• ベストアンサー
  • 困ってます

木造住宅のルーフバルコニーについて

木造住宅のルーフバルコニーについて たまたまルーフバルコニーの漏水についての記事を見つけ、不安になってしまい、質問させていただくことにしました。 新築予定のルーフバルコニーの面積は38m2(2階の一部でL字型)です。 一方、最近のFRP防水性能は上がっており、しっかりとした施工、メンテをすれば特に問題なく、一般的に広く採用されているようでもあります。 一例ですが、 【住宅性能保証制度(平成16年版設計施工基準適用)においては「原則として10m2以内、追加仕様を遵守したものについては20m2以内」という取扱いをしておりましたが、まもりすまい保険(平成20年設計施工基準適用以降)では、その取扱いを撤廃しました。 跳ね出しバルコニーやルーフバルコニー(一部でもバルコニー下部に室内部分があるもの)に限らずバルコニーの面積制限はありません。設計施工基準第8条の基準を遵守いただければ、保険契約申込が可能です。】 といった記事を見つけました。 平成16年まではルーフバルコニーの面積が多い場合、保険の適用除外であったが、現在は面積に関係なく適用されるという意味であると考えますが、性能、技術レベルが向上した事が理由でしょうか? どちらにしても、保険適用もされるくらい性能があると考えますと、過剰に心配する事もないのかも知れませんが・・・・?。 ただし、ルーフバルコニーの施工実績が多い工務店に以来すべきであるといった意見もあります。 上記を踏まえての質問ですが、 1.FRP防水のメーカーで推奨されるメーカーがございましたら教えていただきたいのですが。 あるいは、工務店にまかせるべきでしょうか? ちなみに、当該建設予定地は法22条区域のため、屋根(ルーフバルコニー含む)面を 不燃材料とする必要があり、FRP防水の場合「DR認定工法?」と言うものを採用する必要があります。 2.雨水はパラペットを横引きドレインで抜くべきでしょうか? 漏水対策をした上で、下に抜いて天井裏を経由して梁をかわしたところで外壁に出す方法は避けるべきでしょうか?(結露、漏水の恐れがある・・・) 3.床はウッドデッキになりますが、緩勾配(必要最低限)の金属屋根の上にデッキを載せる方法もあるようですが、雨水の事を考えると無難であると思いますが、コスト(DR認定FRP防水との比較)、意匠面、その他注意点等がございましたら、アドバイスお願い致します。 4.外壁の通気層はパラペット笠木部分でどのように処理するのが一般的でしょうか? (雨仕舞いが心配です) いろいろ調べてみましたが、参考書を見ましても、ガルバリウム鋼板の笠木・・・と表記してある程度で、絵的にも水切り程度の表現になっています。これでは雨が吹き込むのではないかと心配なのですが、結局具体例は見つかりませんでした。吹き込んでも通気層に流れるようにすればよいのでしょうが? 以上、訳あって専門知識に欠しい身ですが、アドバイスの程よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数10983
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

私が使っていたのはKENZOのです。それは大きなハウスメーカーでも利用されていました。 元旦さんはもっと大きなものを頼むときに頼んでいましたが、防水屋根では依頼したことありません。 あまり普及していないのは高いからです。FRPの方が工程も少なく早く安い。仕上げ材がなくてもすみます。金属では熱くなりますのでどうしても仕上げ材が必要です。 瓦棒葺に木製すのこを置いて利用した25年物をおとといみてきました。柱のこしの大々的リフォームですが、バルコニーから雨漏りしてます。今回はFRPにしてすのこはしないそうです。 やはりどうしても緩勾配は雨漏りを引き起こしがちです。すのこを引くことによってさらに水の流れがのろくなることはさらに良くなかったようです。 屋根で使う場合も1.5/10はとるようにしていますが、金属自体は勾配が少なくてもいけますが問題は金属の重ねる部分の精度や仕組みの問題で雨漏りの隙ができます。人が作るものなので職人さんを信用しないわけではありませんがあまり無理な施工を期待しても結局建物に良くありませんからね。 最善を尽くしてさらに、よいハウスキーパーになれそうですね。では素敵なマイホームを。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

金属防水を実際に採用されておられるのですね。 瓦棒葺の件も実例を挙げていただき、とても参考になります。 工務店が決まり次第、相談してみようと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • ルーフバルコニーの傾斜

    セルフビルドで2×4の家を建築計画中なのですが、ルーフバルコニー(10m2位)をFRP防水で考えています。バルコニーは出きるだけ水平に近いように施工したいのですが、排水のことを考えるとどの位の傾斜が必要になるのか教えてください。

  • ルーフバルコニーの防水について

    10m2弱のルーフバルコニーで、FRP防水+ウッドデッキの予定です。 法22条地域のためルーフバルコニーは飛び火認定のFRP防水になります。 FRP防水の事を調べてみましたが、雨漏りのリスクは回避できないようです。 かと言って、コストをかけた工法での防水は難しいため、いっそうの事 ガルバの屋根の上にルーフデッキ・・・はどうかと考えます。 以前何かで事例を見た記憶がありますが、ネット上でも施工事例は見つかりませんでした。 ただ、金属屋根でも緩勾配では、漏水のリスクはあるようです。 ■計画上、1/30勾配が限度ですが、緩勾配すぎますか? 一応、最低勾配は5/100のようですが、この勾配であれば問題ないという意味でしょうか? ※コストダウンしたいという趣旨もありますので、コスト・防水面の総合判断としてどちらを選択べきか? ■コスト的にはどうでしょうか? コスト的には安くなると思っています。 ■雨漏りの信頼性は大差ないでしょうか? (FRP防水と緩勾配ガルバ屋根) もしくは、この程度の勾配であれば、かえってFRP防水を適切な施工でする方が良いのか? ■施工上の問題は何かありますか? 特にデッキの固定等についてどのようにすべきか、情報がなくわかりません。 単純に、ハゼに留めるとかで良いものか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。

  • ルーフバルコニーの防水について

    2階ルーフバルコニーの防水について悩んでいます。 (かなり前になりますが、FRP防水関連で一度質問させていただいています) 面積は10m2で、3面が外壁で、一面が庭(上部)に面しています。 A:FRP防水(+ウッドデッキ) B:ガルバリウム鋼板屋根葺きの上、ウッドデッキ設置 ※一部特殊な方法(より万全な)もあるようですが、コスト的に無理ですから考えないこととします。 ●コスト、性能面を総合判断した場合、一般的なAを選択すべきでしょうか? デザイン面等は考慮せず、イニシャル・ランニングコスト(施工費用、メンテ費用、補修費用等)の両面から総合判断して決めたいと思っています。 FRPは万全ではないと聞きますが、それでも多くの実績がある現在では、信頼があるからこそではとも思ったりします。 以前の質問での結論としましては、適切な施工さえすればまず漏水のおそれはない・・でした。 大半の雨漏りは、施工レベルであると・・・。 (それでも万が一のことを考えると不安は払拭できないでいます) 予算が取れるなら、もっと万全な方法があると紹介もされました。 ■広い面積には向かないようですが、10m2であれば迷わず選択すれば良いでしょうか? FRPの追従性にも限度があるでしょうから、地震等で、予期せぬトラブルの心配は拭えません。 木造の場合、揺れや構造のしなり?などが予想されますが、体力壁、水平構面で固めますから、それほどでもないのでしょうか? ガルバ屋根の場合ですと、一般的に緩勾配であるほど雨漏りし易いと聞きます。 納まり上1/20勾配が限度ですが、上部にウッドデッキを設置するため、雨係にならないことから、漏水の恐れは少ないかと考えます。 日光にもさらされないため、屋根の経年変化も通常よりは有利かと? 以上を踏まえても、未経験が故、判断がつきません。 どちらの方法がベターかを専門家(経験者)のご意見を聞かせください、 ■防水、長期的なメンテの観点から、ガルバ屋根のほうに分があると考えますが、実際には少数派だとの認識です。 ネットで調べましたが、参考事例(現場の施工事例)はわずか2件しか見つかりませんでした。 FRP防水は信用できないから、屋根を葺いているとの事でした・・。 FRPが主流であるのには理由があると思います。 そのあたりのことについて、お分かりでしたら、お願いします。 施工費用については、よくわかりませんが、FRP防水を1とした場合、ガルバ屋根はどの程度の目安で考えておくべきでしょうか? (デッキの施工のしやすさも考慮した場合) 以上、よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

すみません。私はじめの回答で金属屋根と書きましたね。これが間違いです。 良い工法といったのは金属防水。屋根工事とは全く考え方が違います。値段は高いです。 でも、屋根よりもずっと勾配を緩くできます。 瓦棒で緩勾配。ケラバの水切れが悪く下地が腐りやすくなりますし、水が少しでもたまれば雨漏りの原因になります。屋根は水をすばやくながすのが仕事。水の流れる方向には勾配を強くする程強くなりますがそれと垂直の方向や逆方向には至って弱い工法です。つまり一方通行にしか強くないんです。 水をしみ込ませない防水工事とは全く違うものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそく、金属防水の中でも 住宅木造バルコニー・屋根に適した商品として紹介されているものを、ピックアップしてみました。 スカイプロムナード(栄住産業)、プロムナールーフ エクセル(MAX KENZO)、 元旦スチール防水屋根(元旦ビューティ工業)等でしょうか・・・。 FRP防水より確実に防水できそうですが、それなりのコスト負担が必要かもしれません。 メンテコストがかからない分、トータルコストで考えれば有利であるとも言えます。 「金属防水・特殊平滑葺は、あまり普及していない工法ですが、弱点が少ない優れた防水工法なのです・・・」とも書いてありました。 もし上記(上記以外も含めて)工法等で推奨される工法、あるいは情報等お持ちでしたら、ご教授下さい。 念のため・・・ 瓦棒葺きにつきましては、屋根工事完成後にデッキを乗せる考え方です。 建築家のHPを調べていましたら、FRP防水はリスクが拭えないため、敢えて屋根の上にデッキを乗せている・・・と言う方もおられました。(FRP防水が普及する以前はこのような方法が多かった?のかも知れません) コスト、防水を考えた場合、もしかしたら一番良い方法なのでは?(デッキの取り付け方法、意匠的な問題はあろうかとおもいますが・・・) その場合問題となるのが、屋根勾配かと思います。(デッキを乗せるため緩勾配としたい) あるメーカーHPには[勾配1/10以上、芯木なしの場合1/20以上]となっています。 しかし、アドバイスいただいたのように緩勾配は望ましくない事から推察しますと、やはり1/20勾配は避けるべきでしょうね。 デッキの取り付け方法もよく分かりません。 そうなると選択肢は、FRP防水か金属防水になります。 住宅性能保証制度は終了していました。(すみません) 品確法の10年保証(瑕疵担保責任)についてですが、経年変化の場合は「瑕疵の対象外」とありますので、いざという時に保証されない事態も起こり得るのではと危惧しています。 (経年変化であるのか欠陥であるのかの判断) そうなると、やはりアドバイスのように、保険にたよらず、施工、メンテナンスをしっかりとやってくれる施工業者を選定する事が大切であると思っています。 FRP防水は木造バルコニーにおいてかなり普及しており、自分でも当たり前のようにFRP防水と考えていましたが、実際にトラブルも報告されているようですし、 工務店が決まった段階で相談し、コスト、雨漏りのリスク、技術、メンテ等総合的に判断して決定しようと思います(FRP防水も選択肢のひとつとして) 本当にありがとうございました。

  • 回答No.3
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

品確法により、性能表示制度ができ、瑕疵担保保険への業者加入義務ができました。 瑕疵担保保険の義務化により住宅性能保証(昔の木住協でいまの住宅保障機構)は終わりましたよ。 ちょっと前まで瑕疵担保保険の保険業者によって設計基準がバラバラでしたが今は統一されています。 なので、性能表示を受けずとも一般的な瑕疵担保保険加入があるので業者がつぶれても基本的には全ての住宅が10年保証の対象です。ですが、最近知ったのですが、業者の保険契約内容にやや差があるようです。それでは意味がないと思いますが施工業者の保険契約内容の確認を行ったほうがよさそうです。 おっしゃる通り保険なんてある意味無意味です。かつてより施工は2重3重の対策と設計の元施工され長持ちできる建物はできてきています。ちゃんとしてれば保険は不要。工事の設計監理がきちんとできていれば財団法人に金をとられずとも安心な建物はできるのです。そうすると11年目の不安なんていりませんよね。日本の小規模建築の建設技術監理の低下がこの制度を生んでいるとも言えるでしょう。 きちっとした知識と実行力のある業者を選び、自分はメンテナンスの目を養い維持管理すること。 変な業者でも保険入ってるから安心・・・ってことはないと思うべきです。 瓦棒?探すときは「金属防水」つまり防水工事で探してください。瓦棒はあくまで屋根。同じ金属でも防水工事とは違います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

1、アイカにFRPのDR認定工法があります。防水材だけでなく下地構成も認定の一部ですのでご注意ください。 2、基本的にはすぐに流れ落ちる排水状態が取れているかです。横引きが部屋上で長ければリスクも高いです。昨今のゲリラ豪雨のような雨があれば少ない抵抗で出来るだけ素早く下に流すラインを考えてください。それとドレインの清掃は確実に。 3、金属屋根はいい工法だと思います。お値段もいいです。基本的に22条地域ということは屋根面は飛び火認定以上が必要なのでウッドデッキを置くというのはあまり良い方向ではありません。もちろん仕上げ材でなく、エクステリアとしてお考えなので完全違法とは言い難いですが。しかし、それを考えればより燃えにくい仕上げ材を設定することは良い方向ではないかと思います。FRPのDR認定工法では下地は木材でOKです。けれど不燃材を下地に入れたり、金属屋根にすることで対策をするというのも良いのではないかと思います、 4、笠木の端の下側部分はイメージとして開放します。ここをコーキングで埋めてしまってはいけません。また、外壁下端も水切りを入れて速やかに外壁下に水が入っても切れるように設計し、通気をとって乾燥も促すように作ります。水が入らないようにと埋めるような工法はよろしくありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>1、アイカにFRPのDR認定工法があります。防水材だけでなく下地構成も認定の一部ですのでご注意ください。 近日、アイカのショールームに行く予定でしたので、質問してみる事にします。 >2、基本的にはすぐに流れ落ちる排水状態が取れているかです。・・・・・・ 納得しました。 >3、金属屋根はいい工法だと思います。・・・・ この方向で考えてみようと思います。 >4、笠木の端の下側部分はイメージとして開放します。・・・・・ やはり雨が入る事を前提としているのですね。 通気層を確実に機能させて、乾燥が促進されるように注意が必要であると認識しました。 もし差し支えないようでしたら、「10年保証」について質問させていただきたいのですが、 住宅性能保証を受ける場合は、サッシ下端120以上、その他250mm以上立ち上げ、1勾配1/50以上等の基準がありますが、 品確法の10年保証(義務)の場合、何らかの基準を定めているのでしょうか? また、あるHPのQ&Aで Q:ベランダの塗膜防水やFRP防水等が原因で雨漏りした場合は A:品確法ではベランダの防水の劣化は、通常の経年劣化による不具合にはいり(保証契約がなくても10年の保証を義務づける品格法の)瑕疵とみなされません。ただし建設業法に則して二業者間の契約により工法・予算を考慮した年数で保証することがあります。 つまり、10年保証を得るためには、住宅性能保証制度を利用する他ないという事でしょうか? また、後半部分はメーカー保証の事かと思いますが、一般的に特別厳しい制約があるのでしょうか? 少々混乱ぎみで、申し訳ありませんが、お時間のある時にでもご回答いただけるとありがたいです

  • 回答No.1
  • joqr
  • ベストアンサー率18% (742/4026)

>しっかりとした施工 できればの話です ここで、半端じゃないお金を掛ければ、メンテ費用は多少軽減できると思います 勾配がしっかり取れなくて水溜りが出来たり 結構トラブルを聞いたりします >メンテをすれば びっくりしますよ! これが想像以上にお金が掛かると思います 予想見積もりは、当てにならないと思います >特に問題なく、一般的に広く採用されているようでもあります。 知り合いも2Fにルーフバルコニーを作りましたが その予算捻出で・・・外溝に手が回らなかったそうです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ここで、半端じゃないお金を掛ければ、メンテ費用は多少軽減できると思います 一般的にルーフバルコニーのある住宅は、おそらく半端じゃないコストを掛けているとは思えないですから、メンテコスト意識があまりないか、当面の建築費を抑えることを優先しているのもしれませんね。トラブル(雨漏り)も多そうですし・・・? >勾配がしっかり取れなくて水溜りが出来たり 結構トラブルを聞いたりします 勾配は1/50確保予定です。 やはり木造住宅では無理(リスク)がありそうですね。 10年保証が受けられる仕様を守れば良いのでは・・・とも考えましたが、 補修工事に付随する工事までは保証してもらえないでしょうし、万が一基準を満たしていないために保証を受けられないなんて事も起こりかねないですし,あるいは11年目に雨漏りがあったら・・・? いろいろ思い悩むよりも、FRP防水をやめて、ガルバリウム瓦棒葺きにする方が賢明かもしれないと言う気がします。 アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • ルーフバルコニーの窓の大きさ

    現在、某HMで設計打ち合わせ中のものです。 2階にセカンドリビング兼和室を15cm床立ち上げでルーフバルコニーに出るという形状をとっています。そこで今問題になっているのがサッシの大きさです。 ルーフバルコニーに出るためにHM基準の窓枠30cm立ち上げをします。 和室自体を15cm立ち上げ、バルコニー側には15cmステップを作るため実際のまたぎは15cmになります。 設計上ここには180cmのサッシしかつけれないといわれました。 畳より15cm上の位置からサッシがつくためサッシ上端の位置は195cmになります。私の身長が181cmのため若干通り抜けるには狭い印象を受けるのですが問題ないでしょうか?

  •  ルーフバルコニーから雨漏りが

    3年半まえに、木造新築一戸建てを注文建築しました 2階建てで、屋上は建物半分は屋根裏納戸として、半分はルーフバルコニーとして使用しています 今月ルーフバルコニーの下の2階ベランダ天井より雨漏りがしました。10年保証ということで修理してもらいましたが、原因はルーフバルコニーの端の溝の部分(そこより排水溝雨どいにながれる)の防水の不良によるものらしいです 建てるときの勉強不足と、工務店を信頼してましたので、防水工事の方法はまかせていました。 修理にきた下請けの防水屋さんに話をきくと、水性塗膜(ポリマー系セメント)工法だとのことでした。 ルーフバルコニーの下階(今回漏水した溝も含む)には主寝室もあり、今のところ室内は染みや雨漏りの形跡はありませんが、今回の件で非常に心配になりこのままの修理でいいのか、もしくはこの際他の工法を検討するべきかなやんでいます。 防水屋さんにきくと、「木造にこの工法はあまりおすすめしていないのです」と言われました。、新築時に工務店はなぜ他の方法を費用とデメリットを含め説明してくれなかったのだろう こんな大切な部分なのにと後悔しています。ルーフバルコニーは建てるときの工務店のお勧めでもあったのに・・・ 防水屋さんは今回漏らした責任もあるので、他の工法でやりなおすならお安くさせてもらう といわれました 現在、2階ベランダの天井に点検の穴をあけ、防水の工事は溝の漏水部分は下まではぐり、あとバルコニー全体に防水層のセメント?をぬってもらいました。次の雨で漏れがないことを確認してトップコートで仕上げるそうです。 ルーフバルコニーの面積は42m2です ウレタン防水やFRPだとかなり費用はかかるのでしょうか? アドバイス宜しくお願いします。  

  • 漏水個所の診断ミスによる屋根工事負担

    築20年の中古住宅(木造2階建)を全面リフォーム後、居住2年。昨年秋の台風時の豪雨で1階リビング天井より漏水(漏水個所直上はバルコニー。バルコニーもリフォーム時にFRP防水加工済)。施工業者(漏水診断資格無し)に原因調査対策を依頼、散水試験を行ったが漏水個所は特定できず。屋根が原因ではないかとの施工業者の判断で全面張替を実施(3月実施)。しかし、張替後の大雨で同じ個所から漏水。施主からのバルコニー笠木部分が原因ではないかとの指摘で、該当部位を集中調査したところ、漏水個所と特定。にも関わらず施工業者からは葺き替え工事費用、およびバルコニー補修追加費用を請求されている。初めから専門の診断士を呼ぶことなく屋根が漏水の原因と判断し、張替工事をおこなったのは業者の診断ミスであり、施主の指摘が無ければ工期はさらに長期化、余計な経費がかかったのではないか?と思うのですが・・・また漏水原因特定まであまりに長期化(半年)したことに加え、屋根が原因で無いことが判明して以降も原因特定に手間取る間、プライベート時間を制約される等、受けた精神的苦痛は大きく、こういったケースの場合費用負担はどのように判断すればいいのでしょうか?ケースバイケースでしょうがアドバイスお願いします。

  • 既存建物のルーフバルコニー上に小屋を増築したい。

    既に建てられている建築物のルーフバルコニーに小屋を増築(新設)したいと考えております。 下記のような諸条件なのですが、 (1)建築基準法などの法令に抵触しておりませんでしょうか? (2)お勧めの商品はありますでしょうか? (3)施工して頂けそうな業者さんはありますか? (4)どれくらいの金額が必要でしょうか? (5)他想定できる問題はありますでしょうか? ・ルーフバルコニーの面積は185平米。 ・小屋はペントハウス的に増築(新設)し、現状の建物には接続させません。一度ルーフバルコニーに出てから小屋のドアを開けて中に入ります。 ・建物自体は1992年に竣工したものです。 ・近隣の日照を遮るような事はありません。大きな中庭が有り、ルーフバルコニーは中庭に面しています。 ・ルーフバルコニーの床面はタイル貼りです。 ・小屋の重さは決めておりません。 ・小屋の広さは70平米程を考えております(5m×14m)。 ・ガラス張りをメインにして中が見えるようにしたいです。 ・3階部分です。 ・照明、空調も設置したいです。 ・利用目的は読書室です。本棚を入れて本を並べます。 ・場所は東京都渋谷区の公共施設です。

  • マンションの雨漏の補修について

    築3年目、15階建てマンションの管理組合理事長をしています。11階住人より専有部分(屋内・2箇所)の漏水の報告を受けました。漏水箇所は12階の部屋のルーフバルコニーの下になっています。12階住人が漏水した形跡はなく(マンション販売・施工業者も認めています。)バルコニーからの漏水であることはほぼ断定できるものの、マンション販売業者・施工業者では漏水(染込んでいる)箇所の特定ができず、とりあえず、12階バルコニーの側溝と12階住居とバルコニーの接地部分に防水工事を行いました。(バルコニーの大半は防水シートを貼付しています)その後漏水は起きてないのですが、原因となる箇所が特定できないこと、およびこのマンション自体の漏水(バルコニーや廊下の共有部分、現在補修についてマンション販売業者と交渉中)箇所が多いため、マンション施工時の手抜きではないかとの疑問を持っています。マンション業者へ漏水箇所の特定と原因説明を管理組合より書面で求めたにも関わらず、「今回防水工事をおこなったところのどこかの部分と考えます。原因はコンクリートは収縮による可能性があります。」とのことでした。漏水が止んだことで終息宣言をしようという姿勢が感じられます。漏水の対応ってこんなもんなのでしょうか?何かほかに対応の手立てはないものでしょうか?おしえてください。

  • FRP防水の法的な解釈について

    建築基準法で法22条区域において屋根の構造が指定されており、2階バルコニーも屋根と同じような性能を必要としますが、FRP防水は建告1365号で定められいてる構造には該当しないようです。その場合は各メーカーの取得している飛び火認定で、その屋根が22条地域に適合しているという証明になるのでしょうか?又、住宅保障制度が来年から施工される予定ですが、それに規定されいているFRP防水仕上げのバルコニーの仕上げが耐水合板2枚張り+防火板の上にFRP防水となります。その場合メーカーが取得している飛び火認定の構造とは多少違いが生じた場合はそのメーカーは使用不可能ということでしょうか?教えてください。 又、この件に関して掲載されている解説書、資料等がありましたら教えていただきたいです。

  • 住宅の保証について

    新築を考えております。 気に入った工務店がありますが、 「特には加盟してありません。 工事終了後の施工の不備による賠償の補償は対応できる 保険に加入しております。」との回答。 住宅性能保証とかいろいろありますが加入されてないようです。 それも、施工後の不備なら保証します・・みたいなニュアンスにとれます。 漏水などの知らないうちに・・ってな事がとても怖いです。 でも住宅性能保証に加入しててもどこまでの保証なのか・・ 詳しい事教えてください。宜しくお願いします。(#^.^#)

  • FRP防水のバルコニーの再塗装をDIYでやりたい

    現在、家の外壁塗装をしています。 ついでにと思い、FRP防水がされているバルコニーの塗装を聞いてみたところ、20万円ぐらいかかるとのことで断念です。 業者さんからの情報を含めて列記すると、  ・FRP防水が施されているが、トップコートが所々はがれている。   2~3年は問題ないと思うがメンテした方がいい。  ・塗装面積は、約30m2。  ・節約するなら個人で挑戦もいいんじゃない? 足場も不要なバルコニー内なので、DIYで挑戦したく思っています。 現状は、    ・グレーのトップコート?が所々はがれ、FRPがうっすら見えている。  ・雨漏りはない。  ・バルコニーの手摺の壁の立ち上がり、根元15cmぐらいまでFRP防水が施工されている。 色々なHPを探しているのですが、意外と情報が少ないです。 材料も購入しなくてはならないので、やっと探し当てた下記のHPに写真を送ってみようかと思っています。  FRP-ZONE.COM http://www.frp-zone.com/frp-waterproofing-room.html 材料が買えたり、施工方法がわかるページをご存知でしたら教えれ貰えませんでしょうか? また、アドバイスがあればお願いします。  

  • 住宅保証機構について質問

    基本のことかもしれませんが 確認したいことがあります。 新築戸建広告で 財団法人住宅保証機構による住宅性能保証制度利用とありました。 同機構の基準で「性能保証住宅設計施工基準 (平成16年改訂版)」 がありますが同機構の性能保証制度を利用するということは 上記基準をクリアした建物が建てられると言う理解でよろしいでしょうか。

  • 建築基準法の床面積の不算入について

    建築を学ぶ学生です。 住宅設計に詳しい方に質問します。 床面積について 建築基準法には 「バルコニーは2mまで不算入」 「庇は1mまで不算入」 とあります。 1.8mのバルコニーに0.9mの庇をつけた場合 これは全部不算入になりますか?