14日が出願日で、2010年9月2日が公開日です。PCT出願がされていて、国内移行されていないケースです。 http://v3.espacenet.com/publicationDetails/biblio?CC=JP&NR=2010187542A&KC=A&FT=D&date=20100902&DB=EPODOC&locale=en_EP

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 2つ目のケースはかなりインパクトの高い特許のようなので、 申請企業ができるだけ早く特許化したいのでは? と思っておりました。 PCT出願のご説明、大変参考になりました。 申請から公開特許になるまでの期間を読み解くことで、 多国に出願していか、できるだけ早く公開したいのかなど その特許の重要性を知るのに役立つのですね。

関連するQ&A

  • 特許公報より5ヶ月して公開公報

    お世話になります。 特許法64条(出願公開)には、 「特許庁長官は、特許出願の日から1年6月を経過したときは、特許掲載公報の発行をしたものを除き、その特許出願について出願公開をしなければならない。・・」 とあります。 したがって特許掲載公報(特許公報)が掲載された案件については、公開公報は掲載されないと考えていました。 ところが、早期審査で登録査定を受けた案件が、 特許公報(B1)掲載から5ヶ月(登録からでは7ヶ月)も経過してから公開公報(A)が掲載されました。 掲載事務手続きの関係で3ヶ月くらいのタイムラグなら掲載されるのも理解できるのですが、64条では「特許掲載公報の発行をしたものでも出願公開をしてもよい」と解釈すべきということでしょうか? よろしくご教示ください。

  • 特許公開の基本的質問

    超初歩的質問で大変申し訳ありません。 特許公開というのは、既に特許を取得してるものも、特許を出願中のものでも公開される聞いております。 ある特定の特許が、特許を既に取得したかどうかを確かめるにはどこを見ればよいのでしょうか? 書誌を見ると、 【発行国】 日本国特許庁(JP) 【公報種別】 公開特許公報(A) 【公開番号】 特許公開200○-○○○○○ 【公開日】 平成1○年○月○○日(200○.○.○○) 【発明の名称】 ○○○○○○○ 【国際特許分類第7版】 (省略します。) 【FI】 (省略します。) 【審査請求】 未請求 【請求項の数】 10 【出願形態】 OL 【全頁数】 11 【出願番号】 特許出願200○-○○○○○ 【出願日】 平成1○年○月○○日(200○.○.○○) 【出願人】 【識別番号】 ○00○02○○○○ 経過情報には、 出願細項目記事   査定種別(拒絶査定) 審判記事登録記録  査定不服審判200○-○○○○○請求日(平1○.○○.○○)審判(判定含む) こんな感じで掲載されてるのですが、これは既に特許取得済なのでしょうか?

  • 審査過程における公開前関連先願の扱い

    Aという特許出願がなされた後(出願時、未請求)、 その公開前に、Aに同一性の高いBという出願が行なわれた場合 (出願と同時に審査請求)、Bの審査過程において、 Aが参考文献として使用されることはあるのでしょうか?(1) (そうなると、公開前のAの存在がBの出願人に知れることになりますので、 それはないと思いますが。) また、AもBも公開前に、Bが特許査定を受けた場合、 Bの特許公報が公開後に、 Aの出願人がBの特許を無効にする手段は、 異議申立あるいは無効審判しかないのでしょうか?(2) また、AもBも出願と同時に審査請求した場合(3)、 Bの特許公報が公開後にAが審査請求した場合(4)、 のアクション等につきまして、 教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.3

> 申請から公開までにかかる時間は誰がどのように決めているのでしょうか? 特許庁は、出願されたものを単に順番に公開しているわけではないようです。 すくなくとも、方式審査、技術分野別に分類、公序良俗違反の記載がないかどうか を見ているので、出願毎に公開までの時間は変わるようです。また、ときどき 何でもない出願が公開まで時間が掛かっているのを見ると、もしかすると しばらく棚晒しになってしまったものもあるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 1年6ヶ月の間に審査官による審理が行われているわけですね。 たとえば、文書中に適切な記載がなされていない部分があったとして、 審査官が拒否の通知を出した場合、科学ジャーナルのレフェリーとのやり取りのように、 部分的な書き換えや再送付などを行うことは可能なのでしょうか? それによって時間がかかってしまった。など。 しかし、たな晒しになってたら。。恐ろしいですね。

  • 回答No.1

基本的に公開までには1年6ヶ月かかります。 (そう決まっています) が、それを早める手続きをする事によって早く公開させることもできます。 例に挙がっている、 >公開特許公報1 出願日 平成19年7月某日  公開日 平成22年10月某日 は、公開までの年月が長すぎますね。 公開までの間に、何かあったのではないでしょうか? それを確認してみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 特許法64条の2の規定ですね。 その特許は内容的に新規性が薄いように感じるので、 審査官のところで止まっていたのではないか?と邪推しています。

関連するQ&A

  • 何を基準に特許を取得したとみなすのですか?

    特許の知識がない初心者です。 過去に出願された特許について調べています。現在下記の情報がわかっているのですが、下記の特許が出願だけしたものなのか、すでに取得されているものなのか、その見方がわかりません。特許番号があるので取得されたもののような気もするのですが、確かな答えが欲しいもので。。よろしくお願いします。 【発行国】日本国特許庁(JP) 【公報種別】特許公報(B2) 【特許番号】第○○○○○号 【登録日】平成10年(1998)○月○日 【発行日】平成10年(1998)○月○日 【発明の名称】○○○ 【国際特許分類第6版】 A47   --- 【FI】 A47C --- 【請求項の数】3 【全頁数】2 【出願番号】特願平1-○○○○ 【出願日】平成1年(1989)○月○日 【公表番号】特表平3-○○○○○○ 【公表日】平成3年(1991)○月○日 【国際出願番号】PCT/○○○○/○○○○○ 【国際公開番号】WO90/○○○○○ 【国際公開日】平成○年(199○)○月○日 【審査請求日】平成○年(1996)○月○日 【優先権主張番号】P38○○○○○.6 【優先日】19○○年○月○日 【優先権主張国】○○○ 【特許権者】記載なし 【識別番号】999999999 以下氏名情報など

  • 「菅直人総理は、麻雀の点数計算機の特許を持っている」という話があります

    「菅直人総理は、麻雀の点数計算機の特許を持っている」という話がありますが、その特許の番号がわかる方はおられますか?自分も興味があったので調べてみたのですが、かなり古い出願なのか、当方で検索できる特許公報では引っかかりませんでした。 「菅直人」という発明者で、同様の発明の「出願」の公開特許公報はあったのですが、これは拒絶査定されているようです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 特許の書き方に疑問

    特許出願するときに明細書に【課題を解決するための手段】というのがあり、ここには請求範囲と同じことを書くことが必要と聞きました。そうなっている特許公報も見せられました。なぜ、同じことを2度も書くようになっているのでしょうか? 請求範囲は明細書ではないからだとか、特許庁で必要としているからだと言いう事を聞きました。しかし、特許公報を見る時も同じこと書いてあって煩わしいだけだし、紙の無駄遣いになることをするのでしょうか?

  • 特許関連の仕訳

    経理初心者です、宜しくお願いいたします。 特許事務所から「特許出願にかかる公開特許公報入手」という内容で請求がきました。 この場合の仕訳は「支払手数料」と「特許権」どちらになるのでしょうか?

  • 特許:請求項について

    早速ですが質問です。 社内の特許について、整理をしております。 すでに登録されたものの特許証が手元にあるだけですので、 特許電子図書館の「特許・実用新案文献番号索引照会」にて検索しています。 そこで【請求項の数】なのですが、 たとえば、 「公開特許公報」では「35」とあるのですが、 「特許公報」では「15」となっているものがあります。 これは、特許出願から特許登録までのあいだに、 なんらかの指摘があり減らされたのでしょうか? いま特許登録までの流れ図とハンドブックとにらめっこ中です。 「実体審査」?それとも「特許査定」?? 具体的な登録までの流れが掴めず、混乱しています。 (はじめ公開特許公報ばかり見ていたので、  この数字は最終的な数字じゃないのでは!?と今気づいた次第です。。。) 不勉強で申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

  • 特許権と先使用権について

    特許権について。他社が以前から同様の技術の開発を行っていた場合、先使用権が適用され特許侵害には当たらなくなると伺いました。 特許が出願されてから一年半後に公開特許公報が公開されると思うのですが。 【質問1】 以前というのは特許出願から公報が世の中に公開されるまでの間の一年半の期間も含まれるのでしょうか?出願後公開までの間に同様の技術の開発を行っていた場合先使用権は適用されるのかどうかが知りたいです。 【質問2】 同様の技術の開発を行っていた場合とはどの程度までなのでしょうか?すでに販売している場合はもちろんだと思いますが、基礎研究で量産化まではまだまだな場合でも同様の技術開発を検討していた場合先使用権は認められるのでしょうか?

  • 今まで登録されている特許、実用新案

    今まで特許登録(公開ではなく)されているものは特許電子図書館で キーワード検索のように探すことはできないのでしょうか? 文献番号などはわからないので、キーワードで調べたいのですが。 たとえば、スケートボードとキーワードのように入力すると、公開ではなく 公告特許公報または特許公報(H8~)の一覧などみれたらいいのですが。 無理なのでしょうか? 詳しい方教えてください。 何度も質問して申し訳ないです。

  • 特許電子図書館の検索について

    特許電子図書館の検索について教えてください。 公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、 出願中のものもヒットします。 そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、 どういう風に検索したらいいのでしょうか。 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 特許申請後、どの時点で企業に売り込みが可能?他

    1.あるアイデアを思いつき特許を取りたいと思っています。 最初に申請書を出して(拒絶などなしか拒絶されなくなるまで修正後)次の審査への待ち行列の時点で企業などに公開出来るのか、審査を請求した時点なのか、特許公報に載ってからなのか分かりません。(審査請求後となると売れるかどうかしれないモノに10万円も払うのか迷います。) 当初、「特許申請中・・・」として売り込めると思っていましたが、ネット上のやり取りで「特許公報に載ったので堂々と売り込める。」という書き込みを読みました・・・のでこの質問です。 2.特許の申請書は特許庁まで行かないと入手出来ないモノですか? それとも特許庁の形式通りならパソコンで自作しても良いのですか?

  • 特許法第29条の2(拡大先願)について

    特許法第29条の2(拡大先願)についての質問です。 先願Aの出願後、後願Bが出願されたとします(先願Aの明細書等には発明イが記載されており、後願Bの特許請求の範囲には発明イが記載されている。また、発明者および出願人非同一)。 ここで、先願Aが出願公開された日(公開公報が発行された日)と、後願Bの出願日とが同一であった場合、後願Bに対して29条の2は適用されるのでしょうか? 29条の2には、「・・・当該特許出願後に・・・特許公報の発行若しくは出願公開又は・・・」とあります。そのため、時分までも問題となるのではと思い、以下のように考えましたが、私の考え方は合っていますでしょうか?お手数ですが、ご教示頂ければ幸いです。 (私の考え) 「同日でも先願Aの公開時よりも後願Bの出願時のほうが早い場合、後願Bの出願後に先願Aが公開されていることになるので、29条の2が適用される。一方、同日であっても後願Bの出願時よりも先願Aの公開時のほうが早い場合には、29条の2が適用されず29条1項3号が適用される。」