• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

男尊女卑の世界史上の例外はあるか

いままで私が生きてきたなかで、男尊女卑は世界的潮流のような気がします。 歴史史上、男尊女卑でなかった国または社会は存在するのでしょうか。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1103
  • ありがとう数40

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

 マレーシアのセマイ族という部族は、男女の社会的役割の差異(ジェンダー)がほとんど存在しない集団の事例として、人類学者の間では有名なようです。また、タヒチ島の住民もだそうです(デヴィッド・ギルモア著『「男らしさ」の人類学』、春秋社、1994年、第9章を参照)。こうした集団においては、男尊女卑的な文化はない、もしくは、ないとまではいえなくても極めて希薄なようです。  近代社会になって「男=外(公的領域)、女=内(私的領域)」という区分が広まっていった(まずは18世紀後半のイギリスやアメリカなどで)、ということは多くの女性史研究者などが認めているようですが、それ以前の社会が男尊女卑が弱いとかそういうことはないようです。逆説的ですが、女性が公的領域(労働とか政治とか)から排除された反面、「女性=家庭を守る」という図式がうまれ、女性の育児などにおける役割の重要性が尊重されるという傾向が生まれたようです。  もちろん、これによって育児の責任が女性に大幅に課せられるようになったともいえますから、この手のことは「女性の地位向上」と一概に言うことは困難なのではないかと思います。また、パーソナルな人間関係のレベルでは、男性が女性より損をしている場面もあるとは思いますが、社会・経済・政治・文化など様々なレベルで見た場合、男性は依然として「損して得取れ」的に特権を握っているのかもしれない、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たいへん専門的に説明していただきありがとうございました。マレーシアのセマイ族の例はたいへん参考になりました。

関連するQ&A

  • 男尊女卑の世界史上の例外

    いままで私が生きてきたなかで、男尊女卑は世界的潮流のような気がします。 歴史史上、男尊女卑でなかった国または社会は存在するのでしょうか。

  • 通貨というツールに対する信用は世界的に低下?

    国の信用度とその国の通貨の価値が、比例するなら、 国の経営は世界的に、どの先進国でも、高齢化(社会保障費の増大)やグローバル化(給料の低下)を背景に、 うまくいかない(例えば、国の財政は、借金が増える傾向にある) ですが、ということは、 国という存在への信頼が世界的に低下する傾向にあるということでしょうか? ということは、 通貨という交換媒体の価値自体が世界的に下がっていく傾向にあるということでしょうか?

  • 男尊女卑な人

    男尊女卑な人って具体的にどういう人ですか? また男尊女卑が許容される場面って存在しますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • ryogoku
  • ベストアンサー率44% (16/36)

家庭科便覧に、男女の役割が現在の日本と逆転した感じの部族があると載っていました。 南半球の海洋部族らしいのですが、 漁に行き魚を捕る権利や、市場で店を出す権利などは 女性にしか与えられず、非常に名誉なことなのだそうです。 因みに男性の仕事は体を飾ったり家事をしたりしながら奥さんを家で待つこと、らしいです。 便覧には編み物をした男の人の写真が載ってました。 家庭科便覧に載ってた事なので、ガセでは無いとは思うんですが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 女尊男卑的な社会が実際にあるんですね。 もしご存じでしたら、その部族の名前を教えてください。

  • 回答No.4
  • sets7
  • ベストアンサー率25% (12/48)

お礼を読みました。私もハッキリと「これ!」という理由は知らないのですが、今まで読み聞きした中で推測してみます。 江戸時代は一応徳川幕府という政府はありましたが、実際は各藩がそれぞれの民を治めていましたよね。 それが明治になり、天皇・政府中心の中央集権国家になったことで、管理しやすい社会システムを新たに作り直す必要があった筈です。 そんな中で、家父長権に支えられた家族制度が国家秩序の基盤になって行きました。人間が人間を管理しようとする時、女性に発言権を与えないのは、むしろ男性側から見れば自然な事だと思います。 天皇家を見ても、歴史を紐解けば女性の天皇は確かにいましたが、この頃から「天皇は男子に限る」と明文化されています。 鉄道、印刷など、外国から新しい技術が日本に入って来た事も、社会を大きく変えた一つの要因だったと思います。つまり、宣伝が行き渡りやすい社会です。 特に新聞の発達が、男尊女卑の浸透に大きな役割りを果したようです。「婦徳とは、」「家庭婦人」「良妻賢母」「辛抱」「犠牲」という言葉が新聞に踊り、この頃から女性は内に内にと向って行きました。こうなると、一つの方向にヒステリックに突っ走ってしまう日本人の習性から、男性どころか同じ女性までも、出過ぎる女性を批判する社会の論調が出来上がって行ったのでしょう。 実際大正時代に入り、大学に始めて女性の入学が認められた時、「女性に教育はいらない!」と反発の声を挙げたのは、婦徳を持つとされる女性たちでした。 この頃の賢い女性は、夫をたて、舅姑に仕え、子供を沢山産み、家庭を守れる女性であり、高い教育を受けた女性ではなかったのです。 最初各地域ごとに行ない、地域によってはそう厳しくなかった「言論統制」や「検閲」も、中央政府に一本化されてからは厳しさを増し、男尊女卑という社会秩序に異義を唱えようものなら、社会から厳しい制裁を受けるようになったようです。 あ~こんな時代に生まれなくてほんとにヨカッタ! ところで、これで質問の答えになったでしょうか・・・。 また、何かあったら補足して下さい。私に解る範囲でお答えします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 女性と言えばかつてはしいたげられてきたような感じですが、 女性の立場は女性が築いてきたものでもあると言うことですかね。 話は変わりますが、フラメンコのような踊りは女性が男性に身をまかせることが重要だと効いています。

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

 アマゾネス……でしょうか?(笑)  あと、中国の少数民族やアマゾン流域の民族の中には、「男尊女卑」という概念そのものが存在しない社会もかなりあります。  というより、男尊女卑ってのはけっこう、高度経済国家だけの考え方だったりするんですよ。  男に言わせりゃ、女の方が男より百倍得してる(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • sets7
  • ベストアンサー率25% (12/48)

現在の北欧諸国は女性の社会進出や、政界での女性議員の進出が目覚ましいですよね。 でも過去となると、確かに男尊女卑が世界的潮流だったようです。クレオパトラや西太后のような例はあるけど、下々では女性が強かったといことはなさそうなので。 日本の神道の世界では、天照大御神という女性の神様が長い間一番の奥座敷に置かれていたのだけれど、本居宣長という国学者が天照大御神を降格して、神武天皇(この辺が定かではない)だったか誰か男性の天皇が一番奥に祭られるように定義を変えてしまった、という話を本で読んだ事があります。 現在の皇統譜の元になっているのは天照大御神ということになっているのですから、本居宣長は男性優位の社会の基盤整備?をしたということになります。 実際、紫式部や清少納言が活躍した時代は、思った程男尊女卑ではなかった、という見方があります。 そこへ行くと、明治以降の社会では政府が意図的に女性は男性に従うもの、という宣伝をしたようです。 中公新書から出ている「裁かれる大正の女たち」とい本の中に、そうした社会の中で自立し自由を求めた女性たちが、如何にひどい中傷の嵐の中に身を置いていたかが書かれています。 世界に目を向けると・・・、やっぱり思い当たりません(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。男尊女卑の社会に自然になったという感じもしますが、敢えてそういう社会になるように仕向けたような気もします。 政府が意図的に男尊女卑社会をつくった理由を、よろしかったら教えてください。

  • 回答No.1
  • ARC
  • ベストアンサー率46% (643/1383)

その昔、地母神信仰は日本を始め、世界中の多くの土地で見られ、農耕社会においては非常にポピュラーなものでした。 こういった信仰が盛んだったところでは、女性の社会的地位は結構高かったそうです。 女体は生命を生み出す神聖なものとして、昔は捉えられていたんですね。 ちなみに「かみさん恐い」的ジョークは、世界のどこででも通用したりします(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなさま、お返事ありがとうございました。 私が感じていた、ことはおおよそ間違ってはいなかったように感じるのですが、 女性が男性と同じ役割を演ずる場合もあると言うことは勉強させていただきました。

関連するQ&A

  • 世界史上最高のスポーツ選手といえば?

    あなたが思う、世界史上最高のスポーツ選手は誰ですか? できれば理由も添えてお答えください。

  • 九州の男尊女卑は韓国の男尊女卑と関係がありますか?

    今は薄れてきていると思いますが、身内の九州出身、在住の人を見る限り、男尊女卑の傾向を感じています。 最近、韓国の文化について本を読んだのですが、韓国は今でも男尊女卑が前提の国のようです。 地理的にも近いのですし、九州の男尊女卑文化と関係があるのでしょうか?

  • 世界史上の植民地支配の謝罪と賠償の問題について

    世界の現代史の中で、過去の植民地支配に対して謝罪と賠償を行った国は存在するのでしょうか?? 日本は韓国との間で1965年の日韓条約において経済協力を、その後談話などで謝罪の表明をしており、また北朝鮮に対して2002年の日朝平壌宣言にて、謝罪の表明と経済協力の宣言をしています。 これは実質的には日本の朝鮮半島への植民地支配に対する賠償の意味を持つ措置であるわけですが、 一方で、欧米諸国は多数の植民地支配の歴史を持っていますが、旧植民地の独立後に謝罪と賠償を行った例は日本以外にあるのでしょうか?? 日本国内の右派からの批判で、歴史上、そのような謝罪賠償を行った植民地宗主国は存在しない、という意見があるのですが、それは事実であるのか、調べています。 世界史の問題でもあるので、詳しい方教えていただければ幸いです。

  • 男尊女卑の国にも母の日は存在しますか

    ネットで母の日特集とかやってるので素朴な疑問がわいてきたので質問しますが、 (男尊女卑の国がそもそもあるかどうかわかりませんが) 男尊女卑の国にも公的な母の日は制定されてるんですか?

  • 「男尊女卑」

    「男尊女卑」 洋画では(主にパニック映画)、男は体張って命投げ出して頑張りますが、女はキャーキャー言って逃げ回るだけです。 体力的に出来ないことが多いのはわかりますが、その中でもアイデア出したり、細かい作業は出来るはずなのになんら自主性を発揮せずキャーキャー言うだけ。女の自己犠牲など見たことがない。 さらに使えないだけでなく、むしろ往々にして足を引っ張りますよね。 しかし最後に生き残るのは、何故かカップルか女。 これ何かおかしくないですか? これってモロ男尊女卑じゃないでしょうか、ということです。 男の理想を押し付け、女を一方的に無能者として描いている非常に強引な展開に思えてきました。 しかし逆に、women liveの精神に則って考えるなら、どんな場面でも対等であるべきだし、それが出来ないなら初めからそんな精神を宣わない方がいいと思うのです。 それが出来ないなら、女尊男卑とも言えるでしょう。 この映画のお決まりのストーリーと言うのは、アメリカ社会を男社会にしようとする企みでしょうか。或いは男に役割を強制しようとする女社会の企みでしょうか。 皆様の考えをお聞かせ下さい。

  • 韓国人は世界で存在感がまったくない、一体なぜ!?

    それにしても世界における韓国と韓国人の存在感のなさって一体何なんでしょうか!? 日本のメディアしか見ない日本人は、日本メディアによる韓国よいしょ報道の影響で、韓国の事を世界的にメジャーな国だと思い込み、勘違いしている人が大勢います。 それにしても、ここまで日本と世界との間でギャップのある話も珍しいのではないでしょうか? 韓国人は、世界の中で好きだとか嫌いだとかの対象にすらならい自国の事をどのように思っているのでしょうか? やはり、世界中の人達に韓国の存在を認知してもらい、韓国が世界の中で注目され話題にしてもらえる国になって欲しいと思っているのでしょうか? 事情通のみなさん、どうなんでしょうか?

  • 中国に世界的観光地が1箇所しかない理由

    中国は13億人以上もの人口を抱えている国にもかかわらず、世界的観光地は何故、香港の1箇所しか存在しないのでしょうか?香港はアジアで一番の観光地とされているもの1997年に英国から中国に返還された地なので、英国の観光地と考える欧米人の認識もあながち間違ってない気もします。マカオも世界的観光地ではあるものの同様の理由でポルトガルの観光地だと言ってもいいと思います。台湾があるじゃないかと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、台湾は国全体が世界的観光地とされているものの、これまた、実質上は別の国だと考えていい気がします。とすれば中国の世界的観光地はないということになります。中国はかの国のように観光地として魅力はないと考えていいのでしょうか?それとも中国は日本のように観光地としては魅力があるものの世界中の国の人々が魅力に気づいてないだけだと考えていいのでしょうか?何故、中国は中国人観光客ばかりで外国人観光客はほとんどいないのでしょうか?

  • 世界史上の植民地支配と謝罪、賠償について

    世界の現代史の中で、過去の植民地支配に対して謝罪と賠償を行った国は存在するのでしょうか?? 日本は韓国との間で1965年の日韓条約において経済協力を、その後談話などで謝罪の表明をしており、また北朝鮮に対して2002年の日朝平壌宣言にて、謝罪の表明と経済協力の宣言をしています。 これは実質的には朝鮮半島への植民地支配に対する賠償の意味を持つ措置であるわけですが、 欧米諸国は多数の植民地支配の歴史を持っていますが、独立後に謝罪と賠償を行った例は日本以外にあるのでしょうか?? 日本国内の右派からの批判で、歴史上、そのような謝罪賠償を行った植民地宗主国は存在しない、という意見があるのですが、それは事実であるのか、調べています。 世界史の問題でもあるので、詳しい方教えていただければ幸いです。

  • 中国は男尊女卑?

    中国は男尊女卑の国ではないのですか?以前、出張で行った飲み会のときも、あちらの女性はかなり控えめで一滴も酒を飲まず、若い男にアゴで使われてました。 でも、中国人男性は女性をすごく大切にするし、家ではお茶を入れたり料理をするのも男性の仕事と最近聞きました。 日本でも同じだと思いますが、その家庭による違いでしょうか?一般的な考えとして男尊女卑ということでいいんですよね?家事は男性がするものなんですか?

  • 男尊女卑。男社会なのに、

    なんで、日本は男社会なのに、世間的にも社会的にも女性が優遇されてるんですか?。他の外国なんて男尊女卑で、男社会当たり前なのに、どうしてですか?。例としては、男を非難社会を非難してもいいけど、女性を非難することは、日本では、タブーとされている。自分が誰を非難するのは勝手だけど、自分が非難されるのは許されないと勝手に思っている。俗に言うフェミニスト団体なんて、一見正しいことを言っているように聞こえるけど、本当は、自分の器が足りないことを、男、他人,はては社会のせいにし、国のためではなく、あくまで自分たちの私利私欲のため、権利や特権をあさましく求める。こういうのを餓鬼と言うのでしょうか?。よく女のわがままを叶えてあげるのが男といいますが、個人単位で実現できても、そのわがままを国が補償する必要はまったく無いと思うのですが。しかも、それだけじゃないです、最近ネットや、メディア、テレビも女の味方で、最近女性の間で流行っている人工中絶、児童虐待など倫理、道徳的な問題に関しても、女性が非難されることはなく、(むしろ援護される)そこまで追いつめた男が悪いとか、子育てしにくい社会が悪いとか、自分の罪を他人のせいにする。(犯罪なのに・・。)なぜですか? 他の国の男社会のほとんどが男尊女卑の社会であり、男が非難されることはなく、むしろ男や社会を非難した女性が批判、最悪殺されるのに、なんで日本は、その逆なのでしょうか?。まぁもっとも日本の女にそこまで期待してませんが