シリコンゴムの水含有性について

このQ&Aのポイント
  • シリコンゴムは水を含みやすいのか疑問があります。シリコンゴムの特性や有機基の影響について調査しました。
  • シリコンゴムは主鎖がシロキサン結合で、側鎖に有機基がついた高分子です。疎水性のメチル基があるため、水を含みやすい特性があることが考えられます。
  • 実験で扱っているシリコンゴムのシートは湿っているような感じがあり、重ねあわせるとくっつきます。これはシリコンゴムが水を含みやすいことを示唆しています。
回答を見る
  • ベストアンサー

シリコンゴムは水を含みやすいのか

シリコンゴムは水を含みやすいのか 今実験でグローブボックスを使っています。 グローブボックスとは酸素や水分に弱い有機物を扱うために 低酸素・低水分環境を作り出すボックスのことです。 窒素やアルゴンなどの不活性ガスをボックス内に流すことで 酸素や水分を極低濃度にするのですが、 シリコンゴムのシートを入れると水分が低濃度に達するのが、 遅くなります。ニトリルゴムではこのようなことはないです。 シリコンゴムは水を含みやすいのでしょうか。 シリコンゴムについて調べると主鎖がシロキサン結合で、側鎖に有機基 がついた高分子のようです。有機基が何によって特性が変わってくると 思いますが、疎水性のメチル基があるような話もあり、 水を含みやすいのか疑問なところがあります。 私が使っているシリコンゴムにどんな有機基がついているかまでが把握してません。 ただ実験で扱っているシリコンゴムのシートは湿っているような感じがあり、 シートを重ねあわせるとくっつきます。 そこで質問です。 シリコンゴムは水を含みやすいのでしょうか? またなぜ含みやすいのか予想でいいので教えていただきたいです。 (表面に親水基がる。多孔質だからなど) よろしくお願いします。

  • 化学
  • 回答数2
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 4500rpm
  • ベストアンサー率51% (2796/5414)
回答No.1

シリコンゴムは、透湿性があります。 http://silicones.momentive.jp/06_faq/repellent.htm 理由も上記参照。

hirosinx
質問者

お礼

返信が遅くなって申し訳ありません。 ご回答ありがとうございます。 上記URLが大変参考になりました。 こんなにわかりやすいサイトがあると思いませんでした。 助かりました。ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • swisszh
  • ベストアンサー率64% (242/377)
回答No.2

1) シリコンゴムはその分子の成り立ちから、吸湿、透湿性があります。知っているように、シリコンゴムにするために架橋、耐性をよくするために、無機物を添加して、います。 原子でいうなれば、Si, O が非常におおく、架橋反応していないところ、それに、無機物など、他のいわゆるゴム製品(茶、黒)(C,H 主として)とは全く違う性質で、それぞれの利点を知って、使うといいでしょう。 2) シリコンゴムは、見た目からも、清潔ですので、衛生方面、食料方面によく使用され、いわゆる工業製品用の茶、黒色の、ゴムとは、性質の点で、違っています。物性は、多くはその化学成分の違いで、じゅうぶん比較できます。(無論、製造工程による違いでの、例外もありますが)  GOOD LUCK

hirosinx
質問者

お礼

返信が遅くなって申し訳ありません。 シリコンに透湿性があることを知りませんでした。 勉強になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • MeHOと水の共沸混合物

    有機化学実験のてびき1を読んでいた所、 よく使われる有機溶媒の性質の欄に、 methanolは水と混ざるけれど共沸混合物を作らないとありました。 エバポレータを回した時に少し水分が残ったらMeOHを加えて飛ばしていたのですが、 本当に共沸混合物を作らないのでしょうか?

  • グローブボックスを設計したい

    酸素濃度を0.2%にコントロールできるグローブボックスを設計したいのですが、ガス置換容量や時間がわかりません。 真空ポンプを使えば良いのか、ガスブローだけでよいのか? ちなみに、ボックスの容量は1230×900×623mmです。 わかるかたがいたらお願いいたします。

  • ヒドロキシ基について!

    現役高校生です。 無機化学ではヒドロキシ基をもつ物質は塩基性を示すのに、 有機化学では中性または酸性を示すのは何故ですか? 無機化学の分野では、「ヒドロキシ基を持つ物質は、水に溶かすと塩基性を示すものだ」と、当然のように思っていました。 しかし、有機の世界に入ると、そのような考えはまったくの勘違いであることが分かりました。 アルコールも、フェノールも、ヒドロキシ基を持つのに塩基性を示さないのです。 足りない頭を私なりにフル回転させて考えたところ、 「無機化学の場合、金属イオンに付いたヒドロキソ基は、酸素と金属の間の結合力が弱いためヒドロキシ基が丸ごと外れる。 しかし有機化学の場合は、酸素と炭素の結合力が強いため、それらよりも結合力の弱い酸素と水素の結合が先に切れるのではないか」 と考えました。 この考えかたで、果たしてあっているのでしょうか? 皆さん教えてください

  • 化学について

    炭素、水素、酸素からなる有機化合物11,0mgを完全燃焼させたところ、二酸化炭素22,0mgと水9、0mgが得られた。この有機化合物の実験式(組成式)を求めよ。 この解答を教えてください!!

  • 水溶解度が低い物質のpkaを求めたいです

    どうやらpKa~3のあたりのある物質のpKaを実験的に求めたいのですが、水への溶解度が低いためpHが3あたりではプロトンのほうが対象物質よりずっと濃度が高くなってしまい(水の緩衝能力の方が大きい)、うまく滴定曲線がかけません。なにか実験的にpKaを求める他の方法はありませんか? ちなみにpKaを求めたい物質は 2-Iodo-3-hydroxypyridine http://www.sigmaaldrich.com/catalog/search/ProductDetail/ALDRICH/675873 です。ピリジンのNのpKaとOH基のpKaの二つあると思われます。 お願いします。

  • シリコーンの耐水性について

    純水の中にシリコーンで周りを固めた電気部品を長期間入れておこうとしています。 そこでシリコーンの耐水性を知りたいのですが、実際に使用する予定のメーカに問 い合わせたところ「化学的にも大丈夫です。」との回答しかもらえず技術資料も特 にないとの事でした。本当に大丈夫なのか知りたくてネットや本を探しているので すがなかなか技術的に耐水性を保証しているものが見つからず困っています。自分 で考えたときに問題になるのは「吸水性」と「水による破壊(加水分解?)かと思 うのですが化学変化は起きるのでしょうか? 「吸水性」はポリマー間の隙間に水分子が入るかどうかだと思うので感覚的には絶 対にあると思うのですがどうでしょうか? 加水分解は有機化合物でのみ起きると聞いた気がするので、シロキサン結合してい るシリコーンは関係ないような気がするのですが、シロキサン結合に有機基がつい ているようなので、その部分で水と反応しそうな気がします。でもシリコーンその ものがシランからの加水分解・重合によるものなので水に対して安定してそうな気 もしますがどうなのでしょうか? 化学の理解度が低く変なことを言っているかもしれません。また乱文でわかりにく いかと思いますがご存知の方ご教示よろしくお願いします。

  • Nafionが固体高分子型燃料電池の電解質膜に使われる理由

    固体高分子型燃料電池の電解質膜には一般的にNafionが使用されているみたいですが、なぜNafionが最も利用されているのでしょうか。 電極上でH2→2H+ + 2e- という反応が生じ、プロトンが膜中を移動していきますが、正直膜中に水分が含まれてさえいれば、別にNafionじゃなくてもいいような気がするのですが。 やはりNafion側鎖のスルホン酸基によって水を保持しやすかったり、クラスター構造をつくるからなのでしょうか。または膜の強度的な問題なのでしょうか。

  • 実験式の求め方

    宜しくお願い致します。 [問] 炭素、水素、酸素からなる分子内にカルボキシル基(-COOH)を1個を持つ有機化合物の4.5mgを完全燃焼させ、生じた気体を塩化カルシウム管とソーダ石灰管に順に通すと夫々、質量が2.7mg、6.6mg増加した。実験式を求めよ。 答はCH2Oなのですが これはどうやって求めればいいのでしょうか?

  • 至急お願いします。

    至急お願いします。 ●炭素、水素、酸素からなる有機化合物1.5mgを元素分析したところ、 CO2 3.3mgとH2O 1.8mgが生じた。 以下の問いに答えよ。 (1) この化合物の実験式を求めよ。 (2) この化合物の分子量は60であった。分子式を求めよ。 (3) この化合物には、官能基としてーOH(ヒドロキシ基)が存在するとして、    示性式を求めよ。 (4) この化合物には官能基としてーO-(エーテル結合)が存在するとして、    示性式を求めよ。 この問題の解き方、答えをわかりやすく教えてください。 *今週の火曜日までに提出なので焦っています。

  • 有機溶剤中に溶ける水分量(吸湿量)の考え方を教えて下さい

    化学に疎い者ですみませんが質問があります。  水に解けやすい有機溶剤(言葉が適切?)が100mLの蓋付ガラス瓶の中に50mLあるとします。 保管を冷蔵庫の7℃で行い、室温の20℃まで上がった時点で開蓋し、ある目的で使用するとします (その時に熱や圧力の変化は無く、ただ蓋を開け、1分後に閉めるだけとします) 湿度は室温の20℃で50%とします。  この動作を行った場合、この有機溶剤中に溶解する水の量はどのように考えれば良いのでしょうか? 開蓋した時にビン中に混入した空気中の水分が冷蔵保管の5℃まで下がった際、気中飽和濃度を超える水分が例えば有機溶剤に溶解するようなイメージを持っているのですが、どうもクリアになりません。 すみませんが、是非アドバイスをお願いします (質問に矛盾があれば、合わせてお願いします)