締切済み

日本の英語教師は英会話できるのか

  • 困ってます
  • 質問No.9427252
  • 閲覧数114
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

ある動画で「英会話教室の講師は英会話できるのか?」みたいなのを見て、聴き取りはできるけど自分の言葉で英語の文章を作ると文法もメチャクチャなレベルでした。

今まで自分が習ってきた英語の教師を思い出しても「外国に長期留学」とか「ネイティブと友達が多そう」みたいな感じの人は1人いたかどうかってぐらいです。

英語は得意でも短期留学レベル(もしくは留学経験もない)だったら英会話できない人のほうが多いんですかね?

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 47% (13407/28223)

英語 カテゴリマスター
 中学の一年から学部を出るまで、いろんな先生に習いましたが、英会話するのは聞いたことが和えりません。理由は簡単で、僕と話すときは日本語だからです。

 しかし英語についてはいろんなことを教わりました。喋るのは英語圏なら三歳児でも話します。

 そこでご質問の「英語は得意でも短期留学レベル(もしくは留学経験もない)だったら英会話できない人のほうが多いんですかね?」ですが

 これは、外国語を勉強する目的によります。日本から出ないで外国語を話す人も、〇国で長く暮らしても〇語を話せない人もいます。短期は損気。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 34% (199/580)

その動画に出ている教師だけを見て全体がそうであると判断するのはどうかと思いますよ。人によりますし、海外留学の経験がなくても、「国内であっても実際に英語を使う機会が過去にあったかどうか」や「その人の語学センス」によって、経験と会話の流暢さの度合いの関係はまちまちだと思います。要は、海外に行ったことがなくてもペラペラできれいな英語を話せる人はいる、ってことです。

ただ、本当に英語を使う経験をした人は、流暢に話せるかどうか、をあまり重視しないということだけは確かです。きれいな英語を話せるかどうか、ではなく、意思や考えを相手に伝えることができるかどうか、これが英語に限らず外国語会話で最も重要なポイントです。

素人ほど流暢できれいな英語にこだわりますが、実際に英語が使われるビジネスでは、流暢さはおまけのようなものであることが多いので、その点も踏まえて判断すべきかと。要するに「伝わる言葉の話し方を教えてくれる先生」こそがベストです。

カタカナを棒読みするような英語でも、それで意味が伝わって会話が成立すれば立派なコミュニケーションですしそういう英語で大きなビジネスが進んでいく現場をいくつも見たことがあります。実際はそんなものです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (242/856)

日本の学校で教えている英語は学問としてのカタカナ英語であって外国人と話すためのものではない。教えている教師がめちゃくちゃな発音ですから。でも発音はおかしくてもシェークスピアを読めるところが日本人の凄いところです。
シェークスピアは古代の英語で今の英語とは違うからアメリカ人は読めない。読めるのは現代の英語に訳してある分です。文法だって日本の英語教師はしっかりと掴んでいる。語彙も豊富です。
生きた英語と日本の高校で教えている英語はぜ~んぜん違います。
私が思うに日本の英語教育システムはいまのままで良い。必要悪だ。
そしてネイティブ英語をしゃべりたいという生徒はESSに入ってネイティブの先生から教えてもらえばよいと思います。私はそうしました。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ