• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

出版社と取次ぎは、立場的にどちらが上?

  • 質問No.6298505
  • 閲覧数359
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 97% (701/721)

出版社と取次ぎは、立場的にどちらが上?

出版業界のことについてですが、
本が流れるラインは、(今のところ)出版社→取次ぎ→書店 となっています。

世間知らずな質問になるかもしれませんが、こういった場合、
立場が上だったり、ステイタスが上なのは、出版社ということになるでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 100% (1/1)

出版社の者です。

出版社はいくら本を作っても、取次に仕入れてもらわなければ捌けません。
新規に出版社を立ち上げるときは、取次に相手をしてもらえるかどうか、
新規口座を開いてもらえるかどうかがカギになります。
取次にお金を払ってもらえずに潰れる出版社もあります。
小さい出版社にとっては、圧倒的に取次の方が上だと思います。

大手の出版社であれば、取次も「出荷してもらわないと儲けにならない」ので
新しい書店が開店するときに「商品を扱わせてください」と挨拶に来たりしますが
それは出版社の立場が上というよりは、
同じ目的に向かっていくために協力するという感じです。

ということで、業界にいると立場の差は普段意識しませんが、
世間的な知名度だったり、編集に憧れがある方から見れば
出版社の方がステータスが上ということもあるでしょう。
(取次は「本の商社」なので、実は本好きさんには魅力的な職場なんですけれどね)
これから電子書籍の時代が来るとすれば
取次の立場が危うくなる可能性もありますので状況が変わるかもしれませんね。
お礼コメント
irr0804

お礼率 97% (701/721)

流通の面から考えれば、取次ぎがなければ、ということになりますよね。

でも、「出版社の編集者」というと、
圧倒的に地位というか、職業的ステータスがあるので、どうなんだろう?と思った次第です。

なりたい職業は、取次ぎの方には失礼かもしれませんが、圧倒的に編集者の方が人気がありますよね。
入社の倍率も、よく調べてませんがすごいと思います。大手であれば、お給料もすごいのでしょうね。

今後、電子で紙の流通が必要性が少なくなってきた場合・・・、どうなるんでしょうね。
投稿日時:2010/11/05 16:20
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ