-PR-
解決済み

面積を表す文字になぜSをつかうことが多いのか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.61821
  • 閲覧数1148
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 16% (10/61)

タイトルどおりの質問です。職場で突然、話題になりました。現在、スクエアの頭文字では、という意見が優勢です。いろいろな説があるのかもしれませんが、「何々では」という予想ではなく、それなりに根拠がある由来をご存知の方、ぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6

No4.の補足です。

歴史的な経緯からすると、繰り返しになりますが、和を表すsumあるいはsummationの頭文字をとったものというのが、数学界での定説です。

同様の見解は、次のURLにも出ています。
三重大学で作った解析学のホームページ内の掲示板での質疑です。
そのものズバリの質問と回答が載っています。
http://www.com.mie-u.ac.jp/~kanie/tosm/keiji04/k_result.htm

そもそも曲線図形の面積を求める方法には2つあります。
(たとえば、野崎昭弘他著「微分・積分の意味がわかる」ベレ出版,2000年,p114参照)

1つは原始的な方法で、既にアルキメデスの時代から知られている、
「図形を細かく分けて、直線で囲む形にして近似し、足し合わせる」という、いわゆる区分求積法です。

この足し合わせるという語は、英語などではsumとかsummationといいます。
そして、後述するライプニッツおよびニュートンによる微積分学以降、
離散量あるいは有限個のものの和を表すのに、この頭文字Sに対応するギリシャ語のアルファベットΣが使われ、
「一つ一つの分割をS1,S2,S3,・・・とおけば、全体の面積S=ΣSi」
という数学記法上の慣習として広まったものです。

つまり、Sを、sumあるいはsummationの頭文字であるとする根拠がここにあります。そして、今では、曲線図形でない場合でも広く一般的に、図形の面積を表すのにSは利用されています。もちろん、面積をSとおくというのは、規則でも強制でもありません。

さて、もう1つ、曲線図形の面積を求める現代的な方法は、積分を使う方法です。
これは、上記のS=ΣSiという表現式で、i=1,2,・・・という分割を無限に続けたときの極限値をもって、その図形の面積とするというものです。
その場合、極限値が存在するなら、各Siは、連続量S(x)に書き換えられて、S=∫S(x)dxと表現されます。
そして、この積分記号(インテグラル記号∫)は、ライプニッツの提案によるもので、
離散量の和の記号Σに対応して、連続量の和として、これまた和を意味するSを縦に伸ばした、イメージ的にも優れた記号と言えます。この事実は、
たとえば、ホームページでは
http://www.nikonet.or.jp/spring/integral/print3.htm
書籍では、
船山良三「身近な数学の歴史」東洋書店,1991,pp.308-313.
などでも述べられています。

ところで、面積がSで表されている場合、書き手によっては、ある「領域(sphere)」の面積を表すという意味で、sphereの頭文字Sを使ったということはあり得ることです。
しかし、残念ながら、squareやsurfaceの頭文字であるとするのは、特別の場合を除いて可能性は低いと考えられます。

一般に、数学の文献では、
「面積」には、通常areaを使います。また、四角形の面積には area of square を、円柱の側面積には surface atea of cylinder を使います。つまり、squareは四角、surfaceは曲面の意味です。
これらは、文献では、
William Dunham"The Mathematical Universe",Wiley,1994.
ホームページでは、
http://www.communicatejapan.gr.jp/yuki/algebra/wordsbook.htm
http://www.monjunet.ne.jp/PT/sampo/006.htm
などでも示されています。

以上、補足です。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 35% (6/17)

以前学生の時教えてもらったのは、「表面積」のSurfaceから、ということでした。 表面積S:Surface 体積V :Volume 長さL :Length 高さh :height 間隔d :distance 速度v :velocity 質量m :mass という風に、量を表す単語の頭文字をとるケースが多いのではないでしょうか。 あと、ちなみに僕が大学にいたときは ...続きを読む
以前学生の時教えてもらったのは、「表面積」のSurfaceから、ということでした。

表面積S:Surface
体積V :Volume
長さL :Length
高さh :height
間隔d :distance
速度v :velocity
質量m :mass

という風に、量を表す単語の頭文字をとるケースが多いのではないでしょうか。

あと、ちなみに僕が大学にいたときは2次元の「面積」にはA(Area)もよく使われていました。


  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 34% (9/26)

根拠・・・とまでは言い切れませんが(^^; "surface"=「面」の頭文字だと思いますよ~。
根拠・・・とまでは言い切れませんが(^^;
"surface"=「面」の頭文字だと思いますよ~。
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 24% (29/117)

ぼくもスクエアとずっと思ってたんですが、予想では困るということなので調べてみました。 スクエアで良いようです。平方という意味があります。 ちなみに、cm2ってスクエアセンチメートル(英語のスペルがわからない・・・)と言ったような気が・・・。 ...続きを読む
ぼくもスクエアとずっと思ってたんですが、予想では困るということなので調べてみました。
スクエアで良いようです。平方という意味があります。
ちなみに、cm2ってスクエアセンチメートル(英語のスペルがわからない・・・)と言ったような気が・・・。
  • 回答No.4

曲線で囲まれた面積は、いくつもの長方形に分け、それらを合計して求めます。 これはいわゆる区分求積法の考え方ですが、これがもとになって、面積を表すのに、 合計とか和を意味するsumないしsummationの頭文字「S」が多く用いられるようになりました。 ちなみに、積分記号(インテグラル記号)は、この「S」をたてに伸ばしたもので、 積分学の創始者の1人であるライプニッツによって考案されました。
曲線で囲まれた面積は、いくつもの長方形に分け、それらを合計して求めます。
これはいわゆる区分求積法の考え方ですが、これがもとになって、面積を表すのに、
合計とか和を意味するsumないしsummationの頭文字「S」が多く用いられるようになりました。
ちなみに、積分記号(インテグラル記号)は、この「S」をたてに伸ばしたもので、
積分学の創始者の1人であるライプニッツによって考案されました。
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 45% (9/20)

私も Surface のSだと思います。 Square だとすると、体積のときは Cube のCを使うことに なる気がしますが、普通はVですよね。 あと、定積分の値を一文字で書くときには 積分(integral)を意味する I を使うことが多いのではないでしょうか。
私も Surface のSだと思います。
Square だとすると、体積のときは Cube のCを使うことに
なる気がしますが、普通はVですよね。

あと、定積分の値を一文字で書くときには 積分(integral)を意味する
I を使うことが多いのではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ