• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

出版社について

私はエッセイを書いていますが、自分の書いた物を出版社に見てもらって本になるのが夢です。 そこで出版社に原稿を持っていこうかと思うのですが出版社が多すぎてどこに売りこみにいったらいいのか見当がつきません。よく自費出版や共同出版などの広告を見かけますが、お金がないのでムリなんです。 どういう風に出版社を選べばいいのでしょうか? また本が出せなくでも雑誌などにエッセイを載せてもらいたいと思うのですが、そういう場合はどうすればいいのでしょうか?アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

#2です。補足説明とsyukuさんの過去の質問を読ませていただきました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=738353 読んで感じたのは「最初からエッセイトにこだわらない方がいいのに」 ということです。エッセイを書く人はたくさんいますが、売れてる エッセイストということなら、他に職業がある人が多いですよね。 林真理子(作家)、さくらももこ(マンガ家)、室井滋(女優)など。 エッセイストのみの肩書きで思い浮かぶのは岸本葉子、酒井順子あたり。 兼業エッセイストが多いのは、エッセイとはそもそも「散文・随筆」 なので、表現者として既に基本を押さえている人が、独自の観点で 余技として書くケースが多いから。読む側にしても、「室井滋の考え方、 体験談ってどんなの?」という風に興味を持つわけで、普通の人の、 普通のエッセイにはなかなか興味が持てないはずです。 主にエッセイストで活躍している岸本さん、酒井さんにしても、 世に出てきたのは、エッセイストになりたかったからというよりは、 書きたいテーマが先にありき、だったからだと思います。 だからsyukuさんも、エッセイ、小説、ルポなど、形はなんでもいい ので、自分が書きたいテーマにこだわって書き、なおかつ、自分の作風に 合った出版社を選んで持ち込みしたらよいと思います。おわかりかと 思いますが、出版社はそれぞれ自社の思想やポリシーを持っていて、 それに沿った出版物を出しています。 素人がいきなり持ち込んで成功した例として、エッセイストの谷崎光 さんが「中国てなもんや商社」の後書きに、文芸春秋社に持ち込みした 時の様子を書いています。谷崎さんにしても「この体験談を是非、 世の中に知らせたい」という、強固な思いがあったからこそ、今に至って いるのでしょう。 終わりに、なんで私が経験者なのかというと、以前、ある週刊誌に、 当時勤めていた会社の様子を、面白おかしくハガキに書いて出したら 取材の依頼が来て、そこで知り合ったライターさんの紹介で、同じ雑誌に コラム(ただし無記名)を書くようになったからです。 ただ、ネタ探しがキツかったので、コラム書きは2年ぐらいで辞めて、 今は出版と無縁の業界に戻っています。 あと、例えば同じ雑誌に投稿文が5、6回掲載されれば、編集部に 名前を覚えてもらえて、企画原稿の持ち込みのアポも取り易かったり します。 とにかく、成功に至るにはコツコツとした努力あるのみです。 頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えてくださりとても参考になりました。 私は岸本 葉子さんみたいになりたいと思ってました。 アドバイスを読んでいる途中で自分自身がとても焦っているなと気付きました。早く結果を出したいという感じでしょうか?そんなに若くもないし・・・  よい意味で肩の力が抜けました。 これからも地道に書き続けていこうと思います。 ありがとうございました。 ところで、shesawomanさんの経験されたネタ探しはほんとに大変だろうなと思いました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

アドバイスしたいのですが、ご質問の文章だけでは状況がよくわからない ため、次の点について補足説明をお願いします。 1.「エッセイを書いている」というのは、メディアに投稿して何回か   採用されたことがあるような、ある程度、他者に評価されている   レベルですか?それとも、外部には出さずに個人的にノートに書いて   いたりする、自己満足的なレベルですか? 2.「将来はエッセイで食べて行くぞ!」というような、強い希望があり   ますか?それとも、「たまに暇つぶしに書いて原稿料がもらえたら   ラッキー」という程度ですか?   (注:どちらがいい、と言うつもりはありません) 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます 1、以前、一度新聞に投稿して載ったことがあります。 あとライターの求人に応募した際課題の作文に対して「文章力はある」と言われました。けれど経験者でなかった為不採用でした。私としてはライターよりエッセイストになりたいのです。 今、ある公募に応募していて2次審査を通過している状態です。 2、エッセイストという職業だけで食べていけるのかどうか分かりませんが、認めてもらいエッセイストとしてやっていきたいという強い希望はあります。 その為にはどうすればいいのか考えています。 出版関係者に知り合いがいない為業界の事がよく分かりません(どうやって仕事をもらうのか・・等)   アドバイスよろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • mammoth
  • ベストアンサー率25% (59/233)

エッセイを書かれるくらいですから、本や雑誌は好きでよく読まれているものがあるのでは?まずはご自分の好きな雑誌、興味があるジャンルで愛読している雑誌社に電話して担当編集者の名前を聞き出し、その人あてに原稿を送ってみてはどうですか。 また、電話して直接持参してもいいと思います。雑誌社というのはそういう売り込みが日々、ふつうにありますから編集者はわりと気軽に会ってくれると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 新風舎という出版社で共同出版された方

    新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか? 友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。 近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。 自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。 内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか? 騙されているのではないかと心配しています。 新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。 経験者の方のご意見を拝聴したいです。 よろしくお願い致します。

  • 自費出版は儲かりますか?出版費用と利益が知りたい。

    こんにちは。 当方、短編小説やらエッセイを書いていて、いろいろな原稿をたくさん持っています。 どれか良い作品を選んで自費出版をしたいのですが、出版費用が気になります。 本屋さんに並べてほしいのでなるべく大手の出版社さんにお願いしたいのですが…… 料金を開示していない出版社が多くて、連絡をするのに二の足踏んでます(^^;) 自費出版は基本儲からないと知人に教えてもらいました。 お金はそこそこかけられるのですが、やはりどのくらいの利益率なのか知っておきたいと思います。 ググれ!と言われるのは苦手です; ご存知の方、優しい回答をお願いしますm(--)m

  • 出版を検討してくれる出版社はあるのでしょうか?

    芥川賞や直木賞は同人誌上などに発表された作品が対象になりますが、そのような団体に属していない者にとっては機会がありません。また出版社が何々賞と題して作品を募集していますが、いずれも原稿用紙500枚以下で、私の作品はそれをはるかに越えていて規定に入りません。 自費出版でなく、小説の原稿を送ると出版を検討してくれる出版社はあるのでしょうか?あるとしたらどこでしょうか? わかる方がおられたら、よろしくお願いします。

  • 出版社から出版前の原稿の流失について

    ある出版社から出版前の原稿が流失しています。出版社の屁理屈は、 「もう印刷屋に回っている段階なので良い」との回答。そう言う問題なの? その原稿はある方が自分の原稿の返却の要請をした際のフロッピーに 入っていた物らしく、そもそも何故、何百万もの金銭を自費出版と言う形で 請求しているのに管理が杜撰過ぎます。流失は原作者にも知らされず、不始末とも 認識は無いまま。それも大人しい内容の本では有りません。危ない系がらみで 警察官等の実名入りでどう見てもこれから編集して名前等を伏せる物と思われます 書いた方はそこそこ有名な方の物です。これってどうなの? そこの出版社の口癖は個人情報保護法と何でも直ぐに言いますが この流失は個人情報保護法には触れないのですか? また返却の要請等は一切にしないと言う体制に疑問が有ります。 開き直りとも言えると思います。そのまだ世には出ない原稿に関しては 保護されないままで、第三者に流失している事に対して出版社として 罰せられる事は無いのでしょうか? また、それを中身を自分の物だと思って受け取った方は自分の原稿と 他人の原稿が入ったフロッピーをどうするべきでしょうか? 叉、個人情報保護法を扱う業種として取りさばく機関は何処になりますか

  • 自費出版について

    今までこまごまとした日記やエッセイを本にしたいと思うのですが、 今は自費出版なるものが流行ってるそうですが、いったいどのようなものなのでしょうか? このような出版社も自費出版を受け付けているそうですが。。 MF出版 http://www.geocities.jp/magic_fox7/index.htm それと、自費出版で作った本は本屋さんにはおかず、自分でとっておくものですよね? 本屋に並ぶような本などを作る気はもともとございませんので。。。

  • 出版社をつくる

    漠然となんですが、是非アドバイスください。 現在個人事業で特殊な分野ですが、出版社から依頼を受けて、執筆・編集・校正などを行っている編集プロダクションみたいなものを1人でやっています。収入もそこそこあります。 もう少し経験を積んでからだとは思っているのですが、企画・執筆ができて、編集作業ができ、校正スタッフもいる・・・とすると、出版社を通さずに、直接組版及び印刷会社とやりとりしたら、出版社から頼まれたもの以外に、自分の書きたい本も作ることができるのではないか、始めは自費になるかもしれませんが、出版社を通さずに自分が出版社になればいいのではないか、と思った次第です。 現在のしくみだと、わたくしが書いたものが本屋でたくさん売れていても、そのお金はわたくしではなく出版社に入っていますよね。わたくしに入るのは微々たる執筆・編集・校正費のみ。そんなことも考えると・・・。 出版社での勤務経験はありますが、どのように本を売るかなど、いろいろ勉強しなければなりません。 小さい会社で充分なのですが、わたくしの考えは甘いでしょうか・・・。 もしこんなわたしにぴったりな本やHPがございましたら教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 本を出版したいのですが・・・

    本を出版しようと考えております(自費出版ではなくて) 出版社に原稿を渡す時、やはり手渡しの方がよいのでしょうか 郵送で送ってもよいものでしょうか 又、原稿を渡す段階で気をつけるようなことがあるでしょうか 例えば、原稿の閉じ方、読んでもらいやすいように内容を箇条書きにしたようなmぽの 法的なもの、慣習的なもの、常識的のものを教えて頂きたいのですが

  • 闘病記を書いたエッセイを出版社に持ち込みたい

    闘病記を書いたエッセイを出版社に持ち込みたい 珍しい病気を患ったので、自分の闘病記を書いたエッセイを出版社に持ち込みたいのですが、 一般的なエッセイの持ち込みの方法、発表の仕方を教えて下さい。 どの出版社に(大手が良いのか、同じような本を出している出版社が良いのか) どのような方法(直接行くか郵送かメールか)で持ち込めば良いのでしょうか。 素人なので、読者を楽しませたいというよりは もっといろんな人に知ってもらえたらと思って書きました。 宜しくお願いします。

  •  文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、14

     文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、147万7万8千400円のうち、35%の51万程を評価等支援額、という出版社側の支援による共同出版を提案されました。これは高いのでしょうか、安いのでしょうか?ただ、この会社は「過度な期待には答えられません」「本はよほどの事がなければうれません」等の注意書きがあり、なかなか好感が持てました。会社の評判も含め、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

  • 自分で書いた本を海外で出版するにはどうすればいいですか?

    自分で書いた本を海外で出版するにはどうすればいいですか? とある大手出版社に原稿を持ち込んだところ、運よく採用され、本として出版して頂くことになりました。 (最近問題となっている、自費出版や共同出版などではありません。) 私は自分の書いた本を、書いている時から海外の方にも読んでもらいたいと強く思っていました。 出版社の担当の方にも、その旨は伝えていますが、今の所、お茶を濁すような感じではぐらかされていて、よい返事は頂いておりません。 最終的には出版社の判断になるのだろうと思いますが、個人の活動で、自分の本を海外で出版してもらえるよう働きかけるには、どのようにすればいいのでしょうか?