• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

太陽系以外の天体の探索は

無知で申し訳ありませんが、我らが太陽系以外の銀河系に 人工衛星やらコンピューターやらで探索を試みた事はあるのでしょうか。 100億光年ともいわれる宇宙空間で、地球のような水と大気と(ついでに知的生命体)を持った星というのは、やはり他には考えられないのでしょうか。

noname#4102
noname#4102

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

地球に届く電波信号を電波望遠鏡で捕捉し、地球外知的生命(以下ETIとする)が発していると考えられる電波信号を捉えようと試みるいくつかのプロジェクト(オズマ計画など)が1960年代から進行中です。 http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~s015156/SInfo/01sum/C04.html また,最近,カリフォルニア大学バークレー校で, 木星とよく似た公転軌道を持つ惑星を類史上初めて発見したとの報道がありました。 「この惑星系(カニ座に位置?)は地球から約41光年離れた位置にあり、約50億年前に生まれた。これほど太陽系に似た惑星系は過去に発見されていないそうだ。太陽系外惑星の発見総数は今回の発見で90個を超えたそうだが、今回発見された木星に似た惑星のデータは【恒星からの距離=5.5天文単位(1天文単位は地球と太陽の距離で、太陽と木星は5.2天文単位)、公転周期=約13年(木星は11.86年)、質量=木星の3.5~5.0倍】であり、恒星からの平均距離1億5060万kmのほぼ真円の軌道を、385日周期で公転している惑星の存在も確認されたそうだ。ちなみに、この数値は地球 (太陽からの平均距離1憶4960万キロメートルの軌道を365日周期で公転) とほとんど同じだ。 これらのデータから、この地球型惑星に生物が存在しているかもしれない可能性が高くなってきた」 とのことです。

参考URL:
http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~s015156/SInfo/01sum/C04.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいサイトとご解説をいただきまして、ありがとうございます。SETIという言葉自体、今回初めて知りました。 公転周期や質量のデータだけで、その惑星に生物がいるかも知れない可能性が推測できるのですね。この広い宇宙で、人間と全く同じ外観を持った生物がいたとして、それぞれ独自の文化(ファッションや娯楽など)を営んでいると想像するならば、とても楽しい事だと思いますよね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>人工衛星やらコンピューターやらで探索を試みた事はあるのでしょうか。 探索はしてますよ。『S.E.T.I』と言われる組織があり、そちらでも探索と解明をしております。人工衛星と言うか、「惑星探査船」なるモノを打ち揚げて遥か遠い距離まで探査しておりますよ~。 >地球のような水と大気と(ついでに知的生命体)を持った星というのは、やはり他には考えられないのでしょうか。 宇宙全体を把握・解明も完全に掴めてないのですが、「理論」により解明し納得してる以上では、問題となる「地球外生命体・知的生命体」の存在の有無を否定するのは、まだ早い時期でしょうね。 広大な宇宙空間に「地球」しか生命が存在しないのは、可笑しなモノだと思います。その事実を知る為にも、探索は既に始まっていますよ。 ネット検索で、先ずは、seti@home を試みてみませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 seti@homeアクセスしてみました。楽しそうなので、じきに登録してみようかな?と思います。  >宇宙全体を把握・解明も完全に掴めてないのですが・・・「地球外生命体・知的生命体」の存在の有無を否定するのは、まだ早い時期でしょうね。 本当にそう思います。大槻教授!!あそこまで頭ごなしに否定しなくたっていいじゃない、と思いますがねえ。地球が偶然の連鎖によって、生物を生み出したたった一つの奇蹟の星だなんて、寂しすぎます。また、それがご近所である火星や金星などで、その痕跡すら発掘できないという事は、まだまだ人間が冒しちゃいけないタブーとして、はるか彼方に封印されてるのかも知れませんね。

  • 回答No.3
  • KUJIYA
  • ベストアンサー率34% (53/152)

一番近い太陽αケンタウリまでが約4光、どんなロケットも まだそこまでたどり着けないですから、道のりは厳しいでしょう。 でも、先に答えられている方の指摘のように探索をしている人たちは います。 http://www.isas.ac.jp/kids/naze/develop/07.html http://www.isas.ac.jp/kids/naze/space/09.html 問題は、例え見つけられたとしても、そこまで行く手段もないし 通信方法もありません。例えば1億光年彼方に文明の形跡を 発見したとしても、それは1億年前の姿です。 今の人間が果たして1億年後も存在できるのか、怪しいところですから 見つけたとしても、今存在しているかどうかは1億年経ってみないと わかりません。 αケンタウリに文明があったとしても、4年前の姿ですから、 こちらから「おーい」と声をかけても戻ってくるのは 8年後です。 飛躍的な、アインシュタインを乗り越えられる理論が 発見されない限り、見つけても寂しいものになるかもしれません。 でも、1000億の恒星を持つ銀河が1000億もあれば 似たような星はきっとあるでしょう。 人ゲノム解析のように、調査方法が一気に加速する可能性も ありますから、今後に期待したいところです。

参考URL:
http://www.isas.ac.jp/j/index.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいサイトのご紹介とご解説をいただきまして、ありがとうございます。 やはり、宇宙の壮大な距離という難関の前での探索は、まだ地球のテクノロジーでは及ばないようですね。円盤で飛来して来るエイリアンさんなどは、はるかに進歩した科学技術をお持ちだからこそ、実現し得る事なのかも知れません。この謎が解き明かされる日を私も期待したい所ですが、その頃には土の中かな?(笑)

  • 回答No.2
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 こちらのサイトもごらんください。

参考URL:
http://kitchom.ed.oita-u.ac.jp/~astro/SETI/project/aboutseti.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいサイトのご紹介ありがとうございました。 オズマ計画のほとんどは電波混線などの錯覚に過ぎなかったようですね。 宇宙人を人間の妄想だけで、ぜひ終わらせては欲しくないと願います。

関連するQ&A

  • 「何万光年の光り」について

    はじめて、投稿させてもらいます。 次の2点について、ご存じの方は よろしくお願いします。 ・星の距離を、よく何万光年と天文学上、表現しますが  1光年というのは?どういう意味ですか。  それと、以前きいた話ですが、何万光年の光りを送ったその星は  何万光年前の光りであるから、既に存在しない星もあると言うことを。  ならば、既に存在しない星の光は無限に宇宙空間を渡って、どこまで  行くのですか? ・それと、太陽の恵みで私たちは、光りと熱を与えられていますが  宇宙飛行士が以前、「宇宙空間は氷点下のである」と言われていたのを  記憶しているのですが、記憶違いでしょうか。  だとすると、太陽が放つ宇宙線パルスと地球の大気との関係があって、  地球の気温が保たれているのでしょうか。

  • NASAの太陽系外惑星発表

    NASAが昨日、地球型の惑星が約39光年先のトラピスト1という赤色矮星 を公転する7個の惑星があることを発表しました。 これは大発見ですね。 7個の内3個は水があり、大気があるそうです。そして生命の存在の可能性も かなりあるということです。 おそらく、地球型人類かレプティリアンかは分かりませんが、文明を築いて いるのかもしれません。 それよりも気になるのは、地球より高度な文明でUFOの製作もしているのでは と思うのですが、どう思いますか。 39光年先というのは銀河系宇宙の規模から言って、かなり近いですね。 まぁ、地球人類が発生したのは奇跡だ。という人は頭を丸めて謝る事態になり そうですが。

  • 太陽系のような天体の総称はありますか? その他宇宙に関する質問です

    (1)「太陽系」という言葉がありますが、太陽系と同じような機構の天体は他にも存在しているはずですよね? それらは総称して何と呼ばれているのでしょうか。 (2)太陽系がある銀河は「銀河系」と呼ばれていますが、なぜ銀河に「銀河系」という名をつけたのですか?アンドロメダ銀河のように、「天の川銀河」と呼ぶこともあるので、そちらは納得できるのですが、銀河系の「系」とは何を指しているのでしょうか。 (3)宇宙の組成はこんな感じですか? 星>(1)で質問している天体>銀河>銀河群・銀河団・超銀河団>宇宙 抜けているところがあれば教えてください。 (4)星に宿る精霊が主人公の話を考えているのですが、その精霊たちにとっての天体の呼称を考えています。  星→町・村  (1)で質問している天体→国  銀河→島  銀河群・銀河団・超銀河団→地方(人間でいうアジアとかヨーロッパみたいな)  宇宙→宇宙 この認識で、一般の人々は納得できますか?できれば専門家も納得できるような呼称が良いのですが……。 よろしくお願いします。

  • 太陽は何故?

    太陽(太陽系の惑星を含む。)や銀河系宇宙は、何故、宇宙空間の中で、落ちていくこともなく浮いておれるのでしょうか?質問の仕方が難しいです。質問の内容は分かりますか? 宇宙は今も膨張しているということですので、太陽(太陽系の惑星を含む。)や銀河系宇宙もものすごいスピードで動いているのかも知れませんが、それにしても、他の銀河との位置関係が極端に変化する(太陽(太陽系の惑星を含む。)や銀河系宇宙だけが、宇宙のそこに落ちていっている)ということはないのでしょ?

  • この広大すぎる宇宙に

    果たして人間よりも進んだ技術を持つ生命は存在するでしょうか?存在するとしたら可能性は何%ぐらいでしょうか? 地球は偶然が重なり過ぎて生命が存在するに適した環境となりました。そして生命体は多様な進化を遂げました。そして人類だけが飛び抜けて頭脳が発達し、文明というものをもたらしたんだと思うのです。その可能性だけでもすごい低いと思うのです。 他の星でも、生命が存在する環境が整うだけでも可能性は低い事でしょう。星の表面温度や性質、大気の量や大気中の成分の割合など。(あまり詳しくはわかりませんが) 万が一、地球と同じような環境が整い、生命体が生まれたとして、人間程に発達する可能性もまた低いと思います。 すごいテキトーにわかりやすく言うと、例えば、星に生命体が存在できる環境が整う確率が100万分の1、星に生命体が宿りやがて人間同等まで進化を遂げる確率が100万分の1だとします。(値はものすごくテキトーです) そうすれば確率は1兆分の1にもなりす。 しかし宇宙に星は幾つもあります。天の川銀河だけでも太陽系のような星の集まりは億または兆、さらに宇宙には銀河そのものも億単位存在すると聞きます。星の数を数えるだけで人生が何度あっても足りません。 そんな宇宙に、人間のような、また人間よりはるかに優れた技術を持つ生命がいるかもしれない、そう考えると何だかワクワクするような気がします。

  • 5項目、教えて下さい。

    5項目、教えて下さい。 ビッグバンから宇宙は生まれたと言います。このビッグバンは1つの 銀河系を生んだのではなく(変な質問ですいません)今の宇宙全体を生 んだ爆発なのですか?それから...どうしても無と言う状態が分かりま せん。宇宙は広がっているそうですがそれにはスペースがないと広げ られません。どのように理解したらいいのですか? 下記の惑星から地球に届く光は、何秒遅れてこの地球に届くのですか? 太陽 水星 金星 火星 木星 土星 天王星 海王星 冥王星 宇宙には数々の銀河系があります。今現在、太陽系が有る銀河系(私達の) 以外の銀河系は家庭の望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡で見えるのですか? 何光年...これは光の早さの事ですか?そして、光の早さとは時速何キロメ ートルなのでしょうか? よく、大気圏突入で事故が有りますが何故、スピードを落とす事が出来な いのですか?

  • 燃えるものが太陽に落ちたら?

    すごくくだらない質問だと思うのですが、どなたか教えてください。 例えば「紙」地球上ならば大気中に酸素があるので「火」にさらされると燃えます。 これが宇宙空間だとどうなるのですか?例えば段ボール箱が太陽に落ちた場合。 太陽に落ちる前にコロナの高温にさらされると思うのですが、酸素のない空間ではどのようになるのですか?金属だと溶ける、蒸発するということがなんとなく想像がつくのですが…どなたか暇なときご回答お願いします。

  • 人類が住める惑星はこの宇宙にどれほどあるか?

    私達、太陽系が属する銀河系には2000億の星があるそうです。 更に、宇宙にはその銀河が1000億個以上もあるそうです。 つまり単純計算で2000億×1000億の星があることになります。 人類は約60億ですが、星の数に比べると少ないですね。 さてこれだけ星があると、間違えなく宇宙人は居ると思ってしまいますが 1:宇宙人は近所に住んでいると思いますか?(or火星はかつて知的生命体が居た?) 2:地球に似た惑星は近くにあると思いますか? 3:宇宙について一言お願いします。

  • 太陽と同程度の惑星はどのくらいありますか。

      時々疑問に思うのですが、私たちは太陽系で生存しているため、太陽を「絶対的」な存在として認識しています。太陽がなければ地球上の生命はすべて死に絶えてしまい、地球そのものが死の星になってしまうからです。  そこで、全宇宙には太陽程度の規模の星はどのくらいの数で存在しているのでしょう。もし無数にあって、その周りに地球と太陽と同じくらいの距離で公転している惑星があるとしたら、そこに私たちのような知的生命体が存在しているかもしれません。  つまり、現在の私たちの地球と太陽の関係と同様な関係を持った惑星があれば、水や空気が存在することになり、当然生命体も存在することになると思えるのです。  私としてはこの広大無辺な宇宙にはいくらでも太陽程度の惑星はあると思うし、宇宙誕生から今までの数十億年の中で、何度も人間のような存在があちこちの星で生まれては消えるを繰り返してきたように思うのです。そう考えると、私たちも特別な存在ではなく、いずれ地球も消滅するでしょうし、その代わりまたどこかの宇宙で人間のような生き物が発生して文明を築くのではないかと思います。これが延々と宇宙そのものが消滅するまで続くのではないでしょうか。  もしかしたら宇宙が消滅しても、また何百億年か後にビッグバンが起こって、振り出しから始まるような気もします。そうすると時間とは無限だし、宇宙も永遠なのかもしれません。  話がそれてしまいましたが、要するに表題のように太陽がどの程度の星なのか知りたいです。よろしくお願いします。

  • われわれの「宇宙」は何のためにあるのでしょう

    地球人の寿命はあと50億年くらいですよね! 天の川銀河が中心のブラックホールに吸い込まれる アンドロメダ銀河と天の川銀河の合体 太陽が燃え尽きると地球が焼き尽くされ(大気も水も生物も) など、確実に起こる現象と聞いております 質問なんですが、 宇宙は何のためにあるですか、生命を作るためですか?