• ベストアンサー
  • 困ってます

集合 和集合 共通集合 わかりません

集合 和集合 共通集合 わかりません {A_λ:λ∈Λ}を集合Xの部分集合族とするとき、 (1)いずれかのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの和集合といい ∪{A_λ:λ∈Λ}であらわす (2)すべてのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの共通集合といい ∩{A_λ:λ∈Λ}であらわす とあるのですが、よくわかりません。 どなたか分かりやすく解説してください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数224
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5441/11921)

このうちの,どれか(すべてかもしれない)が適切なアドバイスになっているでしょう。 (1)思考停止に陥らずに,ちゃんと考えてください。 (2)使われている用語,記号の意味を確認してください。 (3)日本語を勉強してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ひとつの案がわかりました。 和集合は赤い点全部で、共通集合は青い点全部ということでしょうか? もとの質問の画像をみてください。

質問者からの補足

なにか具体的な例を提示していただけませんか? それでわかるかもしれません。

関連するQ&A

  • 集合

    集合 再度質問します。 集合のところで確信がもてないので質問します。 {A_λ:λ∈Λ}を集合Xの部分集合族とするとき、 (1)いずれかのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの和集合といい ∪{A_λ:λ∈Λ}であらわす (2)すべてのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの共通集合といい ∩{A_λ:λ∈Λ}であらわす この意味は、和集合は赤い点全部で、共通集合は青い点全部ということでしょうか? 添付画像を見てください。 この考えでよろしいでしょうか? だめだったら、正しい考え方を教えてください。

  • 和集合の概念というか意味が全く分かりません!

    和集合の概念というか意味が全く分かりません! 色々ネットで検索したり、参考書を読んだりして、努力はしたのですが、 すべて2つの集合の一方または両方に含まれる・・・・と言っていて。 共通部分の概念は理解できたのですが、いまひとつ和集合が理解できないままでいます。 どなたか詳しく教えてください

  • もう1問部分集合族です

    Xを実数全体の集合とし、Xの部分集合An={x∈X:-1/n<x<1/n}とする。このとき、Xの部分集合族{An:n∈N}について、次の集合を求めよ。 (1)∪{An:n∈N} (2)∩{An:n∈N} *定義 ・いずれかのAλの元である Xの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の和集合といい ∪{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ・すべてのAλの元であるXの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の共通集合といい ∩{Aλ:λ∈Λ} で表す。

  • 集合族の和集合や積集合を教えてください

    松坂和夫の位相集合入門を読んでいます。 集合族自体の理解が危うく、19ページでその和集合や積集合の話なって完全に行き詰りました。 たとえばA={a,b}のべき集合の要素は、∅ ,{a} ,{b} , {a,b}ですが、 この4つは相異なりますからこれらの集合の積集合は無いと思います。 それに限らず一般にべき集合の要素は全て相異なるのでしょうから、集合族の積集合を考えても無意味に思います。 ですが本では集合族の和集合や積集合に言及されていることから、すでに理解が追いついていないとお思いました。 実際に集合族の和集合や積集合とはどんなものか、具体例から説明してくださればありがたいです。 また、Xの要素xを変数として含む文章pについてその文章が真になり得ることを ∃x∈X(p)と書くと約束すると 集合族をSとしたときに、明らかにその和集合は∪S={x|∃A∈S(x∈A)}と書けるという風にかいてあったのですが、私には全然分かりません。∃A∈S(x∈A)という条件を自然な言葉に置き換えられません。集合族のある要素Aにxが含まれている?という条件を満たすxと強引に解釈してみても、これも真偽を確かめられる具体例も思いつかず理解できている気がしません。 これについても解説いただければ幸いです。

  • 部分集合族の問題です

    Xを実数全体の集合とし、Xの部分集合An={x∈X:n<x}とする。このとき、Xの部分集合族{An:n∈N}について、次の集合を求めよ。 (1)∪{An:n∈N} (2)∩{An:n∈N} *定義 ・いずれかのAλの元であるXの元全体の 集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の和集合といい ∪{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ・すべてのAλの元であるXの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の共通集合といい ∩{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ヒントだけでもいいのでお願いします。

  • イデアルの和集合

    Rは単位元1をもつ可換環。A,B,CはRのイデアルとする。 (1)A∪BはRのイデアルか。 (2)A⊂C, B⊂Cとするとき、A∪BとCの包含関係を調べよ。 (1)はイデアルにならないと思いますが、特別な場合はイデアルになりますよね。 A=ゼロイデアルとか、B=Rでもイデアルですよね。 線形で、2つの部分空間X,YがあってX∪Yも部分空間になるとき、X⊆YかX⊇Yだと教わりました。 イデアルだと、A∪BがイデアルとA⊆BかA⊇Bは同値ですか。 A⊆BかA⊇Bは十分条件なのは明らかですが、必要条件かどうかがわかりません。 (2)は集合として考えればA∪B⊆Cだと思うのですが、イデアルなのでA∪B⊂Cかもしれないと思います。 Cの元の中にA∪Bの元でないものがあればいいのですが、なかなか思いつきません。 やはり真部分集合じゃなくて、部分集合までしか成り立たないのでしょうか。

  • 閉円板の和集合として表すことができる図形はどのようなもの?

    ユークリッド平面のあらゆる開集合は、(一般には無限個の)開円板の和集合として表すことができます。 実際、U を開集合とすると、 U の各点 x に対して、 x を中心とする十分小さい半径ε(x)の開円板 B(x,ε(x)) は U に含まれるから、このような B(x,ε(x)) すべての和集合 ∪[x∈U]B(x,ε(x)) は U に等しい。 ここで、開円板の変わりに「閉」円板を考え、その和集合を考えると、どういった集合になるのか気になりました。 ちょっと考えれば、開円板は閉円板の無限個の和集合で表すことができるので、 ユークリッド平面のあらゆる開集合は、(一般には無限個の)閉円板の和集合として表すことができる ことにもなります。 しかし、開円板も閉円板も半径は正と考えるので、 1点は閉円板の和集合として表すことができない ことになります。なので、 閉集合は閉円板の和集合として表すことができるときもできないときもある ことになります。 たとえば、三角形の内部と周を含む領域は、閉円板の和集合として表すことができなさそうです。 三角形の内部と周を含む領域から3つの頂点をのぞいた図形は、閉円板の和集合として表すことができそうです。 位相幾何学では、図形の性質を言い換える、ことが多いと思うのですが、「閉円板の和集合として表すことができる」という性質をなにか別の言葉で言い換えたいと考えています。 一般に、閉円板の和集合として表すことができる図形はどのようなものなのでしょうか?

  • 和集合と積集合の違いが知りたいです。

    和集合と積集合の違いが知りたいです。 件数を調べるとどちらも同じ値になるし、 共にALLをつけなければ、和集合は二つのテーブルをあわせて重複の無いレコード、積集合は二つのテーブルで同じレコードという意味で理解しているのですが、詳しい方教えていただけますか? SQLについて、このあたりについて詳しく書かれている書籍などもご存知の方もよろしくお願いします。

  • 二直線の和集合になることを示せ。

    曲線 f(x、y)=y^2-ax^2-bx-c=0(a,b、cは実数、a>0)が特異点を持てば f(x、y)=0は二直線の和集合になることを示せ。 誰か教えて下さい。お願いします。

  • 再度質問します。

    再度質問します。 集合のところで確信がもてないので質問します。 {A_λ:λ∈Λ}を集合Xの部分集合族とするとき、 (1)いずれかのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの和集合といい ∪{A_λ:λ∈Λ}であらわす (2)すべてのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの共通集合といい ∩{A_λ:λ∈Λ}であらわす この意味は、和集合は赤い点全部で、共通集合は青い点全部ということでしょうか? 添付画像を見てください。 この考えでよろしいでしょうか? だめだったら、正しい考え方を教えてください。