• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

先程、違う質問をさせて貰って感じたんですが、英語の教師や英会話講師、又

  • 質問No.5857114
  • 閲覧数88
  • ありがとう数9
  • 回答数6

お礼率 85% (97/114)

先程、違う質問をさせて貰って感じたんですが、英語の教師や英会話講師、又は英語を流暢に話す仕事に携わってる人の英語って完璧な文法で言い回しが合ってると思いますか?凄く最近不思議に思います・・私も英語を話す仕事をしてるんですが、他の同僚も「00さんは@@の言い方がおかしい」とか言われてたり、発音も指摘されてる人も居ます。こんなに勉強してもやはり、英語圏じゃ無い人の英語って誤りが有るんでしょうか。。
それか単に勉強不足なんですかね・・
英語だけじゃなく、語学で凄く不思議になります・・・

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
かなり英語力のある方なので、私のアドバイスが適当がどうかはわかりませんが、ブロークン英語がなぜ通じると思われますか?

一番必要な語あるいは語句だけ述べて、相手が理解してくれるのは、その相手が人間だからですよ。もちろん論理だてて、詳しくビジネス上の事柄を論じるときはそんなことではだめですが。コンピューターが相手ならブロークン英語は通じないでしょう。根掘り葉掘り質問を返してくるでしょう。

単に日常の他愛のない会話なら相手が勝手に判断してくれますよ。これは私の経験です。アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・革命前のイラン・南アフリカ・香港(イギリス人)・タイ・フィリピン・インドの方々とビジネスをやったことがあります。

当初はこちらの英語も不確かなもので、相手方もネイティブでない方の発音は独特でした。

彼らが間違った英語をしゃべっているというよりも、様々な英語と接触できたことで非常によい勉強になったといまでは思っています。

"r"を"ルッルッル"というように、スペイン語の"rr"のような発音をされる方、英語のつづりで"r"が出てくれば必ず子音として、先の"ルッルッル"と発音される方、いろいろおられましたが、一応理解できました。なぜなら、その発音に一貫性があって単語の予測ができたからです。

今では私も当時よりはずっとましになったとは思っていますが、「しまった。さっき間違えた。」なんてことけっこうあります。日常会話ならこれくらいでいいのではないでしょうか?

人の誤りを時には指摘するのもいいかもしれませんが、しょっちゅうしょっちゅう指摘したり、噂話をするのは慣用性という面ではかわいそうだと思います。こちらも間違いをあるいは文法的には合っていても、不自然な英語になっていてもネイティブは真剣に聞いてくれますよ。と思います。いまだ完璧にはなれない者より。

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 30% (965/3197)

>どんなに勉強しても、やはり英語圏じゃない人の英語って誤りが有るんでしょうか。

こんにちは。 英語を使うお仕事をされておられるのですよね? 私達日本人が英語を使う場合はあくまでも成果物は日本語です。 違いますか? 英語が多少文法的に間違っていようと、英語の会議で正確に速記が取れれば合格ではありませんか? どんなお仕事をなさっておられるのでしょうか?

私(アラセブ ♂)は企業の海外事業と国際法務でしたから、契約ネゴが本職。 相手に言い負けないこと。 これが全て。 それと欧米の野太い声に負けない貫禄。 欧米のエギュゼキュテイブは殆どが『黄金のバリトン』なのに、通訳する私が裏返ったか細い『テノール』では勝負にもなりませんからね。 

その道の専門家に助言もおこがましいですが、日本語と声を訓練されてはと思います。  
  • 回答No.5
要は英語を話す上での「文法上の間違い」ってどうなのかな・・と思ったんですよね。

とおっしゃっていますが、私は日本生まれの日本育ち、バリバリの日本語ネイティブスピーカーですけれど、常に「正しい文法」で喋っているわけではありません。特に敬語をしばしば間違えたり。書く場合には「て・に・を・は」を間違えたり、「は」を多用してしまったり、完璧とはいきません。

ネイティブですらこうです。というか、ネイティブだと「勉強して後から覚えた人」と違うので、文法で覚えていないし、考えてもいないでしょう。かえって「公式の文法通り」でないかもしれません。

>こんなに勉強してもやはり、英語圏じゃ無い人の英語って誤りが有るんでしょうか。。

あると思います。
お礼コメント
araran_2010

お礼率 85% (97/114)

ありがとうございます。済みません、回りくどくて・・本当に悩んでるんで・・

それは分かるんです。私にも誤った日本語は話してる筈です。ただ、教育者がそう言った文法上の間違いって不味いのかな、やっぱり有るんだろうか、そんな人でも。英語圏に生活してる人が聞いたら・・と思うんです。そんなこといちいち気にしてたら何にも話せなくなりますが、やはり、自分は恥ずかしい英語をさも「話せます」と言う感じで話すのが臆病になってて・・でも、やはり勉強はしてるんですがね・・或る程度そう言う羞恥心はかき捨てないとコミュニケーションは無理なのは分かるんですがね・・

参考になりました。有難うございます。
投稿日時:2010/04/30 11:33
  • 回答No.4

ベストアンサー率 37% (4288/11421)

まいど。逆に、デーブ・スペクターさんの日本語を聞いてみれば、答えは一目瞭然かと思います。ただ、失礼ながら、質問者さんは日本語でも面白い書き方をなさいますよね。
お礼コメント
araran_2010

お礼率 85% (97/114)

先程からお世話になってます。デーブは外国人にしては綺麗な日本語ですよね?
面白い?ですか? 一応日本語は母国語なんでアレンジは得意中の得意ですが笑
投稿日時:2010/04/28 22:05
  • 回答No.3

ベストアンサー率 45% (198/433)

私は40年間通訳と翻訳で生計を立てていました。生計を立ててこられた、それもある企業の社員ではなく、フリーランサーでした。つまり仕事が雇用主から認められなかったら仕事はたちまち減少します。
質問者の英語は完璧であるべきかどうかということですが、母語でない限り完璧はありえません。また母語では完璧はありえないとも言えます。しかし何故仕事になるのかということです。媒体言語を話せる人がいない場合、その分野に精通した媒体言語を話せる人がいなかったという事に尽きます。
あなたはおそらく自分の分野では英語を駆使して仕事をできています。しかし、衛星通信や医学や法律の分野では、該当しているかどうかはわかりませんが、異分野では仕事ができないと思います。その意味から英語の発音や文法的に間違えていても、内容が100%伝えられる限り、成功者なんです。正確に文法を理解して、英語圏の言い方に忠実に表現を習得できれば、それに越したことはありませんが、人生は短くてほとんど不可能に近いのです。限りなく近づこうとする人たちは、別の分野をめざしているのです。
英語の研究者、英語の講師などです。ですから質問者も自分の意思が相手に伝わることが大事なんです。
今は英語は世界中で多くの人が話せます。しかし、発音の良し悪しや、文法の正誤は意味が通じる限り問題ないんです。それが気になるのであれば、英語学者になりますか。それとも英語を駆使して仕事を続けていきますか。ポイントはそこにあります。
お礼コメント
araran_2010

お礼率 85% (97/114)

成るほど。為になります。完璧なんて所詮無理ですよね、英語圏じゃないんだから。。
自分のテリトリーで発揮出来たらそれで良いのですよね?
有難うございます
投稿日時:2010/04/28 22:07
  • 回答No.2

ベストアンサー率 15% (279/1754)

そんなに不思議なことですか?

イギリス英語とアメリカ英語でずいぶん違うように、さらにけっこう違うものです。

でもそれって、日本でも、江戸弁、関西弁があるのと同じだと思うんですけど。
こんな狭い国で起きているのだから、世界全体でみたら、むしろ当然じゃないですか。

そしてまた、日本人が必ずしも正しい日本語を書いたり話しているわけではありません、ではないですか。
あなたもすでに、

語って誤りが有るんでしょうか。。
それか単に勉強不足なんですかね・・
英語だけじゃなく、語学で凄く不思議になります・・・

って書いてますよ。「。」が二つあったり、・・で終わっていたり、正しい日本語ではありません。


まあ、私も、いきなり、オーストラリア人に英語を教わったので、「え?これでいいの?これが英語なの?」ってびっくりしましたけどね。できるだけ「正しい(?)」英語を習うなら、やっぱりイギリス人が一番いいらしいですね。
お礼コメント
araran_2010

お礼率 85% (97/114)

。。はネットのスラングみたいなものです笑。間違えて使ったんじゃないんですが^^
一応、日本人なんで基本的な間違いは(外国人の様な)分かるんで、気にしないでください笑。
要は英語を話す上での「文法上の間違い」ってどうなのかな・・と思ったんですよね。米語
イギリス英語、オージー英語、シングリッシュと言う類の事じゃ無く、基本的な文法上のミスの事が。
それが知りたくて質問しました。
投稿日時:2010/04/28 22:12
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ