• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

実験に使う薬品って・・・

中学2年のshimosan830です。  私は、学校の選択理科で「食塩水から食塩を析出する」というテーマの自由研究をしています。  その自由研究の一環で以下のような実験をしたいと考えています。  《実験1》飽和食塩水に塩化水素ガスを吹き込む(又は濃塩酸を添加)、食塩水中の塩化物イオンの濃度を高め、食塩を析出する。  《実験2》飽和食塩水に食塩の貧溶媒であるアセトン(水に溶けやすいから)を添加していき、食塩を沈殿させる。  ここで質問ですが、《実験1》で食塩水に塩化水素ガスを吹き込むか、濃塩酸を添加していこうと考えていますが、希塩酸でも可能ですか?  また、《実験2》でアセトン以外に有効な有機溶媒はありますか?     最後に、これらの実験をする上でのアドバイスをお願いします。  回答をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数5
  • 閲覧数224
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1625/3283)

1.希塩酸ではだめでしょう. 要するに塩化物イオン Cl- の溶ける濃度には限界があるというのを利用するのですから,薄い Cl- の塩酸を使ったのでは Cl- を入れているのか,それとも水で薄めてるのかわからなくなるからです. 2.エタノールとか. 濃塩酸は大変危険です.排気装置(ドラフト)の中で操作を行うこと,熟練した先生の指導に従って作業すること,この2点は絶対です.生徒だけで実験しては絶対にいけません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 《実験1》の塩化水素を使う実験は、学校の設備が整わないと無理なのですね。多分学校にはそういう設備はないと思われるのでこの実験は断念したいと思います。 《実験2》はエタノールでやってみたいと思います。 実験をする前にこの質問をしていてよかったと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • anisol
  • ベストアンサー率48% (146/301)

大幅な年齢詐称がありそうですが、それは置いといて。 >希塩酸でも可能ですか わかりません。やってみましょう。 >アセトン以外に有効な有機溶媒はありますか あると思います。 >実験をする上でのアドバイス 思い込みにとらわれず、実験結果はノートに記すこと。 私はこれがなかなかできませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1625/3283)

> この実験で十分な結果は得られますか? 事前の調査ですべてわかってしまったらおもしろくないでしょう. あなたの考えた方法で危険がなさそうなら,まずはやってみることです. その結果を見て,うまくいったんなら,まあそれでよしですが,うまくいかなかったのなら,なぜ予想通りにならなかったのか,どう改良すればいいのか等を考える,この過程が大事なのです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • TEOS
  • ベストアンサー率34% (748/2140)

学校の実験の一環でやるのですよね。? 実験道具 (ガラス器具。塩化水素ボンベ、ドラフト、試薬)は 準備OK!!!?? 実験装置は じぶんで組み立てできますか?? 実験するにおいて 危険のポイントを考えてから始めよう!!! 判らないまま始めるのは 止めましょう!!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 《実験1》が設備が整わないので断念します。もっと事前に学習しておけばよかったと思います。ご忠告ありがとうございます。  一つ質問なのですが、《実験2》を 飽和食塩水(20cm^3)の入ったビーカーに駒込ピペットでアセトン(かエタノール)を2cm^3ずつ添加していって、添加しながらビーカー内の溶液の様子を観察しよう と思っていますが、この実験で十分な結果は得られますか?  教えてください。

  • 回答No.2

自由研究とはいえ学校でおこなうのですよね。 濃塩酸もアセトンも無水エタノールも未成年単独では購入できません。 また、塩化水素を吹き込むなら、ドラフトでやらないと危険です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 よく考え直します。

関連するQ&A

  • 塩化ナトリウムの精製

     今回濃塩酸と濃硫酸から塩化水素ガスを発生させ、その塩化水素ガスを飽和食塩水に当てて塩化ナトリウムを析出させました。   このときなぜ塩化水素ガスを飽和食塩水に当てることで塩化ナトリウムが析出する理由がわかりません。教えてください。

  • ペーパークロマトグラフィー

    今ペーパークロマトグラフィー法を用いてFe(III)、Co(II)、Ni(II)の分析を行っております。そこで展開溶媒としてアセトン塩酸溶液(アセトン10容+濃塩酸1容+水0.5容)を用いて実験をしました。その結果Rf値はFe(III)が0.95、Co(II)が0.45、Ni(II)が0.02となりました。そこで展開溶媒中の塩酸の濃度だけをを3容に増加させて実験したところ、すべてのRf値が増加しました。そこで塩酸が多いほど良く展開されるということがわかったのですが、では塩酸の水素イオンと塩化物イオンのどちらがが影響していると思われるでしょうか?また展開溶媒中のアセトンはどんな働きをしているのでしょうか?どうぞよろしくお願いします。 試料は塩化鉄(III)、塩化コバルト(II)、塩化ニッケル(II)を用いました。

  • 化学実験で・・・

    私は中学生なんですが、もう少ししたら、いろいろと実験器具があるので実験しようとおもっています。(部屋で)それで、今やろうと思っているのは ○希硫酸濃縮実験 ○↑で作った濃硫酸+塩化ナトリウムでできる塩化水素→水と化合させて塩酸(液体)をつくる実験 ○塩素系と酸性系の洗剤等を混ぜて塩素発生→塩化銅をつくる実験 今はこれくらいです。家庭内の自分の部屋でやる分に大丈夫ですか? 塩化水素と塩素ガスは有毒なのですがどのくらいなのか心配で^^; 気をつけて換気・マスクを重ねる等やっていれば大丈夫ですか? 教えてください。お願いします

  • アミン化合物の塩を作る時に使用する溶媒選定方法教えて下さい。

    3級アミンについてお願いします。 アミン化合物の種類によって適した溶媒があるようですが、どのように選定すればよいのでしょうか? よくエステルやエーテルが良いと言われますが、その中でも分類があるのでしょうか?その他にも結晶を析出させる為に有効な溶媒があるのでしょうか?選定の為の理論や規則性を教えて下さい。 よろしくお願い致します。酸は塩酸水溶液または塩化水素ガスを使いたいと思います。

  • 塩安の製法

    塩案を作る工程で、食塩水にアンモニアと次に二酸化炭素を吸収させ、炭酸水素ナトリウムを析出して、ろ過し、このろ液中に塩化アンモニウムを析出しますよね。でも、そのとき、ろ液中には、炭酸水素ナトリウムが飽和してるから、『アンモニアを加えて炭酸水素イオンの濃度を減少させ、かつ、アンモニウムイオンの濃度を増加させ』て、食塩を加えて、冷却し、塩化アンモニウムのみ析出しますよね。 作り方は、理解できるのですが、このときの『』のイオン反応式ってどうなるんでしょうか?

  • 飽和食塩水と水酸化ナトリウム…

    飽和食塩水に水酸化ナトリウム(固体)を入れても塩化ナトリウムが析出しますが、これはなぜ析出するのですか?これによってできた塩化ナトリウムは精製できたといえるのですか?

  • 食塩の精製時の不純物イオンについて

    検索してもみつからなかったので質問させて下さい。 市販の食塩を水に溶かし、そこに気体の塩化水素を 通じて共通イオン効果で再び食塩を析出させました。 しかし、疑問に思ったのですが市販食塩の不純物(主にCa2+、Mg2+、Fe3+、Al3+、SO42-、Br-)は、 塩化物として沈殿したりしないのでしょうか。 特に、Na+よりもイオン化傾向が低いMg2+、Fe3+、Al3+について知りたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 定性分析実験について

    陽イオン第1族の定性分析実験をしました。塩酸によって沈澱した塩化鉛を熱湯で溶かして、塩化銀、塩化水銀と分離させたのですが、ろ液に含まれる鉛を確認するために、酢酸アンモニウムとクロム酸カリウムを加えました。でもなぜ、酢酸アンモニウムを加えたのでしょうか。クロム酸鉛が酢酸に不溶だから、クロム酸鉛をちゃんと沈澱させるために使用したということなのでしょうか。

  • 硝酸鉛と塩化ナトリウムの実験について

    基本的な質問ですみません。 先日実験で硝酸鉛水溶液に塩化ナトリウムの水溶液を加える実験をしたのですが、どうしてこの場合は沈殿が発生しないのでしょうか? 塩酸を加える実験をした時は白色沈殿が発生したのですが…。 どうにもこうにも分からないのです。よろしくお願いします。

  • 化学実験

    混合物(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、酸化アルミニウムを含む)のそれぞれの混合割合を求める実験なのですが、どのような実験過程を踏めばいいのでしょうか? 自分が少し考えた感じでは 1、まず混合物を水に溶かし塩化ナトリウムだけ溶かす。 2、塩化ナトリウムに硝酸銀を加え塩化銀の沈殿から塩化ナトリウムの質量を求める。 3、水にとけなかった方に塩酸を加え炭酸カルシウムを溶かしろ過して酸化アルミニウムだけをとりだす。酸化アルミニウムの質量をだす。 4、混合物の質量から塩化ナトリウムと酸化アルミニウムの和を引いて 炭酸カルシウムの質量だす。 5、それぞれ比較して割合を求める。 こんな感じなのですが、大丈夫でしょうか? 心配なのは酸化アルミニウムが塩酸と反応することです。 どうかよろしくお願いします。